天気予報

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

geotargeting

« H22東京六大学秋季リーグ戦 対立教大1回戦 | トップページ | H22東京六大学秋季リーグ戦 対立教大2回戦 »

とんでもないとはこの人のこと?

この人に付ける薬はないのでしょうか・・・?

「私なら温家宝首相と腹割って話し合えた」鳩山氏が首相を批判 産経新聞 9月25日(土)22時14分配信

 鳩山由紀夫前首相は25日、沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖で中国漁船衝突事件に対する政府対応について「私だったら事件直後に、この問題をどうすべきか中国の温家宝首相と腹を割って話し合えた」と述べ、政府の対応を批判した。視察先の京都市内で記者団に語った。

 この中で鳩山氏は、自身が首相だったときに温首相との間にホットライン(直通電話)を構築していたことを明かし、「ホットラインは菅(直人)首相にも引き継がれている」と述べて、事件後、菅首相が温首相と直接対話を怠ったのではないかとの見方を示唆した。

 中国側の賠償要求には「日本側の主張が正しければ賠償要求などどいう話は論外」と批判。ただ「事実関係で見えていないところがある。国民や中国側にしっかりと伝える責務が(日本政府に)ある」と、政府の説明不足を指摘した。

 那覇地検保釈決定についても「国民の中に釈然としないものが残っている。(政府から)何らかの働きかけがあったのかも含めて、事実は事実として真相を国民に知らせる責務がある」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100925-00000593-san-pol

この方に、こういった問題は貴方が引き起こした普天間を巡る日米同盟の揺らぎから来ているんだってことを誰か教えてあげてくれませんか?

確か、海兵隊の抑止力は勉強して理解したって言っていたように思うのですが。

首相「海兵隊が抑止力と思わなかった」


また、もう片方の方は毎年年末になると、国権の最高機関と前首相がおっしゃっていた国会の審議を投げ打ち、中国詣でを繰り返していた豪腕と呼ばれる元幹事長も何をされていたのでしょうか?

日中友好への思い、数十万の旅費も… 無意味だった大訪中団

更に今の内閣の一番の実力者と言われれている仙石官房長官はこの件に関して、

検察判断で釈放決定、政府は追認…官房長官

民主党政権の一つの特徴は、大事な問題になると「自分がこう決断した」と言う人が誰一人いないことです。普天間しかり、今回の問題しかり。考えがそれぞれ違うのは当然ですが、政治家が責任を取らなくてどうするのでしょうか?いわゆる歴史の法廷に立つ覚悟が出来ているとはとても思えません。ちなみに政局の時は良く出てきていた山岡さん、松木さんは今どこにいらっしゃるのでしょうか?

やはり政局のみが大事で、国益や政策に重きを置かない政権は本当に困ったものです。

« H22東京六大学秋季リーグ戦 対立教大1回戦 | トップページ | H22東京六大学秋季リーグ戦 対立教大2回戦 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

さすが!!ヤフーのトップにも出ていたので、コメントしようかなと思っていたら。。。

ひとまず、この方の事を考えると目覚めが良くないので。

ハハハ
笑うしか無い感じですね


退陣した元首相はでしゃばるべきでないと言うたでないですか、あなたは。

中国を見習うべきは、その外交センスとインテリジェンス。
「腹を割って話す」「友愛の海」
およそシナリオを描けない無能力。
とてもORの専門家とは思えない。

これで小沢首相、田中外相が実現したら
中国の属国になる。

協力案件で中国のために調査しているゼネコン社員の逮捕。
まるで北朝鮮と同じヤクザだ。

珍しくこの事件については
マスコミ、新聞、週刊誌、与野党が一致しているのは
「平和ボケ」覚醒のためにはいい。

ただし、このような国だけに
ゼネコン社員を死刑にしかねないので、
ただ怒っているだけでは解決にならない。

自民党も腰ぬけ呼ばわりせず、民主党と一体となって
対中戦略を考えてほしい。

「そんなの関係ねえ」では済まない事態になってきてしまいましたね。文藝春秋2008年季刊夏号「日本人へ 私が伝え残したいこと」を読み返しています。日本と日本人を沈没させないためにも、我々一人一人がどう考えてどう行動するか?が試されているような気がします。本当の意味での平成維新実現にはやはり30代を中心にした新しい日本人の方々の熟慮と果敢な行動が不可欠なはずです。そういえば、明治維新当時の福澤先生も確か20代でしたよね。

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

確かに寝付きが悪くなると言うかなんというか・・・。

文藝春秋の今月号で渡部恒三さんが彼の事を散々に言っていたのには違った意味で驚きましたが。

げんきさん

コメントありがとうございます。

ハハハ
本当に笑うしかないですね。

逆説的ですが、やはり総理は総理らしい人がならないと大変な事になりますね。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

「自民党も腰ぬけ呼ばわりせず、民主党と一体となって
対中戦略を考えてほしい。」

全くその通りだと思います。なぜこういう時に超党派で解決しようとしないのでしょうか?日本の政治家(屋?)達は。

協力案件で訪問していた自国民を捉えられてここまで何も言わない国というのは、なかなか無いのではないでしょうか?ちょっと前でも「男 山村新治郎 」とか言ってハイジャックの飛行機に乗りに行ったりした政治家もいましたが。

この事件が何かを考える契機になってくれればいいですね。

kktfさん

コメントありがとうございます。

全くおっしゃるとおりで、結局

「日本と日本人を沈没させないためにも、我々一人一人がどう考えてどう行動するか?が試されている」

わけで、そのためにも

「30代を中心にした新しい日本人の方々の熟慮と果敢な行動が不可欠」

だと思います。

自分もその30代なだけに、身につまされる思いです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とんでもないとはこの人のこと?:

« H22東京六大学秋季リーグ戦 対立教大1回戦 | トップページ | H22東京六大学秋季リーグ戦 対立教大2回戦 »