天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« ついうっかり買ってしまいました・・・ | トップページ | シリーズ 原発危機 第1回 「事故はなぜ深刻化したのか」を見て »

チャンスを得た者の責任

本当はちょっと反則かなとも思うのですが、違う場所で仕入れてきたお話しで、その内容にとても感銘を受けたのでご紹介します。

我らが守護神、福谷君が

_dsc3363

実は今年の理工学部の合格者に対して「合格おめでとう!」メッセージの動画に出演していました。

http://www.st.keio.ac.jp/news/20110224_001.html

こちらに出てくる福谷君は神宮でのマウンドとはうってかわって、秀才風な風貌を漂わせていますが(しかも細身に見えるのが不思議です)、その話している内容もまた素晴らしいものでした。

特に感銘を受けたのがこの一節です。

もう一つ覚えておいてほしいことは、皆さんのように合格出来た人たちよりも多くの人が、合格できずに入学できなかったという事実です。皆さんには、その人達の分も学習し積極的に社会への貢献をしなくてはならないという責任を負っています。逆に言えば、そういったことを自分たちの力で遂行出来るという素晴らしいチャンスを持っているということでもあります。

彼は入学したことのみならず、多くの投手が在籍する体育会野球部で、数多くの場面で登板するというチャンスを貰っています。

きっと彼はマウンドに立っているんだ、ではなく、マウンドに立たせてもらっていると思っているんでしょう。

ここに立てない多くの仲間のためにも、自分は頑張らねばいけない。そう考えているように思えます。

自分はなぜだか福谷君の投げる試合をよく見るというか、ここ2年試合を見に行くと必ず福谷君が投げているように思います(観戦記を試しにご覧下さい)。なので、塾野球部に入ってからの姿を割と多く応援させて貰っているように感じます。何だか声を張り上げて応援したくなるような存在なんですよね。どうしてそう思うんだろうなあと思っていたのですが、こういった彼の内面性も応援したくなってしまう要因の一つなのかなと感じました。

自分も、日々の生活において、常に感謝の気持ちとベストを尽くす気持ち、そして自分を育ててくれた社会への貢献を忘れてはならないと教えて貰った気分です。

それにしても本当にしっかりとした考え方ですね。自分が21歳だった頃と比較すると驚くばかりです。

これからの福谷君の活躍をますます応援したくなったおめでとう!動画でしたhappy01

ちなみにこのビデオ、是非菅さんにもご覧に入れたい・・・。

でも「うん、その通りだ。だから自分も頑張るんだ。」なんて言われそうです・・・。

« ついうっかり買ってしまいました・・・ | トップページ | シリーズ 原発危機 第1回 「事故はなぜ深刻化したのか」を見て »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

チャンスを得たものの責任、
いい言葉ですね。

男子の本懐、浜口首相の生きざまにも通じますね。http://www.amazon.co.jp/%E7%94%B7%E5%AD%90%E3%81%AE%E6%9C%AC%E6%87%90-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%9F%8E%E5%B1%B1-%E4%B8%89%E9%83%8E/dp/4101133158


6月27日(月)  対 NPBイースタンリーグ混成チーム(13時・明大G)
※一般の方にご観戦いただけます。車での来場は不可

明治の中嶋君は右打者であること、
福谷君から1安打、1打点が代表入りを決めた。


ゴルフ界のI君、野球界のS君に感じた「親の顔が見てみたい」と共通するものがありますね。塾員のひとりとしてとても頼もしく思います。
菅首相ばかりでなく、こんな福谷君のツメのアカを飲ませたい政治家のなんと多いことか・・・。

管理人さん、福谷君の動画、お知らせいただきどうもありがとうございます。
理工学部OBで、福谷君のことは何でも知っている積もりの私も、この動画は知りませんでした。
6大学ブログの「前部長への感謝」でも、彼の文章に感心しましたが、この動画での発言もいいですね。
細身で映って感動的な発言をする福谷君のこの画像、「退陣を宣言した者の責任」の参考として、いつもクローズアップで映って、感動を伴わない発言の菅首相に見てもらいたいものです。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

あれだけ体たらくと言われていた昭和の初期、気概ある政治家は多かったように感じます。戦争直前においても齋藤隆夫のように、やはり気骨のある政治家がいたように感じます。

