天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« 平成26年秋季東京六大学野球 対明大1回戦 | トップページ | 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦2回戦 »

平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦1回戦

ここから連勝・連覇を目指す塾野球部は神宮球場に早稲田大学野球部を迎え、伝統の慶早戦を戦います。

今日の先発投手は塾野球部は加藤君、早稲田大は大竹君です。お互い持てる力を出し切り、素晴らしい試合(当然勝つのは塾野球部で)となることを願い、応援に励みます!

1回表 佐藤旭君センターフライ、山本泰君投手ゴロ、谷田君センター前ヒット、横尾君打席で、キャッチャー弾き2塁へ、横尾君ライト前ヒット、谷田君回り込んで一気にホームイン、1−0と先制!藤本君死球で2死12塁、竹内君はセカンドゴロでチェンジ。1−0塾野球部が先制しました!

_dsc1967_2
(回り込んで生還する谷田君)

1回裏 センター前ヒット、バントで2塁へ、1塁ファウルフライ、四球で2死12塁からセンター前ヒットで1−1の同点。四球で満塁となるも抑え、1−1。

2回表 斎藤君1塁ゴロ、小笠原君センター前ヒット、加藤君四球で12塁、佐藤旭君6−6−3のダブルプレー。

2回裏 ライトフライ、レフトフライ、三振で三者凡退に抑えます。

3回表 山本泰君セカンドゴロ、谷田君ライト前ヒット、横尾君三振、藤本君の時パスボールで2塁へ。藤本君三振(相手を気遣ってしまう藤本君らしい打席でした(^^ゞ)

3回裏 四球、6−6−3のダブルプレー、1塁ファウルフライでチェンジ。

4回表 竹内君1塁ゴロ、斎藤君ライト前ヒット、小笠原君センター前ヒットで1死12塁。加藤君レフトフライ、佐藤旭君の時キャッチャー牽制で2塁アウトでチェンジ。

4回裏 左中間2塁打、ライトフライで1死3塁、ライト前ヒットで1−2。バントで2死2塁、代打石井君は三振でチェンジ。

5回表 この回から投手は竹内君。佐藤旭君サードハーフライナー、山本泰君死球、谷田君三振、横尾君カウント3−0から打ち左中間を破る2塁打、山本泰君一挙にホームイン。2−2の同点。藤本君四球、竹内君セカンドゴロでチェンジ。塾野球部が同点に追いつきました。

_dsc3007
(タイムリーヒットを放つ横尾君)

5回裏 センター前ヒット、盗塁で無死2塁、1塁ライナー、ショートフライ、3塁フライで無失点に抑えます。

6回表 センターフライ、2塁ゴロ、3塁ゴロでこの試合塾野球部初めての三者凡退です。

6回裏 ショートゴロ、右中間を破る2塁打、三振、ショート内野安打、代打山口君レフト前ヒットで2−3.1塁ランナーも3塁へ。ショートゴロでチェンジ。

7回表 この回から投手は有原君。佐藤旭君三振、山本泰君ショートフライ、谷田君三振で三者凡退です。

7回裏 四球、バントで2塁へ、レフト前ヒットで1死13塁、ショートフライ、ピッチャーゴロで1塁送球しましたが捕球できず3塁ランナーホームイン。1塁ランナーも本塁を目指しますがタッチアウト。2−4となりました。

8回表 横尾君死球、藤本君6−4−3のダブルプレー、竹内君三振でチェンジ。

8回裏 この回から投手は三宮君。三振、ショートライナー、レフトフライと三者凡退に抑えます。

9回表 斎藤君ライトスタンドへホームラン。3−4。

_dsc3881
(ライトスタンドに放り込んだ斎藤君)

小笠原君四球、代走梅野君。すかさず盗塁で無死2塁、北村君四球で無死12塁、佐藤旭君レフトライナー、山本泰君6−4−3のダブルプレーで試合終了。残念ながら塾野球部が敗れ、今季の塾野球部の優勝はなくなり、優勝は明治か早稲田のどちらかとなりました。


