天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦1回戦 | トップページ | 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦3回戦 »

平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦2回戦

今日は所用が長引き、慶早戦なのに3回表からの観戦となっております。さあ、今日は勝つぞ、慶應!

塾野球部の先発は三宮君、早大は大竹君でしたが到着したときは竹内君でした。

3回表 2死後、ライトフライで三者凡退に抑えます。

3回裏 谷田君センター前ヒット、横尾君三振、藤本君ライトフライ。竹内君の時盗塁を試みるも投手牽制。絶体絶命かと思われたが弾き2塁へ。竹内君レフト前ヒットで谷田君ホームを狙うもアウト。3−1のまま。

4回表 ショートゴロ、センター前フライ、四球(?)、1塁牽制後投手に戻す球が逸れて1塁ランナーがスタートを切るも横尾君が2塁へ好送球でアウト。チェンジ。

4回裏 斎藤君ショートライナー、小笠原君四球、三宮君バントで2塁へ。佐藤旭君左中間3塁打で斎藤君生還、4−1!山本泰君三振でチェンジ。

_dsc4658

_dsc4677

_dsc4682_2
(タイムリー3塁打を放つ旭君)

5回表 ライトファウルフライ、1塁ゴロ、ショートゴロで三者凡退に抑えます。

5回裏 この回から早大は有原君。谷田君レフト前ヒット、横尾君ライトフライ、藤本君の時に牽制が逸れて2塁へ。藤本君ショートゴロ、竹内君の時谷田君三塁へ盗塁!竹内君はキャッチャーファウルフライで無得点。

6回表 ショートゴロ、2塁打、三振と2死2塁からライト方向への3塁打を打たれ4−2。ライトフライでチェンジ。

6回裏 斎藤君右中間を破る2塁打、小笠原君三振、三宮君セカンドゴロで2死3塁。佐藤旭君は痛烈な打球でしたがショート正面で無得点。

7回表 サードゴロ、ライトフライ、レフト前ヒット、セカンドゴロで無失点に押さえます。

_dsc5319
(好投を続ける三宮君)

7回裏 山本泰君センター前ヒット、谷田君4−6−3のダブルプレー、横尾君サードゴロ。

8回表 四球、センターフライ、盗塁で1死2塁。三振。ここで明君に交代。

_dsc5524
(笑顔でボールを明君に渡す三宮君。見ていてとても気持ちの良いものでした)

明君、しっかりと1塁ゴロに抑えチェンジ。

_dsc5561

8回裏 藤本君センターフライ、竹内君3塁内野安打、代走梅野君。すかさず初球に盗塁で1死2塁。慶早戦での梅野君、勇気を持って早めに仕掛けてくれています。素晴らしい!

_dsc5645_3

_dsc5649

_dsc5654
(盗塁を決めた梅野君)

斎藤君四球で12塁。小笠原君レフト前ヒットで梅野君が一挙ホームイン!5−2とリードを広げます。

_dsc5694

_dsc5697

_dsc5704

_dsc5706

_dsc5713

_dsc5716

明君三振、佐藤旭君ライトフライでチェンジ。貴重な追加点を挙げました。

9回表 四球、センターオーバー2塁打で無死23塁。たまらず投手が加藤君に交代。暴投で5−3。1塁ゴロで5−4。1死ランナー無し。ライトフライ、三振で試合終了。塾野球部が昨日の雪辱を果たし、1勝1敗となり、勝ち点の行方は明日の試合に持ち越しとなりました。

_dsc5892
(渾身の力でねじ伏せた加藤君)

なお、この結果、明治大学の優勝が決まりました。おめでとうございます。

明日はチーム旭の最後の試合。みんなで大いに笑って終われるように、みんなが力を出し切れますように。勝つぞ勝つぞ、慶應!

« 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦1回戦 | トップページ | 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦3回戦 »

野球」カテゴリの記事

コメント

慶應義塾は最後まで諦めない!旭君最後に勝利で終わろう!宿敵早稲田を倒して!

応援席で慶応讃歌、おお我が慶応歌っているところを撮影している管理人さん見つけ
お礼のご挨拶できてラッキーでした。
今日は同じ場所に、岡部長、鬼島さん、塾長がそれぞれ立ち話されていてお見かけ出来て
ダブルラッキーでした。
昨日悔しい思いをした佐藤君のヒット、山本君のあわやホームランのライトオーバーの2塁打、
谷田君の四球の無死満塁から横尾君の強烈な三塁強襲ヒットから怒涛の3点を大竹君から
初回とりました。有原君から打ちたいヒットも谷田君に出てよかった。
ただ有原君が出てから横尾君記念の1発狙いで右打ちが消えたのは残念。
投手交代はむつかしいものです。8回完璧にリリーフした明君が9回意識して四球、置きに行っての
長打、無死2.3塁で緊急リリーフした加藤君、いきなり暴投で冷や冷やしましたが、
9回表の段階で3点差があったので余裕の守備でしたね、昨日の早稲田の2点差と同じ、
1点差に追いつくことはできても同点委にはできません。
早稲田も慶応も投手の駒が少ないので六大学代表としては明治に出てもらったほうが確率が高い。
早稲田が明治神宮大会に不出場で日本ハムとしては有原君が無理をさせたくないのでほっとしているでしょう。

来季に向けて注目は梅野君
2日続けて1球目の盗塁に成功
明治の福田君、早稲田の重信君のように足の速いトップバッターは警戒される。
加藤君、三宮君が足を警戒するあまり福田君や重信君に四球を出す。
今日も三宮君は重信君を1安打2四球と3度も出した。
加藤君も初回に福田君、重信君をランナーに出し走られる場面が多かった。
来年は梅野君、山本君、谷田君、横尾君で先制する場面を期待。
斎藤君が5番に入り、山口君が続けば打線は遜色ない。

今季4勝目を挙げた先発三宮が「目の前の胴上げだけは見たくなかった」と言えば、2安打の佐藤旭主将も「優勝を逃して悔しかったが、早稲田の胴上げだけは阻止したかった。後は勝ち点」と話した。(共同)

旭君のスリーベース、彼の思いが凝縮されたようなヒットで涙が出てくる思いでした。
絶対に明日も勝ってチーム旭は春優勝秋2位と言う成績で歴史に残ってほしいものです。

小笠原君が大事なところで追加点をたたき出してくれました。
梅野君はセンターに入りましたが、来季は藤本君の後を守ってくれるでしょう。足は速いしきっと素晴らしいセンターになることと思います。

加藤君が出てきたときは「暴投のシーン」が浮かびましたが、本当にその通りになっちゃいました・・・

梅野魁土 (環3)

(素晴らしい走塁だった)コーチャーが回したので、ホームに還れるように一生懸命走りました。(代走で出て、初球で盗塁成功。あれはサインだったか)サインですね。(盗塁するのは)いつでもいいんですけど、カウントが有利なほうがバッターにとってはいいので、できれば早い段階でいきたいと思っていました。初球からいけてよかったです。(そして小笠原のヒットで一気にホームインした)間一髪だったんですけど、コーチャーの大野さんのナイス判断でした。僕は一生懸命走っただけなので大野さんにお礼を言いたいですね。(早慶戦2試合とも代走で活躍。代走という役割をどう感じているか)今のチームは足を使った攻撃がなかなかないので、そこで僕がそういう役割で活躍できればいいなと思っています。この2試合は自分の役割を果たせていると思います。(明日に向けて)4年生が最後なので、勝って終われるように全力で勝ちにいきたいと思います。

keio sports

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/60590018

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦2回戦:

« 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦1回戦 | トップページ | 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦3回戦 »