天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 錬君が作り出すみんなの笑顔 | トップページ | 今日の一瞬 〜慶早戦1回戦 »

平成24年秋季東京六大学野球 慶早戦1回戦

試合開始45分前。そろそろ塾野球部の練習時間も終わるくらい。小山君を始めとするみなさんの必死の訴えが功を奏したか、この時間にして内野はほぼ満席、外野も人が結構入ってきました。

_dsc0998
(エールでの小山君)

スターティングメンバーです。塾野球部の先発は白村君、早稲田は有原君です。

[7] 佐藤旭 (2 慶應)
[8] 辰巳 (4 郡山)
[6] 福富 (4 慶應)
[4] 山崎錬 (4 慶應)
[5] 横尾 (1 日大三)
[9] 藤本 (2 慶應)
[2] 阿加多 (4 慶應)
[3] 植田 (3 慶應)
[1] 白村 (3 慶應)

1回表 佐藤旭君粘りましたが三振、辰巳君四球、福富君の初球に走りますが刺されてアウト、福富君はセカンドハーフライナーでアウト。無得点。

1回裏 中村君センター前ヒット、大野大君バントが小飛球でキャッチャーフライ、高橋君レフト前ヒット、杉山君の時ショートバウンドの球を阿加多君前に弾きますが、その隙に二者進塁、1死23塁。ここで杉山君がピッチャー返しのセンター前ヒット。

_dsc1256

見ての通り、まだリリースポイントが後目です。早く前目に戻りますように。地引君死球で1死満塁。茂木君のボテボテに1塁ゴロでもう1点。0−2。小野田君、四球で満塁。有原君のバットをへし折りセカンドフライ。0−2とリードを奪われます。

2回表 山﨑錬君ショートゴロ悪送球で1塁、横尾君レフト線への2塁打で23塁、藤本君セカンドゴロランナー動けず。阿加多君センター前に2点タイムリー、2−2の同点となります。植田君ダブルプレーでチェンジ。

2回裏 先頭の東條君を四球で出しますが、続く中村君の時の盗塁を刺します。中村君キャッチャーフライ、大野大君変な回転のかかったセカンドゴロでしたが錬君が上手く捌き無得点。

3回表 白村君三振、旭君ショートゴロ、辰巳君レフトフライでチェンジ。

3回裏 高橋君センターフライ、杉山君三振、地引君センター前ヒット、茂木君三振でチェンジ。

4回表 福富君レフトフライ、山﨑錬君ライト線にヒット、フェンス手前で捕られるも気魄のヘッドスライディングで2塁打、横尾君がレフト前タイムリーで3−2と勝ち越し、

_dsc1815
(横尾君のタイムリー)

藤本君ヒットで1死12塁、阿加多君ファーストゴロランナー進塁で23塁、植田君敬遠で満塁、白村君四球で押出、4−2。佐藤旭君三振でチェンジ。

4回裏 先頭の小野田君レフト線2塁打、続く丸子君のファーストゴロ飛びついて1塁に送球したが惜しくもセーフ、そのあといろいろあって4−6と早稲田にリードを奪われました。投手は白村君から只野君に替わっています。

5回表 辰巳君センターフライ、福富君ライト線に落ちるヒット、錬君セカンドゴロでランナー2塁へ、横尾君の時粘りましたが三振でチェンジ。

5回裏 先頭の茂木君バットが折れそれをよけながらのため只野くん捕れず、福富君が投げるもセーフ、小野田君バント、内田君セカンドゴロで3塁へ行きますが、東條君をライトフライに抑え無得点。4−6のままです。

6回表 先頭の藤本君四球、阿加多君セカンドゴロでタッチにいくも空タッチで1塁アウトのみ。代打谷田君ショートゴロ、藤本君ダッシュ良く3塁へ。代打影山君ファーストゴロで無得点。

6回裏 この回から投手は仲井君、先頭の中村君三振、大野大君四球、高橋君ライトフライ、杉山君の時盗塁、悪送球の上に送球を焦った辰巳君がボールを蹴ってしまい、ランナー一挙ホームイン。4−7、杉山君ライト前ヒット、続く地引君を抑えチェンジ。4−7となりました。

