天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 明日からいよいよ開幕! | トップページ | 今日の連続写真~福富君のタイムリー »

平成24年春季東京六大学慶應義塾大対法政大1回戦

いよいよ開幕です!

ウェブアルバムはこちらにて。

2012-04-15 (by Eye-Fi)

1回表 先発は竹内大君。三振、センターフライ、ショートゴロで三者凡退。深いところから福富君よく投げました。

1回裏 先発は三嶋君。辰巳君ストレートの四球、福富君エンドランで叩きつけ、1死2塁。山﨑君レフトフライ、藤本君落ちる変化球で三振。0−0です。

2回表 三振、センター前ヒット、レフトフライ、レフト前ヒット、レフト前ヒットで1点。その後は三振でチェンジ。0−1で法政が先制点を奪いました。

2回裏 影山君、鈴木裕君が倒れた後、齋藤雄君が四球を選び、今日スタメンマスクの黒須君が13球粘り!センターに打球を放ちますが、法政センター伊藤慎君がダイビングキャッチ。無得点に終わります。

3回表 藤本君の素晴らしいダイビングキャッチもあり三者凡退。

3回裏 竹内大君サードゴロ、辰巳君が死球で出塁、初球にエンドランをかけますが、またもや法政センター伊藤慎君の好捕に阻まれダブルプレー。無得点に終わります。

4回表 2者を抑えた後、センター前ヒット、深いセンター横ヒット、四球で満塁。しかしこらえてショートゴロ。無得点に抑えます。

4回裏 先頭の山﨑錬君が右中間を破る2塁打で出塁。藤本君三振。影山君がライトフライでランナー3塁に進みますが、鈴木裕君が落ちる球で三振。無得点です。法政のバッテリーは大事な場面の2−2くらいだと落ちる球を選択しますね。

5回表 先頭の伊藤慎君がライト前ヒット、バントで送り1死2塁。ライトフライで3塁まで進みますが、三振で無得点に抑えます。

5回裏 斎藤雄君、黒須君が凡退の後、竹内大君がうまく速球に合わせてレフト前ヒット。辰巳君もしっかり合わせライト前ヒットで12塁。ここで福富君が左中間にヒットを放ち竹内大君が本塁へ!送球が逸れ1点。なおもランナーは23塁。山﨑錬君は多分打撃妨害で出塁で満塁。藤本君はやはり落ちる球で三振。1−1の同点に追いつきました。

6回表 三振、センターフライ、ライトフライで三者凡退。

6回裏 先頭の影山君がライト前ヒットで出塁。盗塁も決め無死2塁。鈴木裕君が喰らいついて転がし、1死3塁。代打阿加多君が粘りましたが見逃し三振。続く代打横尾君も落ちる球で空振り三振で無得点。

7回表 先頭打者変化球を読んでいたかのようなバッティングでセンター前ヒット。続く三嶋くんのバントを山﨑錬君が好ダッシュで2塁封殺。伊藤慎、建部君も抑え無得点。

7回裏 竹内大君ショートゴロ、辰巳君センターフライ、福富君三振で無得点。

8回表 2つ外野フライの後、西浦君がヒットで出塁しますが、次をショートゴロで抑え無得点。

8回裏 山﨑錬君セカンドゴロの後藤本君が三遊間を破るヒットで出塁しましたが、影山君がセカンドフライ、鈴木裕君がライトフライでチェンジ。

9回表 この回から投手は山形君に。三者凡退でしっかり抑えました。

9回裏 先頭の阿加多君が2塁打で出塁。続く臥雲君を経験で歩かし、無私12塁。代打渡辺暁君が叩きつけ、1死23塁。辰巳君敬遠で満塁。しかし福富君見逃し三振、山﨑錬君空振り三振で無得点。延長に突入します。

10回表 この回から投手は福谷君。先頭を出し、次の建部君が強烈な12塁間を裕司君が好捕、1死2塁。多木君を三振、岩澤君を歩かせますが、西浦君を三振でチェンジ。

10回裏 藤本君三振、影山君三振、代打谷田君も空振り三振で3時間ルールのため、これにて試合終了。1−1の引き分けでした。3時間2分とぴったりの試合でした。もしかすると、これを狙った代打かも知れませんね。

感想を書けるかどうかわかりませんが、気力と時間が残っていれば後程!

