天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« さようなら日比谷線直通電車(と旧渋谷駅) | トップページ | 平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対立教大 1回戦 »

今日からいよいよ開幕!

なんだか例年にも増して忙しかった、年度末。

なんとかかんとか通り過ぎ、でも4月に入ってもまだ1日もフルの休みを取っていなかったのは、今日この日を迎えるため。

さあ、神宮での野球を満喫させていただきますhappy01

« さようなら日比谷線直通電車(と旧渋谷駅) | トップページ | 平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対立教大 1回戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

紅白戦、唯一登板した試合観れなかったが好投。
遠征中、好投したと伝えられる社会人との試合、
先輩の小野寺君らから3ホーマーを浴びた試合も観れなかった。殆ど観ていた試合で白村君の登板だけは観れなかった東京ガス戦、前監督の相場さんも東京ガス勤務だけあってネット裏で観察。投げ込む速球を小兵の9番に弾丸ライナーでホームランされてそれから2回9失点。江藤さんは代えずに投げさせた。ほかの投手は抑えるのになぜ白村だけ打たれる?ベンチ裏のOBからも不安の声があがった。あとで「オープン戦でよかったな?」と江藤さんから声をかけられたそうだ。翌日の社会人との試合ではスライダーでストライクをとり速球を最後に決めて2イニング完封。そういえばあの明治戦もスライダーで簡単にストライクをとりカラ振りさせて、ここぞというときの速球が生きていた。福谷君もそうだったが法政、明治には好投するのに立教、東大には単調な速球を打たれた。今日の立教との試合、オープン戦での学習評価で好投してくれることを期待。朝日の「早稲田、明治、法政の3強の優勝争い」の記事にただ一行「慶應は白村の出来次第」

大学野球が始まって気のつくことは、九州共立のエースや岡君、白村君など注目されるドラ1候補がそろって結果を出せないこと。昨日の澤田君のように注目される1年生が活躍していること。立教は優勝戦線にからむ。高梨君が完全試合した早稲田は1、2戦で快投した2人のほか、吉永君、横山君、内田君も控え六大学のみならず大学ナンバーワンの投手陣であり大学日本一に一番近い。たぶん大竹君が入学しても上級生になるまで登板機会はないだろう。

明治の2勝1敗で自力優勝復活。
これからは澤田君初戦先発でいくでしょうから早稲田法政も楽ではない。
どこも投手がいいので1点が勝負になる。

明治も岡を6番に下げ2年主体の打線にした。勝つためには学年に関係なく調子の良いものを使うこと。
江藤さんも去年の反省として4年にこだわりすぎたと言っていた。
法政戦希望スタメン
(7)佐藤旭
(4)北村
(5)横尾
(9)谷田
(3)松本
(2)小笠原
(8)荒川
(1)明

自力優勝のためには1敗も出来ない。
逆に言えば全て勝つと勝率で優勝
(7)佐藤旭
(4)北村
(5)横尾
(9)谷田
(3)松本
(2)小笠原
(8)荒川
(6)牧野
(1)明

北村、小笠原、松本の打力優先で先制点
谷田は最も確実性がある。
荒川は守備、打力のバランス
牧野は守備力
明は球威、コントロールでナンバーワン

http://www.hb-nippon.com/aichi/report/496-hb-aichi-game2010/6664-20100717002
須藤君、原君のほかこの捕手も注目の1年生とか。

初戦大勝した早稲田は第2戦も圧倒。明治は毎回のようにピンチに見舞われ、打者は完璧に抑えられていました。しかし毎回のピンチを細かい継投と素晴らしい守備で守り抜き、第3戦に大勝。第4戦も初回3点を奪い有利に試合を進めています。勝ち負けではなく1試合1試合に監督も選手も最適を模索して戦っているという気迫と智慧を早稲田との2回戦の明治の戦いぶりに感じました。ランナーは幾人出してもサードで止めれば負けない。

http://inamai.com/www/ictnews/detail.jsp?id=6897
慶応卒業25周年大同窓会動画で志村君とともに野球部を代表して登場した
御子柴君。野球で日本一、早慶戦でホームラン、司法試験合格
文武両道の鑑。


慶大が初紅白戦 竹内監督不在の中で「良いスタート切れた」


 東京六大学リーグの慶大が21日、横浜市内のグラウンドで今季初の紅白戦を行った。

 竹内秀夫監督(59)が内臓(すい臓)疾患で入院中のため不在の中、28日からの沖縄キャンプメンバー選考を兼ねた初実戦。1―0という結果に佐藤主将(3年)は「良いスタートを切れた」と手応えを口にした。

 現在はOB会(三田倶楽部)の技術委員が輪番で指導。学生コーチらが竹内監督と電話で連絡を取りながら練習を進めている。指揮官の復帰時期は未定だが、佐藤主将は「監督が帰ってきた時に頑張ったと言ってもらえるようにしたい」と話した。
.


