天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 「共産主義批判の常識」を読んで | トップページ | 平成26年春季高校野球神奈川県大会 対法政二高戦 »

平成26年春季東京六大学リーグ 対東大1回戦

ようやく始まりました、春のシーズン。今日は先発は加嶋君。エースの道を歩んでほしいですね!

5回を終わり、3−0で塾野球部のリードです。

6回表 小笠原君セカンドゴロ、加嶋君ピッチャーゴロ、旭君三振で無得点。

6回裏 三振、セカンドゴロ、三振で三者凡退に抑えます。コントロールが安定していますね(*^。^*)

7回表 山本泰君四球、谷田君センター横ヒット、横尾君四球で満塁。藤本君レフトフライで3塁ランナーホームイン4−0。なお1死12塁で竹内君しぶとく拾って12塁間を抜けるヒット、谷田君ホームインで5−0。投手交代。山本瑛君4−6−3のダブルプレーでチェンジ。塾野球部のリードが5点となりました。

7回裏 ショートゴロ、左中間2塁打、レフトフライ、三振で無失点。

8回表 小笠原君ファースト強襲ヒット、加嶋君バントで2塁へ。旭君三遊間を破り、ホーム送球の間に2塁へ。1死23塁。山本泰君超スローカーブに見逃し三振。谷田君泳いで打ちセンターフライでチェンジ。

8回裏 投手強襲ヒット、3−6−3のダブルプレー、ショートフライで無失点。

9回表 横尾君3塁線ヒット、代走梅野君、すかさず盗塁で2塁、藤本君凡退の後、竹内君12塁間を破るタイムリーヒット、送球間に竹内君は2塁へ。ここで代走照屋君。近藤君セカンドゴロで3塁へ。小笠原君ショート強襲で照屋君ホームイン。送球が逸れた間に小笠原君セカンドを狙うもアウト。7−0とリードを広げました。

9回裏 三者凡退でゲームセット!

感想は後程。

« 「共産主義批判の常識」を読んで | トップページ | 平成26年春季高校野球神奈川県大会 対法政二高戦 »

野球」カテゴリの記事

コメント

最上段から最前列の管理人さんを眺めております。

今日は妻、息子夫婦、孫で赤、青の服装で三色旗をもって応援席で見ました。
それにしても今日の応援席満席には驚きました。
昨日朝日夕刊1面「桑田コーチ東大70連敗阻止」に危機感をもったか、
三色旗につられたか?
いずれにせよオープン戦大学日本一の亜細亜に9対0で勝った実力は本物。

慶大・竹内、監督の父がメールで「頑張れ」/東京六大学


 東京六大学春季リーグ第2週第1日(19日、慶大7-0東大、神宮)昨年12月に就任した慶大の竹内新監督は病気入院中だが、その長男の竹内惇が3安打2打点で貢献した。「二塁手は結構、競争が激しいので、打ててうれしい」とにっこり。この日も病院から「頑張れ」とのメールが届いたそうだ。

 「春で実績を残し、レギュラーをつかみたい。監督の息子だと言われたくないから」と決意を口にした。指揮を執った江藤助監督は「あいつが活躍すれば、おやじさんも元気になる」と起用に応えた竹内惇を褒めた。(共同)

ご無沙汰です。
フレフレさんの隣で娘とよしきさんと見てました。

今日は竹内デー!
死球で通算初出塁、続いて初安打、初盗塁、それから初打点に初猛打賞!!! こんな当たり日にお気付きでしたでしょうか?
でも一番のプレーは試合中盤、二遊間のベース近くの打球に追い付き、振り向き様の一塁に低いツーバウンドのストライク送球をして、見事二ゴロに!
これが見事だった!!

オープン戦の好調さから明日は三宮君と思う。
高校は最近強くなった法政二
渡邉、柴田の対決を思い出す
オープン戦でネット裏の塾高出身1年生に聞くと
「今年は強い」
大学も高校も楽しみです。

Keispo pick up
攻守に輝く苦労人 竹内惇

今季からスタメンに名を連ねる竹内惇。本日の試合では3安打2打点。江藤助監督に「彼はあれくらいやるよ」と言わせる、この男の実力は計り知れない。4年生にして今日の試合が初スタメンの苦労人だ。「緊張していた」と話すも、自身の持ち味である守備でも好プレーを連発するなど、今日の勝利に最も貢献した選手であることは間違いない。六大学屈指のクリーンナップを持つ慶大。その後の6番を打つ竹内の活躍が、そのまま慶大の勝利のへのカギとなるだろう。

http://www.sanspo.com/baseball/news/20140420/unv14042018210008-n1.html
学年は1年違うが函館ラサールの清水、北海の玉熊はライバル
石田に次ぐ存在

明治戦は右打者がカギを握る。
8回の7点は代打の右打者が主に打ってとった。
谷田君は左ながら左投手のほうが肩が開かないので得意。
横尾君、藤本君も右の逃げるスライダーより左のほうが得意。
三宮君が絶好調なので新三本柱で投手は万全、
明治戦は勝てる!

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/04/21/kiji/K20140421008012600.html
藤本君は中学時代全日本の4番
大阪桐蔭の誘いもあったが・・・
今年のドラフトに名乗りをあげるには山崎打ちはアピールの機会

昨日から、再度関東大会観戦に神奈川に。普段ですと、埼玉県まで一度帰るのですが、ちょいと贅沢に一泊。
で、今日の開催の有無を調べていたら、、、

今年の夏で、あの名門高校のコーチを退任されるあの方が、秋から東大のコーチにとの日刊ゲ○ダイの記事が。

専任ではありませんがね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/59494751

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年春季東京六大学リーグ 対東大1回戦:

« 「共産主義批判の常識」を読んで | トップページ | 平成26年春季高校野球神奈川県大会 対法政二高戦 »