7回表 先頭の旭君ライトフライ、辰巳君ストレートの四球で出塁、続く福富君にも2ボールとなったところで岡村監督出てきてお話し。その後の3球目盗塁を試みますが、アウト。福富君も三振で無得点。

7回裏 この回から投手は福谷君。代打に佐々木君が出たりもしましたが、三者凡退で無得点。

8回表 山﨑錬君サード小飛球、横尾君センターフライ、藤本君セカンドゴロで三者凡退。4−7のままです。

8回裏 東條君四球、中村君バントで2塁へ。大野大君三振、三倉君ファーストゴロで無得点。

9回表 全ての打者が3−2のフルカウントになりましたが、ヒットが出ず、試合終了。初戦は早稲田が勝ちました。


この試合を振り返ると、やはり4回の裏に行き着くでしょう。

丸子君の当たりを植田君が横っ飛びで好捕。白村君がカバーに入り1塁送球。しかし、微妙な判定でしたがこれがセーフ判定。無死12塁となり続く東條君がタイムリーでまず1点。その後中村君がバントの構え。1,2球ともストレートで押し、3球目もバントで構えながらよけて当たります。打ちに行ってファウルと見るかよけきれず当たってデッドボールとみるかとても微妙に見えましたが、主審の判定はデッドボール。内野手全員がバントの仕草をしながら主審にファウルをアピール。江藤監督も抗議か確認に主審のところに行き、しばらく話した後ベンチに戻ります。そして、それをひきずったままの流れで行き、大野大君がレフト前ヒットを打って同点に追いつかれてしまいます。ここで只野くんが高橋君、杉山君をそれぞれ打ち取ってはいるもののセカンドゴロの間に3塁走者が還り、更に2点追加され4−6となってしまいました。

試合が終わった後、N君(野球に詳しい人です)に聞いてみました。

「あれは死球でしたか?」

「主審はよけきれなかったと判断したのでしょう。それであれば仕方ありません。」

「その後、もし自分がキャッチャーだったらどうしますか?」

「確かにアピールをして抗議をするというのもよくよく考えた上で士気を落とさないようにということですが、どうやったって判定は覆らないので、さっさと切り上げ気持ちを引き摺らないようにします。」


なるほど!自分だったら「なんやねん、今の絶対ファウルじゃないか」って引き摺ってしまいそうですが、捕手としてはすぐに切り替えて、次のプレーに投手を集中させる方が大事ということですね。勉強になります。

それにしても慶早戦では、必ずどこかで魅惑の時間帯というか、頭がクルクルしてしまう瞬間がやってきますね。今日は慶應がそのグルグルに巻き込まれ、早稲田は追いタッチがセーフと言われた時も余り抗議せず切り替えて無得点に抑えた、その差が出てしまったかなと思いました。

白村君はけっして体調が悪いわけでは無いでしょうが、あの雰囲気の中、緊張がほぐれなかったことがあの4回を生んでしまいました。いずれにせよ、上記でも写真を出しましたが、今日はリリースポイントが全体的に後目でした。前目でリリースしたスピンの効いたボールはなかなか打てるものではありません。とにかくリリースポイントを前目にとって、安定させて貰いたいですね。

今日の好材料としては、ひさしぶりに4点入ったこと。辰巳君が多く出塁したことと、横尾君に当たりが戻ってきたこと。横尾君は大観衆じゃ無いと燃えないタイプ?

攻撃としては、とにかく1死まででランナーを3塁に進めること。チャンスの時はボールを見送らず、かといって振り回すわけでもなく、コンパクトにピッチャー返しか逆方向に打つこと。そちらの方が点が入る確率が高くなると思います。今日はまさに杉山君にそれをしてやられました。

あと2回も野球を楽しめるチャンスをくれた運命の神様に感謝して、明日以降の試合を楽しみましょう。


勝つぞ!勝つぞ!慶應。

« 錬君が作り出すみんなの笑顔 | トップページ | 今日の一瞬 〜慶早戦1回戦 »

野球」カテゴリの記事

コメント

試合前の陣中見舞い。一塁側に小山くんがいる姿に違和感もありましたが、楽しんでいる姿に、思わずニヤニヤしちゃいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/55981236

この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年秋季東京六大学野球 慶早戦1回戦:

« 錬君が作り出すみんなの笑顔 | トップページ | 今日の一瞬 〜慶早戦1回戦 »