天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« とんでもないとはこの人のこと? | トップページ | 今の中国と大正・昭和初期の日本 »

H22東京六大学秋季リーグ戦 対立教大2回戦

2回表は、三者凡退。

2回裏も三者凡退。初回は共に塁を賑わしましたが、こも回は落ちつきました。

3回表は、怪しい外野の守備もありましたが、三者凡退。

3回裏、先頭の福谷くんがエラーで出塁しましたが、1死後湯本くんのダブルプレーで結果的に三人で終わりました。

4回表も三者凡退。福谷くん、投げ方が安定しています。

4回裏も三者凡退。投手戦が続きます。

5回表も三者凡退。ここはガマン比べですね。

5回裏は、2死から長崎くんが出塁しましたが、無得点。

6回表は、先頭の打者を出しましたが、後続を断ち、無得点。

6回裏は、塾野球部も先頭の渕上くんが出塁しましたが、無得点。

7回表は、三者凡退。

7回裏は2死3塁としましたが、無得点。

8回表は、1人ランナーが出ましたが長崎くんが盗塁を刺し、結果的に三人で終わりました。

8回裏は、三者凡退。

9回表も三者凡退。

9回裏は、クリーンアップでしたが、敢え無く三者凡退。プロ併用日のため延長は無く、0-0の引き分けとなりました。

で、感想ですが、

1)今日はお互いの投手を褒め称えるしかないですね。福谷くんは東大戦、立教戦を見ていると試合を作るということに重点を置いて投げているように思えます。この夏で随分と大人になったなあと。そのためか球速は144km/hくらいに抑えていましたが、ストレートも変化球も同じようなフォームで投げることが出来、コントロールも良かったので、安心して見ていられました。ただ、腕を振り切らずにボールを置きにいっていることもしばしばあったので、いつも腕を振り切ることは忘れずにしてもらいたいですね。

2)対する立教の小室くんも、内外角をうまく使い分け、緩急を使い分け、塾打線に的を絞らせませんでしたね。なんだか竹内君を見ているような気分でした。

3)そんな小室くんを攻略する上で、もっと足を使ってみたかったですね。ポンポンと点が取れている時はいいですが、1点2点を争う場合であればセオリーに忠実に行った方がいいと思います。つまり1アウトで3塁までどうやってランナーを進めるかです。そのためには長打で出塁して進めるか、単打や四球で出塁してもう一本繋げるか、もしくは盗塁で次の塁を奪うかです。そのことは野村くん、西嶋くん、加賀見くん、斎藤くん、福井くんの誰に対しても言えることだと思います。次の試合は是非1死3塁を!

4)伊藤くんの見逃し方が余り良くないですね。これは第三打席の時のものです。ちょっと多いですがご覧下さい。

_dsc2497

_dsc2498

_dsc2499

_dsc2500

_dsc2501

_dsc2502

_dsc2503

_dsc2504

_dsc2505

_dsc2506

_dsc2507

_dsc2508

_dsc2509

_dsc2510

_dsc2511

_dsc2512

_dsc2513

_dsc2514

_dsc2515

_dsc2516_2

見ての通り、左足に重心が乗っておらず、前にスウェーしてしまっています。遅かろうが変化しようが落ち着いて、左足に重心を乗せて、しっかりと打てるようになれば、また大活躍してくれることと思います。


1勝1分けとは、先週の法政と全く同じ展開。ということはやはり今度の多分岡部くんをしっかり捉えることが必要になりますね。早稲田が法政、明治から勝ち点を挙げていることを考えると、今度の試合はしっかりと取っておきたいところ。頑張れ!塾野球部。

« とんでもないとはこの人のこと? | トップページ | 今の中国と大正・昭和初期の日本 »

野球」カテゴリの記事

コメント

リーグ戦の最大の難関は立大2回戦。
立教は速球に強い。
慶應の4番伊藤君は左腕技巧派に弱い。

早稲田よりも慶應にとっては強い相手。

福谷君は技巧派に変身。
しかし伊藤君は
渕上君のような器用なバッティングは出来ませんでした。

早稲田、明治、法政は長打力がないので
相手の守備が浅い。
その浅い守備のゆえに長打になったほうが得点。
今日の、早稲田、明治の失点は、
立教、慶應並みの深い守備であればなかった。

伊場君の当り、立教は深い守備で外野フェンスに
ぶつかって捕った。

今日の引き分けは大きい。
もし小室君が初戦先発だとヤバイと思っていたので。

それにしても小室君、西嶋君、
左腕技巧派対策が連覇のカギ!

