天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« WBCの最終メンバーが固まりましたね! | トップページ | 記念式典の打ち合わせにて »

続 WBCの最終メンバーについて

オーストラリアとの練習試合も行われ、WBCもいよいよ本番ムードが出てきましたね!

さて、この前の記事(WBCの最終メンバーが固まりましたね!)に興味深いご指摘がありました。

WBC・今回の選考の問題点 1怪我人を外したのは正しい。 2阿部は肩を痛めてるから選ぶべきでない。 3亀井は代表レベルではない。同タイプでもっと使え る選手を選ぶべき。

といったものです。多くの方々もこのような気持ちをどこかでもっているのではないでしょうか?

まず1)についてですが、これは私もその通りだと思います。プロの一流選手を集めている時点で、技術面でそれほど大きな差異はないと思います。それよりも実際のグランドでどれだけの力を発揮できるかが大事だと思います。

続いて2)についてですが、捕手が足りなくなる事態、例えば城島が出塁していてどうしても得点が欲しくて代走を出した時、その後の捕手をどうする?みたいな面で言えばどうかということも考えられますよね。また野村監督が週刊誌で「リード面を考えるなら細川捕手」と仰っていましたが、対戦している監督が言うのだから、相当見るべきところがあるリードを細川捕手はしていたんですね。守備の要として考えても違った見方がありますよね。

つまり阿部捕手を「捕手」として選出したのか、「打者」として選出したのかで見方が変わります。ただ勝負強い彼のバッティングも捨てがたいんですよね。(但し、よく最終打者になることもありますが)

ただそれも含めて考えた時に、阿部と松中どちらが勝負強いバッティングかといった問題のような気もします。松中のコンディションがそこまで悪かったのかも知れませんね。

3)については、一番意見の分かれるところだと思います。レベル的に実績的に見劣りすることは間違いありません。ただ、どうしても守備固めが必要だ、代走が必要だという事態もあります。そんな役割の為にチームの主力選手を使って良いのか?という問題が残ります。前回のWBCの時の新井選手は見ていてかわいそうでした。また1ヶ月の激戦に連れ回すのでコンディションを落とす恐れがあります。実際、前回のWBCでも北京五輪でも戻ってきてから調子を落とした選手が何人もいます。そういったモチベーションの問題、コンディションの問題を考えて、原監督も気を遣ったのかなと思った次第です。
どちらにしても全員がスター選手だと、チームとして機能しなくなることも多々ありますよね。最近の巨人のように。役割が明確なスペシャリストたちの集まりというのがいいと思うのです。

とは言え、昨日のTV放送は全て放送しなかったのでよくわからかったのですが、成績表を見ると亀井選手が守備交代で出た後、彼付近の安打が多く出ていますね(右二、中二)。どういう打球だったのかさっぱりわからないので評論しにくいですが、彼にも自分の役割をよく理解して、死にものぐるいで頑張って欲しいです。

私は前回も書いたように3塁線の守備に一抹の不安を感じています。是非そこの強化も考えていって貰いたいですね。

あと、練習試合は練習試合ですから、余り勝負にこだわるのではなく、想定される事態でのシュミレーションとして使って欲しいですね。それこそ3)の話ではないですが、代走に出して3球以内に走らせてみるとか。

またまた、試合が待ち遠しくなってきましたhappy01

« WBCの最終メンバーが固まりましたね! | トップページ | 記念式典の打ち合わせにて »

野球」カテゴリの記事

コメント

練習試合が始まりましたが、僕の中にあったある先発投手への心配が的中しちゃいました・・・

北京であれだけメタメタだったのが、ボールの違いのせいなのか、またもダメダメでしたね・・・
球団のキャンプでは早い仕上がりを見せていたので、今回はイケると思いきや、やっぱりダメなんでしょうか。事前に配られたボールで鍛錬してるはずなんですが・・・繊細過ぎるのでしょうか・・・
周りが彼を日本のエースだと持ち上げ過ぎるきらいがあるので少し心配です。
(和田投手の方が良かっ・・・なんて事にならないよう祈ります。)

一方、北京で見所があったのは田中投手だったと思います。ここはあのポーカーフェイスの彼に頑張ってもらいたいと思います。


あと自分、以前のコメントを見返して、イチロー選手の守備位置を中堅で推してた事を発見。
青木選手の左翼配置の報道に囚われすぎて、福留選手を慣れた右翼に置くことを優先しちゃってました(汗)
ここは単純に、中堅青木・右翼イチローと置いた方が本職が2名となりより安定しますよね。中堅イチロー・左翼青木だと2人ともコンバートになりますから、前者の方が定石ですね!

げんきさん

コメントありがとうございます。

ダルビッシュは本当に繊細な投手だそうですね。ロージンバッグにもいろいろとこだわりがあるようです。ただ彼は意気に感じる選手に見えますから、例え悪くても中国戦の結果に左右されず、信じて使ってあげてほしいなあと思います。絶好調になったときの彼は本当に手が付けられないですから。

外野はでも結局、センター福留、レフト青木でいくんでしょうね。

とにもかくにもあと少し、日本には頑張ってほしいですねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/44169958

この記事へのトラックバック一覧です: 続 WBCの最終メンバーについて:

« WBCの最終メンバーが固まりましたね! | トップページ | 記念式典の打ち合わせにて »