« 平成26年秋季東京六大学野球 対明大1回戦 | トップページ | 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦2回戦 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

今日、隣で観戦していたKの夫です。4年ぶりに慶早戦を見ました。実は今年の春に早稲田出身の伯父が82歳で亡くなり、葬式では都の西北と応援歌のテープが流れました。弔いの気持ちを込めて見た今日の慶早戦…選手の顔ぶれが入れ替わっただけで、あとは何も変わっていません。受け継がれていく伝統に感動。残念ながら慶應は負けたけど、締まったいい試合でした。まずは明日勝ちましょう。

中村さん
お初のコメント、ありがとうございます!
3〜4日前に慶應義塾大学の三田キャンパス内で開催されていた「慶應義塾と戦争Ⅱ」という展示を見に行ってきたのですが、きけわだつみの声の序文にも取り上げられた特攻隊で命を落とされた塾の大先輩である上原さんという方がいらっしゃるのですが、そのお兄様(彼も戦死)が几帳面に六大学野球のチケット(今と殆ど変わりません!)をスクラップブックに貼り、そして脇に各校の校歌の一節を書いていらっしゃったのが、展示されていました。
また、2週間ほど前にNHKスペシャルで放送された東京が映った動画をカラー化した番組がありましたが、学徒出陣で上野の山に集まった早稲田大学の学生たちが手を振り上げて「都の西北」を大きな声で歌っているシーンがありました。
ちょうど「受け継がれていく伝統」に思いを馳せていた時期だっただけに、大変印象深いコメントでした。
野球談義も楽しかったです。まだ是非観戦しましょう(*^。^*)
これからも宜しくお願いします。

落ち気味の加藤、上向きの三宮という比較でいえば、先発三宮
春ずっと加嶋で来て最後加藤で勝負
3点目で交代させるべきと助監督も反省
斎藤は、加藤の送球をそらした。
春山本が三宮の送球をそらしたのとかぶる。
三塁側慶応スタンドの白いシャツの背景にボールを見失った。
慶應の応援席はカラーシャツを着用しよう。
今日はカラーシャツにブルーのブレザーで行く。
9回無死1,2塁、とにかく谷田まで回せば逆転できる。
送りバントゼロの慶応もさすがにここは送りバントと思った、
佐藤にセフティを試みてほしかった。
2、3塁になれば山本の打順で併殺ないので谷田に回る。
それに低めの変化球が投げにくくなる。
加藤の四球の多さ、三振の少なさで三宮に中盤から代えるべき
という采配ミス
しかしエースに最後まで賭ける、主将を信じて打たせる
それも慶応の伝統的美学
いさぎよく負けるのもよし。
有原が勝てる投手になった。春は唯一の失投で負けたが
2点差で1点まで許される状況で佐藤のライトフライ、山本の併殺の
投球は勝てる投手になりたいという彼の粘りの投球だった。
横尾は本当に進化した。右打ちのタイムリー、ノースリーからのレフトオーバー
後2戦でベストナインだ、
春は実力上の早稲田に勝ったが、秋は実力では優っていたのに初戦敗退
だが実力は上と思うので勝ち点はとってくれると思う。
来年は5番の斎藤のホームランは大きい。
あと2勝して2位となり投打の軸の残る来年は慶応史上最強と思うので連覇

九回、1点差に迫り、なお無死一、二塁としたが、佐藤旭は左飛、山本泰が三ゴロ併殺打。高多助監督は強攻策について「ウチのスタイルで誰かがかえしてくれると思って打たせた。(守りでは)継投を間違えた私のミス」と頭を下げた。リーグ優勝はなくなったが、4番・横尾は「あす(3日に)打って、絶対にあと2タテします」と気持ちを切り替えていた。
サンスポ

九回は「行ける!」と思ったのですが、口惜しい敗戦でしたね。不調とは言えやはり有原君でした。慶早戦は別物、今日と明日に期待しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/60583509

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦1回戦:

« 平成26年秋季東京六大学野球 対明大1回戦 | トップページ | 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦2回戦 »