天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« 平成26年秋季東京六大学野球 対法大2回戦 | トップページ | 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦1回戦 »

平成26年秋季東京六大学野球 対明大1回戦

今日の先発は塾野球部は加藤君、明治は山﨑君とエース対決です。

今日はその前の予定が長引いたため、6回裏途中から観戦です。

6回裏 1死12塁からサードゴロ。2封の後送球が逸れ、2塁ランナーがホームイン。4−4.センター前ヒットで2死12塁となりますが、後続を抑えチェンジ。

7回表 竹内惇君2塁内野安打、代打北村君1塁ゴロで2塁へ、小笠原君3塁ゴロで2死3塁となるも加藤君はショートゴロで無得点。

7回裏 2者凡退の後センター前ヒット、サードへの強烈なゴロを横尾君ブロックするように捕ってアウト。

8回表 佐藤旭君三振、山本泰君三振、谷田君1塁フライ。

8回裏 3塁ゴロ、四球、バントで2死2塁、三振で無失点に抑えます。

9回表 横尾君センター前ヒット、藤本君ライト前ヒットで無死12塁、竹内惇君バントをするも3封。代打沓掛君は5−4−3のダブルプレーでチェンジ。

9回裏 ライトライナー、1塁ファウルフライ、3塁ファウルフライで三者凡退に抑えます。延長戦に突入です。

_dsc0799
(力投を続ける加藤君)

10回表 山﨑君に代打が出たので、この回から上原君に交代。小笠原君三振、加藤君ライトフライ、佐藤旭君レフト線2塁打、山本泰君ショートハーフライナーでチェンジ。

10回裏 2塁ゴロ、三振、三振で三者凡退に抑えます。

11回表 谷田君ショートフライ、横尾君レフト線への当たりでしたが、加勢君のダイビングキャッチに遭いアウト、藤本君三振。

11回裏 レフトフライ、サードゴロ、四球、パスボールで2塁へ、サードゴロでチェンジ。

12回表 竹内惇君ショートゴロ、代打鈴木君キャッチャーフライ、小笠原君三振でチェンジ。

12回裏 代打が四球で出塁、次打者バントはうまくいかずも三振の間に盗塁で1死2塁、3塁ファウルフライで2死。三遊間のゴロを横尾君が飛び込みグラブに当たるも弾き、2死13塁。高山君で敬遠を選択するも初球がすっぽ抜け、小笠原君も当てるも捕れず弾いてしまい、そのまま3塁ランナーがホームイン。3−4で塾野球部が初戦を落としました。

« 平成26年秋季東京六大学野球 対法大2回戦 | トップページ | 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦1回戦 »

野球」カテゴリの記事

コメント

四球とエラーで得点差は1点ですが完敗。
福田君に四球のあと盗塁
山崎君は無四球
糸原君の打球追いつきながら藤本君落球
ダブルプレーで余裕をもちすぎて竹内君悪送球
横尾君の打球、藤本君の打球に執念の好捕の明治
最後の敬遠の暴投はよくある。
本格派は捕手が立ち上がっての敬遠は苦手。
加藤君の200球は将来を考えると止めてほしかった。
明治の左に佐伯君2回なら通用したと思う。
こうなれば立教に優勝してほしい。
早稲田も明治に優勝させるのなら立教にと思っているだろう。
やはり明治の投手の層は厚い。

今日は横尾君攻守に溌剌
2安打以外もヒット性
外野の好守備もあって
やはり日大三の先輩、同級生に負けたくない
外は右へ、内は左へ
谷田君の三振目立ちましたが
明日は横浜の右投手ですから期待します。
明日は三宮君、佐伯君の左リレーで
明治の左を抑えてくれるでしょう。
勝ち点4で優勝できなければ仕方ない
加藤君にリベンジのチャンスを

