天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶明戦1回戦 | トップページ | 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶東戦1回戦 »

平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶明戦3回戦

ようやく最初の方から観戦出来ました。

いきなり二死満塁でしたが、気合い溢れる小原君がそこにいました。塾野球部の先発は小原君、明治は初戦と同じ柳君です。

_dsc4143
(好投する小原君)

1回表 2死満塁の後、三振を奪取し、無失点。

1回裏 梅野君四球、山本泰君バスターエンドランでしたがライトフライ、谷田君の時2盗で刺されます。谷田君は三振でチェンジ。

2回表 三振、センター前ヒット、レフト前ヒット、センターフライ、セカンドゴロで無失点に抑えます。

2回裏 横尾君ライト前ヒット、沓掛君三振、斎藤君四球で1死12塁、小笠原君フルカウントから6-4-3のダブルプレーでチェンジ。

3回表 1塁ゴロ、四球、レフトフェンスへの2塁打で1死23塁、レフトライナーでランナー動けず、セカンドフライで無失点に抑えます。

3回裏 北村君セカンドゴロ、代打山本瑛君四球、代走国富君、梅野君ライト前ヒットで1死12塁、山本安君サードライナー、国富君よく戻る、谷田君1塁ゴロでチェンジ。

4回表 この回から投手は三宮君。ライトフライ、四球、ライト前ヒット、ライトフライ、三振で無失点に抑えます。

_dsc4751
(好投の三宮君)

4回裏 横尾君三振、沓掛君四球、斎藤君1塁ゴロ3−6で2死1塁、パスボールで2死2塁、小笠原君四球、北村君三振で無得点。

5回表 レフトオーバー2塁打、投前バントを三宮君好捕で3封、1死1塁、セカンドゴロで2死2塁、ここで
加藤君に交代。四球で2死12塁、サードゴロで3封。無失点に抑えます。

_dsc4833
(力投の加藤君)

5回裏 加藤君セカンドフライ、梅野君三振、山本泰君三振で無得点です。

6回表 センターライナー、セカンドフライ、センター前ヒット、三振で無失点に抑えます。

6回裏 谷田君四球、横尾君レフトスタンドに放り込む2ランホームラン、2−0,沓掛君ライトフライ、斎藤君三振、小笠原君三振。塾野球部が2点のリードを奪いました。

_dsc5095
(2ランホームランを放つ横尾君)

7回表 三振、四球、ワイルドピッチで1死3塁、12塁間のヒットで2−1、1死1塁、暴投で1死2塁、四球で1死12塁、三振、サードゴロでチェンジ。

7回裏 北村君三振、加藤君三振、梅野君セーフティバントを試みますが投手ゴロでチェンジ。

8回表 ライトライナー、三振、センターフライで三者凡退に抑えます。

8回裏 山本泰君三振、谷田君四球、横尾君センター前ヒットで1死12塁、沓掛君三振、斎藤君ショートゴロでチェンジ。

9回表 ショート内野安打、バントで1死2塁、ショートゴロランナー動けず2死2塁、3塁ファウルフライで試合終了。見事2−1で塾野球部が勝利を収め、勝ち点を奪取しました!

« 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶明戦1回戦 | トップページ | 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶東戦1回戦 »

野球」カテゴリの記事

コメント

向かっていますが、まだ池袋にすら着いていません。
横尾くんのホームランでちょっと安心できますね。

観戦記連勝おまでとう

慶大・横尾、通算8号V弾!「飛距離はいっていた」/東京六大学

6回、左越え2点本塁打を打った慶大・横尾=神宮球場(撮影・納冨康)【拡大】

 東京六大学野球春季リーグ第3週第3日(27日、明大1-2慶大、神宮)六回無死一塁、慶大の横尾は内寄りの球を振り抜いた瞬間にバットを高々と掲げた。「飛距離はいっていた。打球が切れないかだけ考えていた」と話し、悠然とダイヤモンドを一周した。

 177センチ、86キロの体はパワー十分。ここまで5試合で2発を放ち、通算8本目。シーズン中もジムに通い、大久保監督は「打撃練習からキレキレだった」と絶賛した。3安打2打点と調子を上げてきた主砲がチームに今季初の勝ち点をもたらした。(共同)

横尾君、谷田君
全日本決定

慶大横尾決勝2ラン 大久保監督初勝ち点
[2015年4月27日15時17分]


