天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

カテゴリー「携帯・デジカメ」の6件の記事

さようなら日比谷線直通電車(と旧渋谷駅)

生まれてこの方、長らく乗り慣れてきた東急東横線、並びに日比谷線直通電車。

こちらが3月15日で一大転機を迎え、東急東横線は営団副都心線と直通運転となり、併せて日比谷線直通電車は廃し、渋谷駅も地下5階に潜ることになりました。

そんな訳で、その最後の姿を撮ろうと、3月に入ってからほうぼうでカメラを片手に電車や駅舎を撮ろうとしている人を見かけました。

しかも実は会社から一番近い踏切であり、また実家の近くでもある踏切が絶好の撮影スポットだったとこの前知りました。

ラストの日である3月15日、午後5時過ぎに会社の事務所に戻る車の中でテレビニュースがしきりとこの最後の日であることを報じていて、ふつふつと気持ちが盛り上がり、事務所に着いたら即座に愛機のD7000(一眼レフです)を抱え、一路ポイントである踏切へと向かいました。

_dsc8576

辿り着くと、多くの撮り鉄さんたちが。しかもガードマンも2人。思わずガードマンさんに聞いてみたところ、

「東急から派遣されてきました。8時から18時まで。踏切内に入って写真を撮ろうとする人が後を絶たないので、そのために派遣されました。」

とのこと。撮り鉄の執念、恐るべし。


さて、そんな中混み合っているサイドを避け、反対側から撮影開始!

_dsc8610
すぐに来てくれたのが日比谷線直通菊名行きで1000系と呼ばれる車両のもの。ただやっぱり人気のスポットと比べてちょっとアングルが・・・。と思い、ちょうど人も少なくなってきたので、反対側に移動してまた撮影。

_dsc8638
今度は日比谷線直通北千住行きの1000系車両が撮影出来ました!


_dsc8673
続いて今度は反対側の菊名行きで営団の車両がやってきました。
実はあの中目黒駅付近で起きた日比谷線の事故の際、ちょうど直後で待たされていた東横線の急行渋谷行きのドア付近で外を見ながら乗っていたので、20分くらい待たされてからようやく動き出して、これと同系統の車両がトンネル付近で照明が全て消え、えぐれた姿を見た時は本当にたまげました。全くこういったことが起こっていたと知らず、車内アナウンスでも触れていなかったので。


そんなことを思いながら撮っていたら、ちょっとしたきっかけで近くにいた大変鉄道写真に造詣の深そうな方とお話しすることに。お持ちの器材はニコンD4でレンズはAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II。ため息の出そうな構成です(*^。^*)。その方に鉄道写真はどう撮るべきか、また設定はどうするかを細かにお聞きしました。やはり、このクラスになると優先モードではなくマニュアルでした。

_dsc8708
そして、そろそろ手ぶれも気になり出す中、撮ってみたのがこの写真。結構寄ることも出来、また明るさ加減がちょうどもう終わるんだな〜と感じさせてくれるので、お気に入りの一枚になりました。


_dsc8760
だいぶ暗くなってきたところでしたが、反対側の車両を撮影。夜の雰囲気もいいものですね。


そして帰ろうと思ったのですが、先ほどのマニアの方から「これから15分後に来る車両は大変レアだから撮った方がいい」とのアドバイスもあり、待つことに。そして撮った写真がこれです。


_dsc8801

何がレア?この営団7000系の車両に「通特(通勤特急)」の表示があることがレアだというのです。うむ、奥が深い。

この後、そのマニアの方に「これからは渋谷駅に行った方がいいですよ」と勧められましたが、さすがに仕事が残っていたのと、それだけの気合いが無かったので、会社に戻って、そのまま帰宅しました。

今までどうもありがとう!日比谷線直通と旧渋谷駅。新しい渋谷駅に行くのを楽しみにしています。


(番外編)

そして午前12時30分頃に家に帰りました。そして何気なく見ていたTwitterからふとしたことで、渋谷駅を生中継しているマニアなTwitterを見つけました。携帯端末で撮影している画像がそのまま生中継の形で見ることが出来るのです。その方のお陰で、家に居ながらにして渋谷駅のラストを見ることが出来ました。

