天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶立戦2回戦 | トップページ | 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶早戦1回戦試合前 »

北海道小樽旅行1日目

1ヶ月前のある日、たまたまウェブページで見つけたのが、この記事。

【コレで1万円未満】イクラもホタテも食べ放題で温泉付き!『天然温泉 灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽』が神ホテルすぎる

なかなかいいじゃないのと思ってスケジュール表を見たら、奇跡的に5月22日〜23日が空いていることに気付きました。そのまま調べ続けると、飛行機はJETSTAR、レンタカーはスカイレンタカーを利用すれば全部で2人で4万円しないというすごいことに。ちょうどうちの奥様の誕生日も近く、日頃の感謝の意味も込めてということで勢いで北海道小樽旅行が決行されることになりました。

1日目

7時15分に成田発のJETSTARです。JETSTARは第3ターミナルというつい最近出来たところです。LCC専用と言うだけあって、なかなかの距離感とチープ感。更に車は第2ターミナルにしか停められないので、そこからバスに乗るか徒歩15分で移動しないといけないので、家を午前4時30分に出発。さすがにその時間に渋滞は無く、快適なドライブで成田空港に到着。バスに乗って、第3ターミナルで降ろされると、いきなり空港の裏口風なところから入場。無国籍感漂うフードコートを通り抜け、搭乗ターミナルへ。

201505220649331

201505220656371

機内も中国語が飛び交う大変国際的な雰囲気で、なんだか海外旅行に行くみたいです(^_^;


到着してスカイレンタカーで車を借ります。とても1泊2日で3800円(税込み)とは思えない、新車の匂いのする日産ノートでした(*^。^*)

そのまままずは地元の人お勧めの回転寿司、「根室 花まる」でお昼ご飯。ネタも新鮮で、種類も豊富、アイディアネタもありと大変満足できる内容でした。揚げ物(いかげそ)も美味しかったです。

20150522115213

そしてお腹も膨れたところで小樽に向かい、15時くらいに到着!本当に小樽駅前の立地でとても便利な場所です。

20150522162408
(駅前ロータリーからホテル(左手側)を見たところ。目の前です。)

その後、ちょっと小樽の街を散歩してみました。まず、道沿いにあったソフトクリームに惹かれて食べてみたら、牛乳そのもののような美味しさ。なかなか無い美味しさです。山中牧場さんです。

20150522172700

20150522172817

また日本で3番目に古いという線路(今は走っていません)がありました。ほう、そんなものが小樽に?

20150522172505

実は以前小樽に来たことはあったのですが、中途半端な運河と高いお寿司(失礼しました)というイメージでした。ところが街歩きをしていると、古い建物がいっぱいあることに気付きます。しかも、地元の企業と共に日本銀行、第一銀行、三菱銀行、北海道銀行、三井商事など錚々たる企業もあり、しかも石造り等の立派な建物。

20150522185315

20150522190402

20150522190611

20150522195811

ここでようやく小樽という街の成り立ちについて思いを馳せることに。

北海道開拓時代、産出された石炭を運ぶために港を持つ小樽に鉄道が引かれ、当時の最先端の交通手段である鉄道と船を使って物流の一大拠点に。海を埋め立てる際に一部を残して運河にして更に輸送量もアップ。更に日露戦争の結果、南樺太が日本の領土となり、その中継点に小樽が位置したことから、小樽は札幌・函館を凌ぐ一大商都となりました。当初は木造の建物が多かったことから度々火事によって街が被害を受けていましたが、その都度復活し、火事の影響を受けないように石造り等不燃建築物が大正末期から昭和初期にかけて作られる事に。

しかし、第二次世界大戦後、南樺太が日本領土で無くなり、またエネルギーの変化により、石炭から石油へとなったことから、小樽の商都としての地位は低くなってしまいます。更に苫小牧の港が整備され、物流の中心が日本海ルートから太平洋ルートに変わっていったことにより、衰退傾向は決定的に。一時期は都市銀行10行全てが支店を出し、大手商社なども支店を並べ、デパートが3つもあった小樽は、やがて全ての都市銀行の支店が無くなり、商社も無くなり、デパートも無くなるという状況に。

ちょうどその頃、モータリゼーションの影響で市内を走る国道5号線が慢性的な渋滞になっており、運河も前述の物流衰退によって使われなくなっていたことから、埋め立てをしてバイパスを作る案が浮上します。ここで、地元の商店主などが、観光資源としての運河に注目し、反対運動を展開。結果、運河の一部は埋め立てたものの、運河を部分的に残して観光スポットに。

201505221939501

このように街の成り立ちに想いを馳せられるになってから、知らない街の街歩きが楽しく感じるようになりました。歳を取って良かったと思うところです。

古い建物を堪能した後は、駅前のスーパーでこちらから見れば激安の海の幸と総菜を買い込み、ホテルで食べ、最後はホテルから無料で提供されている夜鳴きラーメンを食べ、北海道旅行一日目を無事に過ごすことが出来ました(*^。^*)

20150522214718

« 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶立戦2回戦 | トップページ | 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶早戦1回戦試合前 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/61639427

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道小樽旅行1日目:

« 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶立戦2回戦 | トップページ | 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶早戦1回戦試合前 »