天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« ついにあと1年 | トップページ | 『地肌に優しい石けんシャンプー』を使ってみて »

平成23年度神奈川県高等学校野球秋季大会 慶應義塾高対横浜商業

今日も結構陽射しが強い日です。ただ台風の接近もあり、風が強めにセンターからホームに吹いています。

1回表 ライトフライ、三振、三振。最初ツーボールまでいってしまうことを是正したいところです。

1回裏 田邉君初球を叩きレフト前ヒット。小原君が初球送り1死2塁。舟波君ここで見事ライト前タイムリーヒット。1−0。沓掛君の時、舟波君2盗。沓掛君センターフライ、木村健君死球、齋藤君センター前タイムリーヒット。2−0。田澤君ファーストゴロでチェンジ。

2回表 三振、ショートゴロ、レフト前ヒット。牽制悪送球でランナー三塁。三振。

2回裏 増田渉君サードゴロ、吉沢君ピッチャーゴロ、田邉君四球、小原君セーフティバント三塁前に転がしますがアウト。2−0で塾高リードです。

3回表 三振、ライトライナー、イレギュラー気味の打球を小原君がよく処理。ショートゴロで無得点。やはりボール先行が続いています。

3回裏 舟波君ショートライナー、沓掛君ショート内野安打で出塁も盗塁失敗、木村健君再び死球、齋藤君センター前ヒットで13塁。田澤君レフト前タイムリーヒット。増田渉君三振。3−0で塾高リードです。

4回表 ショートゴロエラー、バントで1死2塁。セカンドライナーを沓掛君横っ飛びで好捕!セカンドゴロで無得点。

4回裏 吉沢君センターオーバーの3塁打。田邉君のサードゴロで飛び出し1死1塁。小原君バントで送りますが、舟波君がショートゴロで無得点。

5回表 セカンドゴロの後、連続四球で1死12塁。その後は三振、サードゴロ。

5回裏 沓掛君センターフライ、木村健君左中間を破る2塁打、齋藤君センターフライ、田澤君サードゴロで無得点。3−0で塾高リードです。

ここまでいいプレーも随所に見られますが、あと一押しと感じるような展開です。兎にも角にも舟波君にはストライク先行の投球をして貰いたいですね。0−2をまだ見たことが無い気がします。

6回表 先頭打者ストライク先行の流れから三振。が、次の打者で頭部死球、大事には至らないがなんとか代走が出ました。三振の時二盗失敗で無得点。

6回裏 増田渉君センターフライ、吉澤君ライトフライ、田邉君センターフライ。

7回表 センター前ヒット、投手前バントで正面に飛んだがファンブルして結果的にバント成功、三振、投手後にふわりと浮いたボールが投手、セカンド、ファーストの間に落ち、セカンドランナー一挙にホームイン。バッターランナーは1塁。四球で2死12塁はライトフライでチェンジ。3−1となりました。

7回裏 小原君レフトファールフライ、舟波君三遊間を破るヒット、沓掛君レフト前ヒット、ここで投手が右投手に交替、木村健君四球、齋藤君左中間を破る走者一掃のタイムリーツーベース。田澤君ショート内野安打(イレギュラー気味)、増田渉君が送り2死23塁としますが、吉澤君がショートゴロでチェンジ。6−1とリードを広げました。

8回表 先頭打者をライト前ヒットで出しますが、セカンドゴロ、1塁ファールフライ、三振で無得点。

8回裏 田邉君セーフティバントを試みますがサードゴロ、小原君ショートゴロ、舟波君四球も、沓掛君センターフライでチェンジ。

9回表 センター前ヒット、三振、サードゴロでしたが2塁に悪送球で1死12塁。ここで木村健君が田邉君に「もう1球あるよ!」と声を掛けたら、なんとその通りにサードゴロ、5−4−3のダブルプレーでゲームセット。塾高が6−1で勝利を収めました!

ナイスゲーム!と言いたいところですが、これから勝ち続けていくためには、課題点も見つかった試合だったように感じます。

1)試合中も何度も書きましたが、舟波君の初球のストライク率が悪いのと、その後も見ると2−0(2ボール、0ストライク)になるのが一番多く、逆に0−2(0ボール2ストライク)になったことが殆ど無かったのではないでしょうか?三振も2桁取っていますし、いろいろ攻めた結果かも知れませんが、やはりカウントを悪くすると相手バッターは狙い球を絞りやすくなります。今度は2ナッシングの形を簡単に作れるよう、配球等も工夫してもらえればと思います。

2)最初の頃は投げる時に首が据わっていないというか動いてしまっていて、見ていて不安定に見えました。途中から修正して頭が動かなくなったのですが、動作の再現性を高めるためにも、頭を動かさないことを意識するのもいいのかもしれませんね。

3)守備で慌てて投げるとろくなことがありません。これは試合経験を積むしかないのでしょうが、大変な時こそ、投げる前に一息吐いてからの方がいいような気がしました。

4)声掛けもよく出ていたのですが、中身をもうちょっと考えて試合の流れとかける相手に合わせた内容を言うともっと効果的な気がします。例えば吉澤君がセーフティの構えをして相手投手を揺さぶった後に「思い切って振り抜いていけ!」とか、2死ランナー1塁で風が本塁からセンター方向に強く吹いていた時、沓掛君に「つないでいけ!」と言っているのを耳にした時、逆のほ方がいいのでは?と思ったりしていました。

5)齋藤君は相変わらずチャンスに強いですね〜。チャンスの時に無心になっているかのように、他の選手と比べて柔らかい動きをしてくれます。これからも期待しています!

