天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« 平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対早稲田大 1回戦 | トップページ | これのどこが・・・? »

平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対早稲田大 2回戦

今日も天気予報に関して、気持ちよいくらいの快晴。この天気のようなスカッとした試合になるといいですね!

今日の先発は塾野球部は山田君、早稲田は吉永君。

さあ、意地を見せよう。塾野球部。

1回表 旭君初球を叩き左中間二塁打。

_dsc4675

北村君バントからヒッティングに移るもセカンドフライ。谷田君の時パスボールで3塁へ。谷田君ショートフライ。藤本君四球で2死13塁となるも、横尾君が外のスライダーで三振。無得点に終わります。

1回裏 東條君三振。白澤君ライト前ヒット、すかさず盗塁で送球がそれてそのまま3塁へ。中村君タイムリーセンター前ヒット。0−1。小野田君三塁ゴロで2死2塁。茂木君レフト線2塁打で0−2。大野大君はピッチャー強襲のライナーを打ちますが山田君がよく処理してアウト。チェンジです。両校1死3塁の攻撃となりましたが、その差が出てしまった恰好です。

2回表 山本泰君ライトフライ、松本大君ショートゴロ、小笠原君レフト前ヒット、山田君三振で無得点。

2回裏 石井君、土屋君ファーストファウルフライ、吉永君三振の三者凡退にきってとりました。

3回表 旭君センター前ヒット、代打堀野君レフトフライ、谷田君キャッチャーファウルフライ、藤本君三振。

3回裏 東條君レフト前ヒット、白澤君バントで2塁へ。中村君四球で1死12塁から小野田君(右打者)がライトスタンドへすくいあげるようにして放り込み0−5。ここで投手交代。同じようなシチュエーションが1回、4回でありましたが、そこでしっかりと次の打者がしたかしないかの差が出ている気がします。野球の神様もしっかり見ているのでしょう。茂木君セカンドゴロ、大野大君ライト前ヒット、石井君の時スチールを試みるも加嶋君の素晴らしい牽制でアウト。チェンジです。

4回表 横尾君レフトフライ、山本泰君レフト線2塁打、松本大君ショートフライ、小笠原君三振で無得点。

4回裏 石井君左中間の二塁打、土屋君バントで1死3塁。吉永君三遊間を破るヒットで0−6。東條君バントで2死2塁、白澤君セカンドゴロでチェンジ。

5回表 代打渡辺暁真君三振、旭君センターフライ、堀野君セカンド内野安打、ワイルドピッチで2塁へ。谷田君は三振。チェンジ。

5回裏 この回から菊池君、先頭の中村君が3塁線を破る二塁打。小野田君四球、茂木君バントで1死23塁、大野大君センター前2点タイムリーで0−8。石井君三振の際に盗塁で2死2塁、土屋君四球で12塁。吉永君はショートゴロでチェンジ。

6回表 藤本君三振、横尾君ショートフライ、山本泰君ライトフライでチェンジ。

6回裏 先頭の東條君がレフトスタンドにホームラン、0−9。ここで投手交代。小原君に替わります。代打江塚君三振、中村君センター前ヒット、小野田君センター前ヒットで1死12塁。茂木君センターフライ、大野大君セカンドゴロでチェンジ。

7回表 代打植田君ライト前ヒット、代走梅野君。代打手銭君6−4−3のダブルプレー、代打大坪君四球、旭君はショートゴロでチェンジ。

7回裏 この回から投手は明君に。キャッチャーフライ、三振、三振で無得点。

8回表 堀野君サードゴロ、稲垣君三振、藤本君右中間を破る2塁打、横尾君レフトフライでチェンジ。

8回裏 東條君センターフライ、中澤君セカンドゴロ、中村君ショートゴロで三者凡退。


« 平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対早稲田大 1回戦 | トップページ | これのどこが・・・? »