予想通りの展開で雪辱
明治に長打はない、左の流し打ち警戒で佐藤君の浅い守備が活きました。
慶應のクリーンアップ長打力警戒で明治の深い守備位置が対象的
横尾君のホームラン、谷田君のスリーベース
十分長打力を見せました。
最後警戒されてクリーンアップ歩かされたあとの無死満塁で
下位打線、代打攻勢が実らず得点できなかったのは課題。
今日も福田君を出して盗塁という嫌な場面が続きました。
三宮君が一度福田君を牽制で刺しましたが、
明日の加藤君、特に福田君を無死から出さないように。
昨日後半佐伯君をリリーフに送ってもよかったですね。
今日も完璧に左を抑えましたから。

明日明治、立教●の場合
 1)明立戦で立教勝ち点なら立教優勝
 2)明立戦で明治連勝なら明治優勝
 3)明立戦で明治2勝1敗なら
  a.早慶戦連勝決着なら連勝した方が優勝
  b.早慶戦2勝1敗決着なら明治優勝

http://www.sanspo.com/baseball/news/20141020/unv14102018090006-n1.html
谷田、横尾アベックホームランで完勝

http://www.sanspo.com/baseball/news/20141020/unv14102017590005-n1.html
条件厳しいけど可能性残った
ベンチ入れ替えのとき横尾が早稲田の選手に頼むぞ、と声かけの効果で
早稲田が勝った

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp3-20141020-1384699.html
横尾昨日は内角レフトへ高々と
今日は外角ライトへライナー
2試合連続ホームラン

数字上は優勝の確率は低いものの各校の戦いぶり戦力を比較して
優勝を確信している。
理由は明治の2勝1敗、慶応の連勝の可能性が高いと思うから。
澤田は安定感では六大学随一なのでこれまで通り初戦は立教
ただし2戦目の藤田が早稲田戦で連打されたので2戦目は明治
3戦までもつれると粘りの明治。明治には頼れる複数の投手がいる。
早稲田は有原が完調なら手ごわいが大竹、竹内なら春も攻略したので
打てる。クリーンアップが揃って好調なので4点はとれる。
投手では三宮の好調が大きい。春は加藤だけだったので2枚看板で
連勝できる。

慶大、連覇つないだ…谷田&横尾 リーグ戦初アベック弾 スポニチ21日記事
東京六大学野球秋季リーグ戦第6週最終日 慶大4-2明大 (10月20日 神宮)
 慶大は谷田と横尾のリーグ戦初アベック弾で快勝した。5回2死二塁から右越え2ランを放った谷田は「真っすぐを狙っていこうと思っていたらスライダーが浮いたので反応できた」と納得の表情。8回に2試合連続となる右越えソロを放った横尾は「練習から逆方向を意識してきた。その成果が出た」と喜んだ。敗れれば連覇が消滅する一戦で踏みとどまり、「優勝できるように(最終週の)早慶戦に向け、準備したい」と言葉に力を込めた。 

今カード、横尾には12打数で5安打2本塁打を献上。明大が奪われた10点中6点は横尾のバットによるもの。1回戦では3回に適時2点三塁打、2回戦では初回に先制の2点本塁打を浴びるなど、勝負どころでことごとく痛打された。豪快なスイングから生み出されるパワーと、広角に打ち分ける繊細さを併せ持つ4番に対し、投手陣はなすすべもなかった.
明大スポーツ

(昨日に続き三宮投手を先発に起用する決断をされましたが理由は何でしょうか)一昨日加藤が213球も投げてしまったので、これ以上はちょっと無理させられないなというのと、昨日三宮が7回まで投げて、でも100球程度で収まっていたので、今日も行けるところまで行ってもらおうと思っていたのですが、予想以上に長いイニングを投げてくれました。(谷田、横尾両選手の本塁打について)ホームランは相手にとって防ぎようがない。しかも良いときに出ましたので、相手を抑えこむのに十分だったと思います。(本日も佐伯、明両4年生投手がリードを守りましたね)佐伯は2アウトからホームランを打たれて2点差になってしまいましたが、その後明が落ち着いて1回と1/3を投げてくれましたので、加藤を温存できたのは早慶戦に向けてよかった

