天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

お引渡し

お引渡し
やはり雨より晴れの方が気持ちが良いものです。

今日の予報は雨だったのでどうかなあと思いながら現場に向かいましたが、見事に晴れました。

監督さんに

「よく晴れたね!」

って言ったら、

「私の日頃の行いが良いですから」

とのこと。まあ、そういうことにしておきましょう。

晴れてくれて本当に良かったです。お施主様もきっと喜んでいただけることでしょう。

報道のイメージと実際 -浅田真央選手対キム・ヨナ選手-

先ほど投稿したオリンピックの記事。浅田真央選手も安藤美姫選手も鈴木明子選手も本当によく頑張ってくれたと思います。

さて、報道の中でずっと言われていたイメージが

「浅田真央選手はリスクを冒してハイレベルの技に挑戦し、キム・ヨナ選手は今できることをしっかりと完璧にこなしている」

というものでした。

で次に掲示するのが、実際の今回の採点表です。

まずはキム・ヨナ選手

1_3


続いて浅田真央選手

2_2


実は浅田選手のトリプルアクセル+ダブルトゥーループは基礎点9.5点ですが、
キム選手のトリプルルッツ+トリプルトゥーループは基礎点10点と、コンビネーションジャンプでキム選手の方が基礎点が高い構成だったのです。

2番目のコンビネーションジャンプも、浅田選手のトリプルフリップ+ダブルループが基礎点7点に対して
キム選手のダブルアクセル+トリプルトゥーループは7.5点。

3連続ジャンプも、浅田選手の構成が(多分)5.5点に対して
キム選手の構成では6.3点。

つまり、全てのジャンプで0.5点ずつ上積みしている構成でキム選手は勝負していたのです。これは、浅田選手をはっきりと意識した、浅田選手に勝つためのプログラム構成だったように見えます。まあ、そこまでフィギュアスケートに詳しいわけでもないのですが・・・。

つまりこれを見る限り、「キム選手が完璧に演じてしまうと、浅田選手が勝つのは極めて難しい」プログラム構成だった訳ですね。

この点は余り報道は触れていませんでしたね。勿論トリプルアクセルという技の難易度が他の3回転より高いと言うことは、わかります。実際トリプルアクセルの基礎点が8.2点に対して、トリプルルッツだと6.6点ですから。
でも、他の構成面も解説してくれていたら、もっとわかりやすいのにとも思います。

神宮通いさんがコメント欄で言い得て妙なことをおっしゃっていました。

試合前、劣勢を伝えながらも望みを託したものの 「やっぱり・・・」 昨春までの慶早戦後の気持ちに似た感覚です。

確かにこの瞬間だけを見ると、巨大戦力の早稲田に立ち向かう塾野球部のようなものだったのですね。

昨年までは逆に浅田選手が完璧に演じれば勝ちという状態でしたから、今季のこの結果はキム選手の成長とプログラム構成がすごかったということなんでしょうね。

逆に言えば、来季以降浅田選手もそうなることが出来ると言うこと。是非とも頑張って欲しいですね。

でも銀メダルと言う結果より、真央ちゃんにとって悔いが残ってしまう結果になったことが、なんだかとてもかわいそうに思ってしまう気持ちも大きいですね・・・。


長かったというかあっという間

Mao
(From nikkansports.com)

今たまたま移動中のため、フィギュアスケートの女子フリーを見ていました。

物事に臨む時、それが高いレベルになればなるほど、気の遠くなるような長い道のりを歩いてきているのでしょう。

浅田真央選手の演技後のインタビューの冒頭、タイトルの言葉を言った後、しばらく絶句していました。とても深い言葉だなあと思います。

横浜高校の渡辺監督は、練習をたくさんしたからと言っても必ず勝つわけでもないと言った後、選手たちには「人生の勝者たれ」と説いています。

あっという間の中で終わってしまい、何が足りないのかを必死に自問自答しているかのような表情をしていた浅田真央選手。この舞台に辿り着くために険しい道を歩み、演技後感極まった鈴木明子選手。トリノの時とは比較にならなくらい精神的な成長をし、今の自分の力を出し切った安藤美姫選手。三者三様の姿にいろいろな人生を感じました。

浅田真央選手の口をキッと結んだ表情を見て、アナウンサーはキム・ヨナ選手に負けたことを受け止めていると表現していましたが、多分彼女は自分に負けたことを受け止めているのだと思います。そして自分に対する思いがあの涙になったのでしょうね。見ていると切ない気持ちにもなりますが、それを乗り越えていこうとする過程にこそ、意味があるのでしょう。浅田真央選手、この経験を大切に大切にして欲しいですね。

スポーツって、やっぱり本当にいいですね!頑張って生きていこうと思える活力をもらえる気がします。

(ちょっと加筆してみました。2/26 21:12)

電車で優先席しか空いてなかったら、座る?