ちなみに、見ていたら午前1時を回っても人がなかなかホームからいなくなりません。これはどうなってしまうんだろう?と思って見ていたところ、やがて一番渋谷寄りの正面ホームから階段を下りて東横のれん街の前あたりで急に「特別記念ポストカード」が配られるとのお知らせが。そのポストカードを求めてホームから人が我先にと取りに向かいました。そのタイミングを見計らってホームから人を出し切り、そしてシャッターが。なかなか上手い作戦だなあと感心しながら見ていました。

DIGNOを使い始めて早2ヶ月を経て

携帯をAndoroid端末のau ISW11K DIGNOに替えてから2ヶ月が経過しました。今でもとっても満足している端末ではありますが、やはり使い込んでくると色々と見えてくることもあるので、今回はその使用感を書いてみようかと思います。

良い点

・サイズがコンパクト。
今まではこの機能を実現するために3台を運ばなければいけなかったところを1台で、しかも薄型なので持ち運び環境は劇的に改善されました。

・テザリング
繰り返しになりますが、今まではPocket WiFiを使っていたので、携帯1台で行えるのは便利です。特に地方に行った時にはauの方が確実に電波を捉えられますね。

・googleのサービスとの親和性
やはりgoogle謹製のOSだけあって、親和性が高いです。音声認識の精度の高さ(carrozzeriaのカーナビより精度がいいです)にも驚きました。またマップが3Dになったり、カーナビの如くナビをしてくれるのも驚きました。

・カメラ
カメラが期待以上にきれいだったことと、ファイルの整理もしやすい画面です。

・ガラケー機能
いろいろと揶揄されることもありますが、やはり便利です。ファイルのやり取りに赤外線は便利だし、おサイフケータイも使い慣れている身としてはやはりこれはなくてはならない機能なんです。

気になる点

・個体差なのかもしれませんが、Wimaxを掴む能力が低い気がします。以前NECのWimaxルーターを使っていましたが、その時と比べて確実に範囲が狭く、また同じ場所にいても保持しづらくなりました。もしかしたらISW品番のスマホが増えたので、Wimaxの電波環境そのものが悪くなったのかも知れませんが。

・それに付随して、Wimaxを入れて使っていると、頻繁に3GとWimaxがスイッチングされ、安定した通信が行えなくなることもしばしばあります。これにより、ブラウザが立ち往生することもしばしば。お金や通信速度と言うよりは、トラフィックの分散を考えてWimaxを使おうとしていたのですが、結果的には3G一本で通信した方が安定して、時間も短いことが多いです。

・テザリングをしている際に、結構熱くなることがあります。そして熱が上がりすぎると、テザリングが自動的に切れます・・・。

・アップデートをした際に、再起動が繰り返されるトラブルがありました。その対応として一旦バージョンダウンを促され、そうしました。その後はまだ何も公開されていないようです。

・やはり電池がすぐ切れますね。普通に使ったら午後2〜3時にピンチになるような感じ。電源が無いところに行く場合、モバイルブースターが必需品です。ちなみにこのモバイルブースター、スマホに対する充電時間も早いし、容量もたくさんだし、これさえあれば全く心配が無い感じです。

・カメラのズームが脇のボタンを押さなければならず、これが結構面倒です。

・電源ボタンと音量の上下のボタンが同じ場所にあるのは不便ですね。apple系の様に上に電源、脇に音量としてくれた方が使いやすいです。

・横のスクロールはいいのですが、縦のスクロールがスムーズで無い時があります。急に加速することがあるので、決まったところで止まらないことも。こういったことはiPod touchやiPadでは感じたことは無かったです。


総じて言えば、テザリングもガラケー機能も必要ない人であれば、iPhoneの方が全然使いやすいと思います。またテザリングは必要だがガラケー機能は必要ない人であれば、auならばhtcやモトローラを使った方がいいのかもしれません。

でも敢えて違う視点で言えば、ことスマホに関しては完全に出遅れ、かつ作り込みも稚拙なところが感じる日本製だからこそ使ってみて、そしてメーカーさんに伝え、世界で戦える機種作りに寄与したいと思うのです。工業製品は車に集約されいる感が以前ありましたが、今やエレクトロニクスはスマホに集約されようとしていると思うのです。であればこそ、スマホにおける日本製品の競争力の回復が急務だと思います。今回使って感じるのは、ソフトの作り込みの甘さです。確かにハードウェアに強みのある日本製品ですが、ソフトウェアはゲーム以外は余り得手としてきませんでした。このソフトウェアの開発、そしていろいろなシステムを有機的に繋げられることができるようになるよう、これから頑張って行って貰いたいと思います。