なぜでしょう?やはり自分の言葉をしっかり持っていたからでは無いでしょうか?今の自分の地位や立場に関係無く、自分の信念を開陳する。そういった当たり前のことが出来なくなっていると思うのです。

それというのも自分は小選挙区制のせいでは?と感じています。党の公認がこれほど重たいものになると、党議拘束になかなか逆らえない。そう考えると選挙制度の改正こそが、次の日本を開くような気がしてきました。

それと福谷君の言葉を比較するのもなんですが、彼の言葉には確かに彼の信念が感じられました。

kktfさん

コメントありがとうございます。

おっしゃるように親の顔を見てみたい・・・、と言うか幸運にもお話しさせていただいたことがあります。以前拙ブログでご紹介した逸話は、実は福谷君のお母様のことです。
正にこの親にしてこの子ありといった感じですね。

政治家の人たちもさっぱり下卑た・・・とは思いませんが、自分の信念より、周囲の情勢を気にし過ぎますよね。折角「当選したあなたより多くの方が落選した」のだから「積極的に国家、国民に貢献しなくてならない」という初心を是非思い起こして欲しいものです。

濱田洪一さん

コメントありがとうございます。

あれからもご覧頂けていて光栄に思います。最近ちょっと走るようになって、マラソンの偉大さを改めて思い知らされています。

それはさておき、「感動的」と「感動を伴わない」話しの違いは何でしょう?いろいろな考えがあるでしょうが、そこで発する言葉に込めた気持ちの純度だと自分は思います。菅さんだって純度の高い部分はあったはず。それをどこに置いてきてしまったのでしょう。

まずは、出所?であろうの所にお礼をしてから。

アレを読んだ際に、私も探してみました。
まず…を。でもでてこない。
引き続いては、皆様に関係するあそこのトップページから。
でも無い(涙)最後に矢の上のところで!ヒット!!

ただ以前、ロックスの早慶戦前夜の儀式のところでの管理人様からのコメントを読んで、これはもしやと思い、ペタせずに、自分のPCをニヤニヤしながら。

あの時の私服にメガネ姿の福谷君もいいですが、学ラン姿の福谷君もいいですね。


ちにみに、numberにI川君とS藤くんのことについて、こんなコラムが

http://number.bunshun.jp/articles/-/134753

福谷君にいつかばったり会えたら、合格者へのビデオを見たと話してみますね~

福谷君が愛知選抜で米国との初戦先発したとき
プロのスカウトが押し掛けた。
捕手は東邦の山田君、今シーズン立教躍進の要。

福谷君が中日に指名されるのは本人も予定。
ところが・・・・
そのとき慶應野球部から工学部AO入試打診。
福谷君は制度も知らなかったそうです。

立教OBによれば小室君以外に投手がいない立教
秘かに狙っているのがプロ入り確実と言われる
日大三の吉永君。もしかすると・・・

立教は今、かつての青山学院と同じぐらい
有望選手に人気。
イメージがいい。少人数なのでレギュラーになれる。

横浜の選手が松本君みたいに
法政ではなく立教に行く。
明治大付属と思われる日大三から立教に行く。
立教が強くなる筈です。

昨日、夏の予選開始前に、また悲しいニュースが。。。昨年秋と今年の春の地区大会を優勝し、選抜にも出て、夏の県大会大本命だっただけに。しかも、レギュラーが係わっていたとは(;_;) 他の部員の気持ちを考えると、後悔しても後悔しきれないだろうな。


個人的には、あのブラバンが聞けないのは、残念です。
余談・明日は、府中に六大学の演奏会を聞きにいってきます。楽器を演奏しながら、よくあの様な動きが出来るなぁーと感心してしまいます。

こちらの方には、あまり活躍をされたくない気分ですが  (ちなみに、某県ご出身みたいで…)
http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20110624-794829.html

こんなものがユーチューブに

http://www.youtube.com/watch?v=kUvKOdWLXeA


で、更に検索していたら!
http://ameblo.jp/ynot39/entry-10694412592.html

あの年の、あの時のですか

http://www.mamakisya.info/archives/1021

日刊の記事。文武様と被ってしまいました。
お手数掛けますが、削除をお願いします。

つい、西武ー楽天戦のニュースを見ていたら、目に飛び込んできたので。。。

楽しませていただきました。
竹内、福谷、山崎、田村、只野、山田君の
高校時代の動画・・・まとめて・・・

福谷君と同級生のブログ
何んと福谷君と竹内君、小学生時代に対戦。
福谷君、成績が学年10位以内、
学内でのリーダーシップ文武両道
優しい謙虚な性格。

ママ記者ブログ
高校時代、福谷君野球小僧で注目されていた。

いつもながらの情報提供、感謝!

