天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

geotargeting

« ちょっと書き忘れたこと | トップページ | 私の“プチ自慢”とは »

この春、新たに始めたいこと、やりたいことは?




コネタマ参加中: この春、新たに始めたいこと、やりたいことは?

ここで敢えて塾野球部の勝ち点に触れず、コネタマに投稿する管理人です。

さて、今回のお題は「この春、新たに始めたいこと、やりたいことは?」とのこと。

もうすでに書いていますが、この春新たに始めたことと言えば、「ストップウォッチを持って、野球観戦すること」です。

いやあ、面白いですよ。本当に。今のところは走塁と投手のクイックのみしか測定できていませんが、それだけでも今まで見えなかった姿がみえてきますね。下記の本に感謝感謝です。

« ちょっと書き忘れたこと | トップページ | 私の“プチ自慢”とは »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

掲示板でよく指摘されることに「結果論」という断罪めいた言葉がある。

指摘されたほうは、その一言で負い目を感じて反論することがない。提案し踏み込んで発言するほうが、後出しジャンケンで何も提言しないほうに負けるのである。

会社経営、国家経営でも執行役員、官僚が世論の動向、いわゆる風向き、あるいは空気を読むことだけに熱心なのは、先に発言することのリスクが大きくなり過ぎている現代のせいだろう。

どのようなすぐれた理論でも結果が出たあとに検証し修正していく、そこから進歩が生まれる。

立教1回戦も3回戦も同じ先発投手だった。
そして試合前の予想が見事に外れた。

そこでは結果からその外れた原因を分析することが
最も科学的な真摯な態度と言えるのではないか。

経済についても同じだ。
予想が外れたから経済学は不要だとは言えない。

私塾では理系の秀才が集まっているため、
常に「経済学は科学たりうるか」と言われる。
予測がことごとく外れるためである。

しかし予測が外れるから
その学問が不要であるのではなく、
より現代にとって重要性が高まるのである。

立教1回戦と3回戦の差は、どこから生まれたか、
それを結果論とて論じることを止めたら、
そこで明治戦での対応策は生まれない。

昨年11月までは空前の好景気、
11月以降は未曾有の危機・・・
いかに個別の結果のひとつひとつを分析していくか。
それを今年やってみたい。

中林君にとって、「この春やってみたいこと」は、
「コースを狙わずシンプルに威力のある直球」
で勝負すること。

アメリカで学んだとか・・・
アメリカ遠征に疑問を呈した私の見方を覆す
結果でした。

小室君も威力のある直球で勝負していました。
シンプル・イズ・ベスト
ということでしょうか・・・

文武両道さん

コメントありがとうございます。

試合後の論評はどうしても難しく、確かに結果論になってしまうことも多いことは事実だと思います。ただその結果論ってやつでも、「そんなの今更言っても」といったものもあれば、「なるほど、そういった視点があったか!」というものもあると思います。

突き詰めれば、その論評が次に繋がる形になっているかどうかなんでしょうね。

経済学が科学かどうか、確かに正しい解を求めるのが科学とするならば、ちょっと毛並みが違うかもしれません。私は経済学は「経世済民(鳥居元塾長の最初の講義の時に言われたことを覚えています)」のための学問であると思っています。

つまり、これから何をすれば国が富むのか、個人の経済活動がうまくいくのかといったことを分析する学問が経済学だと思います。だから「ゲームの理論」みたいな一見不思議なものも出てくるのでしょう。

未来は未定です。見方によっては経済学は外してばかりかもしれません。でもそれは当たり前だと思うのです。経済学で得られることは行動指針です。例え行動指針がいくら正しくても失敗することもあれば、行動指針がでたらめでもうまくいってしまうことも時にはあるからです。多種多様な要因がありますから。でもどうせ行動するなら、より先が見通せるものがほしい、つまり合理的な行動を取るにはどうすればいいか指針がほしいということから生まれたものが、経済学だと思うからです。

無死一塁でバントは正解でもあり、失敗でもある。ただそこにいろいろ理由は付けますし、例えばチャートなんかで表現すれば、それこそ「科学」っぽいですよね。そんな感じです。

10月前後の行動、是非分析してみてください。それも出来ることなら日本、欧米だけではなく、ロシア・中国などの新興国も見ると面白いと思います。NHKスペシャルの「プーチンのロシア」もとても興味深かったですよ。

では、今後ともよろしくお願いします。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

中林君が到達した「コースを狙わずシンプルに威力のある直球で勝負」という考え。ここに至るにいろいろなことを考え、試し、悩んだ末だからこそだと思います。

数学の公式も複雑な式も最終的にはとても美しい、シンプルな物になぜか集約されると聞いたことがあります。

悩み抜いた上に到達する「シンプル」こそが「ベスト」なんでしょうね。

結果から学ぶ事もあります。
一瞬の判断、間に合わなかったり、結果が出ずに間違えたと思う事を、後から分析する事は外野のみならず当事者にも有効ですよね。

だから野球は面白い!

