天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 東京ヤクルトCS進出! | トップページ | ピアノの発表会とお会式 »

H21.10.09 東京ヤクルトスワローズ 対 阪神タイガース 観戦記

さて、拙ブログでご紹介していた通り、この前の金曜日は今シーズンのセ・リーグのクライマックスシリーズ出場を賭けての最後の戦いとなった東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガースの試合を見に神宮球場に行きました。

ちょっと今はピアノの練習中なので、いつ公開出来るようになるかわかりませんが、取り敢えず書き始めてみます。

ヤクルトは石川投手、阪神は岩田投手と共にエース級をぶつけ、決戦に臨みます。

岩田投手は余り調子は良く無さそうでしたが、なんとか試合を作っている印象でした。

_dsc6443

これは2回裏、先頭打者のガイエルが二塁打を放ったときの写真です。やはり左足でベースの左手前を蹴っていますね。

_dsc6452

_dsc6453

_dsc6455

この試合、6回まで試合が膠着状態になります。これは両投手の好投によるものですが、

_dsc6800

そんな中ヤクルトは細かい野球をしているように見えました。野村さんの影響がまだ残っているんですね。

塁に出るとこんな風に積極的に盗塁を仕掛けたり

_dsc6592

打席に入る時も各打者、必ず相手の守備位置を確認してから打席に入っていました。こんなところにもプロの意識を感じました。

_dsc6605

阪神では、新井選手の力強いスイングが印象的でした。高校野球、大学野球を見慣れてしまうと、この新井選手のスイングスピード、体の大きさは凄まじいものに感じます。

_dsc6647

_dsc6648

_dsc6789

_dsc6790

試合が動いたのは、6回裏。

1死後、四球で出た青木選手が2塁に進み(そして2塁上で早稲田の同期鳥谷選手と一言交わし)

_dsc6867

2死12塁で、川本捕手が見事タイムリーヒット!

_dsc6895

_dsc6896

_dsc6897

_dsc6899

_dsc6902

_dsc6903

ライトスタンドからは東京音頭が流れ、ビニール傘が振られています。そういえば外でもビニール傘が売っていましたcoldsweats01東京ヤクルトが2-0とリードを広げます。

_dsc6905

ラッキーセブンの7回表。レフトスタンドの六甲おろしの大合唱で始まります。

_dsc6936

本当に阪神ファンが多くて、自分の座った1塁側の内野席も阪神ファンの方が多いくらい。この大声援が後押ししたのか、まずは期待のホープ桜井選手がセンター前ヒットで出塁。

_dsc6941

_dsc6954

_dsc6955

続く狩野が引っかけゲッツーかと思いきや、

_dsc6971

_dsc6972

ショートがまさかの悪送球。一気に無死12塁とチャンスを広げます。

ここで真弓監督は勝負に出て、好投していた岩田投手に代えて、代打高橋選手を送ります。彼は期待に応え、見事センター前にタイムリーヒット!

_dsc6986

_dsc6987

_dsc6988

_dsc6989

_dsc6990

わき上がるレフトスタンド。

_dsc6991

ここでヤクルトはマウンドに内野手が集まります。ここで宮本選手はしきりと胸を叩き、話していました。後日の新聞の記事を読むと、「男の勝負や!! ミーティングしたことを頭に入れて、あとは腹を据えてやれ。打たれるか、抑えるかや」と声を掛けていたようです。宮本選手がどんな場所でもキャプテンを任される所以がわかる気がするシーンです。

そして、両チームの意地がぶつかり合います。

この画像はいつもの一眼レフ、Nikon D90+Nikkor VR70-300mmで手持ちで撮影しました。正直、これだけ長い間手持ちで動画を撮り続けるのは辛く、画面も震えてしまっていて見にくいですね・・・。

期待の高まった2死満塁での金本選手の打席でしたが、初球キャッチャーフライ。阪神は大きなチャンスを逃します。

_dsc7026

とのことで、7回裏。阪神はアッチンソンが登板します。

_dsc7043

ところが先頭打者の俊足の福地選手を四球で出してしまいます。警戒を繰り返す阪神バッテリーですが、ボールを外したところで福地選手が走ってきました。

_dsc7057

ところが間一髪セーフ!福地選手も相当いいスタートをきったのでしょう。

_dsc7058

ここで2番野口選手がきっちりと送ります。さすがプロといった感じのバントです。こういう風に前でボールを捉えますよね。あくまで打球を殺すのは芯を外してということでしょう。