DIGNOは最高の機種とは言えないかもしれません。でも将来性も感じさせてくれる機種です。どうかこれからのアップデート、そして新機種の開発に期待したいと思います。

ISW11K DIGNOを使い始めてもうすぐ1週間

DIGNOを手に入れて、もうすぐ1週間。 今までiPod touchをスマホ代わりに使っていましたが、このDIGNO、今のところ大変気に入っております。 何が気に入っているかというと、言葉の通り全部入りのところですね。携帯でやりたいなあと思うことがほぼ全部出来ます。出来ないのはiTunesとの同期くらいcoldsweats01

今のところの感想を言うと

1)Googleが開発したAndroidだけあって、Googleの各種サービスとの親和性が高い。なのでGmail、Googleカレンダーといった今まで自分が手帖代わりに使っていた各種サービスが、アカウントを入力するだけでそのまま使える。

2)GoogleマップがiOS版と比べ多機能。地形表示が出来たり、ナビゲーションも簡単に出来たりします。現場を確認する上でありがたい機能です。

3)CPUがシングルコアでちょっと心配でしたが、サクサク動きます。特にストレスを感じる場面は今のところ無いですね。

4)画面も視認性も良く、色も鮮やか。

5)本体が薄いですが、割と手にフィットしやすく、落としにくい。

6)WIMAXに繋がった時はやはり早いです。瞬時にwebが表示されることもしばしば。

7)EvernoteはAndroid版の方がiOSより使いやすいです。というのはタブが親タブ子タブの順に並べることが出来るから。これで必要とするノートを素早く捜すことが出来ます。

8)FLASHが使えるのはやはり便利。いわゆるwebカタログはFLASHコンテンツが多いので、外出先で手元で検索できるのはありがたいです。

9)おさいふケータイ機能は電源が入っていなくても、普通に使えます。

10)防水なので、雨の中や風呂の中でも普通に使える。

11)ワンセグがあるので、普段は勿論、お風呂テレビの代わりにもなる。

12)テザリングが出来るので、MBAにもiPadにもカメラのEye-fiにもつなげられる

13)GPSが付いているので、万が一紛失しても追跡したり、遠隔ロックをかけることが出来る。

14)難点としてはバッテリーかな。テザリングを使わなければ一日はもつと思いますが、テザリングを使用すると半日程度でバッテリーが無くなってしまいます。モバイルブースターを持っていけば、この難点も解消出来ます。


などなど。国産スマホはだめとか書かれていましたが、どっこいこの機種は素晴らしい出来です。この調子で国内メーカーも頑張って、お家芸復活となって貰いたいですね。

ついにスマホデビュー ISW11K DIGNOにしました

今更スマホデビューなんて言うと、何言ってんのと言われてしまいそうですが、今まで使っていたのはiPod touchであり、WiFiバージョンのiPadであったりで、そのものが通話できる機械を手にしたのは初めてなのです。

ここに至るまでには随分と考えました。

1)すでにiPod touch等でiOSを使ってしまっていて、そのアプリをベースに仕事を進めるやり方が定着しているので、やはりiOSで統一した方が使い勝手がいい

2)他方個人携帯ではおさいふケータイ機能を使っていたので、これが使えないと何かと不便

3)またiPadしかり、Mac book airしかり、何かインターネットにつながる機器が必要

この3つを満たす使い方が、普通のフューチャーフォン(別名ガラケー)、iPod touch、Pocket WiFiの3台持ちだったのです。これに会社携帯とiPadまで持つと5台。更にMBAまで持つと6台とどんだけ物持ち歩いてるんだ状態に。

