天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 25万アクセス、ありがとうございます! | トップページ | 平成24年春季東京六大学慶早戦3回戦で感じたこと〜野手編1 »

昨日の試合で感じたプロの凄さ

昨日、たまたま取引先の方から巨人対千葉ロッテの試合の券を貰ったので、見に行ってきました。

丁度見ていた場所も3塁側のよく見る位置くらいからだったので、より大学野球とプロ野球の比較が出来て、なかなか興味深かったです。

自分が感じたことをつらつらと。

1)プロの選手は軸がぶれない。

プロの選手が凄いなあと思ったのは、身体がスウェー(後から前に身体ごと動く)する人は殆どおらず、みんな後ろ足の付け根辺りを一本の縦軸とし、その軸で回転しているということ。

巨人・坂本選手

巨人・村田選手

千葉ロッテ・サブロー選手


どの選手も軸が折れずにスイングしています。これは見送る時も同じです。

千葉ロッテ・井口選手

例に出して申し訳ありませんが、大体みんなこんな感じで見送っていると言うことで。

この構え方、スイングだと塾野球部が今季ずっとやられていた、最後は抜いた球で空振りというパターンから脱却できると思うのです。まずは軸を前に出すのでは無く、軸を下に突き刺すみたいなイメージがいいのではと思いました。


2)すごいバットコントロール。

これは巨人の阿部選手ですが、同じく抜いた落ちるボールに対して軸もぶれず、膝も折れず、バットコントロールだけでミートしにいっているシーンです。たまげました。

これですからね、びっくりします。

_dsc7924


3)成瀬投手の凄み(緩急の付け方もいろいろ)

成瀬投手はストレートで142-144km/hくらいがMaxで、すさまじい変化球を持っている訳でもありません。なのに、昨日は強力な巨人打線を完璧に封じていました。どうしてだろうと思って見ていたら、一つ気づいたことがあります。それは投球フォームの中でリズムを変えているのです。ぴったりそうなってくれるかわかりませんが、上と下で1,2,4コマは同じフォームなのに、3コマ目だけ全く違うことに注目してください。これはボールの離すタイミングを意図的にずらしているとしか思えません。なので投げるボールそのものの緩急の他に、タイミングによる緩急が加わっているのです。フォームは全く違いますが、これは竹内大君の投球にとても活きるのではないかとすら思いました。

念のため3コマ目だけ写真も。

_dsc7833

_dsc7841

これもまた凄い技術だと思います。

さすがプロというのは色々と奥深い技術がありますね。他にもたくさんあるんだろうなあと思うと、そういった事に詳しい方と一緒に観戦してみたいなあなんて思ったりもしました。

いろいろとプロの技術を堪能できました。下さった方、本当にどうもありがとうございます!

« 25万アクセス、ありがとうございます! | トップページ | 平成24年春季東京六大学慶早戦3回戦で感じたこと〜野手編1 »

野球」カテゴリの記事

コメント

江藤監督が、就任してから選手たちに『プロでも、あれだけ練習をしているんだよ』っていい続けている意味が、これに出ているような気がしますね。

プロの試合にすっかり酔ってしまった管理人様の気持ちが…。


あっ!昨日はビール半額デーでもありましたねcoldsweats01

こんにちは。またまた深い考察に感動いたしました。 山﨑錬選手のミートの瞬間の写真、たとえば東京六大学のHPの一番上の帯の写真は、他の大学の選手にはない、左後に首筋が残った独特のフォームでなかなかできない打ち方ではないでしょうか。山﨑錬選手が、調子が悪い時は、球を迎えに行っていて身体は前傾姿勢になっています。あの良いときのフォームは、真似すれば誰にでもできるというものでもないのでは、と思うのですが、いかがでしょうか。是非ご意見をお聞かせください。

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

本当ですよね。つい派手なプレーに目が行ってしまいますが、プロを見ていつも思うのが、基礎的技術の安定性というか確かさというか。どんな選手でも大体はその人なりの同じ動きを繰り返しています。ということはそれだけ、その動作を自分の身体に染みこませていること。だからこその応用なんだと思います。バッティングにおける軸の作り方はみんなやっぱりアマと違うなって動きでした。

ちなみに今さらビール半額デーがあったなんで知りました。残念orz

グレースさん

コメントありがとうございます。

錬君に関しては全く同じことを思っていました。

http://enaka.cocolog-nifty.com/soon/2012/01/post-f062.html

錬君のもう一つの良さはチャンスの時ほど、脱力するところだと思っています。特に横浜スタジアムで感じていましたが、神宮でもそういった面を随所に見せてくれています。ただ主将という重い役割を担うとどうしても・・・といったところだったのかなと思って見ていました。チャンスの場面で脱力というのはわかっていてもなかなか出来ないため、それを言えば真似しづらいと思いますが、このフォームそのもので言えばロングティーとかだと結構みんなこの形で打っている様に思います。あとは経験と練習量なのでしょうね。

と素人なのに、好き勝手なことばかり言って済みません。適当に聞き流してくださいね(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/54938961

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の試合で感じたプロの凄さ:

« 25万アクセス、ありがとうございます! | トップページ | 平成24年春季東京六大学慶早戦3回戦で感じたこと〜野手編1 »