[ 2014年2月22日 05:30スポニチ

スポーツ報知
東京六大学リーグ・慶大で、竹内秀夫監督(59)がすい臓疾患で入院中のため、昨秋限りで退任した江藤省三前監督(71)が代わりに春季リーグ戦の指揮を執ることが26日、分かった。

 江藤氏は通例の4年間の任期満了に伴い、昨年11月で退任。代わって、助監督だった竹内氏が12月から監督に昇格した。だが、同月下旬にすい臓疾患のため入院。28日から始まる石垣島キャンプに参加できず、復帰のメドが立たない。そこで昨季まで8シーズン指揮しており、チームの現状を熟知する江藤氏の起用が決まった。秋季リーグ戦以降は竹内監督の回復状況を見て判断する。

 江藤氏は、09年11月にプロ出身者として初めて母校監督に就任。1季目の10年春に11季ぶりの優勝に導くなど、2度のリーグ優勝を達成した実績も申し分ない。昨年12月には学生野球資格の回復研修も修了し、新制度下での指導にも支障はない。近日中に連盟に申請し、登録上は「助監督」または「コーチ」となる見通し。27日に合宿所のナインに挨拶し、28日の石垣島キャンプから帯同する。

 慶大は昨秋、4位に終わったが、プロ注目の佐藤旭外野手(3年)が新主将に就任。「How to play,How to win(いかに戦い、いかに勝つか)」をスローガンに掲げ、11年春以来のリーグ優勝を目指している。

 ◆江藤 省三(えとう・しょうぞう)1942年4月29日、熊本県生まれ。71歳。中京商(現中京大中京)―慶大を経て、65年秋にドラフト3位で巨人入団。69年から中日に移籍し、76年に引退。その後、巨人、横浜(現DeNA)などでコーチを務めた。プロ通算464試合で打率2割6分7厘、12本塁打、65打点。09年オフに慶大の監督に就任。8季で2度のリーグ優勝に導き、昨秋限りで退任。

報知追加記事
東京六大学野球リーグの慶大は27日、竹内秀夫監督(59)が内臓疾患で入院中のため、昨秋限りで退任した元プロの江藤省三前監督(71)が監督代行として春季リーグ戦の指揮を執ると発表した。連盟には助監督で登録する。

 江藤氏は高校の指導資格を回復し、当初は慶大の付属高などで指導することになっていた。この日、横浜市の慶大グラウンドで「“はい、いいですよ”という感じではなかったが、学生のことをほったらかしにできない。いい結果を出すことが竹内君のためになる」と心境を語った。

 竹内監督は江藤氏の後任として昨年12月1日付で就任。2月に手術する予定だったが延期され、復帰のめどが立っていない。江藤氏は28日の沖縄キャンプから指導する。


慶大・江藤監督代行が選手にあいさつ

記事を印刷する


Evernoteにクリップする


 東京6大学リーグ慶大の監督代行を務める前監督の江藤省三氏(71)が27日、横浜市内の同大グラウンドを訪れ、選手にあいさつを行った。28日からの石垣島キャンプに同行する。

 「戻ってきたけど、今まで竹内監督がやってきたことを変えるつもりはない。今まで通りやってくれと言いました」と話した。監督代行の期間は、春季リーグ戦を含めた公式戦が終了する6月末まで。

 昨年12月に就任した竹内秀夫監督(59)は、膵臓(すいぞう)疾患のため入院中で、復帰のメドが立っていない。

日刊スポーツ [2014年2月27日11時4分]

野球部ブログもいよいよ楽しみです。

石垣キャンプでの注目

去年の注目は大谷君の同期、小原君の1年生参加、
今年は果たして1年生が抜擢されているのかどうか?
サッカー日本一になった甲子園でも彗星となった富山第1の黒田君
神奈川予選で慶応高校に引導を渡した桐蔭学園の清水君
選抜の母校を励ましたという点では去年の西口君と同じ智弁和歌山の主将天野君、
東大受験がうわさされた函館ラサール清水君