明治の荒木君のスタメン落ちにビックリ。
戦力もだいぶ変わりましたね。
伊藤君は、春も最初悪かったですからそんなには気にしてないですけど。
明日はお天気が一番心配ですね。天気次第で火曜の行動が。

追記・明治のウェーブ応援はなかなかよかったですよ。

今日の雨は痛い。
明日は小室君でしょう。

1敗してもいい、という余裕は禁物。
2季負けているのですから。

慶應も福谷君で行くか?

先発が読みにくいので打線も?

今日は試合開始を30分遅らせれば出来た・・・
明日も雨・・・
ということは水曜になります。
そしてタイになると翌週以降・・・

気の毒なのは東都。
木曜も雨の予報なので1日しか使えません。

プロ併用日の延長なしも日程消化に障害。
東都は神宮第2を緊急の場合、使えるのでしょうか?

高校野球、東都2部との関係で難しいのかも・・・

文武様

参考ながら、過去の日程を見てみると…
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/schedule.php?YEAR=2009&SEASONID=01&LEAGUEID=01

松本君のブログです。

朝から降りしきる雨。でも試合があると信じて神宮のロッカーに集った選手たち。そこに入ってきたのは主務の石井。そして告げられる無情の中止宣告。

あの試合、松本君は最後、代打で出る予定だったみたいなので、
今日こそは・・・

でも今日も無理みたいです。
今日は神宮まで行かせて中止にならないように、
選手も私も・・・

連盟のサイト、10:30更新。二時からとか。ちなみに、今は、都心を除いた各地に大雨警報がでてますがrain
国体は、打ち切り決定wobbly

打ち切りではなく、準決勝・決勝はやらない。大分国体同様。

明日ダメだったら…

小室先発でなく、勝てる!
その通り、伊藤爆発で4対1

ところが敗色濃厚の3人目、小室が出てきて
伊藤三振、三振、内野フライの間に
4対4.

小室は左は打てない。
山口、代打青山、代打宮本のヒットは右。

10回無死1塁で福谷に打たせたのは、
渕上、湯本が続くからか?

明日、小室先発だとヤバイです。

10回ではなく12回でした。
伊藤君左腕対策、緊急に。
福谷君打たれたあと竹内さんにフォームチェックされ
後は抑えました。

明日、白村先発見たい。

「立教戦に“黒酢”」を思い出し、昨日スーパーに買いに行ったら
黒酢のとなりに“紫のおいしい お酢”なる飲料が。
紫芋のお酢だそうです。
メーカーはヤクルト。

神宮で立教と戦う際のうってつけのアイテムと購入し、今朝それを飲んで出勤しました。

効能は如何ほどか。

確か強打者でありプロもあったのに
銀行マンになった選手ですね。

立教とはいつももつれますね。
日程消化できずに
1試合翌週になったことも・・・

今日の結果によっては?

小室対策で1、3番右にするか?

1番から3番まで・・・

志木高、ベスト8進出sign01

待望の白村先発!
1,2番を球威で打ち取り順調。
田中君に死球でおかしくなり結局
2回6四死球。

伊場君のエラーが痛く大量点に。

小室対策に起用された伊場、松本君は
打棒では貢献したが、守備が不安。

小室君が出てくるまで左を出せない。
結局小室君は8回に出てきて、2回を
完封。

来週は間違いなく小室先発。

伊藤君が打たないと勝てない。
何んとか対策を!

