天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« ほう、これが | トップページ | 平成23年度全日本大学野球選手権準決勝 対東京国際大戦 »

最近、うれしかったことを教えて!

ブログネタ: 最近、うれしかったことを教えて!参加数

最近とんとご無沙汰しているコネタマ。たまには昼食時なぞに投稿するのも悪くないなあと思い、いざ投稿。

さて、今回のお題は「最近、うれしかったことを教えて!」とのこと。

そうですね〜、まあ大きなことがあったのは別に、とっても最近で言うなら昨日の竹内大君の完投勝利とそのコメントですね。

この記事(東京六大学野球平成23年度春季リーグ戦 慶早戦2回戦で感じたこと1)でも触れましたが、竹内大君は今季1回も完投勝利が無く、いくらチーム事情によるとは言え不完全燃焼感が強いのでは?と思っていたので、昨日の「完投」勝利というのがとても嬉しかったのです。焦らずに自分の投球がしっかり出来たんだなと思って。

更にコメントで、

「無失点なら(無安打無得点を)狙いにいった。丁寧に低めに投げれば失点はないと思いました」(From sanspo.com)

という言葉。ご存じの方ならわかるでしょうが、球場での自分は礼儀正しいとはとても言えないような感じで、とにかく声を出しています。一応は選手に合わせて言葉を出しているつもりなのですが、今季の竹内大君に対しては「とにかく低め低め」といった言葉が一番多かったように思います。最初に立教戦の動画を見た時、打たれている球はとにかく高い球が多かったように感じたので。勿論実際にはマウンドまで言葉が届くということはないでしょうが、妄想上では何となく伝わっていたような気持ちになったのです。


ということで、ちょっと昨日は幸せな気持ちになっていましたhappy01

« ほう、これが | トップページ | 平成23年度全日本大学野球選手権準決勝 対東京国際大戦 »

コネタマ」カテゴリの記事

コメント

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20110610-788555.html
ヨシノブ1軍スタメン復帰

チーム古葉、2郎トリオ古葉君、赤池君と
塾野球部の対戦

ともに11日。
過去形嬉しかったことではなく、
未来形嬉しいこと

それは、開始時間が繰り下がった事!さてと、一時間時間給でtrain

さて、学生野球もとりあえず一段落し、夏の甲子園への予選となるわけですが。。。
数人の方には余りにも嬉しいというか感動したというか勇気をもらったということでご紹介させていただきましたが、改めてここで。

 3月11日。あの震災。センバツ開催まで約2週間と追った日でした。塾高もセンバツ出場の高校と練習試合をしていた日。それから、センバツ開催の有無についての最終決定が3月18日でした。前日には一番被害を受けた高校の監督が『開催するのであれば出場する』とのコメントが報道されました。多分、このことが開催決定の後押しになったのではないかと思いました。そして、23日。あの見事な選手宣誓で幕を開けました。自分自身、なんかの形で力になりたいと、その高校に寄付の申し出をメールでしました。ただ、あの状況。出発の日までに返事は来ませんでそれはできませんでした。
 現地にてその高校の試合を観戦。初球からホームランを浴びる苦しい展開で負けてしまいましたが、こちらか勇気を貰いました。決勝まで観戦し帰宅。そしてしばらくするとポストに1通の手紙が。差出人はその高校でした。


ご支援 お見舞い ご協力 への御礼

謹啓 
 この度の東日本大震災で犠牲になられた方々とご遺族に、哀心より深くお悔みを申し上げます。被害に遭われた皆様にも、心よりお見舞い申し上げます。皆様が、どうか安全にお暮らしになられていることを、心よりお祈り申し上げます。

 さて、この度、本校に宛てて全国のたくさんのの皆様より、多大なるご支援、お見舞い、ならびにご協力を頂戴いたしました。その温かいお心遣いに感謝の念を禁じ得ないところでございます。
 
 このような大きな被害を受けた東北地方にありながら、この度の選抜甲子園大会に出場することができましたのも、皆様からのご支援、ご声援があってのことでございます。皆様からのご声援がなければ、このようなことは決して成し遂げられなかったことと痛感しております。

 結果といたしましては、一回戦敗退となりご期待に応えるまでに至りませんでしたが。しかし、選手ならびに指導者一同、全力で戦い抜いた結果でございます。このような状況下にありながら、選抜大会に出場できたことに対しまして、皆様のへの感謝の思いが溢れてまいります。東北地方の力強さと連帯の強さを少しでも示せたとこができれたならば、と願うところです。
  
 また、ご声援のみならず、ご支援、お見舞い、ご協力を賜り、物心両面よりお支えくださった皆様には、どのように御礼申し上げればと、感謝の言葉も見つからないところでございます。

 略儀ではありますが、賜りました物心両面のご支援に対しまして、心より感謝を申し上げ、御礼とさせていただきます。           謹白

          
        平成二十三年四月
 
        東北高等学校
        校長  五十嵐 一彌


自分宛の宛名も手書きでした。今は家宝にさせていただいてます。

明大出身長友選手が慶大卒の才媛と結婚。
明大出身星野監督の奥さまも慶大卒でした。

両選手ともに有名になる前
学生時代からのお付き合いだったという点
似ています。

●伊藤君の縦じまユニホームを見られたこと。
●そして。明後日からはこれがスタート。
懐かしい~

http://www.sky-a.co.jp/prgsports/baseball.html?m=1

国際大の伊藤君も我がいとしのタイガースへ。
聖光の歳内くんも…
南ちゃんは(球団社長)は慶応OB。
隼太くんを直々にお迎えに行くそうです♪

明治の柴田くん。よかったね。今度は、一日も早く支配下登録されるように期待してます(^-^)v

軟式関東大会。今日アベックで、抽選で一回戦突破した模様です(埼玉軟式掲示板・神奈川高校野球ステーションより)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/51905336

この記事へのトラックバック一覧です: 最近、うれしかったことを教えて!:

« ほう、これが | トップページ | 平成23年度全日本大学野球選手権準決勝 対東京国際大戦 »