白村君の抜けた後の投手陣、明君、加藤君、小原君など
去年の1年生西口君、須藤君、山口君、小原君、渡辺君
いよいよ上級生となった谷田君、横尾君
そして慶応高校からの集大成となる明君、藤本君、主将佐藤旭君

函館ラサールの清水君は兄弟校鹿児島ラサールの東大の先輩の配慮で
去年春の東大合宿に特別参加した文武両道の逸材。
野球では北海道の名門北海高校に勝ったことで甲子園も期待されていました。東大受験が確実とされていましたが、法学部法律学科に指定校推薦という点では志村君と同じ。
例年推薦組は2月1日からの練習参加ですが、今年は23日からの参加なのでいきなり石垣島メンバーとはいかないでしょうが・・・

いきなり早稲田は法政と。法政は開幕から早稲田、立教。
慶応は2週で東大、3週で明治なので調整に余裕。
明治までほぼ2か月ある。昨年秋立教2位、慶応4位でよかった。

石垣40人から25人に絞られたA軍初戦接戦制す。
日吉では接戦で惜敗しましたが、1番矢野君(野沢北)、2番山本諒君、
途中出場の原君(春日部共栄)の打撃が光りました。
投手では投手復帰の中島君(小松)が好投しました。
1年生では清水洋二郎(函館ラサール)がブルペンにいました。
投手としてやれそうで一安心。
黒田君(富山第一)、野手の清水君(桐蔭学園)
照屋君(沖縄尚学)、比叡山高校の主砲(名前は思い出せませんが)
天野君(智弁和歌山)、森下君(土佐)
今年の1年は去年に続き有望

神奈川の昨年春ベスト16に入った湘南ダブルエースの山田君、
見事経済学部合格、
もうひとりのエースは東大合格
コーチが横浜高校OBということで話題になりましたが・・

http://blogs.yahoo.co.jp/m28_h13_h10/10941358.html
紅白戦、谷田、横尾、加藤、明、照屋

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/ama/news/20140317-OHT1T00185.htm
新監督とコーチが巨人OBに就任して六大学相手に善戦したいとあって
玉川大学OBがネット裏に集結。
メンバー表を見れば出身校は野球高校が多い。今年の1年はよりすぐりの25人とか。
昨日の筑波にも慶応志願だった選手注目選手が4番でホームランを打った。
首都のレベルは東都並に1,2部の差はない。
昨日は惜敗、今日は辛勝だった。
今日は3番舟波君の打撃が光った。
帰ってきたキャンプ組は登録されていない。あくまで日吉組のチャンスの場だ。

A軍パナソニック、日本新薬と社会人強豪に勝って2勝1敗と好調。
B軍まさかの東工大に大敗。東工大は東都4部で一橋に次ぐ2位(3校)
慶応は出場機会のない2年生中心だったとはいえ負けるとは選手も思っていなかった。
ただ気迫負けですし、送りバント、逆方向への打撃、守備、すべて東工大が優っていました。
清水君(函館ラサール)から投手を続ける意思を聞いて安堵。
鴨志田君は塾高ですが、ボーイズリーグでは横尾君、山口君の後輩で3年続くことになる
と聞きました。
週刊ベースボールに江藤さん関係記事あり。

本日の塾ブログで1年生のランニングのきつさが話題になっていたが、
グランド周辺コンクリートの路上でのランニングは膝や足首を痛めるので土のグランドでのランニング
にしてほしい。
私も膝を痛めたとき医者からそう注意された。
なかなか土の道路がないのでむつかしいが、ラグビー部の選手は土の緑道を走っていた。

http://www.hb-nippon.com/report/gallery/846-hb-nippon-game2012/9141-20120526002/photo/10
練習会で場外連発、一浪で入学した期待の右の大砲
比叡山の岩見君

http://www.sponichi.co.jp/baseball/highschool/2014/spring/team/sinjyou.html
NHKで明日の選抜を控えて
去年清水君(函館ラサール)のボールを受けた「流しのブルペンキャッチャー」安倍さんの一押し投手が広島新庄の投手。
監督が慶応OBなのでプロに行かない場合、慶応に来てほしいが・・・
去年、今年と有望新人が結構入学しているので期待。
迫田監督は金光主将で江川を倒したときの迫田監督の弟。