ブログネタ: 電車で優先席しか空いてなかったら、座る?参加数拍手

取り敢えず気分転換にコネタマ投稿をしてみようかなと。

今回のお題は「電車で優先席しか空いてなかったら、座る?」とのこと。

座らないですね。っていうか、空席がたくさんあっても優先席には座れないんです。なんか据わりが悪くて。

それより、自分が座っていて目の前にお年寄りが来た時が困りますね。

いや、明らかにお年寄りなら特に問題はないんです。

問題なのが、どちらか判断に迷うような人。

もちろんこちらは譲る気満々なんですが、人によって「年寄り扱いしおって!」と不快になる方もいらっしゃいますから・・・。

思いやりと、その人の自尊心。うまくバランスを保っていきたいですね。

あなたの平日の睡眠時間は?


ブログネタ: あなたの平日の睡眠時間は?参加数拍手

最近コメントの返信も記事の更新も滞っていてしまって、申し訳ございません。そんな時にもコメントを下さったり、有用な情報をいろいろと教えていただいている方、何かとご覧頂いている方、本当にありがとうございます。

さて、そういった訳でコネタマくらいは書こうと思って見てみたら、こんなお題が。

ということで、今回のコネタマのお題は「あなたの平日の睡眠時間は?」とのこと。

最近は本当に遅く帰り、早く起きる生活が続いているため、4時間ちょっとですね。

でも4時間というのは実は前もそんな日はよくありました。

大きく違うのは、それでも帰ってきてすぐ寝ている結果であり、また1週間に1日の休みも取れない週が続いているということ。

これだと、何だか気持ちの切り替えがつかないまま、また次の週が始まってしまうという流れになり、なんだか頭が重いような感じになってしまうんですよね。

やはり、最低1週間に1回は休みを取るように心がけないといかんですね。

大体4月からは球春を迎えるので、せいぜい野球観戦の時間は取れるようにスケジューリングをもう一度考えてみます。

みなさんはどれくらい睡眠時間を取るものなんでしょうか?

帰りましょう

さすがにこの時間になると、頭もクラクラしますね。

でも、一つ一つの現場にじっくり思いを馳せると、どうしてもこんな時間になってしまうんですよね。

で、気付いたら自分が設定したサーバーダウンの時間となり、敢えなく仕事もここまで。

そろそろ会社を出ようと思います。

ちょっと嬉しかったこと

ちょっと嬉しかったこと
今日はこれからちょっと現場に寄ってからプランニング中のお客様と打ち合わせをして、夕方は上棟式という一日の予定。

そんな中、お客様との打ち合わせ用にシュークリームを買いに家の近くのケーキ屋さんに立ち寄りました。

そこでいつものようにパティシエの森下さんと

日曜日なのに仕事で大変ですね。

いやいや、それはそちらも同じですよ。

みたいなお話しをしている中で、

打ち合わせ用にシュークリームを買いに来たんですよ

と言ったら、

じゃあこれもどうぞ!桜とイチゴを上にまぶしたクッキーです。皆さんでお召し上がりください。

とのありがたいお言葉。

そのクッキーが冒頭の写真のものです。

人の心の温かさに触れた時って、本当に自分の心もそれ以上に温かくなりますね。ありがたいことです。

歴史教育の進め方

先日、少々マニアックにテニアン島と題した記事を拙ブログに書いたのですが、そんなマニアな記事を見つけて頂いた方がいらっしゃいました。

専業主夫日記「御主人様はやく帰ってきてぇ><;」


『普天間基地移設問題 サイパンとテニアン島の名前が浮上も否定的な意見聞かれる』(FNN)

引用しましょう。
『官邸筋からは「テニアン島って、どこ?」という声や』

もう一度引用しますね。
『官邸筋からは「テニアン島って、どこ?」という声や』

ええええええええ!?

若いお兄さんのブログも取り上げられてますねぇ。

内容もさることながら、「若いお兄さん」と久しぶりに呼ばれるその言葉に嬉しくなって反応し、コメントまで残してみました。

すると、そのコメントにご返信が付きました。

独立自尊さんこんばんは。 ご訪問ありがとうございます。

前から思ってたんです。
歴史は古代からやるんじゃなくて、今からさかのぼって「なぜ?」「なぜ?」ってやったほうがゼッタイ面白いと。

「なぜ民主党が政権をとったのか?」でもいいし。
「上海の街って近代的でカッコイイんだけど、昔からそうだったの?」でもいいし。
もっと濃いネタなら「イランのアフマディネジャド大統領やベネズエラのチャベス大統領ってわけわかんないんだけど、なんで国民に選ばれるの?」とかも面白そうです。
どのテーマをとっても、何時間でも何十時間でも楽しいおハナシができそうです。

そちらのブログを読んで、やはりそういう授業をしてる先生がいたかーと感心した次第です。
さすが塾高です。
いい先生を囲ってるんでしょうねぇ。
自分のアイデアを盗まれたみたいでちょっと悔しいです。

(後略)

いやあ、私も深く同意してしまいました。そうやって考えた方が身にもなるし、何より考える力が身につきますよね。

折角なので試しにちょっと考えてみることにします・・・。

「なぜ民主党が政権をとったのか?」

1980年代後半以降、東西冷戦が終了し、EUが形成されていく中、グローバル経済という名のもと、市場が単一の国の中のものから世界のどこかとつながるようになってきました。そういった流れをキャッチアップするかのように、特に東アジア諸国やBRICSと呼ばれる国々の国際競争力が急速に高まってきました。これはすなわち日本の国際競争力の相対的な低下を意味します。

