天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 平成26年春季東京六大学リーグ 対法大2回戦 | トップページ | 平成26年春季東京六大学リーグ 対立大2回戦 »

平成26年春季東京六大学リーグ 対立大1回戦

今日はよく晴れ渡った天気の中、慶立戦1回戦です。先発は塾野球部が加嶋君、立教は澤田君のエース対決。さあ、しっかり勝っていこう、塾野球部。

_dsc2178
(2回表 同点のホームを陥れた藤本君)

2回表 横尾君セカンドゴロ、藤本君右中間を破る2塁打、竹内君センター横ヒット、藤本君ホームインで1−1.齋藤君センターフライ、小笠原君ライトフライでチェンジ。

2回裏 1死から2塁打を打たれるものの、後続を抑え無失点。

3回表 加嶋君三振、佐藤旭君セカンドゴロ、山本泰君センターフライで無得点。

3回裏 ぼてぼての投手ゴロのカバーが間に合わず交錯でセーフ、3塁打で1−2,内野ゴロで1−3,その後も攻められるもここは抑えてチェンジ。1−3と2点ビハインドとなりました。

4回表 谷田君ライトスタンドに放り込むホームラン、2−3.横尾君三振、藤本君三振、竹内君セカンドゴロ。

_dsc2588
(ライトスタンドへ放り込む谷田君)

4回裏 四球、センター前ヒット、バントで1死12塁。ここで投手が加嶋君から瀧本君に交代。頑張れ!瀧本君。痛烈な投手ゴロ、センターフライで無失点に抑えます。いいぞ!瀧本!!

5回表 齋藤君レフト前ヒット、小笠原君ライトフライ、瀧本君バントで2塁へ、旭君三振で無得点。

5回裏 セカンドゴロ、レフトオーバー2塁打、センターフライ、ライトフライでチェンジ。

6回表 山本泰君センターフライ、谷田君ショートゴロ、横尾君ライトフライでチェンジ。

6回裏 この回から投手が三宮君に交代。頑張れ!三宮君。三振、三振、投手ゴロと三者凡退に抑えます。

7回表 藤本君センターに大きなフライ、竹内君四球、齋藤君センターフライ、小笠原君四球、三宮君痛烈な三塁線への打球でしたが、好捕されチェンジ。

7回裏 レフトフライ、ファーストゴロ、セカンドフライで三者凡退に抑えます。さあ、反撃だ!塾野球部。

8回表 佐藤旭君サードゴロ、山本泰君三振、谷田君ファーストゴロでチェンジ。

8回裏 ショートゴロ、ライトフライ、センターフライ(藤本君好捕)で三者凡退。

9回表 横尾君ショートゴロ(ショート好捕)、藤本君ライトオーバーの大飛球を放ち、ライトフェンス激突。しかしすぐ体勢を立て直し3塁へ送球。間一髪アウト。竹内君ライトフライで試合終了。残念ながら初戦を落としました。

さて、感想を少々。

1)今日は相手を褒めるべき

今日の立教は特に守備の時に、何しろ球際に強かったですね。藤本君の7回表の大飛球のキャッチ。

_dsc3406

_dsc3407

_dsc3411

_dsc3412


9回表の先頭打者横尾君の二遊間を抜くかと思われた打球に飛び込み、かつ起きてすぐストライク送球

_dsc3758

_dsc3764

_dsc3768

9回表1死で藤本君の放った打球はライトフェンス直撃、ライトはフェンスに激突するも、すぐにボールを掴み送球、中継もばっちりと決まり、3塁にはなんとストライク送球。


_dsc3793

_dsc3797

_dsc3798

_dsc3800

_dsc3803

_dsc3809

_dsc3810

_dsc3811

_dsc3812

_dsc3813

_dsc3816

_dsc3818

特に藤本君の2つはどちらも普通だったら・・・と思う内容でした。だから焦る必要は無いと思うのです。正直、こんなに相手の守備のプレーや送球がビタビタ決まるのは、今日はそういう日だったと思うしか無く、明日もやるべきことをうちがやれば、今度は勝てると思うのです。

ちなみに私見ですが、こういった流れになってしまったのは、神様が立教を味方したからだと思ってしまいました。というのは、竹内君が1塁上で交錯してしばらくグランドにうずくまってしまっていたときです。3塁側スタンドは言葉を失って心配そうに見ていましたが、何と1塁スタンドは熱烈に「頑張れ竹内!」「ファイト竹内!」と大きな大きな声でずっと励まし続けてくれていました。その姿を神様も見ていたから、その後は向こうの味方をずっとしていたのかな・・・。なんて。


2)打撃も守備も冴えていた藤本君

結果的に大けがになりませんでした、1回裏、満塁でライトフライの時、23塁ランナーは仕方が無いのですが、2塁にベースカバーがおらず、1塁ランナーも2塁に進塁させてしまい、2死23塁。ここでセンターに痛烈な打球。これはもう2点取られたかと思った時、藤本君が好捕しました。あれはポジションを敢えてあそこに取っていたからに他ならないと思います。藤本君の頭脳の勝利でした。

_dsc2061

_dsc2062

他に8回裏のセンターを襲った大飛球をキャッチ!

