天気予報

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

geotargeting

« いざ平塚 | トップページ | 平成23年全国高校野球選手権神奈川大会 慶應義塾対日本大学藤沢 »

う〜ん、残念

う〜ん、残念
相手の勝利への執念が勝ったか、残念ながらチーム谷田の夏の旅はこれにて終了と相成りました。

バス停の混雑ぐあいと気分的な問題もあり、徒歩で平塚駅へと向かっております。

« いざ平塚 | トップページ | 平成23年全国高校野球選手権神奈川大会 慶應義塾対日本大学藤沢 »

コメント

今朝のサンスポ、スポニチをみてびっくり。6月下旬の練習試合で、右手甲の骨折全治二ヶ月の重傷を負っていたとは(;_;)それでも、キャプテンとして、よくチームを引っ張ってくれました。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20110722-OHT1T00287.htm
谷田君の将来のためには、これで終わってよかった。
山崎君も甲子園で強行出場、これで1年では大学デビューはならなかった。

昨年春の大会、桐光戦の後(あの幻のホームランがあった試合です)平塚駅までトボトボと歩いた記憶が蘇りました。本当にお疲れさまでした。これもまた高校野球なんですねえ。甲子園至上主義は他校にお任せしている慶應義塾。夢を我々勝手応援団にも与えてくれたチーム谷田の面々にまずは感謝です、いつものように。今日は東海大相模も敗退したようですが、彼等もまた短い夏が終わりましたが、きっと野球ができる幸せを感じていることでしょう。

ふう。今更、過去の埼玉代表の話を。あの高校の監督。ちょっとした知り合いです。今のネット社会。その中であの話を出されるのは心外。後日削除依頼をしようかな。神奈川→神奈川と 埼玉→兵庫の事象を一緒になんて。あれから甲子園のバス応援システムが変わったなんてご存知ないでしょうね。

岩手では盛岡一を倒した盛岡三(甲子園で勝ち慶応に進んだ小綿投手)が花巻東と決勝。
香川では小豆島(四国キャンプ塾高の胸を借りた慶応OB監督)が3回戦突破。
高知では土佐(外部生ではダントツ)がベスト4に

管理人様もつぶやかれてましたが、伊良部さんのニュースは衝撃を受けました。
数年前に、(確か3年かな)偶然に、彼の母校の元マネージャーさんとお話する機会がありまして、あの学校といえば彼でしたから、彼女も同級生ではなかったのですが、ちょこっとお話を聞いたことがあります。

マスコミは、死人に口無しをいいことに、お悔みのコメントと共に色んなことを書いてます。
それが残念でたまらないですね。今更こんなこと書くことでもないのに。。。

お悔みを申し上げます。

今から、神宮へ行ってまいります。背番号『14』の出番はないと思いますがね。
お兄ちゃんは、今日は来るのでしょうか!?

そういえば、昨日の西東京もいい試合でした。秋初戦負け。春は公式戦無し。そこからよくぞ!
来年からはいやーな存在になるのか~(汗)

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

怪我は本当に残念でした。する方もするつもりでなく、させる方もさせるつもりでなく、こればかりはなんと言っていいのかわかりません。月並みですが柔軟性を高め、より怪我に強い体質とするしかないのでしょうね。

応援システムの件、塾高ではどうなっているのかよくはわかりませんが、もうちょっと引継ぎと申しますか、指導と申しますか、今までの数多の経験を次に活かす仕組みが必要なのかも知れませんね。

伊良部さんの件、残念としか言いようがありません。1995年の千葉ロッテの快進撃と、それを支えた伊良部・小宮山・ヒルマンの三本柱の印象は大変強いです。特に伊良部さんの規格外のすごさは相手チームながら爽快感がありました。そしてイチロー選手が「140km/hのフォークなんてありえないですよ」って喜んでいたのがとても印象的だったのです。その頃の彼は「日本の投手はボール球を振らそうとばかりしていて、面白くない」とか言っていたので。ご冥福をお祈り申し上げます。

早実もよく頑張りましたよね。なかなか早実出の選手が早大で活躍するのも難しいようですが、何とか神宮でも活躍してほしいですね。慶早戦以外で。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

勿論当人達にとってはそんな簡単に言える言葉ではないでしょうが、でもやはりここで怪我をおして無理して後遺症が残るより、一旦治癒の時間が取れたことは決してマイナスでは無いと思います。休ませるところは休ませ、体幹の強化は怠らず、今度は神宮で活躍して欲しいですね。

あと、高校野球界でも塾出身者の活躍が聞こえてくるようになりました。これも素晴らしいことですよね。こういうニュースを聞くとなんだかとても嬉しく感じます。

kktfさん

コメントありがとうございます。

確かに行きははやる気持ちを抱えながらのダッシュ、帰りはトボトボとした歩きとなっていました。その後は久しぶりの餃子の王将で餃子2人前食べてしまいました。いわゆるやけ食いです。

まあそれはさておき、甲子園を目指して死に物狂いの練習をしますが、だからと言って甲子園に行けなかったから無意味とならないのがいいところ。その過程で燃焼し尽くしていれば、それはきっと彼らの今後の人生にとって大きな意味を持つのだと思います。それはどこの学校でも同じ。東海大相模も桐光も桐蔭もその他の学校も、等しくそういったものなんだろうと思います。

自分は高校野球は教育の一環だと言われると首を傾げるところもありますが、高校野球は彼らの人生の大きな糧となり、いろいろなことを教えてくれるということには諸手を挙げて賛成します。

やっぱり、高校野球っていいですね!

いよいよ、彼の高校生としての国内でのラストユニフォームの日が来てしまいました。
でも、本来でしたら日藤戦で終わってしまったはずでしたので、嬉しい誤算です。
今日も、台風の影響で繰り上げスタート。時間給を取得して…そして雨対策をして…ぜひハマスタへ

これは、昨日の試合のレポです
http://www.hb-nippon.com/report/717-hb-nippon-game2011/8291-20110831001

※昨日は、こんないい席に座れちゃってやだわ~状態でした♪

早起きは、三文の得といいますが、夏の選手権といい、今日は三文どころではないお得でした。今は、上の休憩所にて閉会式待ちです。高校では、キャプテンとして重圧の中でやっていたでしょう。でも、この大会はちょい違う彼の素敵な笑顔を沢山見ることができました。予定では確か4時開始だったと思いますが、三時半くらいが妥当の時間かと思います。この大会。本来でしたら全く見られなくなるかもと思っていたら…う〜ん残念ではなく、う〜ん最高(^-^)v

谷田くん。ベストナイン!

夏の予選前の報知高校野球の表紙を飾った、谷田くんと高橋くん。先日出た決算号にもそれぞれカラーで記事になってました。

そんな報知高校野球の次号の特集はAAA。来月上旬発売予定!いや〜楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: う〜ん、残念:

« いざ平塚 | トップページ | 平成23年全国高校野球選手権神奈川大会 慶應義塾対日本大学藤沢 »