天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« 今日の連続写真~福富君のタイムリー | トップページ | 今日の連続写真~藤本君のホームラン »

平成24年春季東京六大学慶應義塾大対法政大2回戦

昨日は、引き分け。塾野球部は今日から良い流れを作ることが出来るか?楽しみな一戦です。

ウェブアルバムはこちらから。

2012-04-16 (by Eye-Fi)

先発は塾野球部は竹林君、法政は船本君です。オーダーは両校とも投手以外昨日と同じです。慶應藤沢出身で六大学公式戦の先発は初めてかもしれませんね。まずは先制パンチで、楽になげさせてあげたいですね。

1回表 先頭の辰巳君が初球を叩き左中間を破る2塁打、福富君も初球をきっちりバントで1死3塁。山﨑君ボテボテのゴロでしたが気持ちが入っていたのかセカンドギリギリで届かず弾き、タイムリーヒット。そのまま2塁へ。そして藤本君が膝を地面に付くかのようなスイングでレフトスタンドへ!3−0。影山君もヒットで続くが、鈴木裕君が三振、齊藤雄君がセンターフライでチェンジ。3−0とお願い通りリードを奪ってくれました。

1回裏 先頭を抑えますが、建部君にライト前ヒット、多木君に四球で1死12塁。その後、岩澤君ライトフライ、西浦君をライトフライで無得点。

2回表 黒須君が内野ゴロでアウトとなった後、竹林君が粘って四球。しかし辰巳君のショートへのハーフライナーで飛び出し、1塁封殺。無得点に終わります。

2回裏 2死まで順調にいった後、1塁線を破られ2塁打を大城戸君に打たれますが、後続の船本君をサードゴロに仕留め、無得点。3−0で塾野球部リードです。

3回表 福富君ライトフライ、山﨑君ショートフライ、藤本君三振で無得点。

3回裏 先頭の伊藤慎君がヒットで出塁、盗塁で無死2塁となります。ここで建部君をレフトフライ。多木君はライトフライで3塁へ。その後岩澤君をキャッチャーフライで仕留め無得点に抑えました。

4回表 影山君が倒れた後鈴木裕君がセンター前ヒットで出塁、しかし齊藤雄君がエンドランの時センターフライ、黒須君が止めたバットに当たりファーストゴロでチェンジ。

4回裏 1死1塁からショートゴロ。ゲッツーと思いきや悪送球で2死2塁。ここで大城戸くんにライト前ヒットを打たれ1点、代打伊藤諒君に3−2としてダッシュの展開でライト線の二塁打で2点目。更にパスボールで3塁とピンチが広がりましたが竹林君が堪えファーストフライ。3−2となりました。

5回表 この回から法政大は宮崎君。代打松本大君三振、辰巳君サードゴロ、福富君も倒れ三者凡退。

5回裏 この回から菊池君。2死まで簡単に取りますが、岩澤君にセンター前ヒットを打たれた後西浦君にレフトスタンドに運ばれます。3−4。更にレフト前の飛球に影山君スライディングキャッチを試みますが後に。2死2塁。ここで山形君に交替。土井君はファーストフライでチェンジ。3−4と1点ビハインドの展開に。

6回表 山﨑君が四球で出塁、藤本君キャッチャーフライ、影山君12塁間を破るヒット。阿加多君痛烈なファーストゴロで2死23塁。代打渡辺暁君はセンターフライでチェンジ。

6回裏 セカンド山﨑君、キャッチャー阿加多君、サード横尾君に替わりました。ライトフライ、センター前ヒットで1死1塁。続く伊藤慎君の12塁間のライナーを山﨑君が好捕。そのまま1塁へ送球でダブルプレー。無得点に抑え、試合は終盤戦へ。

7回表 横尾君ショートゴロ、山形君センター前ヒットで出塁しますが、辰巳君の打球はファーストライナーでランナー戻れずダブルプレーでチェンジ。

7回裏 三者凡退。

8回表 同じく三者凡退。

8回裏 2アウトまで来た後、土井君にレフトスタンドに運ばれ、3−5となりました。

9回表 影山君三振、阿加多君四球、代走に荒川君。代打倉橋君セカンドフライ、横尾君死球で12塁。代走牧野君。代打佐藤旭君が三振で万事休す。3−5で塾野球部は勝ち星を落としました。


ちょっとした感想を。

1)今日は守備から悪い流れを作ってしまいました。4回のゲッツー崩れもそうですが、3回にもサードとキャッチャーで意思疎通がうまくいかずファウルフライを落としてしまい、その直後にヒットを打たれてしまいました。一つ一つの守備を確実にこなしてほしいですね。実際に内野の守備陣は本来は安心して見ることの出来る実力だと思います。

2)竹林君、マウンドに最初に向かう際の笑顔が何とも印象的でした。

_dsc4704

野球好きの少年が、マウンドに登るっていう雰囲気がとても好ましかったです。そして暫くはストライク先行の投球を続けます。しかし、前述の守備からの悪い流れにそのまま乗ってしまった様でした。あとは、1点取られた後の打者に追い込んでから3−2までカウントを悪くしてしまいました。これがオートスタートで長打が出れば1点の流れを作ってしまったのです。味方がエラーをした時は、しっかり抑えて場を鎮める。相手が押している雰囲気の時、2死フルカウントにしてはいけないなど、所謂ルールがまだきっちり抑えられていない印象でした。しかし逆に言えばそれを覚えればもっと活躍するのではとも思います。これから精進して、何か自分の武器を早く確立してほしいですね。

