天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

カテゴリー「芸能・アイドル」の3件の記事

マイケル・ジャクソンは優しい人

フレフレ少女さんが松田聖子さんのコンサートに行った際、松田聖子さんが「マイケル・ジャクソンさんは優しい人だった」と言っていたと教えてくれました。

そうしたら、こんな記事を見つけました。自分はこれを読んで、特にテープの下りを読んでとても感動したのでご紹介します。

M・ジャクソン秘話 ソニー盛田氏を「先生」と慕っていた

リンク: M・ジャクソン秘話 ソニー盛田氏を「先生」と慕っていた - 速報:@niftyニュース.

「ポップスの帝王」マイケル・ジャクソンさんの訃報が報じられて、はや2週間が経つ。死因はいまだはっきりとはわからず、今や「伝説の人」になりつつある中で、マイケルさんが生前、ある日本人を「先生」と呼び、心から慕っていたことがわかった。その人物とは、ソニー創始者の1人、盛田昭夫さんである。
「どうしたら若い人達の心を掴むことが出来るだろうか」

マイケル・ジャクソンさんと盛田昭夫さんとの親交がはじまったのは、1987年。アルバム「BAD」リリース後の9月、マイケルさんはソロツアーで初来日。このとき、盛田さんが妻の良子さんとともに、コンサートへ足を運んだことがはじまりだった。コンサート終了後、マイケルさんはマネージャーを通じて、盛田さんと話がしたいとリクエストしたのだ。

そのときの様子は、オフィシャルサイト「盛田昭夫ライブラリー」の中の「妻・良子が語る 人間『盛田昭夫の素顔vol.6』マイケル・ジャクソンさんとの思い出」(2009年7月7日更新)に、1987年のソロツアー来日の際の出来事として、次のように書かれている。

「彼は、『今日、ミスター盛田が来て下さったことのお礼を言いたかったのです。そして今日は自分が100%満足のいくショーが出来なかった。声も出なかった。次回の公演には必ず今日以上のショーをお見せしたいので、是非又おいでいただきたい』と言って幾度も謝っていたそうです」

日本滞在中、マイケルさんは盛田さん宅で行われた良子さんの誕生パーティーにも参加。このとき、まったくの自然体で振る舞い、自動ピアノ、オルゴールなどに興味を示し、子供のように楽しんで過ごしたという。その後も親交は続き、来日の際には、行き来があるのは常だったようだ。

また、盛田さんに「どうしたら若い人達の心を掴むことが出来るだろうか」「どうしたら自分はもっともっと尊敬される人になれるだろうか」「誰を信じたら良いのだろうか」と質問攻めしたこともあった――。
闘病中の盛田さんに肉声のテープを送っていた

1993年11月。盛田さんが脳内出血で倒れたとの話を聞いて、大変に心配したのがマイケルさんだった。このとき、盛田さんにあてて送った肉声のテープがあった。

フジテレビ系情報番組「とくダネ!」によると、テープは「盛田さん」との呼びかけから始まり、優しい口調で語りかける。ちなみに、ラベルには直筆で、「これを朝、昼、晩にかけて聴いて下さい」と書かれていた。

「盛田さん。盛田さん。盛田さん。こちらはマイケル・ジャクソンです。どうかよくなってください。早く良くなってください。あなたは僕たちを導いてくれる存在です。あなたは僕たちの先生であり、リーダーであり、僕たちそのものです。あなたはたくさんのことを教えてくれた。あなたはとても強い人だ。僕はあなたを信じている。『1日1日何としても良くなるんだ』と、この言葉を意識の中で繰り返してください」

26分間におよぶテープにはときおり、歌を交え、病床の盛田さんを励まし続けた。とくに、「I'm feeling better and better【私はどんどんよくなっている】」という箇所では数秒間の間を取って、しかも、3回繰り返して吹き込まれていた。盛田さんが口ずさめるようにとの配慮である。盛田さんはその後、1999年10月に死去したが、その6年間、朝夕このメッセージを聞き続けたのだという。

マイケルさんの優しい、素顔の一面が垣間見えるエピソードである。良子さんはホームページで、「誰も信じる事が出来ず、子供に動物に安らぎを見出していたマイケル。今天国にあって、静かな安らぎの中に、誰に気を遣うことなくゆっくり休んでいるのでしょう」と、その早すぎる死を悼んでいる。

やっぱりマイケル・ジャクソンは本当に優しい人だったんですね。

"I'm feeling better and better..."

なんて優しい言葉なんでしょうか。音楽の力で奇跡を起こそうとしていたとしか思えません。改めてご冥福をお祈り申し上げます。

またもやNEWS飲酒ネタです

すみません、同じネタで。

本当はこの前見た映画について書こうと思ったんですけど、内容が重いのと時間が遅いのと明日早いのでこちらのネタで。

フジの処分甘い…「NEWS」未成年飲酒で村田委員長

 人気男性グループ「NEWS」の未成年メンバー(18)が仙台市内で飲酒し警察に補導された問題について、村田国家公安委員長は19日、閣議後の会見で、「(少年と一緒にいた)フジテレビの女性アナウンサーの社内処分が1週間の謹慎というのは、大変甘いと思う」とフジテレビの対応を批判した。

 村田委員長は、「児童の自立支援施設などによると、少年の万引きを『大したことがない』などと受け止める親が多いという。こうした対応が、少年非行や少年犯罪を助長する」などと指摘。「マスコミ全体に(少年の飲酒に関する)規範意識が薄い」などと話した。