<東京6大学野球:慶大2-1明大>◇第3週第3日◇27日◇神宮 日刊スポーツ

 慶大が明大を破り、2勝1敗とし勝ち点1とした。

 0-0の6回無死一塁でドラフト候補の横尾俊建内野手(4年=日大三)が左翼席中段へ決勝2ランを放った。

 投げては3投手をつぎ込み、最後はエース加藤拓也投手(3年=慶応)が締めて通算10勝目を挙げた。

 就任後初の勝ち点を挙げた大久保秀昭監督(45)は「うれしいですね。緩めずにやっていきたい」と笑顔を見せた。

慶大・大久保監督「恐るべし神宮」初勝利 横尾丸刈り2安打
東京六大学野球第3週第1日 慶大8―5明大 (4月25日 神宮)
加藤拓(右)を激励する慶大・大久保監督
<慶大・明大>9回、マウンドの加藤拓(右)を激励する慶大・大久保監督
Photo By スポニチ
 1回戦2試合が行われた。慶大は今秋ドラフト候補に挙がる横尾俊建内野手(4年)が中越え本塁打を放つなど2安打2打点をマーク。明大を8―5で下し、今季から指揮を執る大久保秀昭監督(45)は3試合目で初勝利を挙げた。早大は立大を3―2で破り先勝。大竹耕太郎投手(2年)が2失点で自身初完投勝利、打っても逆転2ランを放つ活躍を見せた。

 低めの直球を思い切りすくい上げた。1点を追う4回。4番・横尾が放った打球はバックスクリーン左で弾んだ。同点ソロに「(スタンドまで)行かないと思って一生懸命走った。結構飛んでくれた」と笑顔を見せた。

 開幕カードの法大戦は2連敗。自身も無安打に終わっていた。「気合を入れた」と丸刈り頭で出直すと、5回にも右前適時打で2安打2打点。「とりあえず監督に1勝してもらいたかった」と、就任1年目の大久保秀昭監督に初勝利をプレゼントした。1―1の5回2死満塁から走者一掃で勝ち越しとなる中越え二塁打を放った3番・谷田は「貢献できて良かった」。ドラフト候補の3、4番コンビがようやく目覚めた。それでも7点リードの9回に3点差まで追い上げられ、大久保監督は「ヒヤヒヤ、ドキドキ。恐るべし神宮」と胸をなで下ろした。 【試合結果】

綾瀬の明治戦、東芝とのオープン戦で好投した小原君、
この調子なら先発だねと声掛けしたら
頑張りますとそれを意識していました。
大谷君がケガをして出られないとき、大谷を甲子園に連れていく
と代役の小原君の頑張りで甲子園出場。
昨日も今日も綱渡りだったけれど四球、安打でも粘ってゼロに抑えるところが
すごい、
今日の3人のリレー、交代時期、大久保采配冴えました。

小原大樹(環3)ケイスポ小原君のコメント

(神宮での初先発を終えた感想は)昨日監督に伝えられたのですが、すごく緊張してなかなか寝られなかったです。マウンドに行っても緊張してしまったので、次からはしっかり三者凡退にして流れをつくっていきたいです。(四球が多かったですが、それでも無失点に抑えられた要因は)監督からもオープン戦からランナーを出してもいいからそこをゼロで切り抜けることの方が大切だと言われていたので、その意味でもマウンドに上がる以上絶対に点はやらないという気持ちでした。(今季は直球の走りがよさそうですね)高山さんとか明大のバッターはまっすぐに強いと言われていたんですが、そこでどれだけ自分のストレートで押せるかを考えて投げました。結果ストレートでは押せたので手応え自体は感じています。(まだ神宮で点を取られていませんよ)そうですね。試合前は正直そこも意識したんですけど、マウンドに上がって投げる以上ゼロが当たり前だと思っていて今後も継続していきたいです。それでも特には意識はせずに、三者凡退に抑えた結果ゼロだといいなと思って投げられればいいですね。(後を受けた投手の存在は)後ろには加藤や三宮さんがいたので、その分初回から腕を振れたのかなと思います。(次へむけて)首の皮一枚つながったと言っても過言ではないので、一戦必勝で連勝で取れるように頑張っていきたいです。

横尾V2ラン!大久保監督就任後、初の勝ち点
サンスポ
主将の横尾が六回、明大右腕、柳から先制2ランを放ち、打席でガッツポーズ。「試合が決まるのはエラーか長打と思っていたので、うまく打ててよかった。主将で勝ち点が取れなかったら…と思っていた」と喜びをかみしめた。大久保監督は就任後、初の勝ち点。「きょう負けたら(優勝争いから脱落し)4月で終わってしまうと思っていた」とホッとしていた。


慶大・横尾2ランで今季初勝ち点!