助監督の慶スポコメントですが、明治が左打戦で三宮君のほうが相性がいいという判断と
感じました。竹内君を明治戦に連投させて優勝したシーズンがダブります。

予想通り澤田君が粘りの投球で初戦立教勝利
あと明治が2勝すると思いますので
早慶決戦です。
因みにここ数シーズンいつも明治の2勝1敗

1回戦の澤田君の粘投、2回戦の山崎君の粘投
ともにエースにふさわしいピッチングでした。
立教の応援席に入れず明治の応援席に入って母校の応援の迫力に鳥肌が立ったと
帰りがけ立教のOBから話が聞けました。
間違いなく昨日の明立戦は六大学の歴史に残る名勝負でした。
最後山崎君の執念のセンター前タイムリーで岡部君の好返球でタッチアウト
しびれました。
今日も明立戦に行きます。早慶のOBもおとといは立教側、昨日は明治側で
応援してました。
今日澤田君を攻略できるか明治に期待します。

立教の1点は高山がレフトとぶつかり落球して記録3塁打
明治の最初の2点は岡部がつっこんで後逸して記録3塁打
明治の最後の2点は鈴木の悪送球によるもの
今季の勝ち負けはどのカードもエラーがらみ
明日は山崎、上原温存の明治
早慶決戦になりそう。

明治2勝1敗予想的中
このまま慶応連勝で連覇を予想。
三宮君、加藤君の2本柱
谷田君、横尾君、藤本君の長打力
ただし有原君の奇跡の復活があれば
早稲田の2勝1敗で明治優勝と予想しています。
立教は引き分け後澤田君をもう1日休ませるべきでした。
連勝する必要はなかった。
しかし立教の応援には鳥肌がたつほどの感動を覚えた。
明治、早稲田、慶応のOBは他校が優勝するなら立教に優勝して
ほしい、とみんな口にしていた。
しかし明治の粘りに早慶が感動し感謝しているのも本当だ。
他校の試合を4試合も連続観戦したのは初めてだが感動した。
早慶も春に劣らぬ戦いを見せてほしい。

慶大・佐藤、有原攻略に自信「付け入るチャンスある」/東京六大学 サンスポ
 優勝の行方は早慶戦の結果次第となった。慶大の佐藤旭主将ら選手たちは28日、明大-立大の試合を観戦。明大が勝ち点を奪い、優勝のチャンスが残されたことを確認すると、気を引き締めた。「(早慶戦に)連勝しなければ優勝はないので、初戦を取らないことには始まらない。(早大の)有原は(秋のリーグ戦で)そんなに投げていないので、付け入るチャンスはある」と分析した。

唯一不安なのは3連休が曇り時々雨
無理にでもやるだろうから
加藤、三宮のように思い切って投げる投手には不利
春の神奈川大戦

――春は目の前で優勝を決められたケイオーに対して、秋に懸ける思いは強いですか
もちろんです。ただこの前までの状態だとお互いに勝ち点を取らないと優勝を懸けて戦うことができなかったので、旭(佐藤、4年)なんかとは常に「頼むぞ」と言い合っていましたし、そういう関係で戦友としてやれていてすごくいいなと思います。
早稲田スポーツ 土屋君

雨による影響さえなければ慶応連勝で優勝
早稲田は有原次第
早稲田と明治のおかげでチャレンジのチャンスがもらえて儲けものという
気楽な気持ちで戦える。

3連休すべて微妙な天気になりそうで悩ましい限りです。
前売り買って地方から出てこられる方、特にお気の毒です。
私もシーズンに1度は神宮にたどり着いて中止の憂き目にあいますが、
今シーズンは幸いにしてその目にあっていませんが、
既に明日午後から関東でも雨の予報。

早稲田スポーツ茂木君
――春は慶大の投手を打つ自信がないとおっしゃっていましたが、いまはどうお考えですか
リーグ戦を通して自信を持って臨むということがあまりないのですが、早慶戦に関してはそういう気持ちが打てない原因だったのかなと感じています。なので、打てる打てないは別として、打ちたいなと思います。

