天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« もしも超能力が使えたら、何をしてみたい? | トップページ | 三沢光晴さん、ご冥福をお祈り申し上げます。 »

塾高野球部の記事のご紹介 -日刊スポーツより

ご存じの方も多いかも知れませんが、日刊スポーツにこんな記事が掲載されていたので、ご紹介します。

慶応4季連続甲子園へエース白村147キロ (From nikkansports.com)

 第91回全国高校野球選手権神奈川大会(7月12日開幕)、千葉大会(7月10日開幕)の組み合わせ抽選会が13日、それぞれ行われた。189校が参加する神奈川では、慶応が4季連続の甲子園を目指す。本大会は8月8日から15日間、甲子園球場で行われる。

 慶応のドラフト候補右腕、エース白村(はくむら)明弘(3年)は、課題の制球力を克服し、最後の夏に臨む。

 優勝候補と期待されたセンバツでは、1点リードの6回に自らの2四球から逆転を許し、まさかの初戦敗退。春季大会後は、徹底的に制球力の向上に取り組んだ。毎日の投球練習は、100球から150球へと増やし、厳しいコースを意識した。「特にセットポジションからのコントロールが悪かった。投球練習の中で(セットの)割合を増やした」と、弱点を改善した。

 球速を上げるため、腕回りも太くした。腕立て伏せ150回、懸垂100回と基礎トレーニングの回数を増やした。直球の平均は140キロ台になり、2週間前の熊本遠征では自己最速を1キロ更新する147キロを出した。

 一方、春からの大改造で、腰に疲労を抱え、6月に入りペースダウンした。だが、「もう結構(疲れは)とれた」と開幕には間に合わせるつもりだ。

 ドラフト制以降、慶応初の直接プロ入りを視野に入れている。「(今の気持ちは)五分五分。まずは夏が終わってから」と目の前の戦いを見つめる。初戦は18日、関東学院-逗葉の勝者と戦う。「1つ1つという意識で。甲子園での優勝が自分の完成品だと考えている」と春の雪辱を誓い、チーム4季連続甲子園出場を目指す。

頑張れ!白村君。頑張れ!塾高野球部punch

« もしも超能力が使えたら、何をしてみたい? | トップページ | 三沢光晴さん、ご冥福をお祈り申し上げます。 »

野球」カテゴリの記事

コメント

そうだ!我らが白村がいるではないか!

一戦必勝のトーナメント、白村くんと若い投手陣とリニューアルした打線でガンバレ野球部sign03punchhappy01


プロ入り云々はインタビューで言わされていたり、コメントをつないで編集してないとも限らないですしね〜
余り気にしてません(笑)

げんきさん

コメントありがとうございます。

そうです、我々には白村君がいます!

しかし、ちょっと不安なこの記事の内容・・・。「春からの大改造で、腰に疲労を抱え、6月に入りペースダウン」の部分です。彼は責任感強く、俺の力でこのチームを勝たせたいと強く思い、練習してきたのでしょう。
ちょっとセンシティブな様な気がします。
それよりひとときのはやり言葉ではありませんが、鈍感力で自分の道を突き進んで欲しいような気が。彼はそれが出来るだけの地力があるのですから。

あと1ヶ月。余り気張りすぎず、体調をうまく調整して欲しいですね!

皆様
これからも紹介記事、よろしくお願いします。

投手の肩は消耗品だから直接プロに行ったほうがいい、
と他の選手については言いながら、
白村君、絶対、大学で投げて!
と切望・・・矛盾してますが本音。

予選は勝ってほしいが、4人で投げて無理をしないで!

日曜日はあんなにたくさん新聞を買い込んだ(夏の組み合わせ表あり)のに・・・

うわ~、日刊スポーツ買いそびれました。

もしかして月曜日が新聞休刊日だから、まだ間に合う??