3本目の柱として白村君が育ってほしい。
今日はコントロールを意識しすぎて
かえって手投げになっていた。

法政、立教ときつい日程。
投手4人ではきつい。
今日は最後に竹内君に代打を出したが、
もし奇跡の同点になったとしたら・・・
投手がいなかった。

法政の7人は多すぎだが・・・

白村くん先発という情報を得て、時間をやりくりして見に行ってきました。

文武両道さまもいらしていたのですね。

顔見知りのチア部員、應援指導部員、野球部員に挨拶されて、試合展開的には苦しかったけど、居心地はよかったです。

今日の続きは来週火曜日だそうなので、また応援に行きます!

白村君は結果を恐れず
150キロのボールをビシビシ投げ込んでほしい。

相手が立教だから打たれたわけではない。
東大のときの投球なら打たれるはずがない。

あのときはボールが1球もなかった。
ストレートも変化球のストライクだった。

小室君を初戦で使えば、
立教は明治、早稲田に勝てる。

法政が勝てたのは立教が小室君を代えたから。

「小室君はどこも打てない。」
(一緒の見ていた塾野球部OB)

小室君は西東京で日大三と接戦し、都立の星
と言われた逸材。

ストレートも変化球もストライク

昨日は、上りに乗れば神宮。下りに乗れば上尾。迷った末に下りに。一時間に一本くらいしかないバスに乗りなんとか開始に…と思いきや、前の試合が延長。しかも引き分け再試合coldsweats01明日以降の天気を考えると、火曜はまた天秤か?!(もしかしたら埼玉の関東代表決定戦が) 
ちなみに、休みですpapershine

神宮だったら、外苑経由でflair

慶大1年生右腕、苦い初先発…2回途中5失点 スポニチ
 【慶大2―8立大】慶大の1年生右腕白村は、初先発したものの3連続四球で勝ち越し点を与えるなど、二回途中5失点でマウンドを降りた。期待する新戦力の乱調に、江藤監督は「経験がないと勝てない。まだ本物じゃないということ」と淡々と話した。

 リーグ戦初登板となった今季の東大戦で好投したが、この日は制球が定まらなかった。一回は2死後、死球をきっかけにして先制点を奪われた。交代を告げられると、うつむいてベンチに戻った。 【試合結果】

[ 2010年09月29日 18:16

白村はいい経験させてもらった。彼の授業料はいつも高い。

上田さんの言葉、きっと後で花咲く、という意味。

宮本君は投手だったんですね。
立教戦では小室対策でまたスタメンでしょう。
立教5回戦では控えの右打者をスタメンに・・・
金田君、青山君、宮寺君も・・・

右をずらりと並べてベースに近く、前に立って
外のボールを左にひっぱたく・・・

志村君や中林君、加藤君
塾には左の名投手がいて相手を苦しめてきましたが
こちらの打者が左腕に苦労することは
初めてでは?

http://www5.nikkansports.com/baseball/yajima/001/20100927_98857.html

加賀美君も苦労したんですね。
白村君も150キロであくまで挑んでほしい。

伊藤君との対決も楽しみです。

塾の野球部OBの見方では、
小室君のボールの出所がわからず
伊藤君はタイミングを計れない・・・

渕上君のようにボールを拾う感じで
センターの前に落とすしかないとか・・・
やはり立教戦のほが心配のようです。

松本君のブログを観て安心。
きっと彼が白村君を育ててくれます。

さて、ぼくにとって一昨日は本当に忘れられない日になりました。
リーグ戦初スタメン。
しかし、初先発の白村をうまくリードしてやることができず、そして自らもミスをしてしまい非常に悔しい試合になってしまいました。寮に帰ってから、ああすればよかった、こうすればよかったとビデオを見ながら何度も反省しました。せっかくグランドに見に来てくださった方々にいい試合をお見せしようと燃えていたのですが、ふがいない試合になってしまい申し訳ありませんでした。ただ、この経験はぼくにも白村にもその他のピッチャーにも野手にもとても貴重なものになりました。将来のKEIOの大エースの公式戦初先発は少しほろ苦いデビューとなってしまいましたが、あいつはきっと成長してくれると思います。ぼくは残りの選手生活をかけて白村に大エースになる自信をつけさせてやりたいと思います。きっともう一度彼は先発マウンドに戻ってきます。彼が投げる150キロの高速ストレートをさらに後押しするような温かく熱いご声援をこれからも送ってやってください。宜しくお願いします!