一方、1985年のプラザ合意以降の金融政策の結果資産バブル経済となっていた日本は、いわゆるバブル崩壊と共に資産価値が下落し、金融機関は多額の不良債権を抱えるようになり、その処理に遅れたこともあり、日本はいわゆる失われた10年と呼ばれる1990年代を過ごします。

こういったことから国民の間に生まれる閉塞感は、冷戦終結に伴うイデオロギー論争に一応の収束を迎えた政治状況にも大きな影響を与えます。バブル崩壊の混乱や、いわゆる住専問題に嫌気を抱いた国民は、自民党の分裂も影響し、1993年の衆議院選挙の結果非自民政権となる細川内閣の樹立を選択します。ところが政治基盤の固まっていない多くの党による連立政権はやがて崩壊。羽田内閣を経て、長年の仇敵である社会党との連立という禁じ手とも言える手段を使った自民党が政権に復帰します。しかし経済はなかなか回復せず、いたずらに財政赤字は増大し、歴代内閣は最終的に低支持率にあえぎます。

そういった中「自民党をぶっ壊す」と刺激的なキャッチフレーズを掲げ颯爽と登場したのが小泉元首相。物事を端的に表現するパフォーマンスはワンフレーズポリティクスとの批判も浴びますが、わかりやすいその姿勢は総じて国民の高い支持を得ます。この内閣の時、経済運営の司令塔として全幅の信頼を置いたのが竹中平蔵さん。彼の説く経済政策は、当時の世界情勢、日本の状況を考えると経済学的に理に適っていたとも言えるが、それはつまり厳しい国際環境の中で日本が生き抜かなくてはならないと宣言しているようなもの、つまり常に競争に身をさらし、そして勝ち抜かねばならないといったものとも言えました。

当然、それは楽なものではありません。小泉元首相が政権にいる時はその圧倒的な存在感で抑えていたものも、その後の後継者達にとっては、「市場原理主義により、格差社会が生まれ、我々はこれだけ苦しんでいる」といった声に対応することは困難でした。

そんな中で執拗に繰り返されるスキャンダルとか、ちょっとした資質を疑われるような言動の報道。そしてとどめをさすかのようなリーマン・ショック以降の大不況。

そういったことが重なり、今の現状を打破したい思い、そしてちょっと「お灸をすえてやろう」という思いから雪崩現象のように民主党の参議院選挙、そして衆議院選挙における勝利となったのです。これは小選挙区制、すなわち得票数の割合は意味を持たず、ゼロサムゲームとなっていることも、この結果を後押ししました。

つまり、東西冷戦の終結やプラザ合意、そして新しいところでは中国等の台頭とリーマン・ショックと言った国際環境の変化によって引き起こされた日本の経済不振に対する不満、政治情勢の不安定な状況を打破し新たな体制としたいという思いが、民主党政権樹立の力となったといえるということだと思います。

寝ぼけた頭で解答したので、なんだかな答案になってしまいましたsweat01

でもこの答案の後、ではなぜプラザ合意がなされたのか?東西冷戦とは何で、それはどうして起こったのか?とかどんどん話しは膨らみますね。今につながる事象だけに、大変興味深いのではないでしょうか。

やはりこの方がおっしゃっているように、「歴史は古代からやるんじゃなくて、今からさかのぼって「なぜ?」「なぜ?」ってやったほうがゼッタイ面白い」と思います。皆様はどう思いますか?

雪ですね

雪ですね
今年は雪が多いですね。雪はお昼前まで降るみたいです。

車の中ではEnyaが流れていますが、雪景色に結構雰囲気が合っています。

多事争論 -多事争論にならない党首討論

今日は鳩山内閣になって初めて党首会談が行われ、自民党の谷垣総裁、公明党の山口党首と鳩山総理大臣が討論をし・・ていませんでした。

こういうときに産経新聞のサイトは役に立ちます。省略せずにそのままやりとりを掲載してくれるからです。

【党首討論詳報】(1) 谷垣氏「首相は平成の脱税王」

【党首討論詳報】(2) 「小沢幹事長に責任を申し上げるつもりない」

【党首討論詳報】(3) 谷垣氏「私は助け舟を出したつもりだが…」

【党首討論詳報】(4) 谷垣氏「小沢氏の証人喚問を」

【党首討論詳報】(5) 首相「消費税の議論、早すぎる」

【党首討論詳報】(6) 政治資金の与野党協議、首相「民主党としても設置に賛成したい」

【党首討論詳報】(7)完 山口氏「『なせばなる』は『YES、WE CAN』」

(全て、MSN産経ニュースから)


