天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« 東京六大学野球平成23年度秋季リーグ戦 慶立戦1回戦 | トップページ | 東京六大学野球平成23年度秋季リーグ戦 慶立戦3回戦 »

東京六大学野球平成23年度秋季リーグ戦 慶立戦2回戦

昨日落とした塾野球部としては、今日は負けられない一戦です。

今日はオーダーを随分といじりました。

[7] 影山 (3 鎌倉学園)
[8] 松本大 (2 桐光学園)
[5] 山﨑錬 (3 慶應)
[9] 伊藤 (4 中京大中京)
[3] 伊場 (4 慶應)
[2] 阿加多 (3 慶應)
[1] 福谷 (3 愛知横須賀)
[6] 齊藤雄 (3 慶應)
[4] 大川武 (3 済々黌)

立教は岡部賢君が先発。さて、どうなるでしょうか?

1回表 2死からギリギリのショートゴロの送球がショートバウンドとなり、エラーでランナーを出しますが後続を抑え無得点。

1回裏 影山君セカンドゴロ、松本大君高いバウンドのピッチャーゴロ、山﨑錬君三振で無得点。

2回表 先頭の那賀君が3塁線の2塁打で出塁、加藤君レフトフライ、山田君凡退、如何古君四球で岡部賢君は投手ゴロ、無得点に抑えます。

2回表 伊藤君が四球で出塁、伊場君センターフライ、阿加多君ショートゴロの間に伊藤君2塁へ、福谷君ショートゴロでチェンジ。

3回表 長谷川君ファーストファウルフライ、舟川君セカンドゴロ、松本君三振で三者凡退。無得点に抑えます。

3回裏 斎藤雄太君ライト前ヒットで出塁、大川君バントで2塁へ。影山君ショートライナー気味のでアウト、松本くんセンターフライでチェンジ。

4回表 岡崎君ショートゴロ内野安打、那賀君レフトファウルフライ(影山君ナイスキャッチ!)、加藤君センターフライ、山田君レフトフライ(影山君スライディングキャッチ!)。出迎えに福谷君が待っていました。

4回裏 山﨑錬君ファーストゴロ、伊藤君サードゴロ、伊場君センターフライ、阿加多君センター前ヒットで2死12塁から福谷君が右中間にタイムリー三塁打、斎藤雄太君の時ワイルドピッチで更に1点、雄太君はショートゴロでチェンジ。3−0で塾野球部がリードを奪いました!

5回表 如何古君キャッチャーゴロ、代打田中君のセカンドゴロをアライバを彷彿とさせるグラブトスで雄太君に渡し送球しましたがセーフ、実は福谷君と岡部君の魂の対決を見たかったのですが・・・。長谷川君キャッチャーファウルフライ、舟川君の時に盗塁を刺して無得点に抑えました。

5回裏 大川君が四球で出塁、影山君バントで1死2塁。松本大君レフトライナー、山﨑錬くん四球で、伊藤君ライト前タイムリーヒット!伊場君四球で満塁でしたが、阿加多君がファーストゴロでチェンジ。4−0と塾野球部がリードを広げました。

6回表 舟川君センターフライ、松本君ショートゴロ、岡崎君センター前ヒット、那賀君レフトフライで無得点に抑えました!

6回裏 福谷君が倒れた後、斎藤雄太君がライト前ヒット、大川君がフルカウントからライト前ヒット、ダッシュをしていた雄太君は一挙3塁に!続く影山君がしっかりライトに犠牲フライを放ち5−0とリードを更に広げます。松本大君が死球で出塁しますが、山﨑錬君が三振でチェンジ。

7回表 三者凡退にきってとりました。

7回裏 伊藤君、伊場君が凡退した後阿加多君、福谷君の連続ヒットで1死12塁となりましたが、斎藤雄太君がファーストゴロに倒れ無得点でした。

8回表 この回立教は代打攻勢で3点を奪い、たまらず塾野球部は山形君にスイッチ。後続を断ち、5−3で塾野球部のリードは2点となりました。

8回裏 大川君、影山君、松本大君の打順でしたが、三者凡退でした。

9回表 この回も山形君がマウンドに上がります。2死を取ってから西藤君を四球で出しますが、後続の岡部通君を三球三振で抑え、5−3で塾野球部が見事勝利を収めました!


1)今日は投げて、守って、打って、走ってといろいろな場面で福谷君が活躍してくれました!意外でしたが今季初勝利だったんですね。

投げて
Dsc_2647

守って
Dsc_2547

打って
Dsc_3009

走って
Dsc_3032


2)5回表の大川君と斎藤雄太君が見せてくれたアライバばりのグラブトス連係プレー、成功したらすごかったなあ。相手の打者が足が速かったので・・・。写真も撮れずに残念。でもスタメン起用にばっちり応えていた二人でした。こういった選手たちが出てくれるとチームに活気が出ますね。


3)これまた意外でしたが、我らが主将伊藤君にようやく打点が付きました。

Dsc_3155

Dsc_3156

Dsc_3157

Dsc_3158

Dsc_3159

ちょっとさしこまれ気味でしたが、気持ちで持っていったヒットといった感じです。逆にいい打ち方の時に打球が正面に行ったりするから不思議なものですが、やはり2枚目の写真が気になります。腰が早めに開きすぎているので、どうしても手打ちになっていると思うのです。以前やってみてすぐ修正できたというやり方、すなわち左方向に強い打球を打つということを心がければ、自然と腰も開かずしっかりとした打球が飛ぶように思います。まあ、余り悩まずに頑張って欲しいですね。


4)今日の伊場君も良かったなあと思います。先制点を挙げた4回の攻撃も2死ランナー無しから大振りせずにしっかりとセンター前にヒットを放ったことから始まりました。

Dsc_2990

Dsc_2991

Dsc_2992

Dsc_2993


そして個人的に一番嬉しかったのは、5回裏のチャンスで伊藤君に回ってきた場面。前回の記事で書いてはみた物のさすがにくすぐるのは無理だと思い、グランドに向かって

「伊場ちゃん、伊藤君にアドバイスしてあげてくれ!」

と叫んでみました。すると打席に向かって歩いていた伊藤君が後を振り返ります。そして伊場君は右の拳で力強く胸を叩いて勇気づけてくれていました。きっと「強い気持ちが大事だ!」と伊藤君に伝えてくれたのでしょう。勿論聞こえていたかと言えば多分違うのでしょうが、何となく気持ちが伊場君に通じ、そしてそれが伊藤君に伝わったことで伊藤君のあのタイムリーが生まれたような気分になってホクホクしていました。

いずれにせよ伊場君はこのシーズン一皮むけたような気がします。


5)山形君、ナイスピッチングでした。特にラストバッターへの三球三振は痺れました!

Dsc_3895

Dsc_3896

Dsc_3897

Dsc_3898

Dsc_3899

Dsc_3900

Dsc_3901

Dsc_3902

竹内助監督も「攻めろ!攻めろ!」と叫んでいらっしゃいましたが、本当に攻めのピッチングでした。もうおそるおそる投げていた山形君では無く、威力あるボールを投げ込む投手となってくれたように思いました。


さて、これで満足してはいけません。何としても明日の試合もものにして、勝ち点を取り、慶早戦に臨まねば。

勝つぞ勝つぞ!慶應。

« 東京六大学野球平成23年度秋季リーグ戦 慶立戦1回戦 | トップページ | 東京六大学野球平成23年度秋季リーグ戦 慶立戦3回戦 »

野球」カテゴリの記事

コメント

お忙しいなか2戦連続の観戦記ありがとうございます。
立教にとっては小室君、慶応にとっては山形君の怪我は本当に痛かった。

伊藤君、伊場君、4年生の集大成を!
伊藤君には初ホームランで気持ち良くドラフトを迎えてほしい。

優勝したシーズンでも5位もありえた、と江藤監督がおっしゃっていましたが
今シーズンはどこも2勝1敗、1点差(東大も全敗とはいえ初戦は惜敗続き)
実力には差がなく勝敗は時の運、と感じます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/53004227

この記事へのトラックバック一覧です: 東京六大学野球平成23年度秋季リーグ戦 慶立戦2回戦:

« 東京六大学野球平成23年度秋季リーグ戦 慶立戦1回戦 | トップページ | 東京六大学野球平成23年度秋季リーグ戦 慶立戦3回戦 »