天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶明戦3回戦

ようやく最初の方から観戦出来ました。

いきなり二死満塁でしたが、気合い溢れる小原君がそこにいました。塾野球部の先発は小原君、明治は初戦と同じ柳君です。

_dsc4143
(好投する小原君)

1回表 2死満塁の後、三振を奪取し、無失点。

1回裏 梅野君四球、山本泰君バスターエンドランでしたがライトフライ、谷田君の時2盗で刺されます。谷田君は三振でチェンジ。

2回表 三振、センター前ヒット、レフト前ヒット、センターフライ、セカンドゴロで無失点に抑えます。

2回裏 横尾君ライト前ヒット、沓掛君三振、斎藤君四球で1死12塁、小笠原君フルカウントから6-4-3のダブルプレーでチェンジ。

3回表 1塁ゴロ、四球、レフトフェンスへの2塁打で1死23塁、レフトライナーでランナー動けず、セカンドフライで無失点に抑えます。

3回裏 北村君セカンドゴロ、代打山本瑛君四球、代走国富君、梅野君ライト前ヒットで1死12塁、山本安君サードライナー、国富君よく戻る、谷田君1塁ゴロでチェンジ。

4回表 この回から投手は三宮君。ライトフライ、四球、ライト前ヒット、ライトフライ、三振で無失点に抑えます。

_dsc4751
(好投の三宮君)

4回裏 横尾君三振、沓掛君四球、斎藤君1塁ゴロ3−6で2死1塁、パスボールで2死2塁、小笠原君四球、北村君三振で無得点。

5回表 レフトオーバー2塁打、投前バントを三宮君好捕で3封、1死1塁、セカンドゴロで2死2塁、ここで
加藤君に交代。四球で2死12塁、サードゴロで3封。無失点に抑えます。

_dsc4833
(力投の加藤君)

5回裏 加藤君セカンドフライ、梅野君三振、山本泰君三振で無得点です。

6回表 センターライナー、セカンドフライ、センター前ヒット、三振で無失点に抑えます。

6回裏 谷田君四球、横尾君レフトスタンドに放り込む2ランホームラン、2−0,沓掛君ライトフライ、斎藤君三振、小笠原君三振。塾野球部が2点のリードを奪いました。

_dsc5095
(2ランホームランを放つ横尾君)

7回表 三振、四球、ワイルドピッチで1死3塁、12塁間のヒットで2−1、1死1塁、暴投で1死2塁、四球で1死12塁、三振、サードゴロでチェンジ。

7回裏 北村君三振、加藤君三振、梅野君セーフティバントを試みますが投手ゴロでチェンジ。

8回表 ライトライナー、三振、センターフライで三者凡退に抑えます。

8回裏 山本泰君三振、谷田君四球、横尾君センター前ヒットで1死12塁、沓掛君三振、斎藤君ショートゴロでチェンジ。

9回表 ショート内野安打、バントで1死2塁、ショートゴロランナー動けず2死2塁、3塁ファウルフライで試合終了。見事2−1で塾野球部が勝利を収め、勝ち点を奪取しました!

平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶明戦1回戦

ようやく今季初めて神宮の地に足を踏み入れる事が出来ました!

もうちょっと早く球場に到着するつもりだったのですが、お仕事が長引き、到着した時はちょうど5回裏塾野球部が攻撃中で、ちょうど明治の柳投手が降板した直後からでした。

5回裏 梅野君、山本泰君が出塁後、北村君のバントをキャッチャーが三塁に悪送球で無死満塁。ここで谷田君が走者一掃の2塁打で、勝ち越しの4−1,横尾君もヒットで続き5−1,ここで明治は柳君を諦め齊籐君に交代。斎藤君凡退の後、沓掛君もヒットでつなぎ、1死12塁。小笠原君は四球で1死満塁。加藤君三振で2死満塁。ここで梅野君が追い込まれながら右中間を破る走者一掃の三塁打を放ち8−1と塾野球部が大幅にリードを広げます。
_dsc2392

