天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

平成26年秋季東京六大学野球 対明大1回戦

今日の先発は塾野球部は加藤君、明治は山﨑君とエース対決です。

今日はその前の予定が長引いたため、6回裏途中から観戦です。

6回裏 1死12塁からサードゴロ。2封の後送球が逸れ、2塁ランナーがホームイン。4−4.センター前ヒットで2死12塁となりますが、後続を抑えチェンジ。

7回表 竹内惇君2塁内野安打、代打北村君1塁ゴロで2塁へ、小笠原君3塁ゴロで2死3塁となるも加藤君はショートゴロで無得点。

7回裏 2者凡退の後センター前ヒット、サードへの強烈なゴロを横尾君ブロックするように捕ってアウト。

8回表 佐藤旭君三振、山本泰君三振、谷田君1塁フライ。

8回裏 3塁ゴロ、四球、バントで2死2塁、三振で無失点に抑えます。

9回表 横尾君センター前ヒット、藤本君ライト前ヒットで無死12塁、竹内惇君バントをするも3封。代打沓掛君は5−4−3のダブルプレーでチェンジ。

9回裏 ライトライナー、1塁ファウルフライ、3塁ファウルフライで三者凡退に抑えます。延長戦に突入です。

_dsc0799
(力投を続ける加藤君)

10回表 山﨑君に代打が出たので、この回から上原君に交代。小笠原君三振、加藤君ライトフライ、佐藤旭君レフト線2塁打、山本泰君ショートハーフライナーでチェンジ。

10回裏 2塁ゴロ、三振、三振で三者凡退に抑えます。

11回表 谷田君ショートフライ、横尾君レフト線への当たりでしたが、加勢君のダイビングキャッチに遭いアウト、藤本君三振。

11回裏 レフトフライ、サードゴロ、四球、パスボールで2塁へ、サードゴロでチェンジ。

12回表 竹内惇君ショートゴロ、代打鈴木君キャッチャーフライ、小笠原君三振でチェンジ。

12回裏 代打が四球で出塁、次打者バントはうまくいかずも三振の間に盗塁で1死2塁、3塁ファウルフライで2死。三遊間のゴロを横尾君が飛び込みグラブに当たるも弾き、2死13塁。高山君で敬遠を選択するも初球がすっぽ抜け、小笠原君も当てるも捕れず弾いてしまい、そのまま3塁ランナーがホームイン。3−4で塾野球部が初戦を落としました。

平成26年秋季東京六大学野球 対法大2回戦

5回裏途中からの観戦となりました。先発は塾野球部が三宮君、法政が連投で石田君です。

5回裏 先頭打者を出した後、バントで1死2塁。四球で1死12塁。ライトフライでランナー動けず2死12塁。ここで三宮君から佐伯君にスイッチ。四球で満塁となるもセカンドゴロで無失点に抑えます。

_dsc9231
(好投した佐伯君。神宮初勝利!!)

6回表 小笠原君ショートゴロ、佐藤旭君センターフライ。山本泰君センター前ヒット、谷田君ライト前ヒットで2死12塁、横尾君レフト前ヒットで満塁。ここで法政が動き畔上君を下げ、伊藤君1塁、で外野に山下君。投手は玉熊君に交代。藤本君レフト線への2塁打で2者生還!2−0と先制します。さらに竹内惇君の時パスボールで3塁ランナーホームイン。3−0。竹内誠君はセカンドゴロでチェンジ。

_dsc9107
(藤本君のタイムリー2塁打)

6回裏 三者凡退に抑えます。

7回表 斎藤大君ショートゴロ、代打羽生田君セカンド内野安打、よく走りました。代走に梅野君。小笠原君ライト前ヒットで梅野君は一挙に3塁へ。1死13塁。ここで法政が投手交代。鈴木貴君になります。佐藤旭君セカンドゴロ、2塁手がハンブルして1塁へ送球、3塁ランナーホームインで4−0.山本泰君レフトフライでチェンジ。4−0とリードを広げます。

7回裏 この回から投手が明君。四球、5−4−3のダブルプレー、ライトフライで無失点に抑えます。

8回表 谷田君四球、横尾君5−4−3のダブルプレー。藤本君三振で無得点。

8回裏 キャッチャーファウルフライ、セカンドゴロ、ライトフライで三者凡退に抑えます。

9回表 竹内惇君三振、斎藤君三振、代打北村君三振で無得点。

9回裏 この回から投手は加藤君、1塁は近藤君。ショートフライ、三振、センターフライでゲームセット!4−0で塾野球部が快勝しました(*^。^*)