それは、某掲示板への書き込みをやめたこと(書き込みできなくなったが正解か?)まぁそれはそれで今から思えばよかったかなとも思う。そもそも神宮大会初戦の際に、雨でやるやらないの書き込みを観た際に嫌気を起こしていたし、また昔みたいに楽しく野球観戦に専念できるから。。でも少数の方にでも一年間色んな情報をお知らせをして、役に立っているんだなぁという書き込みがあった時は嬉しかったな。
今日の毎日に、塾高生が映画を創るって記事がでてましたよmovie   今日もこれから川口に行ってきやんすtrain

前の書き込みに追記。毎日のWEBサイトにですcoldsweats01   ちなみに今日は第2試合に市立川口対大宮南があるのですが、以前お寿司屋の記事のとこで我輩のいきつけの寿司屋の大将のお話をしたと思います。で、その息子さんが実は今日の対戦校に今通っておられます。またしても変な巡り合わせですpig

黄色と黒は勇気のしるし♪ さん
あなたの情報、とても楽しかった。
文句言うほうがおかしい。

私も好意で何度か情報提供しましたが、
イヤな気分になったのでやめました。

このブログでは、時々、紹介しようと
思います。

たとえば
慶応スポーツ(ネット)で
田村、只野、竹内3新人の鼎談が出ていました。

田村君には中林君、
竹内君には伊藤君という先輩がいて
幸せですね。

げんきさん

コメントありがとうございます。

結果から学ぶことが出来なければ、人は成長することは出来ません。だからおっしゃるように後から分析することはとても重要だと思います。

特に野球は1回の表の1死12塁といったように時間の区切りが明確なため、振り返りやすいですよね。だからデータベースボールが成り立つんでしょう。

だから、野球は面白いですね!

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

う~ん、ブラックですねshadow
でも黄色と黒は勇気のしるし♪さんのコメントを楽しみにしている人は、あの掲示板でも多いのではないかと思いますよ。
どうしても言葉のやりとりというのは難しいのですが、お互いに寛容になれればいいのになあと、掲示板を見ながら思っています。また機が熟した時には是非!

と言いながら、書き込むといろいろと疲れたり、気を遣ってしまい、目の前の試合を楽しめないということもよくわかる気がします。まあ、誰に命令されてやるものでもないし、所詮趣味なわけですから、自分が楽しめるスタンスで、お付き合いしていくのがいいんだと思います。

今日も川口で野球観戦ですね!羨ましいです。今日の試合はどうでしたか?何かつながりのある人が出ている試合って、より入り込めて面白いですよね!

文武両道さん

コメントありがとうございます。

文武両道さんの温かいコメント、黄色と黒は勇気のしるし♪さんもきっと喜ばれているんだと思います。あの一連のコメントは、臨場感があって楽しむことも出来ましたよね。

ネットの情報は応援指導部の動画もアップされたSFCのですか?ちょっと見てみますhappy01

皆さん本当に色々ご存知で情報をお持ちですよね!
それだけ情報を求めてアクションを興されているのだと思います。
情報を得る、しかも重要だったり希少性のある情報を得るという事は努力と勉強の賜物、という事になるのではないでしょうか。
好きこそ物の上手なれ、でしたっけ、興味があることなら努力とも苦労とも思わずにいられる・・・・そんな自分になりたいものです。

人に教えてあげたくなる情報、これが意味ある情報だと思いますhappy01

げんきさん

コメントありがとうございます。

情報って自分で一生懸命集めることで集まってくるものもあるし、自分が感度良く見ていることで見えてくる情報もありますよね。げんきさんとお話ししていると、いろいろな情報が出てきて、それこそ感嘆させられることが多いです。きっと感度良く物事を見ていらっしゃるんだと思います。石田梅岩なんて、本当に感度良く接していなければ、気付かずに過ぎてしまいそうな方ですからね。でも言っていることは、まさに今言う「日本人らしさ」を形作っている人だと思いますが。(ちなみに日本らしいと言われる部分は大多数が江戸時代に形作られている気がします)