今まではauを使い続ける限り、どうにもならない状況が続いていたので、放置していました。

ところが今回の秋冬モデルでauはiPhone4sは出すわ、全部入りアンドロイドは出すわでいきなり解決策がたくさん提示されることに。

熟慮を重ねた挙げ句、

1)やはりWimax付きでテザリングできるのは大きい。

2)おさいふケータイも使いたい。

3)iOSは引き続きiPadを使うので、テザリングで繋げばいい

4)とにかく持ち歩く台数を減らしたい

ということで、ArrowsかDIGNOが最終候補に。

最初は性能の良さからArrowsにしようと考えていましたが、ほぼ同じ中身と噂されていたDocomoの富士通東芝製のスマホが出荷当日に回収という事態に。更に開発が遅れていると前々から言われ、発売日が定まらない。そう言えばT社製と自分は相性が悪く、PCは会社で管理している物も含め結構使っていますが突然HDDが壊れてどうにもならなくなったのはT社だけ(それも2台)、携帯でもT社のものは反応遅いわ電池喰うわでいい印象が無かった唯一の機種だったりするので、やはり避けた方が無難かということでDIGNOに気持ちが傾いていていました。そんな時突然12月上旬を前倒しして11/29から発売となったので、これは買うしか無いと思い定め、昨日発売日に同時買いという今までやったことないことをやってしまいました。

P_isw11k

製品紹介はこちら


まだ慣れないAndroid。取り敢えず共通で使えるアプリのEvernote、Dropboxを入れ、スケジュール関係やアドレス帳はそもそもがgoogleと同期していたので問題無く済み、使い始めました。

2日間使ってみて、特に大きな違和感も無く、シングルコアだから遅いかも?と言われていましたが、そんなことも無くサクサク動いてくれます。画面が大きくきれいなのも助かります。また防水機能も付いているので、お風呂テレビにも使えたりします。当初の印象は結構良いです。

後は電池がちょっときついかな。取り敢えずモバイルバッテリーを買って様子見です。

まだ音楽をちゃんと入れられなかったり、最初に起動されるアプリの制御の仕方がわからなかったりと、まだまだ苦労しそうですが、なかなか良さそうなスマホで、ちょっと嬉しかったりします。

こんな風にアンドロイドも気に入ったりしているところを見ると、林檎教の信者になったのかなとも思っていましたが、似非信者だったのかもしれません。

いずれにせよ、しばらくいじりまわすことが多くなりそうです・・・coldsweats01

au電波改善計画

私は私用も会社用もauを使っているのですが、うちは13階のためか、電波が突然途切れたりして、余り電波状況がよろしくありません。

とはいえ、アンテナなんぞ買えるわけもなく、仕方がないのかなあと半ば諦めていました。

そうしたら5月頃、こんな記事を見つけました。

auに追いつき追い越せ エリア品質向上にかけるドコモの意地 (From NIKKEI NET)

 かつての「一人負け」状態から脱し、回復基調に乗り始めたNTTドコモ。昨年6月からの山田隆持社長体制では、顧客満足度向上を最優先の課題に挙げている。なかでも注力しているのがネットワーク品質の向上だ。(石川温のケータイ業界事情)

 (中略)

■自宅やオフィスでも使えるよう訪問調査

 携帯電話は屋外だけでなく、自宅やオフィスといった屋内でも頻繁に使われる。FOMAのサービス開始当初は「地下街では使えない」といった不満の声もあった。実際、地下街や高層階だと、屋外からの電波が届かない。

 そのため昨年から、NTT東西の光ファイバーサービス「Bフレッツ」に接続してエリア化する基地局タイプのフェムトセルを導入している。

 画期的な取り組みとして業界でも話題となったのが、48時間以内の訪問調査だ。

 ユーザーからNTTドコモに要望が届くと、原則48時間以内に調査員が訪問する。エリアの状況を調べて改善策を講じるサービスで、すでに約1万3000件の調査を行い、8割以上となる1万1000件を改善した。ユーザーの96%から「対応に満足している」との回答を得たという。

 「屋外のエリア化は完成しつつある。しかし、ユーザーの家の個別の部屋まで満足させるのは難しいため、こうした対策をとっている」(徳広氏)。窓際まで電波が届いている場合は、部屋まで電波を増幅させる機器を取り付けて、屋内でもFOMAが使えるようにする。こちらの機器もKTFとの交流の成果なのだという。