2015年4月28日6時0分 スポーツ報知

6回無死一塁、左越えに特大2ランを放った慶大・横尾はベンチに向かいガッツポーズ
6回無死一塁、左越えに特大2ランを放った慶大・横尾はベンチに向かいガッツポーズ


 ◆東京六大学野球第3週第3日 慶大2―1明大(27日・神宮)

 慶大は今秋ドラフト候補の横尾俊建三塁手(4年)が明大戦の6回に先制2ランを放ち、チームに今季初の勝ち点をもたらした。早大は茂木栄五郎三塁手、丸子達也一塁手(ともに4年)の連続アーチなどで快勝。12年春以来の開幕4連勝(1分け)で首位。通算100安打に王手をかけている立大の大城滉二遊撃手(4年)は、3戦連続無安打だった。

 横尾が「侍」らしいアーチで、勝ち点を呼び込んだ。両軍無得点の6回無死一塁で、左翼ポール際へ決勝2ラン。「切れないと思った」と、打った直後に両手を挙げて喜んだ。週2回のジムワークではヨガに加え、木刀も振って心身を磨く。ユニバーシアードの侍ジャパン大学代表にも選出された大砲は「飛距離は出ていて、らしい当たり」と会心の笑みを浮かべた。
ドラフト候補


慶大が今季初の勝ち点!横尾主将が決勝2ラン「超うれしい」
東京六大学野球第3週最終日 慶大2―1明大 (4月27日 神宮)
<明大・慶大>6回、決勝弾を放った横尾はド派手にガッツポーズ
<明大・慶大>6回、決勝弾を放った横尾はド派手にガッツポーズ
Photo By スポニチ
 3回戦2試合が行われた。慶大は明大を2―1で下し、今季初の勝ち点を挙げた。主将の横尾俊建内野手(4年)が決勝の2号2ランを含む3安打2打点をマークした。

 今秋ドラフト候補の4番・横尾の一振りで今季初の勝ち点を挙げた。0―0の6回無死一塁から内角のチェンジアップを左翼ポール際に運ぶ決勝2ランは通算8本目。ド派手にガッツポーズし「超うれしい。思い切り振ることだけ考えた」。

 開幕週の法大戦は2連敗し自身も無安打。丸刈り頭で臨んだ今カードは打率5割と主将の責任を果たした。1点差を勝ち切り大久保秀昭監督は「こういう勝ち方しかない。よく耐えた」と称えた。

MXテレビの高橋優勝プレイバックという保存版VTR見ていたら
あの春と状況同じ
万年5位の立教にスタートまさかの勝ち点失い、明治に記録的な大量失点で負けた後
前日KOされた林が延長12回2対1の勝利、明治からの勝ち点でその後連勝して優勝
アナウンサーが「まさか立教に負けて、明治に大敗したあと連勝して優勝するとは」

またしても慶大から勝ち点を奪えなかった。しかし「リーグ戦はまだまだここから」(坂本)。2安打した高山俊外野手(文4=日大三)など、打線は中心選手が本来の調子を取り戻してきている。投手陣では2回4奪三振の星知弥投手(政経3=宇都宮工)や慶大2回戦で好投した水野匡貴投手(農2=静岡)なども調子を上げている。次週の相手は、熊谷、森田(ともに法大)ら新戦力の台頭で勢いに乗る法大。好調のチームに勝利してこちらが勢いに乗りたい。明大スポーツ

慶應の応援席には法政の応援部員が参加していたとか
今度は明治の応援席に慶応の応援部員が参加するかも
坂本君頼む

隼太が黒田から1号!
2015年4月26日デイリー
 
 二回1死は外角へ逃げる142キロのツーシームを強振。タイミングを取ってスイングした逆方向への飛球は、勢いを失わずに左翼フェンスを直撃する二塁打となった。

 四回1死での一塁内野安打を含めて、初対戦の黒田から3安打。和田監督も「1軍に上がって初めてじゃないか。思い切りのいいスイングだった」と評価した。現在、1軍には左打ちの外野手が福留と伊藤隼しかいない。結果を残せば出場機会は増える。一流投手との対戦でつかんだ感触は、無駄にはしない。

昨日29日(水祝)

阪神 伊藤選手 3打数2安打(打率3割超え)
日ハム 白村投手 3イニング無失点
DeNA 長田投手 1イニング無失点
中日 福谷投手 1イニング無失点2勝5セーブ

福谷154キロで6セーブ

梅野400 盗塁4 出塁率.526
横尾313 HR2 打点4 四球5 出塁率.476
梅野選手が好調で、盗塁も出来る選手。
だが、盗塁はチーム全体で4、なんと梅野選手しか成功していない。
犠打は2(早7明5法5東3立8)、
三振は51(早16明28法30東36立33※試合数は6立、5早法名慶、4東)と、
どんどん振ってくる。だがこそが逆に弱点になっているのかもしれない。
記録だけ見ると、盗塁せずバントもせずガンガン振って
ランナーを貯めての長打。
東大は初戦宮台投手→山本俊投手の継投で明治、早稲田戦も初戦好試合
油断できない。
投手継投は小原→三宮→加藤の明治第3戦を2戦ともして連勝を狙う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/61501498

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶明戦3回戦:

« 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶明戦1回戦 | トップページ | 平成27年東京六大学春季リーグ戦 慶東戦1回戦 »