天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

geotargeting

« 残念!星野ジャパン | トップページ | 東京六大学野球 H20秋 慶法戦2回戦観戦記 »

東京六大学野球 H20秋 慶法戦1回戦観戦記

いろいろ書いた後に突然文が消えると悲しいものです。weep

さて、気を取り直してcoldsweats01

今日は大学は秋のリーグ戦の大事な初戦の対法政大戦、高校はいきなり夏に死闘を繰り広げた対東海大相模戦というどちらも見所たくさんの試合で、どちらに行くべきかかなり迷いました。
しかし、もともと大学野球を見てから始まったということもあり、神宮球場に行くことにしました。

特に今日の先発は中林投手!3年秋のシーズンを占う上でも大事な試合です。写真も撮ったので早速掲載します。
Nakabayashi01


Nakabayashi02


Nakabayashi03


Nakabayashi04

Nakabayashi05


なかなか力感溢れるダイナミックなフォームですね!

さて試合は両投手の投げ合いで両チームともなかなか得点の出来ない試合展開となりました。白熱した投手戦!と言いたいところですが、ちょっと締まりがないようにも感じていました。

特に感じたのはイニングはじめのボール回し・キャッチボール。暴投のオンパレードでした。キャッチボールの基本は正面で捕球し、相手の胸元をめがけて投げる。こういった基本を丁寧にやるクセをつけないと、野球の神様はちゃんと見ていますから、どこかで手痛いしっぺ返しが来るものです。

かといって法政大も似たようなもの。特に和泉選手には違った意味で目を疑いました。こんなプレーを見たら横浜高校の渡辺監督も小倉部長も泣くんだろうなあと思いながら見ていました。

さてそんな中先制点を上げたのは塾野球部。とても怖いバントをなんとか決めた後、3番の小野寺君が目の覚めるような左中間に飛ぶ二塁打を放ちました。小野寺君は本当にバットが振れていますね!ただ続く今福君が責任感の強さからか力が入り、追加点を奪うことが出来ませんでした。

今日のアンラッキーボーイは渕上君で決まりでしょう。一生懸命にプレーしているんですが、何か流れが悪いんだよなあ~。

直後の法政大の先頭打者の打った打球がショートへ。難しいバウンドをうまく拾ったのですが悪送球。その走者を結局帰してしまい、すぐに同点に追いつかれてしまいます。

8回の1死12塁というチャンスでは、渕上君はくさい球をカットしながら粘りに粘り、ついに来た好球をジャストミート!1-2塁間に鋭い打球が飛んだものの、法政大主将の伊藤君がダイビングキャッチ。勝ち越し点を奪うことが出来ません。

更に9回の裏の先頭打者が打った打球はフラフラとショート後方へ。渕上君も懸命にダイビングしますがわずかに及ばす。結局そのランナーが仇となり、サヨナラホームランで万事休すとなったわけです。

攻撃面ではやはりタイムリー欠乏症ですね。春も夏のオープン戦もブラジル遠征でもなかなか点が取れていませんでした。チャンスの時ほど低く強い打球を心がけてほしいです。ただ人間の性格はなかなか変わるものでもありません。長嶋茂雄は大学時代もプロ野球でもチャンスに強く、松井秀喜はヤンキースでクラッチバッターとして認められています。どうしても塾高時代のイメージが鮮烈なため、湯浅君(今日の代打でスコアボードにずっと名前が表示されなかったのはなんででしょう?)、伊場君の塾高歴代4番打者に期待したくなります。彼らはチャンスの時に何とかしてくれていたので。来年以降の山﨑君にも期待したいですね。

守備面では外野手の守備位置にちょっと首を捻っていました。相手打者の打球の傾向に合わせて守備位置を変えるのはいいんですが、そこに自分の足と肩を加味して考えてもらえたらなあと思いました。自分の方で刺せる位置、自分の足で追いつく位置に守れないと、せっかくのデータも・・・。

しかし今日のスターティングメンバーのうち3年前の塾高野球部のメンバーがなんと4人。まさに隔世の感ありです。そんな仲間たちはより深い絆を感じるのでしょうね。そんな訳で写真をもう一枚。題してバヤシとウルシ。

Bayashiurushi

では明日は塾野球部も塾高野球部も勝利を目指して頑張ってください!

« 残念!星野ジャパン | トップページ | 東京六大学野球 H20秋 慶法戦2回戦観戦記 »

野球」カテゴリの記事

コメント

声で気付きました(笑)スタンドでは初めてでしたね☆
僕も入場式と明東戦見たさに保土ヶ谷でなく神宮に来てました。
隣の綺麗で妙齢なご婦人と観戦か!?と一人早合点してました(笑)
またヨロシク(^-^)/

いつも応援団掲示板&ポポさんで拝見してます。いつもコメント感謝しています。塾高の試合は3年前のセンバツ・開幕日ゲームで観たのが最初(毎年の甲子園観戦でたまたま)で、神宮では塾の野球を観ていたので、あの時塾歌を歌ったときはジーンときました。(観に行けなかった塾関係者に怒られそうだが)。ポポさんもそうだが、ブログを作るって大変だと思いますが、これからも頑張って下さい。時たまカキコさせて頂きます。今日は志木高の試合ですが、天候によっては、来週は志木高・塾高と両方観戦になるかもッス。

げんきさん

オフ会でまさかげんきさんに会うとはゆめゆめ思いませんでした(^^ゞ
これからスタンドでお会いする機会も増えそうで、また一つ楽しみが増えました。
但し隣の件は大いなる勘違いとだけ申し上げておきましょう(^_^;

おくさん
こちらこそいつもありがとうございます。おくさんの書き込みには高校野球を始め、学生野球全般への温かい気持ちと深い造詣が感じられ、いつも楽しみに読ませていただいていました。3年前の関西戦で塾野球の虜になってしまった人は自分の廻りにもたくさんいます。中林君の代のあのチームは劇的な試合が多かったですね。2度の横浜戦しかり東海大相模戦しかり桐光戦しかり。
では、これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53337/42468204

この記事へのトラックバック一覧です: 東京六大学野球 H20秋 慶法戦1回戦観戦記:

« 残念!星野ジャパン | トップページ | 東京六大学野球 H20秋 慶法戦2回戦観戦記 »