内容を読むと、殆どが政治と金のお話し。それも野党側は鳩山首相と小沢幹事長の問題、そして民主党の支持団体である日教組と労働組合の違法献金のお話しの追及であり、与党側は自分たちは悪意は無いから悪くないんだ!という開き直りと自民党の大きな資金源となっている企業献金の禁止、そして自公政治の失政についてであり、まったくもって自分たちの立場(支持団体)から、相手の立場を攻撃することだけに終始したお話しのやりとりだったようですね。すなわち、全く討論になっておらず、めいめい勝手に言葉を投げ合っているだけになってしまっています。これこそ正に「国会崩壊」ではないでしょうか。

勿論多少は手前味噌が入っても仕方ないとは思いますが、例えばお話しの中で谷垣総裁が「格付け機関が日本の国債をネガティブで見ていることは問題では?」と出しても、鳩山総理も何も対策を切り出さず、かといって谷垣総裁もその後言いっぱなしで自党の対策案を出すわけでもない。二人とも本当は「日本の国債がネガティブの判断を受けている」ことを問題とは思っていないでしょと、言いたくなってしまいます。

でもって、そういったことをマスコミも憂うどころか、一緒になって嬉々として「政治と金」の問題に終始してしまう。

例えばこの議論の後、民主党の横粂勝仁議員は

「党首討論は追及の場ではなく、与野党のリーダー同士が国の根本を話し合う機会のはず。あの約45分を有効に使えば、子育てに苦しんでいる人や仕事がない人を助けることもできるのに」と野党の姿勢を嘆いた。

そうです。その通り!と思います。但し、彼も逆の立場、すなわち今自民党にいるか、または民主党が野党であったらこの言葉は言わないでしょう。それが今の日本の政治の一番の問題だと思うのです。自分は今回の党首討論をこう言ってはなんです、こんなくだらない質問に終始した今の自民党にがっかりしています。それと共に、今も民主党の中枢部にいる山岡国対委員長が野党時代、参議院選挙で勝利した後の自衛隊のインド洋給油問題で「今審議に入らないと困るのは相手なんだから、こちらから急いで審議に応じる必要はない」とあからさまに党益のみを考えた発言をしていたことも忘れません。

なんのために日本に政党が存在しているのか、わからなくなってきました・・・。後藤田さんが官房長官時代、「省益を忘れ国益を想え」と訓示したそうですが、今の国会議員には「党益を忘れ国益を想え」と言いたいです。

えっ!また買ったの??恋人、奥さんに叱責されたときの言い訳


ブログ学園

ブログネタ: えっ!また買ったの??恋人、奥さんに叱責されたときの言い訳参加数拍手

寸前のネタの対象物を買った時にも繰り広げられたお話し。それが、「またそんなの買ったの?」というお話し。

Ipod

考えてみれば昔から、それこそ親相手に言っていたような気がしますcoldsweats01

傍から見れば考えもなくポンポン買いおって!と思うのでしょうが、そこには深い思慮と確かな読みがあって購入しているのです。自分的には。

このiPod touchもそうです。深い思慮の流れを書くと、ビックカメラの店内をプラプラと歩いている時に

1)そろそろ@niftyの高速モバイルの1年が切れるなあ

2)おっ!E-mobileの商品でPocket WiFiっていうのがあるんだ!これは勝手に無線LANになるから、いつも使うネットブックとも相性が良さそうだ。あと1ヶ月したら買おうかな。

3)-違うフロアに移って-、おお!さっき買ってみようかなと思っていたのと一緒に買うとこんなに安く買えるんだ!iPod touch。考えてみればいろいろ出来るんだもんな、あの機械。

4)でもその仕組みは月々1000円高い基本料金を2年間払って18000円分の割引だから、逆に高くつくなあ・・・。

5)ということは、早く買ってしまっても何の問題も無いじゃないか!

6)善は急げじゃ

という、とっても深い考えがあったわけです。

・・・、こうやって書いて見ると、やはり衝動買いであったことに改めて気付きましたsweat02

で、買った後にいろいろ言われるのはわかっていましたが、そこはこう押し切るしかありません。

「これはiPodのように見えるかも知れないけど、違うんだ。これは仕事でとっても有効に使えるものなんだ!」

これなら、大丈夫・・・。な訳はありません。でもまあ、既成事実を作った者勝ちですね。あとは使い倒すしかありません。でもそうやってずっといじっていると、さらに「新しいおもちゃを買ったんだな」と思っているんでしょうね、きっと。

iPod touch -とにかく色々なものをつなげてみる

おもちゃを買ってはや1週間ほど経ちましたが、こりゃあ便利だなあと日々実感しています。

Photo


というのは、最初にも書きましたが、PDA的な要素がどこかで入れるとそれが全てに広がるからです。

ここの肝はGoogleのGmailとGoogle Calendarを情報の中心地に置くことです。そこを起点に、iPod Touch、携帯電話、Thunderbird(メールソフト)とiGoogleで連携を取っていくのです。

これだけで見ると結局はインターネットに繋がっていないと・・・となるのですが、iPod Touchだと一度ダウンロードされれば、そのまま本体のメモリーに残るため、繋がっていなくてもその内容を見ることが出来、またちゃんと設定した時間にスケジュールのアラームも鳴らしてくれるのです。

これをするために覚えなくてはならない手順は二つあります。

そしてその前にすることが。

それは、Googleのアカウントを取得し、併せてGmailのアドレスを取得します。そして、個人用も会社用も全て転送設定でGmailに飛ばすようにします。当然コピーは残す設定しておかないといけないですね。

1.ThunderbirdとGoogleの連携

ここではThunderbirdというメールソフトのアドレス帳をGoogleにアップし、そしてGoogle Calendarの内容をThunderbirdで表示出来るようにします。

まずはGoogle Calendarの方から。

こちらはThunderbirdのアドオン機能であるLightningProvider for Google Calendarを使用します。

方法についてはこちらをご参照下さい。

「Thunderbird」とGoogleカレンダーを同期するテクニック

そしてアドレス帳についてはZindusというアドオンを使います。

方法についてはこちらをご参照下さい。

GmailとThunderbirdのアドレス帳を同期する

これによって、今まで作ったアドレス帳も無駄になりません。そして、通常起動してあるメーラーでスケジュールが管理出来るというわけです。


2.iPod TouchとGoogleの連携

結構ウェブで探すと色々な方法が出てきますが、自分はこちらのページを参考にさせて頂きました。

「Google Sync」でGoogleカレンダー&連絡先をモバイルデバイスと同期

これで、予定表・連絡先・メールがPC、携帯、iPod touchのどれでも見ることが出来るようになります。

またiPod touchは添付ファイルも見ることが出来ます。ワード、エクセル、pdf、jpegは少なくとも見ることが出来ます。なので、無線LANが繋がるところであれば、どこでもメールと添付ファイルを片手でチェックすることが出来るのです。

これは本当に便利です。少なくとも予定の認識度合いがかなりこの1週間で高まりました。

これが全て無料のサービスで出来るのですから、本当に凄い世の中ですね。

教えて「本屋さんでのエピソード」


ブログネタ: 教えて「本屋さんでのエピソード」参加数拍手

最近の月曜日名物、会社で日付変更線越えをしていましたが、ココログの新機能が追加されて、なんだか参加したくなったのでちょっと。

今回のお題は「教えて「本屋さんでのエピソード」」とのこと。

エピソードと言うより、本屋さん全般に言える事ですが、本当に恐ろしいところです。特に最近はショッピングモールとかで大きな本屋さんが増え、もう大変です。

全く買う気が無く入っても、気付いてみれば腕にたくさんの本が・・・。

歴史・政治・ドキュメンタリー・スポーツ・建築・・・、これくらいの分野のところを回ればもうたちどころにたくさんの本が見つかります。最近ではamazonも利用しますが、やはり手にとってパラパラ読みながら欲しい本を見つけていくのがいいんですよね。

この前本屋さんに行った時も大変でした。

その上、今はちょっと違う方面も読んでみようかと伊坂幸太郎さんのものも読み出したりしています。

この時間の無い中で、本に埋もれている日々です。

でも、本屋さんに入ると本当に時間感覚と金銭感覚が麻痺してしまうんですよね~。

うちの近くの美味しいケーキ屋さん -コリウール(下丸子)

最近、記事も滞りがちな拙ブログ。毎度のぼやきは別にして、昨日も今日も出勤したりすると、4月以降の野球観戦の時間は取れるのか?とちょっと不安になったりもしていますが、そこは気合いでなんとか時間を作るしか無いでしょう。こうなれば、打合せは4月以降はいつも外苑近くにしようかと本気で考えてしまいそうですcoldsweats01

さてそれはさておき、そういった訳で実はブログにアップしようと思っていた記事は実は結構ありまして、そのうちの一つがご近所シリーズです。

今回はバレンタインデーということも踏まえ、前にもチラッとご紹介したケーキ屋さんをご紹介させていただきます。パティスリーコリウールというところです。

_dsc1818

ここのオーナーでもあり、パティシエでもある方はフランスで修行したり、洋菓子学校で先生をしたりと、華美な場所より堅実にケーキを極めようとする姿勢で、ここ下丸子に店舗を構えたのも、より地域の人に密着して愛されるようなお店を作りたいと思ったからだそうです。勿論、都心に比べ安い家賃というのもあったそうですがcoldsweats01

_dsc1819

店頭にはこんな風に黒板が置いてあり、誕生日を迎えた子たちの名前がよく書いてあります。お誕生日ケーキを楽しみにしながら買いに来た子供達は、きっと喜ぶんでしょうねbirthday

そして店内に入ると、定番もののケーキから創作もののケーキまで、常時20種類(!)くらいのものが並んでいます。殆どパティシエの趣味じゃないか?と思えるものもあり、それはそれで面白いんです。でもよくよくお話しを聞くと、実家のある田舎から送って貰ったフルーツが使われていたり、以前作ったケーキを改良してもう一度別の形にしていたりと、その手作り感が本当に良いですよね。もしオーナーに会えたら、是非話しかけてみるといいと思います。本当に気さくで、お菓子に対する愛情と情熱に溢れている方ですから。

そんなショーケースの中を撮影させてもらえました。

_dsc1820

_dsc1822

_dsc1824

_dsc1825

_dsc1827

_dsc1828

_dsc1829

どうですか?とっても甘ったるくなってきたのではないでしょうか?ショーケース全体を引いて撮るとこんな感じに。

_dsc1830

これより種類が多い日もあり、正直どれがいいのだかわからなくなることがあります。そんな時はオーナーやお店の人に「どれが今日のお勧めですか?」と聞くことにしています。そうやって選んでもらったケーキは、いつも美味しいので。

他にも焼き菓子やらチョコレートやらもあります。以前焼きたてのフィナンシェを食べさせて貰ったこともありますが、本当に美味しかったなあ~。

_dsc1831

_dsc1832

_dsc1833


でもこちらのお店でいつも買ってしまうのは、お財布に優しいということもあるのですが、その名も「多摩川シュー」という、シュークリームです。

_dsc1834

シューの生地はサクサクしており、中のカスタードクリームは上品な味わいで本当に美味しいんです!でもそのままかぶりついてはいけません。シューが崩れ落ちてしまいます。上のシューのフタを取り外し、中のクリームをすくうようにして食べると上手く食べられます。以前お客様の所に持っていた時に「人生で食べたシュークリームの中で一番美味しい!」と言われました。そこまでかどうかはわかりませんがcoldsweats01、万人受けする、とても美味しいシュークリームです。

こういうお店が家の近くに出来て良かったなあと、しみじみ思いますhappy01

あとはこの美味しいケーキを食べるためにも、開いている時間くらいには帰宅出来るようにならねば!sweat01


テニアン島

今日の夜のFNN NEWS JAPANを見ていたら、こんなニュースが流れていました。記事の内容は共同通信ですが。

普天間:米自治領テニアン市長 受け入れに前向き姿勢表明(From 毎日 jp)

 米自治領・北マリアナ諸島テニアンのデラクルス市長は10日、共同通信の電話取材に対し、在日米軍再編に伴いテニアンに米軍部隊を受け入れたいとの意向を示した。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)についても「移設先になりうる」とし、受け入れに前向きな姿勢を表明した。

 日本政府の沖縄基地問題検討委員会は10日、在沖縄海兵隊が移転を予定している米領グアムを視察。一部議員はテニアンに立ち寄り、北マリアナ諸島のフィティアル知事とも会合。米軍受け入れに積極的なテニアンが、普天間の移設先候補になるか、検討するとみられる。

 テニアンは観光地サイパンの南5キロにある島で、現行の再編計画では海兵隊の訓練地となる。デラクルス市長は取材に「島の土地を米軍に貸しているが、有効利用されていない。受け入れ能力は十分にある」と説明。軍部隊や施設がテニアンに移転すれば、経済効果を期待できると語った。

 米軍側にも受け入れの意向を既に伝えたという。

まあこの内容まではいいのですが、その後にテレビではすごいコメントが。


政府高官は「テニアンってどこだ?~(後略)」

核兵器の廃絶を目指している政権が恐ろしいことを・・・。ちなみに、上記のニュースは最後はこう締めています。


テニアンは太平洋戦争で激戦地となり、米軍による占領後は広島と長崎に原爆を投下した爆撃機が出撃した。

誰かれと言わず、やはり近現代史の教育は今一度見直すべきだと思います。

そういえば文藝春秋の今月号で立花隆さんが寄稿していますが、その中で東大の彼のゼミの学生さん達に聞いたアンケートの中で

「僕の有史は平成1年から始まる。でも、僕たちのなかで昭和と縄文はいっしょくたです。ヘルメットを被って安田講堂にいた人たちと、太平洋戦争で戦った人たちは一緒くたです。(表記はそのままです)」

という言葉がありました。自分にとっても驚愕の内容でした。文章の構成も含め。

戦争に反対だとか、天皇制がどうだとか、マルクス史観だとかなんだとかは別にして、今の世の中に連なる大きなものはちょっと前の出来事であり、それは断絶しているのではなく、ずっと連なっているものです。でも学校で教えているのはせいぜい明治までというのは、自分の時もそうでしたし、今も同じらしいですね。

確か自分が塾高の3年生の頃、選択科目というのがあって、その中でど真ん中の科目がありました。それは確か「昭和史(もしかしたら現代史かも)」。ちょうどあれは平成2年ですから、まさに昭和が歴史になりたての頃だったんですね。その授業は、時間をさかのぼる形で授業が進められました。後にも先にもノートを取らなくても絶対大丈夫だと思った授業はあれだけでした。とてもわかりやすくて面白かったです。

例えばそんな風にして今という時代はどうやって形作られてきたのかをもっと教えてあげて欲しいです。

少なくとも政府関係者から「テニアン島ってどこ?」って言葉は聞きたくなかったです。きっと彼はエノラ・ゲイとか、キスカ島・アッツ島なんていう言葉も知らないんでしょうね・・・。

iPod touchと無線LAN

この時間になり、返信をするべきか、それとも記事を書くべきか迷ったのですが、明日はそれなりに時間が取れそうなので返信を明日にして、今日は記事だけにします。

さて、iPod touchを買いました!と書いただけで終わってしまっていた前回の記事。

もう少し暫く書こうと思います。

今回、iPod touchを買った一番の理由は電子手帳替わりと書きました。スケジュールとTo Do管理をしっかりやっていかないと、仕事に支障が出てきてしまいます。以前はPalmを使ってやっていたのですが、Palmも段々廃れ、しばらくは携帯で代用していました。

しかし、どうしても同期する時にケーブルをつなぐのが面倒だなあと思っていた時に気付いたのが、このiPod touchだったのです。

これはすなわちgoogleのカレンダーとiPod touchのカレンダーが同期出来、かつ自分はThunderbirdというメールソフトを使っていて、これまたgoogleのカレンダーと同期が取れるので、ようやくワンストップで全てのデータが一致するという形が出来るのです。

つまり、

Calender_0002

のような画面と

009_2

のような画面と

App_util_nemus_6thumb160x240_3

が一緒のデータになるという優れもの。

で、これはインターネットを使ってデータの同期を取るというもの。

早速、家の無線LANの親機である、BUFFALOのWZR2-G300Nという機械と繋げようとしました。

ちょっと探すと、つなぎ方を書いてあるページが見つかりました。

http://buffalo.jp/qa/wireless/whr-g300n/faq0061/

ところが通信が繋がったというマークはiPod touchの左上に出てくるのですが、safariを動かしても、他のアプリを動かしても、ネットには全く繋がりません。せっかく30桁くらいの暗号キーを打ったのに・・・

そして買った日は諦め、次の日にネットでちょっと探していたら、それらしきことが見つかりました。

というのは無線LANの親機のファームウェアを最新のものに更新するというもの。

次の日帰宅してから、早速ファームウェアの更新をした後、再度iPod touchでインターネットを試したところ、無事動きました!終わってしまえば呆気ないものです。

そんな感じでやっとこさっとこインターネットに繋げることが出来たのです。

次の課題は、どうやってデータを同期するかといこうことでした・・・。

iPod touchを買いました!

iPod touchを買いました!
時間が極度になくなってくると、衝動買いをしてしまう悪いクセがあります。

そんな訳で、ついiPod touchを買ってしまいました。一応自分への言い訳としては、グーグルカレンダーと同期が出来るので、最近使っていなかった電子手帳替わりになるってやつです。

まあ、しばらくいじってみます。

Let's Enjoy!

タイトルからすると塾高や塾野球部のお話しのようですが、そうではありません。

ちょうど今昼食中に読んでいたナンバーの記事を読んでいてそう感じたのです。

今回はフィギュアスケート特集です。各選手の内面に迫る記事が多く、浅田真央はこう考えていたんだ、安藤美姫はこう感じていたんだ、ニコライコーチはこういうメソッドを持っていたんだというお話しがあり、さすがナンバーだなあと思っていましたが、その中でも摂食障害から奇跡の復活を果たした鈴木明子選手の言葉が印象的でした。

鈴木はバンクーバーの代表が決まってから、「楽しみたい」と何度か話していた。

「楽しむために、練習をしっかりして行こうと思います。

やはり、準備がきちんとできていないと、向こうへ行っても楽しむことができないんじゃないかと思うので。

とにかく、『きちんと練習したから、あとは、もうやるだけだ』という気持ちで、試合に臨みたいです。

また、オリンピックは世界中の注目を集める大舞台ですので、今の自分のできるいちばん最高のものを披露したいと思っています。

たくさんの人の心に響くスケート、魅せるスケートがしたいな、と。

そこに、私がスケートをやっている理由があると思っているので、ひとりでも多くの方が幸せになれるようなスケートしたいと思っています」

様々な障害を乗り越えて、ここまでたどり着いた鈴木明子選手。この悩み、葛藤があったからこそ、「見るものを引き寄せる強さとスピード」があるのでしょう。

そしてインタビューの最後はこんなふうに締めくくられています。

「オリンピックではさまざまなことが得られると思いますし、いっぱい勉強したいです。それが私の人生のいろんなものに繋がっていくはずなので・・・」

人生は劇的に変わることもある。鈴木の場合、すでに変わった。もう泣いてはいない。彼女は話している。オリンピックについて、心躍らせ、話し続けている。

Let's Enjoy the Olympic Game!!


基地問題で思うこと

民主党政権になってから、ほぼずっと課題となっている普天間基地移転問題。本当に多くの人が色々なことを言っています。

例えばアメリカとの同盟関係から決めたことは守るべき。

例えば沖縄の人の痛みをわかるべき。

例えば対米従属から離れるべき。

例えばTrust meと言いながら、すぐに前言を翻してしまったかのような言い方。

そんなところでしょうか。

勿論どれも間違っていることを言っているとは思いません。但し、上のどの論点からも、何で一番大事な観点を抜かして話しているのか?と思っています。

つまり、実際的な国土防衛計画として、現在の普天間基地の役割はどうで、その役割はどうやって代替しようと、つまりどうやって日本の国土を防衛しようと考えているかということです。

例えば最近読んだ本で宮台真司さんの著作「日本の難点」というものがあります。

その中で宮台さんは


僕の持論は昔から「米国を敵に回す必要はもとよりないが『重武装×対米中立』を目指せ」というものです。

というと「重武装とはケシカラン、軍事支出から言えば日本は今でも重武装じゃないですか」と言う人がいます。重武装とは、対地攻撃能力を中核とする反撃能力のことです。反撃能力とは、現に反撃できると相手に思わせることによって、相手の攻撃を思いとどまらせる能力のことです。

具体的には、航続距離の長い爆撃機や長距離ミサイルを持つことです。こう言うと、やはり「宮台さんは沖縄の地上戦を忘れたのか」と食ってかかる人がいます。逆です。むしろ、僕は残虐な本土での地上戦に持ち込まれないためにこそ、相手に攻撃させない重武装化が必要だと言うのです。

「重武装×対米中立」化には、最低でも三つの障害を克服する必要があります。第一は、米国の機嫌を損なわないようにするためにどうするか。第二は、アジア諸国の疑惑や懸念をどう除去するか。第三は、憲法改正に必要な国民意思や、重武装を制御する頭脳(民度)をどう形成するかです。

とおっしゃっている下りがあります。少なくとも「対米中立」を成し遂げるためには、「重武装」が必要となるわけで、それが成り立つ障害も挙げています。

これが正しい、正しくないというのではなく、こういう多面的な見方、主張している方策を成し遂げる上での問題点と解決案を提示されています。こういうロジックをどうして構築しないのだろうと思うのです。

例えばグアム移転を唱えるのであれば、グアムに人が住む場所があるかどうかを検討するのではなく、グアムに米軍がいてどうやって沖縄での即応体制、またおそらく米軍の大きな目的である台湾海峡有事の時の即応体制を築いていくのか。その提案がない限り、そもそも対案として何の意味も持たないでしょう。

また、アメリカとの同盟関係が大事と言うことで、その同盟という言葉に軍事面が含まれていることを了解しているのであれば(昔、鈴木善幸さんが否定して大変な事になっていましたね。今鳩山さんがあれだけ言っても大変なことになっていないのは時代なんでしょう)、普天間の軍事的価値の有用性を説明し、この地域の軍事的プレゼンスの優位性を保つためにどうするべきか、そしてそれを市民感情、すなわち経済振興(一時名護市民が受け入れを容認したのは基地を中心とした経済発展が図れることを前提にしたから。今回の選挙では、結局経済発展につながっていない苛立ちも結果に影響した)という面でどのような対策を採るのか丁寧に説明すべきであり、そうでないと住民にとって、まるで心を打たない話しとなるでしょう。

曲がりなりにも橋本内閣時や小泉内閣時に一旦合意がなされたのは、そういった観点で話しを進めていたからではないでしょうか。

今回の論争は、事態を解決しようとしていると言うよりは、ただ自分の言いたいことだけをお互いの立場、もしくはしがらみから言っているだけに見えるのです。例えば、今や選挙基盤で沖縄の占める割合が高まり、まさに二大政党政治に埋没しかかっていた社民党が、言うことを聞けるわけもないのです。

だからこそ、毎度毎度の言い草になってしまうのですが、今の状況を全体的に俯瞰出来るようにマスコミには報道、解説して欲しいのです。今のままでは、本質、すなわち日本という国家の安全保障政策とは何の関係もない判断基準で、この普天間移設問題が捉えられてしまうような気がするのです。

物事を判断するに、絶対的な善や悪ということは殆ど無いと思います。だからこそ、そういったことを社会の木鐸として提供し、そしてそれを民主主義の基本である国民一人一人がどうやったらいいのだろうと考えることが何より大事だと思うのです。

雪景色

雪景色
朝は気持ち良い晴れとなりましたね。足元に気を付けて出勤せねば。

どうやら帰れそう

ようやく、最低限終わらせようと思っていたところまで終わったので、これから家路につこうと思います。

外を見てみると、

_dsc1817

どうやら雪が溶けてきたようで、これなら帰る事も出来そうです。

良かった良かったcoldsweats01

あれま!

なおも仕事をしていたら、一旦帰ると言った社員さんが戻ってきて、

「やばいですよ、外。」

とのこと。

んで外に出てみると、

_dsc1816

snowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnowsnow

あれま!前の道路は幹線道路なので、さっき外に出た時は全く積もっていなかったのに。

しかし、自分なりの見込みであと1時間ちょっとはかかりそうなお仕事。

むむむ。

雪降る夜の中

朝はとても気持ちよいくらいに晴れてsunいたのに、天気予報通りに午後から雨rainが、そして夜から雪snowへと変わっていきましたね。

そんな中、相も変わらず会社で仕事をしていますcoldsweats01

_dsc1815

ちょっと雪の風景を写真に撮ろうとYシャツ姿で外に出たら、やっぱり寒かった!

帰れなくなった!なんてことがないように、雪が積もらない事を祈っていますconfident


« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »