天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 大相撲技量審査場所8日目 | トップページ | 平成23年東京六大学春季リーグ戦 明治大4回戦(ちょっとだけ) »

平成23年東京六大学春季リーグ戦 明治大3回戦

ちょっとお客様の身の上話をお聞きしていたら時間が結構経過していました。神宮に着いた時にはすでに8−0のリードが!

4回表 金田くんから始まる好打順でしたが、三者凡退で無得点。

4回裏 こちらもまた三者凡退。

5回表 先頭の阿加多君がセンター前ヒットで出塁。続く宮本真君が打撃妨害で出塁。川辺君のミットがバットに当たってしまい痛そう。続く福富君が素晴らしい送りバントで1死23塁。ここでまたもや渡辺暁君がタイムリーヒット!9−0で更に1点加えます。竹内大君の初球スクイズ失敗で2死2塁。竹内君はセカンドゴロでチェンジ。

5回裏 内野ゴロの間に1点を返されます。9−1。

6回表 辰巳君三振。金田君も倒れた後、山﨑錬君が四球で出塁。伊藤君に替わって入っている田中聡君がセカンドゴロでチェンジ。9−1です。

6回裏 この回から山形君。先頭打者をいきなり四球で出し盗塁もされますが、無得点に抑えます。

7回表〜9回表まで何となく書けませんでした。

それにしても9回表に錬君も腰をひねったようで交代。無事であることを祈ります。

9回裏 福谷君が登場。四球で出したランナーがパスボールで2塁へ。2アウトまでこぎ着けますが、センター前ヒットを打たれ1点返され9−3。最後は三振で締めました。


今日は球場に着いた時に既に8-0と大差がついていたこともあり、お互い明日の試合をにらんだ感じで試合を進めていた印象でした。こういったときに怖いのは怪我なのですが、両チーム気になる選手が。

塾野球部では、錬君。9回内野ゴロが悪送球となり、急に方向を変えようとした時に捻ってしまったようです。小走りをしてベンチに戻っていったので軽症のようにも見えましたが。あと伊藤君も早めに交替していましたが、何かあったのでなければいいですね。

明治では守備妨害となった川辺君。いくらミットをしているといってもあれだけ強くバットで叩かれたら、それは痛いでしょう・・・。守備の要だけに、影響が心配されます。

さて、もう一つ気になったことなんですが、久しぶりに独り相撲をする福谷君を見た気がします。特にバッテリーエラーで2塁にランナーを進めてからは相手のことが目に入らず、自分の世界に入り込んでしまったかのように見えました。まあ、自分でも自覚していたようで、三振でゲームを締めた時、何とも言えない表情をしていたので、きっと明日は修正してくれるでしょう。

ようやく試合勘が戻りつつあるように見える塾野球部。明日は明治は野村君と見せかけて難波君ということもあるかもしれません。いずれにせよデータは事前にしっかりとした準備のために見ておくべきですが、それを咀嚼し、実際のゲームでは一旦無にすることも必要なんだと思います。前の立教に対する戦評でも書きましたが、実力のあるチームは慌てずに、自分たちのやることをしっかりすれば勝てます。1番2番がしっかりと出塁し、クリーンアップが甘い球を見逃さない。投手はしっかりと初球のストライク率を上げ、カウントを有利に持っていきながら、抑えていく。こういった当たり前のことを当たり前のようにやれば、きっと勝利を掴めるでしょう。慌てずに、自分たちの野球を。そうやって今日のように神宮に銅鑼の音を鳴り響かせて下さいね!


頑張ろう!日本。勝つぞ勝つぞ!慶應。

« 大相撲技量審査場所8日目 | トップページ | 平成23年東京六大学春季リーグ戦 明治大4回戦(ちょっとだけ) »

野球」カテゴリの記事

コメント

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp3-20110516-776673.html
山崎、伊藤の豪打炸裂、野村粉砕!

野村君を崩すのは初回しかない。
野村君は昨日の敗戦をひきずっていました。
野村君にしては珍しく
直球は140キロ、138キロどまり。

明治OB
「昨日野村で負けたとき3連投は避けてほしいと
思っていた。勝ち点を取れば残れる。
これで4連投となる。

江藤さんは巧い。昨日、竹内を1回中継ぎ、今日5回
福谷は初戦使わず、昨日4回、今日1回。
中継ぎに責任をきっちり果たさせている。

明日は白村。今日はピッチング練習もさせていない。
白村、竹内、福谷のリレーが計算出来る。

明治は難波しかいなくなった。
森田を最後に使うのはもったいない。
本人も腐るのではないか。」

http://www.sanspo.com/baseball/news/110516/bsn1105161833003-n1.htm
伊藤スライディング。

明治3連打、辰巳君の矢のような送球が
捕手の真ん中低めに突き刺さる!
今年の最高のビッグプレイ!

今季はシーズン前、
「レギュラーは伊藤のみ」と江藤監督。
その通りの起用となっています。
もしかするとベストナインは優勝しても
伊藤君だけとなりそうです。

しかし代わって起用した選手が働くので
総合力はナンバーワン、
それが優勝になるのでしょう。

○…今秋ドラフトで野手の目玉とされる慶大の伊藤が、同じくドラフト上位候補の明大のエース野村(4年・広陵)から適時打を放った。一回1死二塁、野村の内角直球をはじき返し、右翼手の頭上を越す二塁打とした。「野村を意識しすぎた」1、2回戦は5打席で無安打。しかし「シンプルに自分のできることだけに集中」したところ、本来の鋭いスイングを取り戻したという。この日の対決は1打席だけだったが「やられっ放しだったのでうれしい」と笑顔だった。

毎日新聞

http://www.wasedasports.com/baseball/keio/k110516.php

早稲田スポーツが辰巳君の活躍を記事に

http://keispo.org/wordpress/?p=5563
復活三銃士
竹内、山崎、辰巳のコメント

正直、明日こそ今季の集大成。
最後のお祭りは凡戦となる予感。

野村VS伊藤は、
まさに川上VS高橋の再現!

隣で観ていたスーツ姿の男性、
「明日は腹痛で早退」

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/05/17/kiji/K20110517000835890.html
私も
伊藤君の怪我?
心配しましたが・・・

江藤監督の
「休養のため休め」という指示。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/ama/news/20110516-OHT1T00283.htm
ちょっとアクシデントがあったことは
観ていましたが・・・
伊藤君は「大丈夫です」

心配なお天気。
東京は午後3時頃から激しい雷雨、
とNHK予報。

7回コールドゲームも予想。
先制点をとること、
先制されないこと・・・

東都の日程もあるので、やるでしょう。

こういう時こそ臨機応変に10時試合開始
せめて12時開始に出来ないものでしょうか?

今日はプロ併用ではない日だから13:00『昨日の終了後の指導部は12:30となぜか言っていたが…』開始。ってことは…!!ヒラメキ♪
午前中、外苑で草野球観戦。ちなみにこの方のチーム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B4%E7%94%B0%E6%81%AD%E5%85%B5
午後、神宮。そして夜は大宮で交流戦。千葉行きはキャンセル(汗)

http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20110706-800570.html
大森君、来年は明治のユニフォーム?
お父さん、複雑でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/51685969

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年東京六大学春季リーグ戦 明治大3回戦:

« 大相撲技量審査場所8日目 | トップページ | 平成23年東京六大学春季リーグ戦 明治大4回戦(ちょっとだけ) »