早稲田スポーツ小野田君
――気をつけなくてはいけない選手は
横尾(俊建、3年)じゃないですかね。先週の試合(明大戦)を見ていてもすごく怖いなと思いました。

岡村監督は先発2戦とも大竹君を考えているような気がします。
立教戦初戦は有原君の直訴で先発させたが1敗もできない状況なので・・・
——早慶戦に向けて竹内諒選手(スポ2=三重・松坂)、柳澤一輝選手(スポ1=広島・広陵)、黄本創星選手(スポ2=千葉・木更津総合)が救援陣の核になってくるのでしょうか
早慶戦はどういうメンバーで戦っていくのかというのは、まだまだ白紙の状態です。
——開幕前と同じくまたゼロベースで考えていくと
はい、ゼロベースで考えていくことになると思います。
——登板は遠ざかっていますが、髙梨雄平投手(スポ4=埼玉・川越東)や吉永健太朗投手(スポ3=東京・日大三)の調子はいかがですか
吉永は故障なので早慶戦には間に合わないですし、髙梨にしても故障明けの内田(聖人、教3=東京・早実)にしてももう一回白紙に戻して、誰をベンチに入れるのかというのは、これから考えたいと思います。

明日の開門9時、ただし12時から雨の予報
一番悩ましいパターンになってきました。
日月は雨の心配なさそうです。

高多倫正助監督(61)は「チャンスがあるので、そのチャンスを選手が一番つかみたいと思っている。早稲田は総合力では6大学で一番力がある。難敵ですが、やりがいはあります」と話した。今季3本塁打の4番横尾は「最高の準備をして、明日に臨みたい」と気合十分だ。 日刊スポーツ

応援指導部
尚、雨天が予想されますので、雨具、防寒具をご持参いただくことをお勧めします。

***

奇跡的に、春秋連続の優勝決定戦となった慶早戦。
四年生にとっては最後の慶早戦です。
慶應にとっては、23年ぶりの春秋連覇がかかっています。

サンスポ
グラウンドを見つめる早大・岡村猛監督(59)が言葉に力を込めた。

 その上でチームの思いを口にした。「1戦目に勝たなければ意味がないから、投手陣は総動員。有原の状態は“横バイ”で一人で投げ切るのは難しいが、胴上げの時は4年生エースの有原にマウンドにいてほしい」。有原を胴上げ投手に指名した。1日の1回戦に勝ち、2日の試合に王手をかければ、最後のマウンドは有原-。これが、早大の優勝への青写真だ。

 今季の有原は右肘痛を訴え、先発は10月18日の立大1回戦だけで6回7安打4失点。自己最速は156キロだが、当日の最速は149キロで、変化球主体の投球だった。

 指揮官が先発のゴーサインが出しにくい状況で幕開けする早慶戦

スポニチ
 しかし負ければV逸が決まる瀬戸際。さらに伝統の一戦とあって、指揮官は「状態は横ばい。彼に対する思いはあるが、なんとしても1戦目を取らないといけない。調子の良い投手をつぎ込む」と先発起用については明言を避けた。

明治神宮大会では2戦目に春亜細亜を破った創価大学の田中に当たるかもしれない。
その創価でさえ関東第2代表
慶應を破って大学選手権準優勝の神奈川大学は関東代表決定トーナメントにさえ出場していない。
大学選手権優勝の東海大は早い段階で消えている。
明治も今回関東第1代表の上武大に昨年負けている。

佐藤旭主将(4年=慶応)は「この雨の中では正直、お客さんのためにもやりたくなかった。今日はオンとオフをしっかり切り替えて、いい調整をしながら待ちたい」と語った。

 春に続き両校の優勝をかけて行われる「花の早慶戦」は、ともに連勝ならそのチームの優勝、1勝1敗ならその時点で明大Vが決まる。春は連勝で優勝しており、指揮を執る高多倫正助監督(61)は「2季連続でこういう楽しみがあるのはうれしい。春は自分たちより力が上の相手を倒せて、選手たちの自信になった。最近は打線も上向いている」と手応えを口にした。
スポーツ報知

岡村監督は有原回避、大竹先発と予想させるコメントですが
慶應サイドは有原先発を予想、また期待しているように思います、
先発が有原か大竹か
読みにくくなってきました。
慶應としては有原先発のほうが燃えますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/60499641

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年秋季東京六大学野球 対明大1回戦:

« 平成26年秋季東京六大学野球 対法大2回戦 | トップページ | 平成26年秋季東京六大学野球 慶早戦1回戦 »