この記事の内容は私が把握している白村君の現状とほぼ同じです。(最近は、あまり把握しているとは言い難いですが。)

因みに日刊スポーツは朝日系列ですから、
夏は力をいれてます。

スポニチは毎日系なので、
選抜と大学、社会人野球。

報知は読売系。
大学選手権を共催したので、
富士大学の情報は詳しかった。

昔、テレビやラジオで野球を実況をするアナウンサーで一番読むスポ紙に日刊が選ばれていたのを記憶しています。理由は、データー量が一番多いからだと記憶してます。
ところで、今年はどのアーチストが大会歌を歌うのか、それもひとつの楽しみです。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

そう、それこそが複雑なファンの心理ですよね!悩ましい限りです・・・。

今日は、ま行うお座がどちらも一位だから、ラッキーカラーの黒で頑張ります。

昨日は某掲示板に関して、個人的に励ましメールも頂きました。

組合せが決まり、皆さん先の展開ばかりおっしゃられるから、一つ一つを大切にする気持ちも大事だと述べたまでですが、波紋を呼び、申し訳ありません。(ここで書いてどうする??)

私の元には既に選手から夏の予選についての発言も耳に入ってきており、野球技術や理論に詳しくないが故に下手なアドバイスは言えず、どうしても精神的な支え、励ましになってしまいます。

センバツの際、マスコミには一つ一つ勝ち上がると出ていましたが、本音は違っていたのではないかと思います。

神奈川代表になるという目標を掲げつつ、一つ一つ勝ち上がるというのが結論(こういうのをありきたりの応援と指摘されるならば、それまで)。

フレフレ様。あなたの仰っていること、間違いないですよ!ですから、謝らないで!!

フレフレ少女さん

コメントありがとうございます。

さて、たくさん買ったはずなのに、その新聞だけ無いweepって、なんだか損をした気分になりますよね。

でも昔と違って今はwebで記事をだいたい読むことが出来ます。とても便利な世の中になったものですね!

文武両道さん
黄色と黒は勇気のしるし♪ さん

コメントありがとうございます。

アマチュア野球は大変メジャーという訳でもなく、かといって結構みんな好きということもあって、プロ野球の記事より中身の深い記事が多いような気がしますね。日刊、スポニチ、報知。どこの記事もうならせてくれるものがあります。この方々が、日本の野球を底支えしてくれているのかもしれませんね。

テーマ曲、今年は誰になるんでしょうか?

明日の日刊は、野茂さんが高校野球について語る とでてました。確か、彼の母校は不祥事により1度廃部をしたが、再結成されたそうです。明日は新聞を読みながら千葉へ行こうかなと考えています。

にわか塾高野球部ファン(昨年の海の日は私の人生の転機)のくせに、今では誰もが認めるマニア。
もしも負けたら激動の一年が終わるし、勝てれば新たなる一年の始まり。

白村君の記事が出ていた日刊スポーツは販売局にバックナンバーを請求中です。

野球技術面でのサポートは無理でも、確率の計算だったら何とか。
しかし事実は小説よりも奇なりとも言いますし、野球も確率論だけで語れるほど甘くないでしょう。

どんなドラマが待っているのか、海の日の保土ヶ谷で焦げてしまわないように、スタジアムまで気力体力が持ちますように。

フレフレ少女さん

コメントありがとうございます。

そんなラッキーデーはいかがでしたか?happy01

あの掲示板でのコメントは私宛に来たとばかり思っていたので、フレフレ少女さんが反省されたりしているのを見て驚くと同時に、素晴らしい人間性なんだなあと思っていました。

ありきたり、大いに結構じゃないですか。

明治初期、西郷従道さん(隆盛さんの弟)が外人を前にスピーチしなければならない時がありました。そして壇上に立った西郷さんは、おもむろに一言、「よか頼む。」と言ってさっさと壇上を降りてしまったそうです。困った通訳は、日本の行く末、新政府の狙いなどを、一生懸命話しました。
そうしたら外交官のみなさんが「日本語はすごい!あんな短い言葉の中にそれだけ深い意味があったのか!」と感心しきりだったそうです。

言う人が言えば、どんな言葉であろうと深い意味を携えるようになるものだと思います。フレフレ少女さんの思いの強さがこもった言葉は、どんな言葉もかなわないほどの重みがあると、自分は思っていました。

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

野茂さんの言葉って、訥々とした語り口の中に奥深いものが詰まっていますよね。
明日の日刊、要チェックですねhappy01

今日は何がラッキーだったのかしら?

