天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 政局至上主義の党体制 | トップページ | 坂の上の雲旅行2日目その1 »

東京六大学野球オールスター戦 @坊ちゃんスタジアム(松山)

試合開始は18時からです。

ではどうぞお楽しみ下さい。

« 政局至上主義の党体制 | トップページ | 坂の上の雲旅行2日目その1 »

野球」カテゴリの記事

コメント

小倉のリベンジ、
投手陣は早稲田を抑えたようですね。

早稲田打線は小倉での爆発以外、
オープン戦でも沈黙していますが・・・

斎藤君だけ投げなかったのは?
松山のフアンは残念がっているのでは?

まさか8回までだったので、
小倉のときと違ってにラスト1イニングが
足りなかったとか?

東京六大学オールスター戦開始 早大・斎藤らが出場
(共同通信の試合直後の配信)

 野球の東京六大学オールスターゲームが28日、松山市の松山中央公園野球場でナイターで試合が始まった。同リーグの現役選手によるオールスター戦は初めてで、春季リーグ1位慶大、4位立大、5位法大による「チーム坊っちゃん」と、2位早大、3位明大、6位東大による「チームマドンナ」が対戦。

 松山中央公園野球場は2000年に開場。09年に日米大学選手権や、オール早慶戦といった学生野球の大会を続けて開催したことがきっかけになり、同球場の開場10周年を記念して開催となった。

 チームマドンナの主将を務める早大の斎藤佑樹投手は試合前に「初めての経験なのですごく楽しみ。他大学の選手と交流を深めて元気なプレーを見せたい」と話した。

うわっ!本当だ!!松山のゆうちゃんファンはがっかりだろうな。。。
さて、夏の甲子園決算号に紛れて…というのはジョークで、秋季リーグ展望号もでましたね。あのプロ注目といわれたあの投手も16番をつけて!!
ところで、春の優勝チームってどこだっけと思わせる構成に少し不満です(涙) でも早慶6連戦の特集もあるし、伊藤君の記事もあるから…。

勝ったチーム坊っちゃんを指揮した慶大の江藤省三監督は「勝負事だから勝ちたいという気持ちで選手はやっていた。大学野球が低迷し注目が低くなっている中で成功したと言える」と話した。

サンスポ、報知、同じ文面(たぶん共同通信配信でしょう)

法政が1年の河合を3番に起用。
慶應は伊藤、竹内、山田の中京トリオが
面子にかけても法政には負けられない。

塾高の投打の新戦力がこれに加わる。
(山崎、白村、鈴木)

早慶とも法政戦がカギ。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

今回早稲田は杉山君を出していませんから、まだまだ評価はしづらいですが、打線は余り好調でないのかも知れませんね。斎藤君はもしかしたら疲労かも知れませんが、ここ松山は済美があるところで(車で10分かからないような場所です)、福井君を3回まで引っ張ったことが原因かも知れませんね。写真にも手持ちぶさたに1塁コーチボックスでシャドウピッチングをする斎藤君の姿も載せておきました。

法政は多木君が振れていましたね。また走塁もソツ無く、雪辱を狙っているのでしょう。また立教の打者も振れていました。この2校が鍵になりそうですね。

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

まあ世の中では表紙の通り、斎藤君の「神宮集大成」なんでしょうから。ここで押さなくていつ押すんだ!って感じなんでしょう。

16番の子、野球部のHPの写真を見る限り右手を畳んで投げることは止めたようですね。肩、肘のためにも良かったのかなあと。

秋季リーグももうすぐなんですね。

六大学HPの有望選手インタビュー
伊藤君が決意を語っています。

全日本の4番としてのプライドが
感じられます。
大森、高橋に続く全日本4番。

伊藤君にとっては苦手の東大戦
をどう乗り切るか(笑)

立教はオープン戦でも打撃好調で
早慶が勝てなかった東洋、青山に打ち勝っています。

どの試合も8点以上とっているので
恐るべき破壊力。

いきなり法政にあたる早稲田、
2戦目に立教に当たる慶應、

どちらも序盤の関門ですね。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

さて、伊藤くんのコメント、簡潔にして自覚が感じられる内容でしたね。彼のバッターボックス内での揺らぎの無い精神は見ていて頼りになるなあと思いますよね。秋も期待ですね。

自分も立教の各打者の振りの鋭さを見て、立教は大きなライバルだと感じました。これで仁平くんまで復活するとかなり厄介でしょうね。

ちなみに、白村くんが戦力として数えられているようですね。もしかすると、1戦目竹内くん、2戦目白村くん、抑え福谷くん、田中くんで臨むかもしれませんね。そこに菊池くんだの田村くんだの只野くんだの山形くんだの山田くんだのが絡むと思うと鼻血が出そうですimpact

早稲田スポーツのオープン戦記事、
いつも楽しみにしていたのですが、
何故か現れないなあ、と不思議に思っていたのですが、
今季は野球部からの申し入れで
不掲載ということに・・・

それだけ本気モード、
あるいは不安?

早稲田スポーツの記者さんたちと
ネット裏で情報交換するのを楽しみにしていたのですが、
もしかしてリーグ戦に入っても?

松本君のブログは本当にいいです。
今日は、江藤監督の素晴らしい教育!

この年になっても
教えられます。

管理人さんの引き出しの多さ、
懐の深さにも・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/49276100

この記事へのトラックバック一覧です: 東京六大学野球オールスター戦 @坊ちゃんスタジアム(松山):

« 政局至上主義の党体制 | トップページ | 坂の上の雲旅行2日目その1 »