天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 川口委員長解任とそれにまつわるマスコミさん | トップページ | 平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対明治大 2回戦 »

平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対明治大 1回戦

今日は太陽が燦々とまぶしく、しかし時折吹き抜ける風が心地良い、素晴らしい天気の中の試合となります。

先発投手は塾野球部が白村君、明治が山﨑君を立て、エース対決となります。

今日のスタメンです。

[7] 佐藤旭 (3 慶応)
[4] 北村 (2 丸亀)
[9] 谷田 (2 慶応)
[5] 横尾 (2 日大三)
[8] 藤本知 (3 慶応)
[2] 小笠原 (2 智弁和歌山)
[3] 植田 (4 慶応)
[6] 山本泰 (2 慶応)
[1] 白村 (4 慶応)

白村くんはここまでなかなか真価を発揮できていないように思います。ここまでで気になるのが、緊迫した場面になるほど、ピッチングの時の歩幅が合わず、つんのめるようになること。前目のリリースを意識してか、歩幅が若干広いように感じています。今日は、白村君の歩幅にも注目していきたいと思っています。
さあ、意地を見せよう!塾野球部。

_dsc7967

1回表 旭君ライトフライ、北村君ショートフライ、谷田君セカンドゴロで無得点。

1回裏 四球、送りバントで1死2塁。次打者セカンドゴロの後、菅野君死球で2死13塁となりますが、岡君をセカンドゴロに打ち取り、無失点。0−0です。

2回表 先頭の横尾君四球、藤本君がレフトスタンドにライナーで突き刺さる2ランホームラン!2−0で先制。小笠原君三振、植田君サードゴロ、山本泰君死球、白村君センターフライでチェンジ。2−0で塾野球部がリードを奪いました!

_dsc8254

2回裏 センター前ヒット、三振、ヒットエンドランが裏目に1塁小飛球でダブルプレー。チェンジ。

3回表 旭君ライト前ヒット、北村君センターフライ、谷田君2塁ゴロの間にランナー2塁へ。横尾君はショートゴロで無得点。

3回裏 サードフライ、セカンドゴロ、三振で三者凡退。白村君のギアが上がって来ました(*^。^*)

_dsc8607

4回表 藤本君三振、小笠原君レフト前ヒット、植田君ライト前ヒットで1死12塁となりますが、山本泰君の打球がセカンドハーフライナーでダブルプレー。無得点。

4回裏 三振、センターフライ、ファーストゴロ(植田君好捕!)で三者凡退。

_dsc8769

5回表 白村君セカンドゴロ、旭君セカンドゴロ、北村君ピッチャーゴロで無得点。

5回裏 三振、センター前ヒット、バントで2死2塁。代打宮武君ショートゴロでチェンジ。ちょっと地震で揺れましたが、選手の皆さんはそんなことお構いなしでした(゜▽゜*)

6回表 谷田君捕手ゴロ、横尾君投手エラーで出塁、藤本君三振、小笠原君三振で無得点。

6回裏 サードゴロ、ショート内野安打、サードゴロで2封、センターフライでチェンジ。菅野君の時のシフトの指示がしっかりはまりました!

_dsc9111

7回表 植田君凡退、山本泰君セカンドゴロ、白村君セカンドゴロで無得点。

7回裏 サードゴロ、セカンドゴロ、ショートゴロ。内野3人がそれぞれゴロを捌き無失点に抑えます。

8回表 旭君三振、北村君投手ゴロ、谷田君三振で無得点。

8回裏 センター前ヒット、ファースト内野安打、センター前ヒットで1点。2−1。サードライナー。横尾君横っ飛びで好捕。ファーストゴロで2死23塁。ファーストゴロでチェンジ。明治の猛攻を2−1でくい止めました。

_dsc9454

9回表 横尾君四球、ワイルドピッチで2塁へ。ここで藤本君がレフト線へ痛烈な打球の2塁打!1点追加で3−1。

_dsc9507

_dsc9517

明治は投手を今岡君にチェンジ。小笠原君三振、松本大君ショートゴロで2死2塁から山本泰君が左中間を破る2塁打!更に1点追加。4−1。

_dsc9571

更に白村君もレフトオーバーの2塁打で1点追加。5−1。

_dsc9605

旭君はライトフライでチェンジ。5−1とリードを広げました。

9回裏 疲れが見えてきた白村君から明治が2点を奪うものの、なんとか踏ん張り、5-3で塾野球部が初戦をものにしました。


« 川口委員長解任とそれにまつわるマスコミさん | トップページ | 平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対明治大 2回戦 »

野球」カテゴリの記事

コメント

ようやく藤本君、ホームラン打てましたね。

やっぱり相性がいい明治。
今日は志村解説でテレビ観戦。
「藤本は当ればホームラン、当らないと三振。
2塁打もノースリーから打った。
監督もそのつもりで使っている。
ようやく練習通りに打てた」
藤本君のインタビュー
「9回は監督から三振かホームランでいいから、
思いきりいけ、と言われて気持ちが楽になった」
白村君のインタビュー
「普通に投げていれば打たれない。気持ちの問題、最後の詰めが甘いのが課題」
横尾君が四球を選び、攻守を見せたのも大きい。
残り全部勝てば2位。法政は全勝しそうだから。

藤本君低めを捨てて高めだけを狙っていた、とのこと。
低めの変化球さえ見極めればすごい打者になる。
低めでもストレートならホームラン
横尾君ついに四死球王8個
意外に選球眼がいい、と志村さん

一塁ベースカバーに誰もいない、なんてところもあったりして、おいおい!と言う中でも9回の追加点が効いて良い勝利でした。

9回の藤本君への監督の耳打ちはそう言うことだったんですね。
谷田・横尾・藤本 と並ぶ打線は、当たればものすごい重量打線だと信じていますが、なかなかこちらの思い通りに当たらないと言うのが、何とも。

さて今更、明治のしつこい渋い野球をやれと言っても出来ないのでアバウト野球でふりまわしてホームラン、荒れ球で打ち損じをさせる。豪快な横尾、藤本、高めのストレートの白村!

明治戦仰天オーダー?
トップから藤本、横尾、谷田を並べ4番佐藤旭、5番白村。3番まで長打狙いで小細工なし。精密機械投手を崩すには一発警戒させるほかない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/57408645

この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対明治大 1回戦:

« 川口委員長解任とそれにまつわるマスコミさん | トップページ | 平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対明治大 2回戦 »