天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 平成28年春季東京六大学野球 対法政大2回戦 | トップページ | 平成28年度春季東京六大学野球 対東京大(文武両道さんのお部屋) »

ブログのお引っ越し

いつも大変お世話になっています。

さて、ココログで長らくブログを続けてきたのですが、10年前以降、デザインの新規テーマが一つも出てこない状況にしびれをきらして、この度、ブログを引っ越しすることにしました。こちらのページはこのままにしておきますが、移行先にもすでに記事は移してあります。

新しいアドレスは

http://so-on.link

となります。

では、これからも宜しくお願い致します。

« 平成28年春季東京六大学野球 対法政大2回戦 | トップページ | 平成28年度春季東京六大学野球 対東京大(文武両道さんのお部屋) »

コメント

TVKで高橋主将、林投手で優勝したときの懐かしの特集で
明治に18失点したシーズン
その後奮起して優勝したこと思い出しました。
今季は法政が慶応に大敗したあと奮起して立教から勝ち点
立教が法政から落とした後、苦手の早稲田に連勝
明治も東大に宮台抜きの試合で負けて奮起
慶応は守りに入って積極性が失われました。
岩見君が初球の甘いボールを見逃したり、
小原君が思い切り腕を振って投げ込む姿勢を失っていたり・・・
東大戦はかつてない厳しい試合になると思いますが、
逆に東大戦しっかり戦えば立て直せます。
思いついたこと
こちらのブログで。

本日朝日
神宮の杜から
柳町君紹介記事
法政戦での先発起用のときの気持
ホームラン打ったときの気持
高山君の最多安打記録抜くの気迫

明日は高校野球準決勝も

問題の第2戦
今日で今シーズン決まる
どうしても加藤君に次ぐ第2投手実現を
今日は清水、高橋の継投で!

予想どおり
清水、高橋のリレーで
万全には程遠いものの勝って単独首位
法政が復活してきたので
血の法明戦で明治を倒すことを期待


東京六大学野球第4週第2日 慶大9—4東大(1日・神宮)

 慶大が一発攻勢で東大に連勝し、勝ち点を2とした。ルーキーの3番・柳町達中堅手(慶応)が2回無死一塁で右越えに先制2号2ラン。体重108キロの5番・岩見雅紀左翼手(3年=比叡山)が、3回に左中間席、5回には左翼席に2打席連続のソロを放り込んだ。

 先発の左腕・清水洋二郎(3年=函館ラ・サール)は5回6安打2失点でリーグ戦初勝利。大久保秀昭監督(46)は「柳町は野球センスがある。将来は3番を任せたい。岩見はおまけ。元々、力はある」と目を細めた。
[.]

COPYRIGHT THE HOCHI SHIMBUN

清水洋: 高校2年春函館有斗を4安打13奪三振に抑えて完封して道大会出場。13年夏 函館商戦で延長14回23奪三振全道記録。2年春函館大谷戦で8回20奪三振。東大進学希望も推薦で慶應へ。
ラサール中学時代は北海道No.1左腕といわれ、アジア大会で登板し、塾高からも誘われたが系列のラサール進学

須藤: 昨季まで22-1だったが、今季正捕手。昨日4/30あわやサイクル安打の4-3。甲子園11年春1回戦6番捕手(2年)で出場 も4-0。玉熊(法大)エースの北海に1-2で敗戦。 

柳町:取手シニアに所属し、シニア日本一に輝いた。慶應義塾高校では1年夏から3番サードで公式戦出場し16打数8安打。今季法大1回戦初打席初安打の後2ラン。

山本瑛: 4歳から米カリフォルニア州で野球を始め、吉田大(明大)ら高校ジャパンと対戦。帰国子女入試で3学部合格し、大学から日本へ。昨年の法大3回戦で代打で岩見とアベックHR。

岩見: 高校通算47本塁打を誇るパワフルなスイングが売りの外野手。1浪の末、AO入試で慶大に。3年春近畿大会で報徳学園の田村(立大)を打つも4-7で敗退。比叡山高校出身で得意はお経と漢字

山口:桐光12夏甲子園はエース松井でベスト8。神奈川決勝では、齋藤(明大)がエース、森川(法大)が捕手の桐蔭学園に決勝のランニング本塁打をきめる。

照屋:沖縄尚学から1浪秋AO入学。1年春季から登場し、東大2回戦で初安打初打点。高3夏は6番2塁手。決勝で浦添商に敗退。高3春は沖縄優勝。九州大会ベスト4

倉田:浜松西では静岡県でも有名な好選手。2浪入学の苦労人。昨春 新人戦ではセカンドで先発出場。8打数4安打、明治との新人戦3位決定戦で3安打。秋は7試合出場3-1 