これからもいろいろと興味深い情報を教えて下さいね。

文武両道さん

コメントありがとうございます。

ケイスポがHPを持ったんですね。前に通り一遍に作られたようなものを見て以来、見ていなかったので気付きませんでした。本当にありがとうございます。

余りに面白かったので、かなり時間が経ってしまいました。これ以降のコメントへの返信は明日以降にさせていただきます。

これからもいろいろ教えて下さいますよう、お願い致します。

文武両道様 とても身に余るお言葉、嬉しい限りです。これからは、私もこちらでご紹介できるものはやっていこうかと思います。

管理人様、昨日はあれから友人と西麻布にある『鉄腕』というお店に。昨日はめずらしく前回行った際に予約を入れて行きました。そこの会社には、元プロで活躍された選手がおり、月数回そこが運営されているお店に顔を出しており、昨日が運よくその日でした。その友人が私と同じく野球(特にアマ)がすきなのですが、プロはその選手が在籍していた球団で、以前から自分の心の中の企画としてその方に合わせてあげようと思っていました。勿論私も初対面で、色々なお話をすることはできました。最後には用意していった色紙にサインをいただき超感激でした。ただ盛り上がりすぎまして、深酒をし、起きたのが今(汗)
文武両道様にこんなお言葉といただきながら返事が送れてすいませんでした。でもこのお店は野球好きにはたまらないお店です。かの某大阪の超有名高校の監督だったかたの色紙等もあったりして。。またフルタの方程式のロケに使われたりもしています。あら、随分お題と逸れてしまいましたが。情報提供として!

黄色と黒は勇気のしるし♪さん

コメントありがとうございます。

こちらでのコメントからも、黄色と黒は勇気のしるし♪さんの純粋な性格がにじみ出ているような気がします。本当に言葉は人を傷つけたりもしますが、言葉は人を勇気づけることも多々ありますね。

鉄腕といえば、副○さんがいらっしゃるところですね。勝負強いバッティングが印象的でした。他の店員さんも野球に詳しい方ばかりで、お酒だけでなく、その話の内容の濃さで十分酔ってしまいそうですね。そのチームで言えば加藤君がどうなっているのか心配です。

では、今後とも素敵な情報提供、よろしくお願いしますhappy01

今更でお恥ずかしいのですが
神宮以外でも慶應野球観戦。

藤沢に行ったり、戸塚(俣野)に行ったり・・・
そして今日は大和です。

慶應野球観戦グランドスラム
(大学+3高校全部観る)も目指していたのですが
志木高が残念でした。

今日も目覚ましの時間より早く
目が覚めたし、いざ出陣です!!

神宮通いさん

コメントありがとうございます。

自分も神宮から出た口ですが、本当にどの場所でも楽しいんですよね。慶應グランドスラム!素晴らしいネーミングですね。そう考えてみると、自分はまだ2冠です・・・。

今日は観戦されるとのこと、日差しが強そうですので、お体に気をつけて、野球観戦をお楽しみください!

得てしてよくある事ですが
口にした途端・文字にした途端、
続いていた事が終わってしまう・途切れてしまう。
私の春の早起き慶應野球観戦シリーズも終わってしまいました。
でも楽しい1ヶ月でした。


私には元々「いろんな所へ行ってみたい癖」があるようです。
昭和63年~平成8年まで大阪勤務だったのですが、
その間足を運んだ球場は、当時の名前で
プロ&高校(選手権大会のみ):甲子園
プロ:大阪ドーム、藤井寺、グリーンスタジアム神戸
大学(関西学生):西京極、皇子山
高校(大阪):住之江公園、寝屋川公園


甲子園球場の大粒の焼き鳥は絶品で
昨夏、富岡商戦に行ったときも楽しみの1つでした。
売り場はすっかりきれいになってしまっていましたが
懐かしい味でした。
おかげでbeerもすすみ、すっかり脱水気味に・・wobbly
心遣いのお言葉「日差しが強そうですので、お体に気をつけて・・・」を
帰宅後見てその事を思い出しました。
(昨日は昨日で朝っぱらから缶チューハイ500mlが美味しかったですが←ダメじゃん)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/44664535

この記事へのトラックバック一覧です: この春、新たに始めたいこと、やりたいことは?:

« ちょっと書き忘れたこと | トップページ | 私の“プチ自慢”とは »