手作り誕生日ケーキは分量を失敗し、まずかった(=_=;)

子供がたまたま開いたホームページで明日ルーキーズの主役たちが映画館に舞台挨拶に来ることを発見。

どうしようか迷いましたがレディースデー千円に引かれて行くことにしました。後列しか残っていませんでした。イケメン俳優たちから元気パワーをもらってきます。(ついでに甲子園に行ける強運も。)

甲子園と言えば、今日読んだ本に、こんなことが書いてありました。

社会人になるまでの間は大人が設計してくれた甲子園で、無我夢中に踊り、青春を謳歌できる。自分のため、チームのため、力を出し切ることに専念すればよい。勝っても負けても涙を流し、熱くなれた舞台。しかし、大人になったら甲子園は自分でプロデュースしなければならない。

フレフレ少女さん

コメントありがとうございます。

手作りケーキ、慣れてくると目分量で作るようになり、あれ?っという結果になることがありますよね。う~ん、わかりますcoldsweats01

ルーキーズの映画、是非若い俳優さん達の元気を貰ってきて下さい。

「しかし、大人になったら甲子園は自分でプロデュースしなければならない」
う~ん、深い言葉ですね。でもそれは辛いことではなく、自らキャンパスに絵を描くことが出来る、素晴らしいことなんですよね。まさに独立するわけですねhappy01

嬉しいニュースが入ってきましたflair巨人の太田くんが一軍登録scissorsぜひ甲子園で打ってほしいなnote

フレフレ様
だいぶ古い記事でご存知かと思いますが
http://koshien-stadium.tblog.jp/

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

太田君、良かったですね!3年間ともあと一歩で踏むことの出来なかった甲子園で、大いに暴れてくれるといいですね。彼のキャプテンシー、反対スタンドから見ていても大いに感じ、感心していました。

黄色と黒は勇気のしるし様

今、携帯からアクセスしているので、後でパソコンからじっくり見てみますネ。

ルーキーズのイケメンたちはファンサービス精神旺盛で、爽やかな笑顔に癒されました。
以前参加した釣りバカ日誌の舞台挨拶(本当に挨拶のみ)をイメージしていたので。

残念ながら、記念品には手が届きませんでしたが、当たった方に写真を撮らせてもらいました。

黄色と黒は勇気のしるし様

甲子園情報どうもありがとうございます。
私もレンガの申込はしたのですが、違う文字も入れたかったと思っています。(3行しか入れられない。)

レンガが完成した後で、見る人が見れば、これって慶應高校のことを好きな人が申し込んだんだよねとわかってしまうでしょう♪

私を高校野球の世界に呼び戻してくれた人々へ感謝を込めた文面になっています。
いつの日か彼らがそれを見る機会があれば、夢を追いかけていた日々のことを思い出すかしらね(ついでに私のこともhappy01)。


フレフレ少女さん

コメントありがとうございます。

彼ら達はTBSにこき使われ、いや重宝され、朝早くの番組からアカサカサカスのイベント、夜の番組、違うスポーツの中継番組の応援団などを、一生懸命やっている姿が印象的でした。それも1年以上ですからね。そこにドラマと同じような純粋な心を感じました。きっと舞台挨拶とかもすごく好感の持てる場だったんでしょうねhappy01

また甲子園にも、確かな足跡を残されたようで、いい思い出になりますね!

日刊スポーツが郵送されてきました。
白村君が本当にその通りに喋ったかはわかりませんけど、「1つ1つという意識で」と書いてある部分に共感。

さらに谷田君の「ホームランよりチームのピンチで活躍できる選手になりたい」という部分にも。

今日は朝日新聞に東日本特集が出ていましたね。

フレフレ少女さん

コメントありがとうございます。

塾高野球部の人たちのコメントって、年の差はありますが、頷かされるコメントが多いですよね。これは勿論本人達の努力が一番なんでしょうが、上田監督の薫陶も感じますよね。そんな雰囲気を直に感じることの出来るフレフレ少女さんは、本当にいいなあ~なんて思いますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/45342262

この記事へのトラックバック一覧です: 塾高野球部の記事のご紹介 -日刊スポーツより:

» 三沢光晴 最後の勇姿 週刊プロレスのバックドロップ連続写真 [三沢光晴 最後の勇姿 週刊プロレスのバックドロップ連続写真]
角度が垂直!三沢光晴 最後の勇姿 週刊プロレスのバックドロップ連続写真! [続きを読む]

« もしも超能力が使えたら、何をしてみたい? | トップページ | 三沢光晴さん、ご冥福をお祈り申し上げます。 »