高橋(環1年 川越東)
 2015年春は関東大会決勝進出するが、埼玉県大会の雪辱ならず浦和学院に敗れる。

慶大打線が、火を噴いた。突破口を開いたのは柳町達(1年)。無死一塁で迎えた2回の第1打席、甘く入った5球目を捉える。開幕から好調を維持する黄金ルーキーが、先制の2点本塁打を放ちチームに勢いをもたらした。3回以降も得点を重ねるが、中でも岩見雅紀(3年)の打棒が猛威を振るう。3回は直球を、5回は変化球をフルスイングし、2打席連続で左翼席へのアーチを描いた。それでも、本人が最も手応えを感じたのは二死満塁の絶好機で回ってきた第4打席だ。厳しいコースへの配球に食らいつき、右方向への軽打で走者2人が生還。「本塁打よりも走者がいる状態で打てたことが一番いい」(岩見)と貴重な追加点の場面を振り返った。長短打で刻んだ9得点。先週封じ込まれていた重量打線は、完全復調したと言えるだろう。waseda sports

あの山崎君で勝った東海大相模に今日大勝
3本のホームランも見事
それ以上に固い守備
送りバントの見事
大学も見習ってほしい。
エースと4番が2年なので将来も楽しみ
1番の1年生も楽しみ


昨夏甲子園Vの東海大相模がコールド敗退 慶応打線が11得点の大爆発

デイリースポーツ 7月27日(水)13時5分配信


 「高校野球・神奈川大会準々決勝、慶応11-2東海大相模」(27日・横浜スタジアム)

 昨夏甲子園優勝の東海大相模が八回コールド負けを喫し、神奈川大会3連覇を逃した。

 初回に幸先良く1点を先制したが、その裏に3点を奪われ逆転を許す。三回にも3点、五回にも2点を失うなど、突き放された。

 五回からは今秋ドラフト候補右腕・北村朋也投手(3年)がリリーフしたが、流れは変わらず。最後は慶応・矢沢に3点本塁打を浴びとどめを刺され、夏の甲子園連覇の夢がついえた。

いよいよ決勝
打倒横浜か

矢澤君、中京大中京の誘いを断り憧れの慶応で大活躍


慶応8年ぶり決勝進出 2桁得点で桐蔭学園下す

デイリースポーツ 7月30日(土)15時18分配信


慶応8年ぶり決勝進出 2桁得点で桐蔭学園下す


慶応ー桐蔭学園 3回表慶応1死、左越えにソロ本塁打を放つ正木=横浜スタジアム(撮影・出月俊成)


 「高校野球神奈川大会・準決勝、慶応10-5桐蔭学園」(30日、横浜スタジアム)

 慶応が打ち合いを制し、北神奈川大会で優勝した08年以来8年ぶりの決勝進出を果たした。

 初回に犠飛で先制。2-2の同点で迎えた三回は4番・正木智也外野手(2年)が左中間へソロを放ち、勝ち越しに成功する。四回は2番・矢沢慶大内野手(2年)の2点適時二塁打で加点。六回にも矢沢の適時二塁打などで3点を挙げた。投げては3投手のリレーで、桐蔭学園の反撃をかわした。

 昨夏大会後に就任した森林貴彦監督は、夏は初めての指揮で決勝進出。「予想通りにしんどい試合だったけど、大観衆の中でできるのは幸せ。楽しい3時間だった」と、笑顔を見せた。今大会5試合目となる2桁得点に「春打てなくて、夏に打ちたいとやってきた成果が出ている」と、ナインをたたえた。

 正木は準々決勝・東海大相模戦で2本塁打を放っており、2戦連発。スタンド上段にまで達する一撃に「気持ちよかった」と、端正なマスクをほころばせた。

https://www.youtube.com/watch?v=bb73XMYl-Xg

正木 智也(まさき・ともや)

 1999(平成11)年11月5日生まれ、16歳。東京・大田区出身。池雪小2年で池雪ジュニアストロングで軟式野球を始め、雪谷中時代は硬式の世田谷西シニアで全国春16強、通算30本塁打。慶応では1年秋からベンチ入りし、2年春から4番。高校通算20本塁打。1メートル81、80キロ。右投げ右打

巨人戦
先発1年生を中心に準エース高橋君を除く1年生の有望株登板も
巨人に滅多打ち
ただし唯一の零封回はエース加藤君が3奪三振でプロにアピール
ケガで心配された柳町君3番が2安打
先発捕手郡司君が長打、盗塁阻止など活躍
1年生主体のチームなので勝負は度外視
9対0から9対7まで追い上げプロを本気にさせたのは見事

創価大田中から6得点
加藤対決制す

横浜桐蔭戦岩見特大の2発

セガサミ―戦1年生継投好投

郡司のリード冴える

ENEOSに善戦
谷田、山崎に打たれて逆転されるも
打たれたのは1年生
加藤登板せず

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/63514697

この記事へのトラックバック一覧です: ブログのお引っ越し:

« 平成28年春季東京六大学野球 対法政大2回戦 | トップページ | 平成28年度春季東京六大学野球 対東京大(文武両道さんのお部屋) »