今日は白村君が外れました。
伊藤君、後遺症なのかチャンスに2度凡退。
9回先頭でヒットしましたが伊藤君が返す展開でないと
勝てません。

春も初戦負けていますから・・・
ここまでは同じ展開。

今日は左をずらりと並べましたが
加賀美君の緩急にはまってしまいました。

竹内君は1発のほかは満点でした。

とにかく六大学も紙一重・・・
東都も2部落ちの危機の青山が東洋に勝ちましたから

春のように打線が固定するようになると強いのですが・・・
明日の福谷君、とにかく先に点をやらないように。

東大が鈴木君の好投で
斎藤、大石君を打ち崩し・・
あと1回、頑張れ東大!

東大に鈴木、立教に小室
野球は投手です!

東大快勝!

東大、勝ちましたねぇ!
今年は本当に混戦なんですね。
塾野球部も明日は頑張ってほしいですね!

サンスポ速報!

 東京六大学野球秋季リーグ第4週第1日(2日、神宮球場)早大の斎藤佑樹投手が東大戦に先発登板し、7回を投げて5安打3失点と乱れ敗戦投手となった。六大学通算30勝目はお預けとなった。早大が東大に敗れるのは2005年秋季リーグ以来10季ぶり。

 早大は二回、渡辺の内野ゴロの間に1点を奪い先制。三回にも市丸がセンター前に適時打を放って追加点を挙げた。しかしその裏、斎藤は四球と犠打で一死二塁のピンチで東大の9番・山越に二塁打を浴び、さらに高山にも適時打を打たれて同点とされる。

 その後は援護がないまま我慢のピッチングが続くが、六回に一死一、二塁から舘に右前勝ち越し適時打を許し勝ち越される。結局八回の一死二塁のチャンスで代打を送られたものの、チームは得点を奪えず降板。さらに2番手の大石もワイルドピッチの間に1点を奪われて差を広げられた。

 東大は先発の1年生・鈴木が序盤に2点を失ったものの、その後は立ち直り見事な完投勝利。東大は東京六大学リーグでは08年に法大を破って以来4季ぶりに勝利を挙げ、連敗を35で止めた。

早稲田からの勝利は2005年・秋。あの試合以来とは。偶然見ていた試合。しかも1-0だったのでインパクトは強かったです。

さて、オレンジもらっきょも食していないことにざんげをし、今夜はカレーを食しながらオレンジジュースでも。。

塾高の部長様が大宮まで来られていたとはびっくり。負けてしまいましたが、確か鷲宮の投手はあのヤクルトの弟さん。夏はアベック出場に期待!!  確か23日に日吉台で。。。(ちゃんとWEB上に掲載されているので)

http://6116.teacup.com/keioshiki/bbs/240

訂正・昨日は両エースは。。。
http://d.hatena.ne.jp/saitamabbc/20101002/1285996953

ひじ痛とは。あせらず治して欲しいです。

2死一、三塁のピンチを背負った。それでも気落ちせず、速球を4球続けて三振に取り切り抜けた。「コントロールが悪いときに(球を)置きにいって打たれている。強く投げて打ち取れたら」と、力勝負を振り返っていた。

日刊スポーツでの加賀美君の言葉。
明日の福谷君にも期待したい。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

ここまで来ると話題が多岐にわたってしまっているので、ここは敢えて4戦目までの小室くんと、白村くんについて。
小室くんはは本当に良かったですね。自分が感心したのは初球と2ボールの後にはかなり高い確率でストライクを取っていたこと。その結果かなり有利に駆け引きができていましたね。後は内角いっぱいに投げるコントロール。あれだけ塾野球部の選手たちがホームベース寄りに立って内角を消そうとしていたのに、お構いなしに内角にしっかり投げ込んで詰まらせていました。あれを見ると投手にとってコントロールは重要な要素だなあと。更に緩急もついていました。お手本のようなピッチングでしたね。プロの中継を見ていても直球が140km前後のことって多いです。ただの速球より、キレがあってコントロールされたボールの方が威力があるのでしょう。

白村くんは入れ込みすぎると訳がわからなくなってしまう悪癖が出たようですね。山形くんもそのきらいがありますが、これは慣れていくしかないんでしょうね。俺のボールはこんなに通用するんだぞ!と思うか、ちょっとボールが続いても、まあよくあるよな。自分って。みたいに客観視出来るようになるかなんでしょうね。体格、持っているボールを見れば明らかに白村くんの方がスケールが上ですが、結果は小室くんの方が全然上というのも面白いものですし、だからこそ白村くんを始め、いろいろな投手にとっても上の目指し甲斐があるんでしょう。

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

さて、いろいろな情報ありがとうございました。

独白に「部長のメール速報に授業どころじゃなかった」って書いてあるのを見て、クスッと笑ってしまいました。やっぱり監督も一ファンみたいな気分になるんですね。

志木の彼もまずは肘をしっかりと治して、春以降の活躍に期待したいですね。

神宮通いさん

コメントありがとうございます。

験担ぎをついには六大学ブログで公募するくらいにまで
なってきましたね。恐るべし、験担ぎ。
でもそんな結果、立教からも何とか勝ち点をもぎ取ったわけですし、紫の美味しい酢も効果がありましたねhappy01

さあ、明治は逆に色々なネタがありすぎて、どれにしょうか悩みますねcoldsweats01

フレフレ少女さん

コメントありがとうございます。

段々と神宮にも浸透されてきましたねconfident
神宮のあの華やかな雰囲気もまたいいものじゃないですか?

白村くんはあの危うさが一種の魅力なんでしょうね。「高い授業料」、さすがいつも見ていらした方は言う言葉も違いますね。

また、神宮でもお会いしましょう!

あごらさん

コメントありがとうございます。

東大勝ちましたね!
六大学ブログにこんな記事も。

DEJA VU

さてさて、DEJA VU = 既視感 のことですね。

昨日、早東3回戦に負けて、まさにこれを感じました。
<H20秋>
第1週 明大 ××
第2週 早大 ××
第4週 慶大 ○××
第5週 立大 ××
第7週 法大 △×○×

<H22秋>
第1週 慶大 ××
第2週 明大 ××
第4週 早大 ○××
第5週 立大
第7週 法大

今日立大に×ですから、まだ全く一緒です!

ということは・・・、

法大 △×○×・・?

そうなれば本当に面白いですねhappy01

明治が勝ったので塾の自力優勝の可能性が出てきました。
法政が勝ち点をとれば残りが東大戦のため自力優勝は絶望。
早稲田が東大に負けたので4連勝すれば優勝。

それにしても今日の小室君は酷かった。
ほとんどスリーボールで四球連発。
鈴木君は初回の記録上ヒットでの得点のほか
追加点もすべてエラーがらみでかわいそう。
東大の走塁ミス、エラーがなければ・・・・

立教OBの話では小室君はもともと本格派。
今日は140キロ近くの直球で押しまくって
ノーコンだった。

やはり先発にまわると欲が出るのでしょうか。
せっかく早稲田戦に期待しているのに・・・

まず西嶋君に期待しましょう!

西嶋君が法政に3連続2塁打されました。
法政は落ちるボールをバットに乗せるように運びました。
伊藤君、参考になるでしょう。

明治が明日勝てば自力優勝の可能性。
法政が勝てば法政の優勝が濃厚。

立教の岡部君、田中君の復活は
早稲田戦には心強い。

明日、野村君の快投に期待します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/49566328

この記事へのトラックバック一覧です: H22東京六大学秋季リーグ戦 対立教大2回戦:

« とんでもないとはこの人のこと? | トップページ | 今の中国と大正・昭和初期の日本 »