私はダブりは気にしません。

福谷君の動画さっそく見てみました。
いつもにこやかで、マウンドに立つと凛々しく本当に応援したくなる選手です。理工学部で勉強も頑張っているというところがいかにも慶應の選手ですね。
これからも彼の活躍を陰ながら応援したいです。
慶応受験のいきさつも初めて知りました。
フレフレ福谷!

月曜の時も、素振りをしている彼がいました(笑)
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/ama/news/20110629-OHT1T00354.htm


さすがです!
江藤監督も見習ってください。

決勝戦、福谷君が4回打席に立っていたら、
と思います。

http://baseball.hc.keio.ac.jp/field/taikenki.htm
辰巳君、川島君、福谷君の合格体験記が出ています。

一般入試の合格、不合格学部を見て、
看板経済学部のみ合格した部員に唖然!

いずれにせよ全学部受験するとなると
受験料だけでも大変!


ロックス 明治のページで

http://tokyorocks2011.wondernotes.jp/meiji/
※べんちの様子(2)に福谷くんも映ってます♪

ロックス 慶応のページで

http://tokyorocks2011.wondernotes.jp/keio/2011/07/04/%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%a6%ef%bc%81/

管理人様と、趣があいそうですね♪

http://netchusho-tenki.jp/?utm_source=tenki&utm_medium=text

私は、ポカリを相当数ストックしました。買いだめと備蓄(ストック)って違いが無さそうな気がしますが。
いよいよですね!

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

RくんとYちゃんですが、どちらのご両親も自分自身としっかり向き合うことを求め、彼らもそれに応えてきたといったように思えました。更に、それを自分の頭で考えさせる。いろいろなことに通じそうなお話しでした。

福谷君の同級生のお話もどうもありがとうございました。彼がマウンドからベンチに戻ってくる時のちょっとはにかんだような笑顔が自分は好きなんですが、その背景の一端がちょっと見えたような気がしました。

あと志村さんの記事もありがとうございます。なんとデカと投げ合っていたなんて!!(一応阪急ファンでしたので)それまた、深いお話しでした。

あと、新マネさん、東京純豆腐(スンドゥプ)なんていうところも合いますね。美味しいんですよね、あそこ。夏の暑気払いなんかにもいいかもしれません。

最近返信できていなくて済みません。今後ともよろしくお願いします。

フレフレ少女さん

コメントありがとうございます。

是非言ってあげてください。でも、そう言ったら彼はきっと照れるんでしょうねhappy01

文武両道さん

コメントありがとうございます。

ああやって合格者の体験談を載せているところからして、野球だけでは入れませんと宣言しているようなところが、塾野球部の矜持だったりするんでしょうね。それにしても、自分は内部進学ですから、受験勉強をやって更に神宮球場でも活躍するなんて、信じられないくらいのスーパーマンですshine

ririkoさん

コメントありがとうございます。

ご覧いただけて良かったです。なかなか塾野球部内でもいないような文武両道ぶりですよね。こういった選手の背景を知ると、ますますのめりこんでしまうというか、応援したくなってしまうので、麻薬みたいで困ったものですcoldsweats01
これからも応援していきましょうねhappy01

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110709-00000018-ykf-spo
元G投手、建設会社の社長に
チャンスを得たものの責任、見事に果たしてます。
管理人さんの会社経営にもお役に立つかも・・・
藤田元監督のご縁が始まり・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/52016923

この記事へのトラックバック一覧です: チャンスを得た者の責任:

« ついうっかり買ってしまいました・・・ | トップページ | シリーズ 原発危機 第1回 「事故はなぜ深刻化したのか」を見て »