天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 明治粉砕! | トップページ | 阿加多君の復活を祈る »

平成24年秋季東京六大学野球 慶應義塾大対明治大4回戦

中野で仕事を終え、これからいざ神宮球場へ向かいます!

始まるまで、明治粉砕の写真をご覧下さいませ(^^ゞ

塾野球部の先発は白村君。明治は上原君が先発です。

1回表 旭君が凡退の後、辰巳君センター前ヒット。福富君セーフティ気味のバントでヘッドスライディングも及ばず、送りバント。2死2塁で山﨑錬君はセンターフライ。

1回裏 上本君四球、田中勇君の時エンドラン、ショートゴロで1死2塁。続く高山君、岡君を抑え無得点。

_dsc9420
(力投する白村君)

2回表 横尾君三振、藤本君セカンド内野安打、阿加多君6−4−3のダブルプレー。無得点。

2回裏 中嶋君、糸原君、坂本君を連続三振で抑えます。無得点。0−0です。

3回表 植田君センター前ヒット、白村君バントで2塁、佐藤旭君三振、辰巳君12塁間を破るヒット。植田君3塁ストップ。福富君サードゴロで無得点。

3回裏 上原君、宮内君、上本君を連続三振。無得点に抑えます。さあ、そろそろ点を取ろう!塾野球部のみなさん。

4回表 山﨑錬君死球、横尾君レフトフライ、藤本君三振、阿加多君三振で無得点。

4回裏 田中勇君三振、高山君ショートゴロ、岡大君三塁線を破る2塁打、中嶋君セカンドフライで無得点に抑えます。

5回表 植田君ショートライナー、白村君三振、佐藤旭君左中間を破る3塁打、辰巳君サードファウルフライ。無得点。

5回裏 西村祐君三振、坂本君三振、上原君ショートゴロで無得点。

6回表 福富君ショートゴロ、山﨑錬君三振、横尾君レフトスタンドにぶち込むホームラン!!遂に均衡が破れます。1−0。藤本君三振でチェンジ。1−0で塾野球部がリードを奪いました。

_dsc0187

_dsc0191_1

6回裏 宮内君、上本君を抑えた後、代打菅野君がレフト前ヒット、続く高山君を三振にきってとりますが、阿加多君がまさかの悪送球で振り逃げ。しかし、岡大君を白村君が緩い球で三振!!無得点に抑えます。

7回表 阿加多君ショートゴロ、植田君四球、代走荒川君、白村君ピッチャー前バントも2塁封殺、旭君三振。

7回裏 川島君セカンドゴロ、福田君レフトフライ、坂本君ショートゴロで無得点。

8回表 辰巳君、福富君が連続三振。山﨑錬君四球で出塁も、横尾君三振で無得点。

8回裏 この回から投手は福谷君。先頭の代打小川君が左中間を破る2塁打、代打石川君、代走廣崎君。石川君投手ゴロ、ランナー動けず。上本君キャッチャーファウルフライ、菅野君ライトファウルフライ。無得点。1−0で塾野球部がリードを死守しています。

9回表 藤本君、阿加多君連続三振、鈴木裕司君深いショートゴロ。懸命のヘッドスライディングも惜しくもアウト。無得点。

9回裏 (この回でカメラの電池切れ。これはこの場面は両目で見ろと言っているのかと思いました)先頭の高山君1塁線への強烈な打球。裕司君、横っ飛びで抑えますが、一瞬高山君の足が早く内野安打。続く岡大君の2球目エンドランがかかり、三遊間を痛烈に破るヒット。打球の勢いが強くランナーは2塁ストップ。続く中原君バントで1死23塁と一打サヨナラのピンチ。代打原島君、初球の時するするとサードランナー出ました。福谷君がすっと右を向き、サードの山﨑錬君にボールを投げます。サードの錬君ボールを捕ります。そして三塁ランナーの高山君にタッチ。三塁塁審の手が上がります。アウト!!球場におおきなうねりが出来ます。そのまま原島君をショートゴロに打ち取り、ゲームセット。塾野球部が見事1−0で勝利をもぎ取りました!!

« 明治粉砕! | トップページ | 阿加多君の復活を祈る »

野球」カテゴリの記事

コメント

勝って良かったですね。

明治バッテリーは下級生。
来年以降も対戦するから是非勝って欲しかった。
その意味では決勝点が横尾君なのも何よりです。

それにしても4回戦までいった明治戦は勝つ!?
2007年秋 △○△○
2011年春 ●△○○
2012年秋 ○●△○

今日も一点差。しかも、ルーキーのホームランを守りきって。白村くんには、最後まで投げさすのかなと思ってましたけど。。でも、連投でここまで投げられて、いい自信がついたでしょうね。来週は、逆に明治を応援すればいいのかな?

神宮通いさん

コメントありがとうございます。

この内容を見て、あることに気付きました。他に慶明戦4回戦というと2000年秋季もありますが、

慶明戦で2勝1敗1分けとなった時は2000年に入って以降、塾野球部の優勝確率は100%である!!ということです。

今季の行方と来期以降の行方に希望を抱かせてくれる試合でした(^o^)

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

投手の替え時は本当に難しいですよね。特に調子が良いけど、連投中でいつ疲れが出てくるかわからない時は、ベンチは本当にやきもきしているんでしょう。そんな時に絶対的な守護神がいるといいですよね。そう言えば中日が日本シリーズでパーフェクトピッチングの山井を替えて岩瀬を出した時は話題になりましたね。後から聞くと、山井が爪を剥がしていて、自分から無理ですって言ったみたいですけど。

今週末は精緻な願掛けが必要な状況です(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/55903140

この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年秋季東京六大学野球 慶應義塾大対明治大4回戦:

« 明治粉砕! | トップページ | 阿加多君の復活を祈る »