で、次の日の試合開始を待つ間、感想なぞを打ってみます。

1)投手はやはり整備されている印象です。まず先発の竹内大君ですが、一目見て身体が一回り大きくなったことがわかる感じです。相当オフシーズンの間身体をいじめ抜いたのでしょう。下半身が昨年より安定している印象です。後はちょっとボールが上ずっているように見えました。左打者の外角低めいっぱいにズバッと決まるストレートを投げられればより安定するような気がしました。

2)山形君も安定した投球でした。球の勢いが良く、全体的に法政の打者が押されていましたね。

3)福谷君にはちょっと驚きましたが、ボールはそれなりにいっていました。ただ練習不足からちょっと自分に自信を持ちきれていない感じ。目線が珍しく泳いでいました。自信は練習から作る物でしょうけど、実績から作れる物もあります。今まで2年間修羅場を幾度となくくぐり抜けてきたことを思い出し、自信を持って投げ込んでほしいですね。あと怪我した右足もそうですが、左足にうまく乗らないところがありました。まあ、じきに思い出すことでしょう。

4)攻撃は要所要所を三嶋くんに封じられたといった感じでした。ただ、最初は無安打が続きましたが、黒須君が13球粘ってから流れが変わった気がします。黒須君Good Jpb!ああいった具合で粘ると、どんな投手も辛いでしょう。黒須君はリードも良く、なかなか面白い捕手が出てきてくれました。

5)昨日の土井君のリードはピンチの時はストレートを見せ球に落ちる球で三振を狙う配球でした。つまり落ちる球にいかに見極めるかが大事なんだと思います。勿論簡単なことではないでしょうが、逆方向に打つバッティングを徹底すれば自然と引き付けて打つので、引っかかることが少なくなるのではないでしょうか。

6)主将になると誰もが通る道かとは思いますが、チャンスの時にどうしても決めようと固くなってしまうことがやっぱり出てきますね。ケロッと「チャンスの時は良いイメージしかない」というのはなかなか難しいかも知れませんが、とにかく前でさばくことを意識するといいのかなと思いました。


さあ、明大ー東大の試合も終わりました。いよいよ開始まであと僅か。頑張れ!塾野球部。


« 明日からいよいよ開幕! | トップページ | 今日の連続写真~福富君のタイムリー »

野球」カテゴリの記事

コメント

たらればはありますが、いい試合でした。
藤本君、横尾君、谷田君すべて三嶋君の落ちるボールで三振。
肝心なところですべて三振のとれる三嶋君はさすが・・・

ひとつ、たらればをいうと、
初回コントロールの悪い三嶋君にエンドランをかけるより
じっくり待球のほうがよかったかも・・・


最後、両監督は10回を最後にしたいみたいで
時間稼ぎしているように見えました。

明日は竹林君でしょう。
福谷君が間に合ってよっかった。法政と戦えます。
法政の明日は左の石田君か右の船本君


スポーツ法政で竹内、山崎、福谷インタビュー
http://sports-hosei.net/hardball/post-204.php

って事は、明日のランチは…? 明治は山崎君が先発だったのですね。もしかすると、早稲田戦は三高先輩後輩対決もあるかも知れませんね。早稲田には、鈴木くんの弟さんもいますから、春のラストに兄弟対決も?