_dsc7063

_dsc7064

1死3塁となり、阪神はもう1点もやらん!と前進守備を敷きます。

_dsc7079

ここで3番宮本選手は、くさい球はカットで逃げて

_dsc7080

_dsc7081

_dsc7082

そしてライト方向に叩きつけるバッティング。足の速いランナーが3塁にいることを考えても、まさにケースバッティングですね!

_dsc7095

_dsc7096

_dsc7097

セカンドの関本選手もわずかに届かず

_dsc7100

ライト前に打球は転がります。3塁の福地選手はゆっくりとホームイン!貴重な追加点をあげます。バットを丁寧に拾っているのも好感が持てますね!

_dsc7101

_dsc7102

_dsc7104

続く8回表、食い下がる阪神は先頭の新井選手がこの日3安打目となるツーベースヒットを放ち、無死2塁。続くブラゼル選手は左打者ということもあり石川投手の続投で、セカンドゴロに抑えるといよいよ守護神の林仁勇をマウンドに送ります。

_dsc7148

最近のプロ野球の選手紹介は格好良いですね。

_dsc7151

サイドスローから155km/h前後の直球を投げる投手ですが、投げ方が本当にしなやかですね。小室君もサイドスローですが、よく力んでしまってペースが早く体が突っ込んでしまう姿を見ますが、林投手のように右腕はなるべく脱力して、下半身も突っ張るのではなく、膝を上手く使って力を効果的に伝えられるように投げられたらよりいいですよね。きっといい参考になるのではないでしょうか?

_dsc7167

_dsc7168

_dsc7169

_dsc7170

_dsc7171

_dsc7172

_dsc7173

ゆったりとしたフォームと速い球。狩野選手も明らかに振り遅れており、この回阪神はチャンスを逸します。

_dsc7204

続く9回も林投手は先頭打者を四球で出すものの、安定感ある投球を披露し、

_dsc7297

最後はセンターフライを青木選手が捕り、

_dsc7372

_dsc7373

見事CS出場を決めました!

_dsc7374

喜び合う、選手他皆様。

_dsc7380

インタビューを受ける、投打の要。石川投手と青木選手。

_dsc7426

最後はつば九郎にヘルメットをかぶせて貰っていました。

_dsc7427

久しぶりのプロ野球観戦、なかなか面白かったです。以前に比べて随分と華やかな演出も作り、観客に満足して貰おうとしていることが伝わってきました。また機会があれば行ってみようと思います。

あれ・・・?ピアノの練習の合間にちょっと書くはずが随分と・・・coldsweats01


_dsc7383


« 東京ヤクルトCS進出! | トップページ | ピアノの発表会とお会式 »

野球」カテゴリの記事

コメント

お忙しいさなか、観戦記有難うございます。正直、世間の大多数は勝率5割未満のチームが。。。ってあると思います。(勿論私も少なからず)また春先の両チームの成績からして、まさかとは思いました。しかし、個人的には楽しませていただきました。それにしても、金本選手の開幕直後のあの大爆発が昨日のようで、毎年月日が経つのが早いなー。

ところで、今日のスポニチにロッテがあの選手を上位指名にいう記事がでていましたね。

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

まあいろいろとありますが、やはりここまで楽しめたと言うことは、プロ野球はショービジネスと考えても、CS制度は良かったのではないかなと思います。阪神ファンの勢いは本当に凄かったですよ。これが甲子園だったらどれほどになるのでしょうか・・・!

あの選手を千葉ロッテが興味を持っているとのこと、どのような話しに発展するのでしょうか?確かに左投手が不足しているチームだけに、期待出来るかもですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/46459333

この記事へのトラックバック一覧です: H21.10.09 東京ヤクルトスワローズ 対 阪神タイガース 観戦記:

» 「東京ヤクルトスワローズ」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「東京ヤクルトスワローズ」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「東京ヤクルトスワローズ」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

« 東京ヤクルトCS進出! | トップページ | ピアノの発表会とお会式 »