天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« 平成28年度春季東京六大学野球 対東京大(文武両道さんのお部屋) | トップページ

平成28年度春季東京六大学野球 対立教大(文武両道さんのお部屋)

« 平成28年度春季東京六大学野球 対東京大(文武両道さんのお部屋) | トップページ

文武両道様」カテゴリの記事

コメント

初回無死一塁での送りバント失敗、守備妨害で二死
立ち上がりに田村攻略失敗
加藤無死先頭四球、バッテリーミスで1失点
立教守備の再三の美技に無得点
柳町、須藤の好調続いているので打順を上げてもいい
田村打ち期待の岩見、絶好球見逃し、ボール振っての三振。
東大戦のように無心で打て。
加藤で初戦落としたので連敗の可能性高いが、
来年加藤いないので東大との最下位争いに勝ち抜くためにも
清水、高橋で六大レベルの試合明日見せてほしい。
厳しい書き込みに慶応愛こめて

早稲田OBから
ここ数シーズン優勝のかからない早慶戦はなかったので
慶応には何とか頑張ってほしい
来年は早慶は宮台のいる東大と最下位争いになる厳しい状況になると
今日の試合を観て痛感
明治、法政、立教の甲子園組の巨大戦力にどう立ち向かっていくか。
せめて5人、特に投手を特別枠でとる努力が望まれる。
大学側の理解を求める。
早慶戦が5位争いではNHKの放映も最終カードも辞退すべきだ。
早慶6連戦の時代は早慶にはスターが競って入ってきた。
いよいよ立教が甲子園ベスト4の田村の復活で優勝の気がする
残り4連勝して逆転
アスリート選抜中心の大学の努力が実ってきた

私の主宰する勉強会では東大野球部OB
宮台の湘南野球部OBを含めた東大卒が9割、
主宰する私が慶応で早稲田政経OBが一人
早慶中退して投打の主力となっている東大。
今年もかつての東大では考えられない進学校からの有力球児が入った。
明治でサヨナラホームランを打った門司学園出身の牛島は
北九州の予選では小倉とベスト4をかけて戦った。
明治は甲子園組でなくても実力起用する。

東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)も終盤に突入。4校が優勝争いを繰り広げる中、慶大は立大との1回戦に臨んだ。試合は両先発の好投により激しい投手戦に。決勝点となったのは、暴投による得点だった。立大の安打数をわずかながらも上回り、好機もあったものの、6回裏の一球に涙をのんだ。

 慶大の先発は、安定感抜群の加藤拓也(4年)。今季は防御率0点台と絶好調のエースが、この日も第1先発として起用された。3回に2死満塁のピンチを招くものの、5回を2安打7奪三振と前半を最高の内容で締めくくる。いつものようにキレのある直球が走り、平均球速も140キロを超えていた。しかし、グラウンド整備を挟んだ6回、先頭の打者にこの試合初めての四球を与えてしまう。次の打者は、立大の1番・佐藤拓也(4年)。1回に初球を捉えられ、安打にされていた。この場面は三邪に抑えるものの、まだまだ好打者たちが並ぶ。さらに犠打を決められ、中軸へ。ここを何とか逃げ切りたい。しかし、後続に中前打を浴び、2死一、三塁の窮地に立たされる。続く4番への初球――これがまさかの暴投に。「一番やってはいけないミス」と加藤拓自身も悔やむ。大きな1点を失った。4安打、8奪三振、1四球。本人も「調子は悪くなかった」と語るが、好投むなしく、悔しい今季初黒星を喫した。

6回の暴投で走者と交錯する加藤拓

 一方打線は、立大の先発・田村伊知郎(4年)を打ち崩せない。試合開始のサイレンが鳴りやまぬ中、1番・倉田直幸(3年)が中前打を放つ。この波に乗りたかったものの、守備妨害などもあり、結果1回を3人で終えてしまう。このまま5回までたった2安打、さらに毎回の6三振。しかし6回、2死ながらも相手の失策と内野安打で一、二塁の好機をつくる。ここで東大2回戦では3安打を放った岩見雅紀(3年)に打席が回る。苦しい投手戦、ぜひともエースを助けたい――。だが、岩見は右飛に倒れ、先制点とはならなかった。7、8回はともに三者凡退に終わり、残るは9回のみ。先頭打者が右前打で出塁したが、4、5番が凡退し、打席には6番・山本瑛大(4年)。3球目を思い切り振り抜くと、中堅へ大きな打球が飛んだ。外野手の頭を越えたかと思われる打球であったが、相手の好守に阻まれ試合終了。奪われた三振は11、終始苦しいままの打線であった。

