天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« 平成26年春季東京六大学リーグ 対立大2回戦 | トップページ | 平成26年春季東京六大学リーグ 慶早戦1回戦 »

平成26年春季東京六大学リーグ 対立大3回戦

7回裏からの観戦です。

_dsc5112
力投する瀧本君。

7回裏 この回から瀧本君。ショート内野安打、6−4−3のダブルプレー、ライトフライで無失点に抑えます。

8回表 齋藤君センターフライ、谷田君三振、横尾君センターフライで無得点です。

8回裏 サードライナー、ライトフライ、セカンドゴロで三者凡退に抑えます。

9回表 藤本君三振、竹内君レフト前ヒット、代走梅野君、原田君三振、須藤君ライト前ヒット、梅野君3塁へ。2死13塁。代走に照屋君、山本泰君は三振で試合終了。残念ながら塾野球部は勝ち点を奪えず、優勝の行方は慶早戦に委ねられることになりました。

塾野球部は相手投手が長く持ってから投げると我慢しきれず、タイミングがずれることがありますね。この2週間で力のオンオフのタイミングを掴むと良いかもしれませんね。

あとの感想は後程。

« 平成26年春季東京六大学リーグ 対立大2回戦 | トップページ | 平成26年春季東京六大学リーグ 慶早戦1回戦 »

野球」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした!残念ですね!立教には苦戦するとは思いましたが、、、、、。
最終週、早稲田にきっちり勝って優勝を決めてもらいましょう。頑張れ!慶應!

鈴木君の配球がすばらしかった。
藤本君から4三振、高めのストレートという危険ゾーン
横尾君にはベースから遠いのに内懐を攻める
警戒すべき打者すべてを打ち取った
打たれたのは伏兵のみ
谷田、横尾君の単打1本ずつは痛くもかゆくもない。
日大三の鈴木君本領発揮
完封は鈴木君のリードとそれに叶う投球をした澤田君

今日は早稲田戦に備えての消化試合
加嶋君からのリレーは加藤君でも三宮君でもなく
中継ぎ陣をテストできた。
左の代打陣もテストできた。
負けたとはいえ反省材料も含め収穫があった。

早稲田も初めて内田君のロングリリーフをためした。
有原君も3戦目は威力が落ちるので、
2,3戦対策2勝1敗で優勝したい。
早稲田の打線は打つときは大量点、打たないと1,2点
慶応も強力打線といわれたが今日のように完封もされる。

横尾君が高校時代のチームメイト鈴木君が捕手でやりにくかったと言っている。
全体に高めのまっすぐに振り遅れ、藤本君は4三振のうち3つも高めの首の高さの
ボール球に空振り。鈴木君は中腰に構えた位置だった。
小笠原君のリードはいつも思うがカウントが良くなると明らかなボール球で外すので
打者は余裕をもって見送る。今日の鈴木君は打者の打ち気を誘う撒き餌として
配球していた。

ランナーを置いての1発が勝敗をわけそうですから
投手はカウントを整える投球に注意。
打者はカウントを整えるボールを打つ。
好投手からは連打はむつかしいのであえて1発狙いも。
藤本君4三振でしたが1度は大ファウルがありましたから。
去年と違って有原君、内田君以外の投手が不振ですから
3戦通しての有原君、内田君対策で何とか3失点内に抑えて
打線が4点取る粘りを。
大敗連敗するか2勝1敗で辛勝するか、
その警戒心と大胆な戦略で優勝を勝ち取ってほしい。

そういえば澤田君を待ちきれずに空振りしてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/59670595

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年春季東京六大学リーグ 対立大3回戦:

« 平成26年春季東京六大学リーグ 対立大2回戦 | トップページ | 平成26年春季東京六大学リーグ 慶早戦1回戦 »