3)打線はあと1本が出ない展開が今日も続きました。チャンスになるとなんだか慌ててしまっている印象です。チャンスはこちらが相手を追い込んでいる状況。相手に合わせるのでは無く、自分としてはどちら方向に打球を飛ばしたいかもっと意識して振れば、きっとあのスイングスピードなら当たるはずです。

4)同じくですが、振り遅れて三振というのはこの2戦で余り見たことがありません。いずれもタイミングを外されての三振です。であればボールの見極めが出来れば大丈夫。引き付けて打つことを意識して貰えればと思います。伊藤君の怖さはギリギリまで引き付けて、速いスイングスピードを活かして打つところだったそうです。特にチャンスになるとバットの軌道が波打っている人が結構いるので、シンプルにグリップエンドから前に出した方がいいと思います。

5)途中からそうなったセカンド山﨑君、サード横尾君。腰が大丈夫なのであれば、今後も見てみたい布陣ですね。

6)藤本君の本塁打、見事でした。後は高校時代のもっと食らい付くバッティングを思い出してくれれば・・・。


まあ、何はともあれ明日明後日を勝てばいいだけです。勝利を信じて、頑張って行こう!

« 今日の連続写真~福富君のタイムリー | トップページ | 今日の連続写真~藤本君のホームラン »

野球」カテゴリの記事

コメント

あのエラーがなければ・・・・
セカンドの斎藤君エラーとなり鈴木君にエラーはつきませんでしたが
オープン戦でも見られたプレーでした。

3点リードを守り切れなかったのは投手力の差
リードされ追いつけなかったは打力の差
福谷君が復活するまで連敗だけは避けたい。

セカンド山崎、サード横尾が実現しましたが、
明日は是非先発で!

今日は、スタンドで素晴らしい光景を見ることができました。ファールボールが飛んできたのですが、それを隣の年輩の方に譲られていた方がいらっしゃいました。ぜひ、見習いたいものです(^-^)v

今日は現役時代江藤さんとプレーした野球部の大先輩とご一緒した。
「今日は3点とったところで9回まで計算して逆算した慎重さが裏目に出た。
3点のハンディをもらったのだからとにかく1勝狙いで
福谷、竹内までつぎ込むべきだと彼はいった。
それに守備が深い、こんな深い外野守備は臆病になっている証拠。
昨日も深くてバックフォームが間に合わなかったし、
ポテンヒットが多すぎる。投手がかわいそうだ。
昨日と今日だけでなくオープン戦ずっと深くポテンヒットが多かった。
タイムリーが出ないのだから谷田、藤本、横尾の大砲に経験積ませたほうがいい。
法政は下位でも代打でも長打がある、その恐怖感がコントロールを狂わせる。
塾の下位打線と法政の下位打線の差が出た。
斎藤は右にパンチ力があるのだからわざわざ左で打つ必要がない。
今年は弱い、2戦を通じて感じた。江藤も弱気だ。
明日はレフト影山に代えて谷田、セカンド山崎、サード横尾、竹内5回、福谷4回
3回戦は捨ててもいい、明日だけ考える。3点とったのだから本当は今日そうしてほしかった。」

管理人さん、的確なコメント納得です。
法政の投手は初回2戦ともアップアップの状態ですが、
早稲田が慶應に苦手意識があるように法政にもあるようです。
それがいつのまにか、こちらが受け身に入っている、
選手も監督もあの1年目の恐いもに知らずこそ相手に脅威だったことを
思い出してほしい。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

おっしゃるように、投手起用は9回、そして次の試合を意識したのでしょう。菊池君を挟んだリレーにそれを感じました。山形君を逆転されてから出すのであれば・・・と思った次第です。とは言え、山形君、福谷君はオープン戦で殆ど投げておらず、監督が起用に慎重になってしまうのも致し方無いのかもしれません。打者の起用もそうですが、今回のカードは少々江藤監督の迷いが感じられるように思いました。

あと守備は確かに深いですね。確かに法政の打者は力がありますが、さりとてプロほどでも無い。プロの試合やメジャーの試合を見ると、案外前に守っています。2死2塁で誰だか忘れましたが長打力の無さそうな打者でライトがかなりフェンス寄りに守っているのを見て思わず「そこの守備位置で良いのかな〜」と声を出してしまいました。

あと、10連勝するとかストッキングにもう1本とか、ちょっと過大なというか随分と先の目標を置いてしまっているのも良くないと思います。目の前の1勝の積み重ねがもしかしたら・・・といった類のものだと思います。おっしゃるように1年目のがむしゃらさをもう一度思い出すべきでしょうね。

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

あれ?その人サングラスしてガラが悪そうじゃありませんでしたか?きっとたまたまなんですよ(^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/54485595

この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年春季東京六大学慶應義塾大対法政大2回戦:

« 今日の連続写真~福富君のタイムリー | トップページ | 今日の連続写真~藤本君のホームラン »