エースの粘投に応えることはできなかった

 これまで1回戦を落とさなかった慶大であったが、春季リーグ戦終盤でまさかの敗戦。14日の試合を終えて現在3位、崖っぷちに立たされた。勝ち点を取るためには、2回戦での勝利が不可欠だ。加藤拓の連投はあるのか、気になるところではあるが、勝つためには『打つ』しか方法はない。1回戦とはまた違った展開を、打線陣に期待したい。

waseda sports
よくまとめられた戦評なので転載


「レベルの高い投手を相手に、少ないチャンスをどれだけモノにできるか」。これが今の慶大の課題である。また、チャンスが潰れたあと、その裏で相手にチャンスを与えてしまうという展開がいくつか見られた。これは、攻撃での悪い流れが裏の守備にも影響してしまっていたと言っていいだろう。
keio sports

2点リードを清水がしのいで6回から加藤もまさかの4失点
左腕予想しての右クリーンアップは機能したのに
150キロ連発が単調さにつながったのか。
高橋、清水の変化球にてこずっていただけに悔やまれる早めの継投。
監督も相当なショックの負け方。
澤田、大竹が復活したので立教の優勝、慶応5位の予想。
ここ数シーズン出だしよく後半こけるのはメンタルか?
救いは負けたことで加藤の3連投回避
高橋、清水は使える目途がたった。
最後の郡司好リードは救い
小原弟ヒットにはならなかたもののすべていい当たり
早稲田の左投手相手にも今日の打順で行くべし。
いろいろあるが負けたけれど大久保采配には納得

◆keio sports

大久保秀昭監督

色々な手を打って、前半劣勢になり追いつき追い越した。加藤で何とか逃げ切りたいという思いで6回から登板させたが、相手に上手いことやられてしまった。負けたら終わりなので、打順は考えられる全てを出した。

ショックな負け方で正直落ち込んでいます。
早慶戦は行きません。
新人戦は2回戦に勝った場合のみ決勝戦に行きます。
近年はオープン戦、新人戦も含め全試合観戦し、
この欄でコメントしてきましたが、しばらくお休みします。
新人戦決勝の場合、再登場します。
4対2で二死のあの場面、150キロ表示で逃げ切ったと思った瞬間
渾身の力投むなしく同点打
管理人さんはそのあとの登場だったんですね
巻き返し心より願っています。

――2点リードの場面で加藤拓也選手(4年)を投入しましたが、登板前にどのようなコミュニケーションを取りましたか

いままでは2、3点取られるのはいいよというリードをしてきたのですが、きのうは1点取られて負けて、やはり抑えるところは0で抑えなきゃいけないなって話を加藤として。そこで飯迫(恵士、立大2年)との場面は逆になったというか。いままで通りのイメージだったらあの場面はスライダーでいっていたんですが、きのうの反省を生かして真っすぐで押していくのもありじゃないかと思って投げさせたら打たれてしまいました。意図を持っていたので反省できますが、運もなかったかなと思います。
waseda sports 須藤コメント

本日の管理人さんのレポート楽しめました。
高橋君見事でした。
新人戦は高橋君を見たかったので行く必要なくなりました。
秋は第2戦の先発期待

高橋佑樹(環1)

ピンチが多い中で、1回から4回まで自分が思った通りに投げられてよかった。5回、打順の回り的にもここまでかなと思っていたが、そこで踏ん張りきれず悔しい。5回をきっちり抑えていれば勝てる試合だった。思っていたよりストレートが走っていて(ストレートで)勝負にいけた。先発を告げられたのは昨日の試合後。監督から「お前はチキンハートか」と言われて「そんなことないです」と言ったら、じゃあ「お前が先発で行くぞ」と。ここ2、3カードはいつ先発がきてもおかしくないなと思っていたから、そこまで驚かなかった。早慶戦の雰囲気は5回に打たれた時の相手の紺碧の空は圧力があった。1回から4回までは、他の試合と変わりなかった。リーグ戦初登板の東大戦の方が緊張した。ピンチの時の声援が聞こえて、他の試合とは違うなと。こういった場所で試合ができて幸せだなと思った。
keispo