 村田委員長は、未成年者飲酒禁止法では、飲酒させた親権者や監督者も科料に処せられことを指摘したうえで、「警察が女性アナウンサーを事情聴取したのか確かめたい」としている。

 この問題で処分を受けたのは菊間千乃(ゆきの)アナウンサー。

こういった時にかさにかかって言う人はもっと嫌いです。もし本当にそのようにお考えなら、国家公安委員長という大変権限も責任も重い役職でいらっしゃるので、その職責に沿って未成年の飲酒の撲滅のために働かれてはいかがでしょうか。人の会社の処分にいちいち口を挟む前に。ただ、時流に乗って発言しているところがいやらしい。

 そんな反応もあったためか、

NEWS飲酒、同席の菊間アナ減給…フジ10人処分

 人気男性グループ「NEWS」の未成年のメンバー(18)が、フジテレビの社員や女性アナウンサーらと仙台市内で飲酒し補導された問題で、フジテレビは19日、「監督する立場の社員が的確な判断を出来なかった」として、同社役員と現場にいた社員らの計10人を、同日付で減俸・減給とする処分を発表した。

 良かったですね、処分が重くなって。ってなんだそりゃ?結局騒いだ本人やジャニーズが問題じゃなくて、フジテレビサイドが問題になるという、昨日のブログに書いた通りの展開です。

 大丈夫か?今の日本?

NEWSのメンバーの監督責任?

今回も盛り上がっていた女子バレーワールドグランプリ。

そんな中こんな事件が起こりました。

「NEWS」のメンバー(18)が仙台市内で酒に酔って騒ぎ

 人気グループ「NEWS」のメンバー(18)が仙台市内で酒に酔って騒ぎ、宮城県警仙台中央署に補導された騒動で、飲食店にフジテレビ社員数人が同席して飲酒を容認していたことが16日、分かった。少年を酒の席に呼び出したのは、菊間千乃アナウンサー(33)だった。「女子バレーボールワールドグランプリ」の中継先で起きた不祥事にフジテレビは、菊間アナを含む社員らの処分を検討。NEWSが所属するジャニーズ事務所は、少年を無期謹慎とした。

 高視聴率が続く女子バレー中継の裏で、番組スタッフらがとんだ不祥事を起こしていた。

~中略~

 さらに少年は15日午前1時ごろから市内の別の飲食店でも数人と飲酒。“1次会”が終わり、いったんホテルに戻った少年を、再び大人の酒席に引き込んだのは菊間アナ。フジも「そのように聞いています」(広報部)と認めている。携帯電話かメールで直接少年を呼び出したとの情報もある。NEWSのもう1人のメンバーは同席しなかった。

ときました。一見普通に読んでしまいますが、要はいたいけな少年をフジテレビの女性アナウンサーが悪の道に引きずり込んだみたいな論調になっています。そしてその結果、

飲酒騒動でフジに問い合わせ殺到

 人気アイドルグループ「NEWS」の未成年メンバーA(18)が15日未明に飲酒で補導された騒動で、ジャニーズ事務所の先輩・堂本光一(26)は「(コメントは)差し控えさせていただきます。心配です」とショックを隠しきれなかった。また、Aを酒席に呼び出した菊間千乃アナウンサー(33)の所属するフジテレビには視聴者からの苦情、問い合わせが殺到した。
 騒動が報じられた16日から17日午後にかけて、同局の視聴者センターには(1)フジテレビとしての見解を聞かせてほしい(2)菊間アナの処分は(3)無期限謹慎処分と発表されたAの出演番組は今後どうなる―など約120本の電話があり、対応に追われた。

とか、

 ≪ネットは同情的声が多数≫インターネット上のNEWSのファンサイトなどには17日までに「(少年の復帰を)いつまでも待とう」「(少年を)責めないで」など、少年に同情的なメッセージが数多く書き込まれた。ファンの間では復帰を求める署名活動を呼びかける動きも出ているという。また、少年側の非を指摘しながら「酔っている未成年を送り届けてほしかった」「なんで誘ったのか」とフジの社員を責める声も。堂本ブラザーズ…のライブ会場でも「連れ出したのはフジの人なのに」と話し合う女性ファンの姿がみられた。

とからしいです、世間の論調とやらは。

でも、自分は正直そんな意見に馴染めません。大体こう言っては何だが18歳と言えば大学1年生。そのときにお酒を飲んでいない人ってそんなに多いんでしょうか?よく新入生歓迎コンパとかでべろべろになっている新入生を見ますが、あれに対して何かいっている人はいるんでしょうか?

また、仮にも18の男が、酒を飲んで(飲まされると言うほど強要をされていたとはとても思えない)暴れて、その責任は呼び出した方(それも女性?)にあるなんてよく言えたもんだと思います。

つまり今回の騒動は、彼の行動が警察騒ぎになったので、巧妙にジャニーズ事務所が世論操作を行いあたかも本人は被害者で、悪いのはフジテレビの女子アナとしてしまう。また、マスコミ・TV局も今後の番組作り等の絡みもあり、それを受け入れてしまう図式に見えてならないのです。

以前SMAPのIくんが駐禁の取り締まりを行っている婦警さんをはねたとき、揃いも揃って「Iメンバー(普通だったら容疑者でしょ)」と呼び、復帰の時は「涙の復帰」とやっていたことを思い出します。

結構今の日本にもタブーがあるんだなあと思うのと同時に、男というものに対する矜持とかが無くなっているんだなあとか感じてしまいます。

なんで菊間アナウンサーが人身御供に見え、大変同情してしまいます。