おお、ドコモはそんなことをしているんだ!と思いauのホームページを見たら、こんなことが記載されていました。

みんなでつくろう!auエリア

auのサービスエリアに関する改善希望、情報提供及びお問い合わせを受付けております。

場所の選択方法⇒場所指定⇒状況等のアンケート入力⇒回答先の入力(ご希望者のみ)の順で、
ご登録頂きます。電波の状態が悪かったと思われる場所の選択方法を以下の3つから選んでください。

なるほどと思い、電波が悪い場所として登録したところ、auからお返事が。

なんでも家に直接訪問の上、電波状況の改善を図りたいとのことなのです。

というのは「auホームレピーター」という、携帯電話の電波が届きにくい室内に、屋外の良好な電波を引き込み室内の電波状況を改善するという優れものを使えるかどうかをチェックしにくるとのこと。

そして、今日がそのチェックの日でした。

見た感じ結構若めの男の人が2人で、一人が電波状況を測定する人、もう一人がその結果を説明したり質問したりするコミュニケーション担当の人。なんでもNECの関連会社が請け負っているようです。

測定している間、そのコミュニケーション担当の人とお話をしていました。

すると、この改善制度はなんでもドコモの48時間作戦に危機感を抱いたauがなんでもいいから自分のところもやろう!ということで、ドコモの48時間作戦に従事していたこの会社に急遽依頼したお話らしいのです。なるほど、それなら体制を作る時間もかかりませんものね。なかなかうまいことを考えるものです。

そして40分くらい一生懸命測定をしてくれました。が、結果は残念ながらホームレピーターは使えないとのこと。というのはホームレピーターは1.5GHzの電波を受信して増幅する機械だそうで、auは800MHzと1.5GHzの混在型。そしてうちに強く届いている電波はどうやら800MHzらしいのです・・・。ああ、残念。

ということで、とりあえず有線型のアンテナとエコバッグをくれました。

Ca3c0169

そうやって地道な活動というのも、携帯電話のキャリアとしては大事なんでしょうね。

Nikon D90を買いました!

初めて本格的にカメラの設定を考えることの面白さを教えてくれたNikon D50。素性がとても良いカメラで、素直な絵を描いてくれていました。更に600万画素台だったため、1枚当たりのファイルサイズもさほど大きくなく、いろいろと使いやすいカメラでした。当ブログに掲載されている写真も、このD50が活躍してくれていたおかげです。また会社の仕事でも重宝し、専門のカメラマンを頼まなくても良くなるなど、仕事面まで助けてくれていました。

しかし購入してから3年以上経過して、いろいろと物足りなくなってきたのも事実です。
1)高感度(ISO800以上)になると、ノイズが目立ってくる
2)連写が1秒間に2.5コマのため、野球やF1を撮るときには余り使い物にならない
3)ファインダーがプアーでとても目視でピントを合わせることが出来ない
4)液晶も小さい

なんていうこともあり、そろそろと考えていたときに発表されたのがこのD90だったのです。

なんでも話によると
1)高感度(ISO800以上)に強い。一説によるとISO1600でもノイズがほとんど出ないとか。
2)連写が1秒間に4.5コマと高速となった。(但しD300は6コマ)
3)ファインダーも見やすい。ただ視野率は96%。
4)液晶が大きくて見やすい
5)動画が撮れる(様々レンズを付け替えることが出来ると言うこと)
6)D50同様割とコンパクトで、機動性に優れている
7)D50と同じSDカードを使用する

つまり、ほとんどの問題が解決し、今までの遺産も生かせると言うこと!

これは買うしかないだろ!と思い、途中どうせならD300かとも思いましたが、やはりD90が良いと言うことで、早速今日ビックカメラにて買ってきました!発売日は明日なんですけどね・・・(^^ゞ

その実機の写真が以下のものです。

Ts3e0051

携帯で撮った写真のため、お世辞にもきれいとは言えませんね。本当は撮影した感想も書きたかったのですが、まだ電池の充電が終わっていません(;>_<;)

さてと、充電完了したら、いろいろ遊んでみようっと。野球の写真ももっと良いのが撮れそうな気がしてきたぞ
upwardrighthappy01

また撮影したら画像をアップしてみようと思っています。

では、皆様、ご機嫌よう(○゜ε゜○)ノ~~