感想はのちほど。


平成26年秋季東京六大学野球 対法大1回戦

今日は塾野球部は加藤君、法政は石田君とエース対決。

2回裏 加藤君の2塁打などで3点先制です!3−0でリードを奪いました。

3回表 三振、三振、ライトライナーで三者凡退に抑えます。

3回裏 山本泰君セカンドゴロ、谷田君1塁ゴロ、横尾君センターフライで無得点。

4回表 一人ランナーを出すも無事無失点に抑えます。

4回裏 藤本君、竹内君、齋藤君でしたが三者凡退。

5回表 三者凡退に抑えます。

5回裏 小笠原君ライトへ上手く流し打ってヒット、加藤君三振、旭君サード前に素晴らしいセーフティバントヒット、1死12塁、山本泰君右を意識して打つもセカンドフライ、谷田君フルカウントから落ちるボールを上手く拾ってライト前ヒット、4−0。なおも13塁。横尾君死球で満塁、藤本君はキャッチャーファウルフライでチェンジ。

_dsc7946
(上手く拾ってタイムリーヒットを放つ谷田君)

6回表 ピッチャーゴロ、レフトフライ、キャッチャーファウルフライで三者凡退に抑えます。

6回裏 竹内君1塁ゴロ、斎藤君センターライナー、小笠原君ショートゴロで無得点。

7回表 2塁ゴロ、センターフライ、センターフライで三者凡退に抑えます。

7回裏 加藤君1塁ファウルフライ、佐藤旭君三振、山本泰君3塁ゴロで無得点。

8回表 ライトオーバーホームランで1−4,二遊間のボールを竹内君が美技で捕り投げるも齋藤君弾く、しかしバックアップの小笠原君が2塁へ好送球でアウト!、左中間2塁打、ライト線への2塁打で2−4,セカンドゴロで2死3塁、レフトフライでチェンジ。

8回裏 谷田君四球、横尾君ショート小飛球、藤本君5−4−3のダブルプレーで無得点。

9回表 ライトフライ、3塁ファウルフライ、ライト線2塁打で2死2塁、四球で2死12塁とピンチを招きますが、最後は見逃しの三振でゲームセット!見事初戦は塾野球部が勝利を収めました。


この試合、最初の3点を見ることが出来なかったので、その後からの印象です。

1)加藤君よく頑張った!
この試合の印象でまず出てくる言葉はこれです。2点タイムリーもそうですし、本業の投球もなかなか本来の出来とまではいきませんが、粘り強くよく投げていました。最後見逃し三振で試合を締めた後、静かにやり遂げた勝利を噛みしめている姿が印象的でした。

2)ケースバッティング
前回このお話をしたので、その続きで。今日は結果としては出ていないかも知れませんが、しっかり意識していることは伝わってきました。特に山本泰君が1死12塁で右を意識してずっと振っていたのが印象的で、その思いが谷田君のタイムリーに繋がったのでは無いかと思います。

3)ルーティンワーク
昨季、藤本君はいつもルーティンワークを打席内で行ってから打っていました。左手でバットを2〜3回クルクル回し、その後イチロー張りに左手一本でバットを正面に据えて構え、それから構えるといったものです。今季はそれをやっていない印象です。色々と考えはあるかと思いますがルーティンワークをしていた頃の方が打っていた印象が、個人的にはあります。

4)きっかけ
谷田君が見てはいないですが東大戦で大きなホームランを打ったとのこと。そこで飛距離を求めてしまったかスウェーが大きくなってしまい、立教戦以来少々悩んでしまっているようにも感じていました。今日の試合、見逃し方にしてもスウィングにしてもスウェーせず大分軸回転で打つようになったように感じました。そして貴重な4点目のタイムリー。落ちるボールでしたが何とかバットのヘッドを残してすくい上げ、ヒットに繋げました。当たりがビックリするようなものでは無いですが、ここで打点を取ったことが何らかのきっかけとなってくれそうに思います。

5)小フライが上がったときの声掛け
一生懸命ボールを追いかけているからこそ、ギリギリのボールはどうしても周りが見えないもの。今日もヒヤッとする場面が2回ほどありました。やはり基本に戻りますが、お互い大きな声でアピールするのは大事かと思います。

6)佐伯君、明君の出番を!
この前の立教戦の出来を見てしまうと、どうしてもこの2人の出番を見てみたくなります。特に左打線の多い法政に対して、佐伯君が活躍してくれる余地は充分にありそうに思えました。また明君の勢いのあるボールも見たいですね。みんなの力を結集して、これからの勝利をもぎ取ってもらいたいですね。

明日、明後日の天気予報は雨とのこと。お天道様のことですからどうなるかはわかりませんが、今日の試合の反省点を活かして、休養できる部分はして、勝ち点をしっかり取っていきたいですね。勝つぞ!慶應。


« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »