天気予報

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

geotargeting

« 今年もよろしくお願いいたします ~年始はこんな風でした | トップページ | 連続写真シリーズその3 ~山﨑錬君 »

奇跡への軌跡

年末以来同じ話が続いてしまっていてすみません。そしていろいろな場所で彼に対して本当に温かい言葉を多数頂戴し、大変感謝しております。どうもありがとうございます。

あれからも度々、彼の入院する病院に通っています。

残念ながらまだ明確に意識が戻ったというわけではありません。

でもいろいろな試みをしたせいか回復を期待させる兆候が出てきているんです!

1)高気圧酸素治療装置

これは彼のお母様が調べてこられた治療法です。そちらのHPにはこのように書かれています。

高気圧酸素治療は、酸素濃度の高い高気圧の状態にして、いろいろな病気の治療をします。その適応疾患は非常に幅広く、代表的な病気として、脳梗塞、頭部外傷、突発性難聴、腸閉塞、一酸化炭素中毒などがあります。(中略)高気圧の状態では血液中の酸素濃度が普通の状態の10倍以上に増加し、その非常に酸素化された血液が酸欠になっている組織に行き渡り治療効果を生むわけです。

これを毎日行っていますが、今まで冷たかった手足の指がだいぶ温かく感じます。血行が良くなっているんだなあと実感します。

2)鍼

これまた刺激を加えることにより血行を良くしたり、神経に刺激を与えることで活性化させる効果を期待しています。

3)ストレッチ

ずっと同じ体勢でいると身体が動きにくくなるので、いろいろな方向に動かしてもらっています。

といったここの病院で行えることを行っていただいた上で、いろいろと見舞っている方も声掛けやらなんやらを行っていました。

すると、

1/5 彼のお祖母さんの声を田舎で録音してきて、枕元でかけ、足裏をぐりぐりと押すとびっくりしたかのようにまぶたがゆっくりと開いて眼球も動くように。ちょうどお子さんも連れてきていたので枕元で見せると、なんとなくではあるが、彼の子供を見ているようにも見えました。

1/6 前日に引き続き手足を揉んであげながら声を掛けると、やはりゆっくりと目を開いて何か見ている様子。足を何度もさすると当初黄色かったように見えたのですが、大分赤みがかった健康そうな色に。体中に血を巡らせねば。

1/8 目を開ける回数は増えてきている印象です。自分が伺った時はちょうど吸引の後だったらしく呼吸が少々乱れ、ゼーゼーいっている感じ。脈も早く、足裏とかを揉んでも一向に収まらない。なので顔に手を当てて「焦らなくていいからゆっくり息を吸ってごらん」とか「大きく息を吸って」とか「楽に」とか言って時折「いいぞ、その調子」と言っていたら、本当に呼吸の回数も30回→24回くらいに減ってきたのです。更に右肩に力が入っている様子だったので右肩に手をかけ、「力をもっと抜いてごらん。こっちの肩だよ」って言ったら、力も抜けた様子。もしかして、言葉が伝わっているのかも!!結局脈も安定するようになり、ホッとして帰ることが出来るように。

と言った具合に、時折しか行かない自分が見ても、少しずつではありますが、回復に向かっているようにも感じるのです。あんな状態からここまで戻ってきて、まさに自分は奇跡の軌跡を見ているのかも知れません。

ただ、奇跡は起きるのではなく、起こすものだと思います。奥様、お母様の献身的な看病、周りの方のサポート、多くの人から寄せられる励ましの思い、祈り、そして無意識下での彼の超人的な頑張り、こういったものが伝わり、奇跡を起こすんだと思います。

まだまだ道は遥か先かもしれませんが、一歩一歩しっかり踏みしめて自分がやれることを行い、彼の回復を祈り、そして信じたいと思います。

どうぞ今後ともよろしくお願いします。

« 今年もよろしくお願いいたします ~年始はこんな風でした | トップページ | 連続写真シリーズその3 ~山﨑錬君 »

コメント

管理人様・コメント下さった皆様。息子の為に優しいお言葉を掛けて頂きなによりの励みになりました。特に管理人さまご夫婦には只ならぬ温情を賜り感謝の気持ちでいっぱいです。本当に献身的に尽くしてもらい、力強い見方です。
私と嫁と11ヶ月の子供では心もとなく、身内・会社関係に助けて頂いております。少しずつでも好転しますよう祈りながら看病しています。
また皆様方の情報で何かいい方法等ございましたら、何でもお聞きして試してみたいと考えております。
命が助かっただけでもありがたいのですが、息子が何とか意識を取り戻して、子供の成長を楽しめるようになってもらいたいです。どうぞ宜しくお願いいたします。

こんさん

いつも大変お世話になっております。

献身的な看病、そしてそんな状況であるにも関わらず周囲への気遣い、本当に頭が下がる思いです。たいしたことも出来ずに申し訳ありませんが、少しでもお力になって、何とか彼の意識を取り戻し、普通に生活できるようにナルまで引き上げたいですね。

歩みは一歩一歩小さいかも知れませんが、前を向かってお互い頑張って歩いて行きましょう!

これからもよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡への軌跡:

« 今年もよろしくお願いいたします ~年始はこんな風でした | トップページ | 連続写真シリーズその3 ~山﨑錬君 »