天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« カネと政治の問題? | トップページ | 珍しくこんな記事を見ました »

斎藤くんの変化 ー大学野球秋季展望号を読んで


早いもので早稲田の斎藤くんもいよいよラストシーズン。

上級生になってからはなかなか優勝に恵まれず、彼にとってみればもがき苦しんでいたのではないでしょうか。それがコメント等にも出て来ているような気がして、以前記事に取り上げたこともあったと思います。

しかし、今回の大学野球を読んで、彼は今季はより活躍するのではと期待危惧しています。

彼はインタビューの中でこう答えています。

ー背番号「10」を着ける主将としては、閉会式で自らの手で天皇杯を奪回したい思いが強いのではないですか。

齋藤:そうなんです。過去3回のリーグ優勝は、先輩たちの力で手にした天皇杯を持たせてもらっただけ。秋は自分たちの手でつかんで卒業したい。

ここに彼の心が「優勝させてあげる」から「優勝させてもらった」と変化しているように感じます。

その上で

ー学生野球は、勝ち負けがすべてではないと思います。主将、エースとしてやるべきことは、後輩たちへ何かを残していくのも使命だと思います。

齋藤:早稲田としての自覚。早稲田と慶應にしかできないことってあるじゃないですか。早慶戦の舞台に、他の4大学の選手は立つことができない。その感謝の気持ちを大切にしてほしい。4年春にして再認識したんです。超満員の中でプレーできるのは、ものすごく幸せなことだと思いました。慶應義塾大学にも感謝したい。両校がそろって、はじめて早慶戦の雰囲気を作り出すことができるからです。

最近の齋藤くんは背負っているものが大きいからか、内に籠もるような感じがありましたが、ここでは慶應義塾にまで感謝していますし、他のところでもしきりに「感謝」という言葉を使っています。周りが広く見え、心に平穏さが戻ってきたようです。

そして、

齋藤:とにかく、全力で一生懸命やれば、勝利の神様が心を開いてくれると信じてやるしかないです。

無我の境地と、あくまで「神様」という言葉で自分が全能の存在ではない、逆説的ですが自分が小ささを知ったがゆえに、より人間として大きくなるといった段階に入ったように感じたのです。

更には今季の正捕手はどうやら勝手知ったる白川くん。これは本当に手強そうです。

まあもう少し眠ってくれていた方がうちとしてはありがたかったのですが、そういった強い斎藤くん、早稲田を倒した方が達成感も高いというもの。お互いの好勝負を是非期待していきたいと思います。

« カネと政治の問題? | トップページ | 珍しくこんな記事を見ました »

野球」カテゴリの記事

コメント

中央大学創立125周年記念試合(神宮球場)での
登板もなし。
(澤村君は先発したのに)

六大学オールスター戦も登板せず・・・

疲労なのか、「斎藤隠し」なのか?

4年秋は1年から出ずっぱりの斎藤君にとっては、
気持ちが高揚する反面、
4年間の肉体的、精神的疲労が心配。

打者高橋君もあと1本と迫った23号を
秋に1本打つのがやっとでしたから・・・

1年の春、ご両親のお隣で観戦。
ゆったりしたお父さん、明るいお母さん、
このご両親のお子さんだから・・・
と納得。

1年から4年まで全日本のエースであった選手が
過去いたでしょうか?
そのうえ、教職課程の授業も休まず・・・
文武両道のお手本。

最後、全勝でぶつかってほしい!

7年間親しんだWのユニともいよいよですね。
秋の闘いを200%観たい為に春は断念しました。
相撲で言えば、慶応は北の湖役か?

そういえば、土俵の鬼とリングの鬼がお亡くなりになりましたね。合掌。

いいインタビュー記事でしたね。
今季も手強い感じです。
そして4年生の意地が爆発する秋季リーグです。
早稲田投手陣,明治野手勢にミラクルボーイが出てこない事を祈ります!