苦節30年目にして初出場を決めた三菱重工広島(広島市)は、広商優勝監督の迫田穆成氏の弟、慶大卒迫田守昭監督が猛練習で鍛え上げ予選を勝ち上がった。初陣の三菱重工広島は、準決勝で復活の4強入りを果たした日本楽器と対戦した。広島は初回に慶大卒後藤寿彦(六大学三冠王、三菱重工三原)の2塁打で先制。62年の日通名古屋以来の17年ぶりの初出場での決勝進出を決めた。
2転3転の壮絶な決勝戦は三菱重工広島が制して初出場初優勝の快挙を達成。中国地区に初の優勝をもたらした。
法政卒金光は高校、大学、社会人とアマチュア3冠に輝き、法政の監督に。迫田監督も広島商の監督、広島新庄の監督。後藤は三菱重工三原、慶大監督、全日本監督を務めた後、地元で岐阜経済大客員教授、西濃運輸の監督に。

http://baseball.sfc.keio.ac.jp/members/sakata/
捕手では坂田君、西口君がよさそうだ。
藤井君、小笠原君、須藤君のリーグ戦出場組を脅かす存在。
原君もB軍ではオープン戦初打席でヒット。
坂田君は中学生のときに中京など野球名門校からスカウトされた逸材だが、
慶応目指して県立進学校瑞陵に進学した。
外野手では山口君が外野の一角を占めそうだ。
レフト山口、センター佐藤旭、ライト谷田。
1年生では桐蔭の清水、沖縄尚学の照屋のデビューが早そうだ。

矢野君だけが全試合フル出場で結果を出している。
打撃、守備ともに先輩湯本主将同様B軍からの昇格もある!

http://tokyorocks2013.wondernotes.jp/keio/2013/08/18/
矢野君と西口君ともに貴大だった・・・

1年生でスタメンの照屋君、ヒット、セフティ、四球、上手い進塁打など
江藤さん好み、
年齢を見ると1浪のようでネットで調べると確かに3年の夏が2012年。
セカンドは人材難と予想していたが楽しみ。

三宮、明、加藤のリレーまずまずのピッチング
谷田、横尾、藤本のクリーンアップ3人で1安打はやや不安
捕手陣、藤井、小笠原、木村、須藤、西口のベンチ入り
須藤先発で守り、打撃ともに結果を出した。
6番竹内がセカンドで2安打1本塁打。
横尾が最終打席本塁打。
2本の本塁打はセンター左の最深部。打球は弾丸ライナー
今日も照屋が出たが、昨年9月AO入学なので秋から練習参加。
小原、渡辺は沖縄では調子がよかったのでリーグ戦には間に合う。

有望新人
清水(函館ラサール法学部法律指定校推薦)、清水(桐蔭学園AO)、照屋(沖縄尚学AO)
黒田(富山第一AO)、森下(土佐指定校推薦)、天野(智弁和歌山AO).、
岩見(比叡山一浪一般)、
昨夏佐賀決勝で準優勝の早稲田佐賀の選手(理工学部指定校推薦)
早稲田の付属校が慶応の指定校という驚き

竹内君絶好調、今日も長打。
大学ではセカンド初めてだけど高校ではセカンドだったらしいですね。
横尾君もランナーを置いての右打ちで打点。
投手も12安打されながら粘りで2失点。
林監督も母校をいつも今一歩まで追い詰めながら勝てない。

日本新薬戦藤本君のホームラン、谷田君の決勝犠飛で4対3の逆転勝ちの17日
スタート以来の快打ライトオーバーの長打が谷田君に出ました。

サクラフェスタを控え、投打ともに中央を圧倒。
三宮君コントロール抜群、加藤君、明君の抑え万全
切り込み隊長佐藤君、巧打の山本君、
そして谷田君、横尾君、藤本君のクリーンアップ爆発
完勝!

加嶋完封
谷田、横尾3安打
藤本2安打
本塁打谷田、藤本いずれもスリーラン
3塁打佐藤
2塁打横尾、藤本、斎藤
斎藤はバックスクリーンに入ったと思われた当たり。
6回にレギュラー交代したら
7回山崎登板
7回コールド9対0で亜細亜に完勝

今日亜細亜で先発した1年生投手は四国で安楽と並ぶ本格派146キロの速球とスライダー
5回9失点されたが監督は替えなかった。
亜細亜は打たれても先発は替えないのが方針。
最後がエース山崎だった。

谷田君2試合連続ホームラン
加藤君好投

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/57160565

この記事へのトラックバック一覧です: 今日からいよいよ開幕!:

« さようなら日比谷線直通電車(と旧渋谷駅) | トップページ | 平成25年東京六大学野球春季リーグ戦 慶應義塾大対立教大 1回戦 »