2回戦が課題と言われていた今季。勝ち点を奪取した法大、東大戦以外の3カードでは全て2回戦を落とした。4回戦までもつれた明大戦では1回戦を勝ちきれず引き分けにされると、2,4回戦は投手陣が崩壊。立大戦ではエース加藤拓が投げた1回戦も落とし、2連敗。そして、早大戦では3回戦に1回戦とは別の投手が出てきて攻めきれなかった。選手の誰もが口にすることだが、勝ち点制のリーグ戦では先発としてゲームメイクできる投手が最低2人が必要。今季初白星をあげた小原大樹(環4)、清水洋二郎(法3)に加え1年生ながら早慶1回戦で先発を務めた髙橋佑の成長が待たれる。また、野手陣でも昨年までチームの顔だった選手が多く抜けた今季。新しくスターティングメンバーに定着した上級生の他1年生の活躍も光った。それはフレッシュさももちろんあったが、未熟さもあったチームだった。六大学リーグ戦とはどのようなものかを学んだ今季。それを成長の糧として来季大きな花を咲かせてほしい。全ては秋季への投資だったと言えるように。


keisupo


慶大がサヨナラ勝ちで決勝進出を決めた。3─3の9回1死満塁から途中出場の宮田皓内野手(1年、慶応)が左前へサヨナラ打を放った。昨夏は慶応の主将を務め、夏の甲子園では開会式の行進先導役として「出場」した。

 「そんなに技術もないので、まっすぐを狙って振り抜いた。こういう活躍ができてうれしい」と笑顔。甲子園でプレーはできなかっただけに「同じ高校生がプレーしているのを見て悔しかった。大学で頑張らなければと思っていた」。思いを晴らす一打となった。
スポニチ
.

一方、この日の先発投手は増田圭佑(文2=茨城・江戸川学園取手)。4回を1安打に抑え、このまま好投が続くと思われた。しかし5回、2死から安打を許すと、慶大のルーキー郡司裕也に適時打を浴びる。
waseda sports

郡司裕也(環1)

僕は途中から出たけれど、新人監督の隅谷さんが慶大の流れを変えて欲しいという思いで出してくれたと思うので、期待に応えられてよかった。6回の捕飛を取った場面はああいうケースも想定できていたので体がよく反応してくれた。田中裕投手とはオープン戦などでよくバッテリーを組んでいて、特徴とか持ち味をよくわかっていた。その中でピンチの場面にも要求通り投げてくれたのは、ナイスピッチングだった。公式戦の早慶戦でも代打で出場したが、結果も出せず、勝ち点も落としたので、新人戦の早慶戦だけは負けたくないと思って戦った。とにかく早大に勝てたことは大きい。明日も僕がチームの流れを持っていけるようなプレーをしたいと思う。
KEIOスポーツ

田中裕貴(環2)
とにかく優勝したいという気持ちで投げたが、味方が先制点を取るまで踏ん張れず悔しい。その後、味方に点をとってもらえたがフォアボールから更に失点し、 リードを守りきれなかったことを責任に感じている。今日の試合の反省を活かして練習し、リーグ戦も新人戦も優勝できるようにしたい。

太田力(商2)
いい試合だったが勝ち切れなかったのは力不足ということ。リーグ戦の時にピンチの場面で登板して、そこからワンアウトしか取れないで5失点してしまって、そこからリーグ戦に出られず悔しかったので取り返すというような、ここは抑えようという気持ちで登板した。今日は自分が投げたいボールがしっかり投げることができた。あんまり打たれる気もしなかったのでピンチでも自信を持って投げられた。長いイニングを投げることはあまりないが、落ち着いて投げられたので疲れはなかった。周りから声が聞こえるので声援は力になった。リーグ戦でチームの力になれるように頑張る。
keisupo

二日連続の二人の好投
早慶戦での高橋に加えて3人に共通したのは
ストレートで勝負できたこと
四球の少なさ

http://www.hochi.co.jp/baseball/ama/20161016-OHT1T50042.html
漫画のキャラクター岩見
地面につきそうな外角を長打
バットに当たればすごい
郡司、柳町、菊池
1、2年生の台頭で逆転優勝が見えてきた

優勝の行方
1.明日の試合明治○
 1)明立戦で明治1勝以上
   明治優勝
 2)明立戦で明治連敗
   ・早慶戦慶應連勝で慶明優勝決定戦
   ・早慶戦慶應1敗で明治優勝

2.明日の試合明治●
 1)明立戦で明治勝ち点
   明治優勝
 2)明立戦で立教2勝1敗
   早慶戦で勝ち点を取った方が優勝
 3)明立戦で立教連勝
  ・早慶戦慶應2勝1敗で慶立優勝決定戦
  ・それ以外の場合は早慶戦で勝ち点取った方が優勝

東大は残念でしたね。
まさか、法政が東大と最下位争いするなんて想像していませんでした。

立教に踏ん張ってもらって、何とか早慶戦で優勝争いしたいですね。
ちょっと厳しそうですが・・・

秋のオープン戦清水洋二郎君が3試合先発登板、
いずれも6回無失点で来年エースでしょう。
3番岩見君、4番郡司君も好調。
沓掛君の抜けたサードは内田君、簗瀬君、瀬尾君が起用に答えています。
投手では湘南藤沢の高橋君が150キロ期待の台頭
管理人さんとのお約束で公表しませんが来年の新人は投打とも大物獲得
明治学院や桐蔭横浜と苦戦に見えますが
平等に起用するために起きているので心配ご無用

http://www.sanspo.com/baseball/news/20161125/unv16112505030001-n1.html
今日は岩見君幼稚園児警戒で不出場?
それでも簗瀬、中村、杉本の大砲炸裂
菊池、高橋湘南藤沢、清水の3投手も完璧
慶応黄金時代が来る
得点されたイニングは別の投手

新聞公表されたので
北海大西 甲子園準優勝投手
大館鳳鳴佐藤東北ナンバーワン左腕
樹徳嶋田北関東代表4番強肩捕手
高松商植田明治神宮大会優勝捕手
新聞公表のみ
そのほか有望選手入部予定

来春は空前の層の厚さとなります。
バッテリーの4人はいずれも高校時代文武両道で有名
慶応合格めざしてきました。
野球校からの合格は昨年の郡司君が刺激になったと思います、
いずれもドラフト候補よりも慶大挑戦



MLB
高校野球
大学野球
アマ野球
野球その他
WBC
.


2016.12.11 05:02

都城東高・関根が慶大合格!“都立の星”となる期待大

都城東高・関根が慶大合格!“都立の星”となる期待大


都立城東・関根智輝

都立城東・関根智輝【拡大】

 今夏の高校野球東東京大会で4強入りした都城東高のエース・関根智輝投手(3年)が、慶大環境情報学部に推薦入試(自己応募)で合格したことが10日、分かった。

 東東京大会準決勝では、優勝した関東第一高に0-3で惜敗したが、1メートル82、87キロのがっしりした体から最速145キロの直球を投げ込む右腕。高校時代の佐々木主浩(元マリナーズなど)をイメージさせ、プロ側はリストアップしていたが本人はプロ志望届を出さず、進学を望んでいた。

 今秋のドラフトでは、都日野高から桜美林大に進んだ最速153キロ右腕・佐々木千隼投手(4年)がロッテに1位指名された。新たな“都立の星”となりえる関根に、慶大・大久保秀昭監督も「球に力がある投手が受験することに期待していた」と注目してきた。

 東大野球部出身(内野手)で、1学年下のエースが大越健介さん(現NHK報道局)だった都城東の池上茂監督は、「野球だけでなく、勉強もやってくれたと思う。六大学(野球)が本当に楽しみ」と目を細めていた。

関根 智輝(せきね・ともき)

新聞公表で大久保監督コメントは関根のみ
来季に向けての最高補強
投手陣は大西、佐藤、関根に加え中京大中京長谷部もいる。
強打の右打者も3人

エース菊池が4回零封、
岩見、清水が爆発10点
山崎、谷田、須藤が5点反撃
後輩が勝利 
桐蔭学園バッテリーの捕手は鶴岡一人の孫
明治善波監督の孫慶応高校野球部1年
大西はこれまでの試合1イニングのみ登板
他の1年も順調に登板
打者では嶋田に注目
津留崎、土井、関根が抑え候補

明治善波監督の子慶応高校野球部1年

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/63627815

この記事へのトラックバック一覧です: 平成28年度春季東京六大学野球 対立教大(文武両道さんのお部屋):

« 平成28年度春季東京六大学野球 対東京大(文武両道さんのお部屋) | トップページ