野球」カテゴリの記事

コメント

今日はテレビ観戦
両校OB解説
① 初回の両校の攻撃の明暗。特に慶應守備の乱れ、特に野手のカバーの遅れ
② 初回の守備、早稲田は通常の守備。慶應は前進守備で間を抜かれて失点
③ ヒット数に差はないのに9点と0点、毎回1安打でセカンドまでいくのにタイムリーなしの慶應
④ チャンスでの積極打法の早稲田と消極的な慶應
⑤ 得点差ほどの実力差はない
⑥ 横尾君は高いフライが多い、すべてボールの下を叩いている。
⑦ 上位5校に実力差はない。東大以外、どこも優勝することも5位になることもある。
⑧ 慶應は立教3回戦で負けてモチベーションが下がった。最初のカードの持つ意味は大きい。早稲田も実質明治戦が最初のカード。とにかく秋はまず最初のカードをとって落ち着こう。

来季は明君を先発で是非使ってほしい。今日は明君先発かなと思っていました。明日の新人戦はいよいよ期待の1年生が観られる。

早稲田大学さんは、応援グッズを外で販売していましたね。三塁側だと、なかなか難しいかもしれませんが、、、。


ひとまず、いい天気のもとで、試合ができたことはよかったかな。

早稲田大学さんは、応援グッズを外で販売していましたね。三塁側だと、なかなか難しいかもしれませんが、、、。


ひとまず、いい天気のもとで、試合ができたことはよかったかな。

メンバー表に西口(総1)
山口5番タイムリー、須藤出番なし

山口のタイムリーはセンター返しのライナー、谷田の2安打は長短打いずれもレフトへ。
横尾の2安打はつまり気味のレフト前に落ちるヒットと三遊間の速いゴロ安打。リーグ戦からそうだったが慶應のクリーンアップに対する警戒感はどのチームも極端に深い守備。
ヒット狙いならヒットゾーンは広い。まず打率、ホームランは結果としてついてくる。
今日も先発が大量失点したが、エースはいないと考え2点とられたら代える、そのためには投手5人は少ない、他校並みに6、7人必要。今日の東大を観ていて秋は最下位もありうる危機感をもった。早稲田、立教はエース級はベンチ入りさせていないから早稲田は心配ないが慶應は今日のメンバーがベストメンバーだから心配。秋は西口を捕手として固定させ明治の坂本のように育てるのがベストとはベンチ裏の声。それにしても捕手候補が多い。須藤は打撃を生かしてファースト。今日は斎藤がファーストを守ったが・・・人材はかつてないほど豊富だ。

新人戦では新戦力を観る楽しみがあります。山口(先発5番)、須藤(守備のみ)、西口(メンバー表にはあり)・・・
山口君のセンターへのライナーのタイムリーヒットを観られただけで来てよかったと思いました。
また夏のオープン戦が楽しみです。いよいよ人工芝になるそうで突然の雷雨で中止になることはなさそうです。

https://twitter.com/harukichixxxx/status/341488823613669376/photo/1

負けが込むと あ~だこ~だ 言われるのが常。
まあ皆さん言いたいこともあるでしょうが、ここは塾野球部を信じて。

新人戦も公式戦並みのメンバーを並べて討死と言うのも、悔しさを増幅させるための糧としてほしいものです。

要は、もともと慶應は強くないんです。 でも一所懸命やって、何とか立ち向かっているんです。
竹内大助・福谷両投手がいるようなときの方が珍しかったわけで、少ない、それも剛腕では無い投手が繋いでいくチームだと思います。

とにかく、秋に期待しましょう。

http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20130519-1129628.html
北海道ナンバーワン左腕
3月には東大野球部もアタック。慶大か東大

http://www.geocities.jp/mktyoshii/49from.html
秋になって突然4年生投手が出てきて優勝!西田君、松本君《1992年秋》の再来があるかも?
 「  投手がいないなか4年生が出てきてくれました」(前田監督)
春5位の春5位のチームが優勝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/57508817

この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対早稲田大 2回戦:

« 平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対早稲田大 1回戦 | トップページ | これのどこが・・・? »