天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 日本と中国・韓国・そしてロシア その3 | トップページ | H24秋慶立戦1回戦で印象に残ったところ »

平成24年秋季東京六大学慶應義塾大対立教大1回戦

今日からいよいよ始まる、平成24年度の秋の東京六大学野球リーグ戦。

今、会社での打合せが終わったので、これから神宮に向かいます。

ちなみに、すでにHP上でスタメンが発表されていたので、ご紹介しておきます。

[8] 佐藤旭
[6] 福富
[4] 山﨑錬
[9] 藤本
[5] 横尾
[2] 阿加多
[7] 谷田
[3] 植田
[1] 竹内大

立教の先発は予想通り小室君。今回の打線は右打者を比較的多めに配し(旭君、福富君、藤本君、横尾君、植田君)、長打力を主体に戦おうとしているようです。

また、遂に塾高野球部の主将が4人揃い踏みのスタメンになったのも、感慨深いものがあります。植田君、よくここまで這い上がってきたね。

_dsc3118
(勝ち越し2塁打を放つ山﨑錬君)

1回表 立教3者凡退。

1回裏 先頭の旭君3塁打で出塁、続く福富君がタイムリーで先制。錬君四球、藤本君三振、横尾君四球で1死満塁としましたが、阿加多、谷田が倒れチェンジ。1−0で塾野球部が先制しました。

2回表 加藤君がヒットで出塁、バントで1死2塁で、大塚君が上手くバットに乗せてボールをセンターに運び、タイムリー。次もバントで2死2塁とされましたが後続を押さえチェンジ。1−1の同点。

2回裏 植田君がセンター前ヒットで出塁、竹内大助君が送って1死2塁。旭くんが四球で12塁。福富君が倒れた後、錬君が右中間を破る2塁打で2者生還。3−1。藤本君三振でチェンジ。3−1で塾野球部が再びリードを奪いました。

3回表〜5回裏まで両投手が好投を続け、無得点。5回が終わった段階で3−1で塾野球部がリードしています。

6回表 小室君の代打が2塁打、代走に福井君、西藤のバントが1塁線上、大助君見送るも切れず無死13塁。西藤君タイムリーで2−3。大城君バントで1死23塁。松本幸君サードゴロ、前進気味でしたが横尾君は1塁に投げ3−3の同点。セカンドランナーも3塁へ。この送球はいただけません。そしてタイムリーを打たれ、3−4と逆転されてしまいます。

6回裏 2死後植田君がヒットで出塁しますが、代打の松本大君が三振でチェンジ。

7回表 この回から仲井君が登板。2人を無難に抑えますが、西藤君四球。すぐに盗塁され、大城君に四球で12塁としたところで福谷君に交替。福谷君は松本幸君を三振に仕留め無得点。3−4のままです。

7回裏 先頭の旭君が四球、続く福富君も死球で無死12塁。錬君がセカンドゴロで2塁フォースアウト。1死13塁。藤本君三振。横尾君の時錬君が盗塁(エンドランか?)で2死23塁と攻めるが横尾君はショートフライでチェンジ。3−4.

8回表 三者凡退に抑え無得点。

8回裏 先頭の阿加多君がセンター前ヒット、代走辰巳君。谷田君が左中間を破る2塁打。無死23塁。植田君三振。福谷君叩きつけるバッティングで3塁ランナーホームイン。駆け込むときに福谷君が倒れ込んでしまいます。攣ったか肉離れか?旭君はライトライナーでチェンジ。4−4の同点に追いつきました。

9回表 投手は白村君。キャッチャーが黒須君。センターに辰巳君。小尾君三塁邪飛。横尾君良く捕った。山田君センターフライ。代打の子がうまくすくってセンター前に行くも辰巳君スライディング。無得点。

9回裏 先頭の福富君が三遊間を破るヒット。そして山﨑錬くんがライトスタンドに打ち込むサヨナラ2ラン!!!見事塾野球部がサヨナラ勝ちで初戦を飾りました。

感想は後程。

« 日本と中国・韓国・そしてロシア その3 | トップページ | H24秋慶立戦1回戦で印象に残ったところ »

野球」カテゴリの記事

コメント

歴代キャプテン4人ともスタメンでヒットは、嬉しいです。忠尚パパもお空から見てくれていますね、きっと。

福谷君が心配。
でも怪我の功名?で白村君白星
オープン戦はついてなかったけど、これで運も味方にできました。

竹内君の交代が遅れてひやひやいましたが、
江藤さんは小室君の交代で1点のビハインドなら何んとかなると後半勝負にかけたようですね。

藤本君オープン戦3戦連続ホームランで気負った?
でもこの打線日替わに誰かが打つ凄い打線。

アウトになったのも不運なライナーが多く確かに最強打線です。
苦手の立教だけに明日何んとか連勝してほしいです。

お久しぶりです!

凄い!記念すべき試合,見たかった・・・
歴代主将4人,後輩7人で組まれたスタメン,
「忠尚」の初打席初ヒット?
一年振り久々の白村くんの三者凡退。
明日が楽しみです♪
先発は誰だろう?
女良よ我慢しておくれ・・・

うむ〜。立教の松本くんと山崎君が対戦するのも明日が最後なのかぁ。なんか寂しさもあるなぁ〜。明治のオガケンともラストシーズン。。。今日は、こんなコメで。

藤本君はオープン戦後半絶好調で変化球にもよく対応してバックスクリーンにホームランするなどカラ振り三振もなかったのです。しかしこの立教戦では三振が余りに多い。あのチャンスの場面もエラーがなければ併殺でした。春もオープン戦は絶好調でしたから不思議です。満塁などチャンスには当てるのがうまい影山君、辰巳君を代打に使ったほうがいいのかも知れません。逆にランナーがいない場面では藤本君の一発に期待するとか?阪神とか社会人の上のクラスには打てるのになぜ?不思議です。同じリーグでは研究されているから、ということもあるのかも知れません。投手でも実績のある竹内君、小室君、吉永君、高梨君が打たれましたから。1年生の斎藤君に初戦大活躍の山崎君が3三振しましたから。こちらは研究されていない?

「すでに昨春のセンバツでもその長打力は実証済み。リストの強さと内角をさばけるスイングに穴は見つからない。しかし、唯一の欠点を上げるとするならば、「三高の四番」として必要以上に気負ってしまう点だ。外角のスライダーも体が前に突っ込んで打ちにいってしまう部分を修正したい。追い込まれたら、ファウルで逃げるなり、四球を選ぶことも大事な仕事であるということを肝に銘じてほしい」

日吉や神宮でもお見かけするプロのスカウトの方の横尾君の評価ですが、藤本君にも当てはなりそう。4番の気負い?ファウルで粘って四球でもよし!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/55607727

この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年秋季東京六大学慶應義塾大対立教大1回戦:

« 日本と中国・韓国・そしてロシア その3 | トップページ | H24秋慶立戦1回戦で印象に残ったところ »