福谷くん。ひとまずよかつたですね。


追記。神宮通い様。寛大なお心に感謝します。

http://keispo.org/wordpress/?p=12868
とりあえず負けなくてよかった
三嶋君と同じセリフが慶大の選手たちからも・・・

あれ?こんなところに、日高屋とセブンイレブンがflair と思いつつ、そろそろ…

黄色と黒は勇気のしるし♪ 様

法政二高負けてしまいましたね。
ネットで「こうあって欲しい」「こうなったら良いのに」と書くと叶わないことが多いような気がします。

さて各地の春季大会、六大学の系列校で残っているのは、
神奈川:塾高、慶應藤沢
埼玉:慶應志木、立教新座
大阪:早稲田摂陵
でしょうか。
過半数を慶應が占めているのはすごいですが、東京の進行が早いということの影響でしょうね。

昨日は、試合終了とともに球場を飛び出し、
外苑前~浅草~墨田公園・桜橋へ。
野球が延長戦だったこともあり、
ダメ元でレガッタを観に行きました。

丁度、桜橋下流100メートルほどまで来た時に
両校のボートがやってきました。
1挺身弱慶應がリードしているように見えました。
しかし「早稲田が追い上げている」と実況の声が・・・
そのまま桜橋の向こうに消えていったのですが
結局、逃げ切って慶應勝利だったようです。

エール交換は離れた所で見ていましたが
その後の丘の上~慶應讃歌~若き血は
応援ゾーン?でちゃっかり参加してきました。

3年ぶりのレガッタでしたが、確か3年前も勝利だったので、
なかなか勝ち試合を見られない神宮とは違って隅田川では2連勝です。


スカイツリーも完成後、間近で見るのは初めてだったので
行って良かったです。

今日の第一試合。明治は、本気で二刀流を二枚育成しようとしてるのか?って思えましたね。投手の代打に投手。ファーストの代打に投手。ビックリしました( ̄ロ ̄;)

明治の戦力がナンバー1、次が法政
あれだけ補強しているのですから・・・
この戦力に対してまともにぶちあたれば4連敗で今シーズン終了、

文武両道さん

コメントありがとうございます。

三嶋君、と言うより土井君のリードの傾向が落ちる球での勝負を志向していたように感じた3連戦でした。もっとも第3試合は観戦していませんが。チャンスでの塾野球部の傾向を冷静に読んでいるのでしょうね。

不幸にも月曜日にコメント頂いたように2連敗で対法政大戦の勝ち点を落としてしまいました。このまま連敗しないように、この中1週間を活かして頭の中の整理をして欲しいですね。

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

今回は昼食では無く、貯まりに貯まった代休をちょこっと使いましたcoldsweats01

確かに次の明治戦では三高対決がありそう、というか至る所で三高対決がこれからあるのでしょうね。もうドカベンの世界です(^_^;

明治と東大は確かに二刀流を目指しているんだろうなと思わせた第1週でした。

来年以降は投手力がかなり落ちるので今年優勝できないと
ラグビー、野球ともに万年5位とネット裏のOB一致しています。
江藤さんは積極性、意外性の采配で戦力上位の各校に勝ってきました。
同じ展開で勝ち、負けるというのはイケイケで行くか慎重すぎるかの違い。
法政、明治との戦いは日本軍対アメリカ軍の戦いという状況です。
谷田、横尾、福谷という投打の戦力が揃っている今年が優勝の最後のチャンスです。
それだけにもう後がないのですから谷田、横尾、福谷を先発に使って巻き返してほしい。
もちろん福谷君の3連投で何が何でも優勝というのは避けてほしい。
加藤君、中林君の酷使を観てきましたから・・・
谷田、横尾、藤本には全打席ホームランを狙ってほしい。
タイムリーが出る打線ではないので間違って出るホームランで!

プロのスカウトの話では山崎君はプロ狙いなら大型セカンドを目指したほうがいい。
サードでは難しい、ということです。
もちろん腰の具合によりますが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/54475909

この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年春季東京六大学慶應義塾大対法政大1回戦:

« 明日からいよいよ開幕! | トップページ | 今日の連続写真~福富君のタイムリー »