6)今日の木村健君は当たり日。死球2つに死球1つ。あとはタイムリーヒットに、最後の場面を予言ですから、いろいろな意味で当たっていました。

7)全般的にチームとしてこういったことをして得点を取ろうというイメージを共有できるといいんでしょうね。

8)今日の沓掛君、守備で魅せてくれました。ジャンプ一閃、ライナーをキャッチします。

Dsc_5319

秋のチームをじっくり見るのはこれで3年目になりますが、今までのチームの中で一番伸びしろがあるチームなのかなと思いました。一つ一つの試合をムダにすること無く、課題を見つけ、そして次に活かせるように頑張って貰いですね。明日の平塚球場での試合も期待しています!


勝つぞ勝つぞ!慶應。

« ついにあと1年 | トップページ | 『地肌に優しい石けんシャンプー』を使ってみて »

野球」カテゴリの記事

コメント

初回の田邊君のヒットが鮮やかでした。

舟波君、三回まで毎回奪三振。
齋藤君のバッティングにはホレボレ。
沓掛君のファインプレーには拍手喝采。
木村君、二回も死球。

所々にミスもありますが、3対0で、この通り雨さえなければ安心して
見ていられます。

ご両人もご観戦されていたのですね(ってわざとらしいかcoldsweats01) 遅刻?で行ったので、あの走者一掃がでなかったら。。と思ってましたが。俣野球場、思った以上に狭い感じを受けました。(夏に行った鳴尾浜程度?)ただ、バスの本数もそれなりにあり、よかったです。明日は、船橋法典方面にて所用がありますのでhorse 今宵は、現職場での最後の深夜勤務です。電車通勤も後いくつかぁ〜。

今日は、他球場では『タチバナ』対決もあったみたいですね。
神宮の六大学は、まさかまさかの展開だったようです。

ところで…タイトルだけみると『ウソッ』ていう記事が(あくまでタイトルだけですよ)

http://media.yucasee.jp/posts/index/8944

http://www.mamakisya.info/archives/1482
ママ記者さんが中学時代に注目!
彼の出現でこの軟式チームが注目されてました。

荒れ球のほうが相手に的を絞らせない?
白村君もそうでしたか?

楽天の田中君が満塁の場面で押し出し
「わざと的を絞らせないため
長打で走者一掃されるよりいい」

野村君ワースト7失点
「球をそろえすぎた」

いちがいにコントロール悪いと言えない?

横高掲示板をみて。軟式も塾高勝利が書いてあったのはいいけど、梯子?タフなお方ですgood

向上戦行ってきました。
9月も後半というのに夏の大会のような暑さでした。
場内アナウンスでも「熱中症に注意」の呼び掛けが何度となくされていました。

舟波君はこの試合もボールが多く、
3-0、や3-1のボールカウントになることも結構ありました。
創学館から9点取った打線に打ち込まれることはありませんでしたが。
一所懸命さは伝わるのですが、
間合いを取るなど自分の雰囲気を作れるようになったら
もっと凄みが付くのではないかと感じました。

攻撃の方は、
初回一死から相手エラーの後、舟波君が長打。
中継に返球された時点ではまだ3塁ベース付近だったのに
そのまま突っ込んでしまいました。
「次打者4番なのに本塁突入」
つい最近神宮で見た光景でした。
でも、突っ込んだ彼、
次の打席でも出塁し2塁ランナーの時、
沓掛君の中前ヒットで今度は3塁ストップ。
学習機能のある子でした。
前打席ホームランの斎藤君のスクイズで帰ってきました。

昨春・桐光戦、今夏・日藤戦と続いていた
平塚での連敗もストップして良かったです。


打線好調ですね。
3試合で2失点の武相投手陣を打ち崩して欲しいものです。

夏春制覇の夢断たれる…ベーマガ社のホームページより、日大三高の記事でした。

管理人さん、この秋は阪神とのオープン戦から高校、大学とも全勝です。
ぜひ両方観戦していただきたいところですが、微妙な日程ですね。

私は急用で残念ながら・・・・
皆様の観戦記を楽しみにしていますが・・・
やはり高校のほうでしょうね。

報知の記者さんが日吉で球場を道行く人に聞いたら全員、高校の球場を教えてくれたそうです。
私も一度聞かれましたが、やはり高校でした。

センバツへ向けて、ちょいと楽しみが増えました。(大越くん、甲子園に向けて第一関門通過!)

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20110921-OHT1T00325.htm

埼玉大会の組み合わせも決まりました。志木高は、勝ち進みますと、三回戦で慶立戦の可能性もあります。

うむ〜 うまくいきませんでした((T_T))

今日はマックデー。マックが制覇することでしょう~!
http://www.mcdonalds.co.jp/

でも、管理人様にとっては来週は…
http://www.tenkaippin.co.jp/festival2011/index.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/52753258

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年度神奈川県高等学校野球秋季大会 慶應義塾高対横浜商業:

« ついにあと1年 | トップページ | 『地肌に優しい石けんシャンプー』を使ってみて »