_dsc2393

_dsc2394

_dsc2395

_dsc2396

_dsc2397

_dsc2398

_dsc2412

今までの試合、あくまで文字上でしか見ていないのですが、得点を取るべき時に取りきっていないことが後で尾を引いているように感じました。この打席で集中力を切らさずしっかり振り抜いた梅野君、本当によくやってくれました!!3塁への到達スピードもとっても早かったです。

山本泰君四球、北村君ライトフライでチェンジ。8−1と大きくリードを取りました。

6回表 加藤君が無失点に抑えます。

6回裏 谷田君セカンドゴロ、横尾君四球、斎藤君セカンドゴロで2封(セカンド好捕)、小笠原君サードゴロで無得点。

7回表 ショートゴロ、セカンドゴロ、三振で三者凡退に抑えます。

7回裏 沓掛君ショートゴロ、加藤君三振、梅野君三振で三者凡退です。

8回表 四球、三振、三振、三振と四球を一個挟んで4連続奪三振で無失点です。

8回裏 山本泰君三振、北村君セカンドゴロ、谷田君センターフライで三者凡退です。

9回表 四球、ライトフェンス直撃2塁打で無死23塁。ワイルドピッチかキャッチャーが捕れなかったかで2−8。なおも無死3塁、四球で無死13塁。ライト前ヒットで3−8。なおも無死12塁、四球で無死満塁。ここでたまらず投手が加藤君から小原君に交代。

_dsc3266

マウンドで緊張している感じがヒシヒシと伝わってきていました。すると3球目にワイルドピッチで4−8.なおも無死23塁。四球で無死満塁、セカンドゴロで3塁ランナーホームイン。5−8。1死23塁。この時の守備の写真がピントが違うところに合ってしまいましたが、セカンドの北村君が丁寧に丁寧に処理しているのが伝わってきます。

_dsc3341

続く打者から三振を奪い、2番石井君はフルカウントの後ファウルで粘られましたが、最後はレフトフライに打ち取り、塾野球部が8−5で初戦をものにしました。

_dsc3459

_dsc3462

この試合、自分が途中から見たと言うこともあるのでしょうが、なんと言っても嬉しかったのは期待していた2人の選手の活躍を見ることが出来たことです。

1)梅野選手の値千金の出塁とタイムリーヒット。

5回の大量得点のきっかけとなった北村君のバントの時の悪送球。これは生で見ていないのですが、きっと2塁ランナー梅野君の足の速さを意識して名手坂本君が焦ったのでは無いかなと思いました。そして後から考えるととても大きい意味を持った3点となった走者一掃の三塁打。自分は阪急ーオリックスが好きだったこともあってか、スタメンに足の速い選手がいることは、チーム全体に大きなアドバンテージとなると思っています。普通のバッティングは勿論のこと、ちょっとでも球足が遅い打球になったらセーフのため前目に守るからヒットコースが広くなる、ランナーに出れば投手が打者に集中できなくなる、送球エラーを誘うことにもなる、ただ1塁にいるのではなく盗塁で2塁・3塁とアウトカウントを悪くせず進める、守備時も守備範囲が広くなる他、兎に角メリットが有り余るほどあります。ここ最近のように、しっかりバットを振り切っていければ、これからも貴重な戦力になってくれると思います。

2)小原君のリリーフ

最初投球練習を見た時、以前のように腕を大きく振っていなかったので「古傷の影響かな」と思ったのですが、緊張して腕が縮こまっていたんですね。それが露骨に出て、ワイルドピッチ、四球となり暗雲立ちこめましたが、その後はヒットを打たれること無く、見事締めてくれました。特に最後の方は気合いがどんどん高まっていき、一球一球吠えながら素晴らしい球を投げ込んでくれていました。これからも頑張って欲しいですね(*^。^*)


さあ、明日の試合もしっかり勝っていきましょう!明日も勝つぞ、慶應!!

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »