天気予報

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

geotargeting

« 秋の気になるテレビドラマは? | トップページ | 平成21年東京六大学野球秋季リーグ 慶明戦 二回戦 観戦記 »

残念でしたが

残念でしたが
なぜか帰り道で草陰にひそむ明治の帽子を発見!

これは吉兆でしょうか?

« 秋の気になるテレビドラマは? | トップページ | 平成21年東京六大学野球秋季リーグ 慶明戦 二回戦 観戦記 »

コメント

何げなく出してしまう四球が点になり、
送りバント失敗が点を逃す。

ツースリーまで行きながら
ボールに手を出し三振。

負けた試合はすべて接戦。
勝った試合は大勝。

采配批判、選手批判、結果論・・・
という悪しきスパイラルにならず、
明日の決戦に向けて、
管理人さんの展望をお聞かせ願えれば・・・

相場さんは勝っているときは
先発を変えませんが、
負けると変えますが、
明日は西嶋、難波、野村、
いずれか読みにくいので難しい・・・

塾の先発は小室君でしょうか?

今日に一死3塁、三振をとれる福谷君で
ワンポイントの策もあった?
村山君は打たせてとるタイプなので
外野フライは仕方がない?

文武両道さん

コメントありがとうございます。

このコメントを読み、「今日中に観戦記をアップせねば!」と更に気持ちを強くした次第です。

さて、実はこの試合で2-3は2回以降では1回しかありません。それは7回の小野寺君の打席であり、その時は三遊間を破るヒットでした。今季の塾野球部の特徴は兎に角追い込まれる前に、ファーストストライクを打つという姿勢だと思います。これはヒヤヒヤするし、下手するとあっさり負けてしまうのですが、これをチームが採用し、そして選手たちもそれを信じてやっているのですから、我々も信じるしかないかなあと思います。その結果、あの早稲田打線を完封してしまう二神君を攻略したわけですから。

相場監督は相手の裏をかくというよりは、自分たちの型はこうだ!とされる方に見えます。きっと明日の試合もそうされるのだと思います。

兎にも角にも明日の試合は、なんとしても勝ちをもぎ取ってほしいですね!

初回がツースリーが多かったような
気がします。

カメラのみならず
スコアブックも!
神業ですね。

観戦記で思い込みを修正できました。

ほんの少し打球が左右に行っていれば・・
と思いますが、
伊藤君への変化球の入り、
守備位置・・・
その明治の研究が
ものを言っているのかも・・・

今日は多くのOBが三田に行って、
厳しく暖かい声援を送れなかったのが
残念でした。

立正大は全学休講にして
職員、学生一丸となって応援するそうです。

ラグビーが強いと両部優勝、
これも思い込みかも知れませんが、
実りの秋になってほしい。

明日勝つと優勝、負けると5位の
可能性。
まさに戦国東都並みに・・・

中京の河合、花巻東の猿川は法政志望。
スポ推薦を総長主導で始めた法政は
来年以降、早稲田を再び引き離すと
アマに詳しい方の予想です。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

ちょっと前はインターネット録画中継があったのでスコアを取らなくても確認出来たのですが、今は自分で取るしかありませんから・・・。とは言え自分でスコアを取ると、また後から違った見方も出来るので、これはこれで面白いですよ。

そうですね、あれだけ正面に打球が飛ぶと言うことは、偶然ではなく必然であると考えた方がいいと思います。すなわち、各打者の打球の方向の統計が出ており、それに合わせた守備位置だったのだと。

第3戦、どのように戦ったのかわかる術はありませんが、7点ビハインドから4点追い上げたことは執念を感じさせてくれました。と同時に、あと一押しが出来ないなあとも感じました。

それにしても立教しかり、法政しかり、他校のスカウティングの強化は目を見張るものがありますね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残念でしたが:

« 秋の気になるテレビドラマは? | トップページ | 平成21年東京六大学野球秋季リーグ 慶明戦 二回戦 観戦記 »