天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 明治を喰らう4 | トップページ | 明治を喰らった1 »

東京六大学野球平成23年度秋季リーグ戦 慶明戦1回戦

今日は天気も良く、風はセンターからホームへ弱く風が吹いています。塾野球部の先発は竹内大助君、明治は野村君とエース対決。辰巳君が怪我から復帰し、ベストオーダーで塾野球部は臨みます。

まずは、竹内大助君、頼んだぞ!

1回表 レフトライナー、三振、ファーストゴロで三者凡退に抑えました。

さっそくドラが響きました!塾野球部の攻撃です。

1回裏 辰巳君ショートゴロ、金田君三振、山﨑錬君サードゴロで三者凡退。両エース、共に上々の立ち上がりです。

2回表 センターフライ、三振、四球、センター前ヒットで13塁となりましたが野村君を三振に切って取り、無得点です。

2回裏 伊藤君ライトファウルフライ、伊場君四球、阿加多君レフト前で1死12塁。宮本君ショートゴロでセカンドフォースアウト2死13塁。福富君見逃しの三振でこの回無得点です。

3回表 セカンドゴロ、ライトフライ、セカンド後方へぽとりと落ちるヒット、ライトフライで無得点に抑えています。

3回裏 竹内君がセカンドのグラブの先をかすめるヒット。辰巳君2バント失敗後、3バントでしっかり決め1死2塁。金田君センターフライ。山﨑錬君左中間の2塁打、1点先制。伊藤君ファーストゴロでチェンジ。1−0で塾野球部がリードを奪いました。

4回表 伊場君横っ飛びで好捕ファーストゴロ、福富君横っ飛びで好捕、ショートゴロ、レフト前ヒット、センター前ヒットで2死12塁でしたが野村君をショートゴロに抑え無得点。

4回裏 伊藤君アウト、阿賀多君右中間を破る3塁打、宮本君打撃妨害で1塁へ。福富君フェイクスクイズで宮本君が盗塁、1死23塁。福富君ファーストゴロで3塁ランナー阿賀多君が挟まれましたが、送球が当たりホームイン。2−0でリードを広げます。1死23塁で竹内大君初球スクイズ失敗、2死3塁、ファーストゴロでチェンジ。塾野球部が2−0とリードです。

5回表 セカンドゴロ、ライト前ヒット、強烈な投手ゴロを竹内大君よく捕球、ショートの送球がショートバウンドになりましたが伊場君が好捕で1−6−3のダブルプレー!無得点に抑えました。

5回裏 辰巳君セカンドゴロ、金田君センターフライ、山﨑錬くんレフト前にポトリと落ちるヒット、伊藤君三振で無得点。

6回表 辰巳君の自作自演スライディングキャッチのセンターフライ(まぶしいんです)、セカンドフライ、中島君のインサイドキックではなく死球、ショートゴロ送球がちょっと逸れましたが伊場君がうまくランナーにタッチでアウト!無得点。

6回裏 伊場君右中間を破る好打を見せますが、3塁を狙いタッチアウト。阿賀多君レフト前ヒット、宮本君三振の時阿賀多君盗塁で2死2塁、福富君ファーストゴロで無得点。

7回表 この回より1塁は神田君に替わりました。その替わった神田君の所に飛びファーストフライ。センター前ヒット、ライトフライ、三振で無得点。

7回裏 竹内大君ライトフライ、辰巳君ショートゴロ、金田君ピッチャーゴロでこの回無得点。

8回表 サードゴロ、三振、三振で三者凡退に抑えました。

8回裏 山﨑錬君良い当たりのファーストゴロ、伊藤君ライト線2塁打、神田君ショートの後に落ちるヒットで1死13塁。阿加多君ファーストゴロで2死12塁(ダブルプレー阻止の本塁突入)、宮本君三振。

9回表 深い位置でのショートゴロを福富君スライディングキャッチで好送球、センター前ヒット、ライト前ヒットで1死13塁。三振、最後はセカンドゴロ、グラブからこぼれかかりましたが、しっかりと捕り、ゲームセット!!

この大事な初戦を2−0で塾野球部が取りました!

今日は何より竹内大助君が良かったです。打っては先制点を演出するヒット、投げては安定感ある投球で完封勝利でした。そんな中感じたことを少々。

Dsc_9984

1)竹内大助君は自分の調子の良さをちゃんと認識しているようです。投げている時の間がとても良かったと思います。1,2,3で投げるのではなく1,2〜の3で投げている時は安定感がありますよね。〜のの時、軽く笑っているのがファインダー越しに見えて、安心していました。

2)今日は守備が相当気合いが入っていました。横っ飛び、しっかりとした送球、この1週間の間に相当意識を持って練習してきたのが伝わってくる守備でした。

3)阿加多君が今日は野村君に合っていましたね。外角の球にしっかりと対応し、いつも言う阿加多君独特の柔らかいバッティングでうまくバットにボールを乗せて打っていた印象です。

4)錬君の勝負強さは本当にすごいですね。今日もチャンスに先制打。是非まわりの皆さんにチャンスの時何を心がけて打席に入っているか教えてあげてほしいです。実際に1死13塁で福富君にアドバイスをしに行ったら、2点目が入るという凄さ!

5)伊藤君はきっとチームの主将として大事なところで打つ選手、またプロに入っても通用する選手にならなくてはいけないという思いが強すぎて力が入っているのは見るからにわかりました。最初の3打席は「力を抜け!」と応援していましたが、どうしても力が入ります。そりゃあ力を抜け!と言って抜けるなら苦労しないわけで、最後の打席には「力入れて打て!ホームラン狙え!」なんて言ってみたら、痛烈なライト線2塁打。逆に思い切り力を入れてみると、そのうち良い具合に力が取れるものかもしれませんね。明日以降に期待です。

6)宮本君の見逃し三振の多さが気になります。2ストライクくらいまでは迷いながら振りだし、追い込まれるとボールを見てしまっている印象です。何かきっかけがほしいですね。ここはヤマを張って初球とかファーストストライクは思い切って振ってみてはいかがでしょうか?これでいい当たりを打つ事が出来れば、きっといい流れにかわるのではと思うのです。

7)1番、2番の出塁率が上がれば、もっと得点できると思います。辰巳君が戻ってきたことですし、何をしてでも塁に出るよう2人の今後の頑張りに期待したいと思います。

8)伊場君の右中間のヒット、確かに深いところだし3塁打を狙いたくなりますが、見るからに無理な感じがした走塁でした。あれは3塁コーチャーもしっかり指示してあげないといけないと思います。そして、その後のこと、あの位で怒りを収めて良かったと言うべきか、やはり副将としてはいくらラフプレーされたとは言えああいう態度は取ってはいけないと言うべきか。自分は無理矢理ベンチに帰らせてくれた塁審の方に感謝していました。
まあ、これも伊場君の愛すべきキャラクターなのでしょう。守備では好守を連発、バッティングもしっかりと対応していて、今季の伊場君は本当に頼りになります。明日以降も爆発してくれることを期待しています。

9)福富君、法政戦以来チャンスに回ってくることが多いですね。これはやっぱり持っているのでしょう。あとはチャンスの時に外野フライを打てる自信を持つことだと思います。「困ったら外野フライだ」と思えれば、チャンスの時にあんなに固くならないかな。普通に打てば柔らかくていいバッティングなので、チャンスの時にも同じバッティングが出来るようになってほしいですね。明日はきっと打てるさ!

10)今日は野村君相手によく勝ったとも言えるし、あれだけチャンスがあったので、もっと点数が取れたとも言えます。チャンスの時にしっかりとバットを合わせるためには振り出しの時、力を入れないことが大事だと思います。ティーバッティングのように打てれば良いのですが。チャンスでヒットが繋がれば、周りが言うような強力打線の威力を見せつけられるので、明日はヒットをもっと繋いでいきましょう!

11)9回は福谷君で行くかなと思いましたが、ここはエースとしての責任をしっかりと果たしてもらうことを選びましたね。明日の先発が興味深いところです。


しっかりと初戦を取ったことで今後の戦いの展望がはっきりと見えてきたと思います。明日もしっかりと勝って、一気に弾みをつけたいですね!さて、明日の先発は誰かなあ?

« 明治を喰らう4 | トップページ | 明治を喰らった1 »

野球」カテゴリの記事

コメント

再三の好守、特に伊場君光ります。
ちょっとサードは?あとが好調の高校の後輩なので・・・

竹内君、明治の代打が高校の後輩なのでひと安心。

守る気持ちはエラーが出る。
法政戦の慶應、今日の明治。

今日のように攻める気持ちで
連勝なら自力で優勝できます。

願掛けの甲斐がありましたね。今宵は、あの新興酒〜教の方々と祝い酒でも (^^ゞ 私は、今から埼玉大会関東大会出場権決定戦第二ラウンドを見に〜。ちなみに、第一ラウンドは…持っているなぁ〜の結果だったようですよ

伊庭の必死な走塁はOUTになる前に感じていました。(苦笑)それにしても、不運です。送球は、走塁上のところにドンピシャリ!どちらも譲らずですからね。お互い様ですけど、充分OUTなのにあのようなプレーをする明治も明治なら、慶應は慶應らしく副将としての自覚をもって、と言いたいところですが、必死さの表れと思います。審判を突き飛ばすしぐさはNGですけど。
久しぶりにいい意味でファイト溢れるプレーを見せてもらいました。まあ、非難覚悟でよしとしたいです。
伊藤君も試合終了の挨拶の後、審判に謝罪していたようですし。
明日、バットできっちりねじ伏せればいいだけの事。頑張れ~~~!伊庭~~~!!

今日、久しぶりに「ブログ王子」に会いました。元気そうで、体格がよくなったような、太ったような、立派な社会人の顔でした。元マネージャーの健太郎君も相変わらず腰が低く、こちらは痩せて、しまった感じでした。合い変わらず腰が低く、かわいい社会人でした。

今リーグ初めての観戦でしたが快晴でとても楽しめました。竹内君は荒れ気味で上擦っていましたが初回をあっさり抑えてから徐々に落ち着いてきて安心して観ていられましたね。本日は打撃でも盛り上げました。山崎君、伊藤君、伊場君、阿加多君と、打つべき人が打つべき時に打ってくれると、安打数は変わらなくてもこれだけ楽に観ていられるんですね。伊藤君のメンタルバリアも今日の試合で少し払拭出来た気がします。伊場君は彼の気性なのでしょうが吉と出ない方が多い気がして勿体ないです。色々な意味でOne for all で・・・・。山崎君は流石の勝負強さですね・・・・もうしわけありません・・・・今日のヒーローインタビューは竹内君、阿加多君では?春に続き、今日の阿加多君は4-3と大きく流れを変える初ヒットから始まり2点目に繋がる3塁打と、打撃でもゲームメイクでも野村君を粉砕する大きな働きをしたと思いました。色々な意味で山崎君なのでしょうが、それ以上の意味で阿加多君だったと感じました。

今リーグ初めての観戦でしたが快晴でとても楽しめました。竹内君は荒れ気味で上擦っていましたが初回をあっさり抑えてから徐々に落ち着いてきて安心して観ていられましたね。本日は打撃でも盛り上げました。山崎君、伊藤君、伊場君、阿加多君と、打つべき人が打つべき時に打ってくれると、安打数は変わらなくてもこれだけ楽に観ていられるんですね。伊藤君のメンタルバリアも今日の試合で少し払拭出来た気がします。伊場君は彼の気性なのでしょうが吉と出ない方が多い気がして勿体ないです。色々な意味でOne for all で・・・・。山崎君は流石の勝負強さですね・・・・もうしわけありません・・・・今日のヒーローインタビューは竹内君、阿加多君では?春に続き、今日の阿加多君は4-3と大きく流れを変える初ヒットから始まり2点目に繋がる3塁打と、打撃でもゲームメイクでも野村君を粉砕する大きな働きをしたと思いました。色々な意味で山崎君なのでしょうが、それ以上の意味で阿加多君だったと感じました。

今日は、怪我から復帰した明治のオガケン君もみられてよかった。あの場面で打たれたらヤバかったですが、慶応の山崎くん・立教の松本くんと共に甲子園にアベックで出場したライバルですから。慶応戦ではおとなしくで構いませんので、他校の際は暴れてくれ〜と。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

「守る気持ちからエラーが出る」とは至言ですね!確かに大事にいこうとするが余りに守備上のエラーでも攻撃上のエラーでもありますよね。

それにしてもこの2戦の(第2戦は見ていないので)伊場君は、本当に好守備連発でした。絶対にこの試合を勝つんだ!という気合いに満ち溢れていたのでしょう。まさに攻める気持ちだったんですね。

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

いやあ、何とも中途半端な願掛けだったようで・・・sweat01

それにしても確かに不思議なもので、相手チームであっても以前戦ったところや、好プレーをした選手には拍手を送りたくなるんですよね。これが学生野球の良さかなあって改めて思っていました。

三角ベースさん

コメントありがとうございます。

その後の試合のことも含め、いかに両校がこの試合に賭けていたのかがわかるプレーであり、その後の行動だったと思います。一番残念なのは、もう明治の野村君を打ち崩す機会がないこと。高校野球と比べ大学の方が何回も対戦できるとは言え、やはり一瞬。儚いものです。あの素晴らしい投手である野村君を我らが塾野球部の打線が打ち崩すシーン、また見たかったなあと今更ながら思います。

ブログ王子もマネージャーもそんな夢の世界から巣立ち、社会で頑張っているんですね。なんだか微笑ましく感じました。

もうしわけありませんさん

ご挨拶が遅れて申し訳ございません。もうお初のコメントとは言えないのですが、拙ブログにコメントを頂戴し、ありがとうございます!

確かに阿加多君は塾高の頃から局面を変えるきっかけを作ってくれる貴重な打者となっていますよね。野村君のボールにも逆らわず、うまくバットに乗せるバッティングを何度も見せてくれました。あの柔らかさは、なかなか出来ないと思います。捕手の方でちょっと考えることも多くなってしまっているとは思いますが、そこで考えている内容は絶対にバッティングにも生きてきます。今ここで出来る経験を大事にし、彼の底知れぬ素質をもっともっと開花させてほしいですね!確かに第1戦、阿加多君も間違い無くヒーローでした。

では、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/52877465

この記事へのトラックバック一覧です: 東京六大学野球平成23年度秋季リーグ戦 慶明戦1回戦:

« 明治を喰らう4 | トップページ | 明治を喰らった1 »