塾高に勝った川和が初戦敗退、
桐蔭が初戦辛勝。

東海大相模、横浜は準々決勝まで
難敵揃い・・・

秋の予選はシードがないので、
いっそう読めません。

桐蔭の苦戦の一因は、
期末試験の直前で打撃練習不足とか・・・

どこも試験が入って大変ですね。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

どうも最近のマスコミの取り上げられ方はプロに行って成功したマー君と、大学で伸び悩んでいる佑ちゃんといった感じですね。まあ、マスコミの記者さんはずっと見ている人は少ないですから結果だけ追えばそう見えるんでしょうね。
彼の特筆すべき点は大きな故障もなく、1年春から活躍し続けていること、クオリティスタート率がやたらいいことだと思います。セルフコントロール術が高いと思うのです。ただ、周りの選手たちも含めて出来るかというと、まだの部分も。この2年間は彼にとって人間的に大きくなるために、辛いでしょうが、必要だった時期なんじゃないかなあと思います。このインタビューを読んで、更にそう思うようになりました。有終の美を是非とも・・・、と言いたいところですが、まあ下級生時代に美味しい思いを何度もしたのだから、あとのお楽しみはプロでと言うことでご勘弁をcoldsweats01

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

今週は早速遅い日が続いていたので、事務所に人がいなくなると、インターネット中継の慶早戦3回戦を大音量で流していました。結構はかどるんですよ。
で、解説が小宮山さんなのですが、まあ見事なくらいに早稲田サイドから見た実況と解説。山﨑君の代の時のTVKでの決勝の放送も、かなり相模寄りでしたが、それを遥かに凌駕していましたsweat01
そう考えると、確かに塾野球部は北の湖かも。確かにヒール役ですが、憎らしいほど強かったわけで、であれば今秋もそれにあやかって、是非とも憎まれてもらいましょうcatface

初代若乃花もそうですが、山本子鉄さんの思い出話しをする古館さんを見て、久しぶりに古館さんいい人だなあと思っていました。お二方のご冥福をお祈り申し上げます。

げんきさん

コメントありがとうございます。

さて、早稲田に出てきて欲しくないミラクルボーイは野手陣の方かな。やっぱり3本柱が揃っている投手陣と比べて、原君もいない野手陣は苦労しているように見えますからね。明治は確かに野手陣、法政も野手陣、立教は投手陣ですね。うちで出てきて欲しいのは伊藤君の前後を打つポイントゲッター。勝手な妄想では、
4湯本
6渕上
9竹内一
8伊藤
5山﨑
3松尾卓
7山口
2長﨑
1竹内大
なんですよね。多分この打順は見ることが出来ないでしょうけど。

斎藤君への辛口応援の早稲田OBからの
お誘いで神宮へ行くことに・・・

もしかして法政OBに見つかると
呉越同舟ということに・・・

昨日は東大のファインプレーに拍手する
仲ですから皆で野球を楽しんできます。

斎藤君、今日はゆるいボールで左打者を
ひっかけさせ、ファーストゴロ連発。
杉山君が守備で斎藤君を助けました。

3戦に共通するのは先発が崩れた方が負け。
(それもフィルダーチョイスが出た方が)

エースといえども切り替え時が大事。
不思議にもエースが代わったあと抑えている。

大石君も三嶋君もロングリリーフとなると
神通力が失われる。

早法慶とも立教戦が鬼門。
立教はオープン戦で東洋の乾を打ったとか・・・

東洋はエースが4人いるので
打たれれば、容赦なく早めに代えるのが強さの秘密。

いずれにせよ慶應が抜けているとは
早稲田、法政OBのお言葉・・・
白村君の台頭が一押しの理由みたいです。

http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20080426-352703.html

三嶋君と大石君の不思議なつながり・・・
早法のOBそれぞれから伺いました。

三嶋君のお父さんが福岡大大濠の4番。
三嶋君は大石君の後のエースに投球術を教えた。
三嶋君は春の大会で九州大会制覇。
ところが肩を壊してドラフトされず・・・
法政で1年でデビューしてプロのスカウトを残念がらせた。

大石君については三嶋君のお父さんが親しく、
アドバイスもしていたらしい・・・

三嶋・大石対決が早稲田法政OBで熱く語られました。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

斎藤君は天真爛漫というよりは、沈思黙考タイプのようですから、あれだけの立場で4年間を過ごすというのは、それはそれは大変なことだったのでしょう。その上で、4年間エースを張っていることの凄さを感じます。

法政の三嶋くん、今日は先発で好投しましたね。来年度以降はエースとなるのでしょうから、秋は今後先発で行くような気がします。

それにしても「東大のファインプレーに拍手」しながら見ることが出来ることは本当に素晴らしいですし、学生野球の醍醐味でもありますよねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/49333352

この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤くんの変化 ー大学野球秋季展望号を読んで:

« カネと政治の問題? | トップページ | 珍しくこんな記事を見ました »