_dsc3743

_dsc3744

_dsc3753

取り敢えずここまでで、あとはまた書けたら書きます(^_^;

3)完璧すぎたホームランの後

谷田君の4回のホームラン。あれは凄かったです。相手校のエースから凄い打球速度で失速すること無くスタンドに突き刺さったように見えました。

988465_614006958695746_363132992481

10330442_614007012029074_1814993963

でも、もしかするとあの残像がみんなに残ってしまい、微妙に力が入ってしまっていたのかも知れませんね(除く藤本君)。あんだけ凄いのを見たら、そりゃあ力まない方が無理ってもんでしょう。

4)旭君の責任感

この前の法政戦での怪我もありましたが、この試合では旭君がフルイニング出場しました。恐らく彼の強い大きな責任感がそうさせたのでしょう。なので2死12塁の場面で旭君に打順が巡ってきたときのベンチからの声の凄さ。普段は余りそういったことをしている印象の無い選手まで、大声を張り上げていました。みんなわかっているですね。彼の強い想いを。


5)9回の藤本君の走塁

まあ言ってしまえば2塁で止まるべきか、3塁に突っ込むべきかの問題です。写真を見てもわかるように、ストライク送球で無ければセーフになったであろうプレーでした。これくらいのきわどいクロスプレーになると、場合によっては送球が逸れて、そのままホームに行けることもあります。なので、結果論は別にして、あそこで突っ込むのも有りかと思います。常に積極的に次の塁を狙うというのは、一歩間違えると無謀と呼ばれてしまいますが、無謀なことをしないと、限界もなかなかわかりません。寧ろこの積極性が相手に心理的プレッシャーを与えると思うので、これに限らず積極的な走塁はどんどんやるべきだと自分は思っています。

感想の最初にも書きましたが、この試合は相手に運があった。ただそれだけのことだと思います。今までとやることを変える必要は全く無く、ひとりひとりがやるべきことをしっかりやった上で、一つ一つ勝ちをもぎ取っていく。それしかないと思うのです。大丈夫、自分たちのやることをやれば、きっと勝てると信じています。勝つぞ勝つぞ!慶應!!


« 平成26年春季東京六大学リーグ 対法大2回戦 | トップページ | 平成26年春季東京六大学リーグ 対立大2回戦 »

野球」カテゴリの記事

コメント

手に汗握る写真をありがとうございます。「オッ!三塁打。これでまたしても竹内君がヒーローか?」と一瞬早とちりしてしまいました。残念でしたね。残塁の山に終わった横浜スタジアムから神宮に向かったスーパーOBの方々の口惜しさを明日の試合で晴らしてもらいましょう。明日は参戦します。明日は勝つぞ KEIO!

明日に期待! です。

1点差。。。9回の藤本君の走塁。一死二塁と一死三塁。冒険する必要があったのかな?暴走と好走塁は紙一重とはいえ、結局二死ランナー無。守備では、2塁ベースがら空き。細かいところから大きなほころびに繋がらないように、明日はきっちり勝って、第三戦鹿嶋君でリベンジ。頑張れ!慶應!

加嶋君、風をひいてマスクしていた。
体調不良は言い訳にならないと言っていましたが。
三宮君は絶好調でますます先発が見たい。
第3戦は加嶋君の体調によっては三宮君かも知れません。

ポポさんのブログ投稿どういうわけかできません。
問い合わせたところポポさんも原因不明ということで
直接メール送信してポポさんのほうでコメント欄に掲載していただきました。

IEでは、SO-ONの画面に変調が起こり正常にならないため
グーグルに変更しました。画面はこちらでは正常ですが、
コピペはなぜかできません。

ということで記事のご紹介はできませんが投稿は引き続きいたします。

10戦全勝したとき初戦立教に引き分けた後の10連勝
今シーズンの立教は全試合負けても2点差以内、立教は力がある。
志村君の話

**
1塁スタンドは熱烈に「頑張れ竹内!」「ファイト竹内!」と大きな大きな声でずっと励まし続けてくれていました。
**
私もあのシーンは感心しました。 3塁側も「頑張れ竹内!」とやって良かったところですね。

あと、藤本君の9回の走塁。 結果は×だったかもしれませんけれど、「次の塁も積極的に狙って行くんだ!」と言う姿勢が表に出ていて、それはそれで良かったのではないでしょうか。

この姿勢であれば、必ず立教から勝ち点を取れると信じています。

立教のライト。。個人的には応援している選手なんですよね(^o^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/59658016

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年春季東京六大学リーグ 対立大1回戦:

« 平成26年春季東京六大学リーグ 対法大2回戦 | トップページ | 平成26年春季東京六大学リーグ 対立大2回戦 »